PENTAXにVivitarで行こう【King-Mountの沼】 | THE MAP TIMES 
Select Language



PENTAXにVivitarで行こう【King-Mountの沼】

[ Category:PENTAX RICOH|掲載日時:2013年03月09日 13時00分]

お久しぶりです。
【King-Mountの沼】を約一年半ぶりの掲載です。
そんなに深い沼でもないのに足を取られて・・・
ネタ切れではありません、作者の怠慢で一年半近く冬眠状態でした。

今回は「Vivitar 28MM 1:2 AUTO WIDE-ANGLE」です。
Vivitar 28MM 1:2 AUTO WIDE-ANGLE
「Vivitar」はアメリカの写真用品販売会社で近年までフィルム一眼レフカメラを販売してました。
「Vivitar」も生産委託で商品供給を受けていたみたいです。
現在は日本ではコンパクトデジタルカメラ&デジタルトイカメラで有名です。
海外のサイトでは韓国・SAMYANGから供給されたレンズを「Vivitar」ブランドで発売しております。

「Vivitar」は1970・80年代にはかなりの種類の交換レンズを販売してました。
「Vivitar」では28mmレンズだけで「F2」「F2.5」「F2.8」の三種類の明るさのレンズ、そして同じ明るさのレンズでも二種類以上販売されてました。
このレンズも「Made in Japan」ですが日本での販売はされてません。
Vivitar 28MM 1:2 AUTO WIDE-ANGLE
広角の大口径レンズですのでフィルター径は55mmと大き目です。
絞り羽根は6枚、最小絞りF16。

このレンズは日本の「キノ精密工業」製といわれてますが、
私が持っている「キノ精密工業」の「KIRON 28mm f/2 MC WIDE ANGLE」と比較してみました。
Vivitar & Kinon
左:「Kiron 28mm f/2 MC WIDE ANGLE」右:「Vivitar 28MM 1:2 AUTO WIDE-ANGLE」
最近接距離0.3m・最小絞りF16・絞り羽根6枚・フィルター径55mmは同じですが
「Vivitar」は前群回転式に対して「KIRON」は前群繰出式、刻印文字も全く違う形です。
本当同じ会社で製造されたレンズなんでしょうか?
疑問が残ります。

前置きはこのくらいで「PENTAX K-5IIs」で撮影した画像は
(画像をクリックしていただきと拡大します。)
AE F2 S1/4000 ISO100
絞り優先F2 S1/4000 ISO100 中央重点測光
ピント合わせた部分の拡大したものが
AE F2 S1/4000 ISO100拡大
30年位前のレンズですので絞り開放ですと全体的に甘く感じます。
AE F2.8 S1/80 +0.3 ISO100
絞り優先F2.8 S1/80 +0.3 ISO100 中央重点測光
ピント合わせた部分の拡大したものが
AE F2.8 S1/80 +0.3 ISO100拡大
F2.8(一段分)絞るとかなり改善されます。
絞り羽根の枚数が6枚と少ないので点光源は六角形になってしまいます。
AE F5.6 S1/160 ISO100 SPOT
絞り優先F5.6 S1/160 ISO100 スポット測光
前群回転式のため良いフードが見つからず、横から太陽光が入った結果
壮大にフレアーが発生、六角形の絞り羽根の・・・
このあたりは古いレンズを痛感します。
AE F2.8 S1/3200 +0.3 ISO100 SPOT
絞り優先F2.8 S1/3200 +0.3 ISO100 スポット測光
AE F8 S1/160 -0.3 ISO100
絞り優先F8 S1/160 -0.3 ISO100 中央重点測光
AE F8 S1/800 -0.3 ISO400
絞り優先F8 S1/800 -0.3 ISO400 中央重点測光
AE F4 S1/30 -0.3 ISO100
絞り優先F4 S1/30 -0.3 ISO100 中央重点測光

30年近く前のレンズですが
現在の高画像数デジタルカメラでも充分通用するレンズです。
日本の光学技術すごさを感じます。

「PENTAX K-5 II/IIs」のお問い合わせは本館3階まで
「PENTAX K-5 II/IIs」をWEBでのお買い物は⇒コチラ

「Kマウントのマニュアルレンズ」のお問い合わせはWEST2階まで

[ Category:PENTAX RICOH|掲載日時:2013年03月09日 13時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 2018年12月10日
SONY α7III + CarlZeiss Batis 40mm F2 CF F2 1/40 ISO-200 SONY α7III + CarlZeiss Batis 135mm F2.8 F2.8 1/200 ISO-8000 先月発売したばかりで注目を浴びている「Batis 40mm F2 CF」 ポートレートによく使われる「Batis 135mm F2.8」 この2本を使用してポートーレート作例を撮影してきました。 冬のポートレートらしく、イルミネーション背景をメインとして撮影してきましたが、そのボケ具合はどのようにして表現されるのでしょうか。 今回使用したカメラは全てSONY α7IIIです。 ...
続きを読む
null 【Leica】晴れのちLeica Q Vol1 2018年12月09日
晴れのちLeica Q Vol1 【Leica Q】からみえる 晴れのち、の世界。 秋も色づき、少し肌寒くなりました。 使用カメラは【Leica Q】となります。 光の臨場感。 目に留まった物の質感。 風景の空気感。 やわらかいボケ具合とやさしい色合いを表現してくれます。 夕焼けのグラデーション。 夜の神社。 暗がりの落ち葉。 高感度に頼りきりでも、しっかり解像した画づくりをしてくれます。 ...
続きを読む
null 【PENTAX】inお台場 2018年12月08日
先日、お台場へライブを観に行きました。せっかくなので愛機で道中を撮影してきました。 新橋駅からゆりかもめに乗車。 橋を渡る前に高低差を解消するためのループポイントがあり、結構なアールを描くカーブやちょっとした勾配あるのでアトラクションに乗った気分になります。ライブに行くテンションと相まってとても楽しかったです。 普段みない建物をみるととても新鮮な気分になります。 海を眺めながらライブ前に体を軽くほぐし、テンションがあがっていきます。 こ...
続きを読む
【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 2018年12月07日
OLYMPUS OM-D E-M10 + M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 アートフィルター:ポップアートI 絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:200 カレンダーが示す「師走」の文字。紅葉が幻だったように、街中に溢れる人口光。 無機質なものが多くなりますが被写体に事欠かないこの季節、私は大好きです。 この季節、何気なく撮っていると熱中してしまうのがイルミネーション。 イルミネーションの撮影時、玉ボケを副題にした写真を撮ることが私の日課。 映画のワンシーンのような表現ができる面白い...
続きを読む
Canon EOS 5D MarkⅣ+EF 85mm F1.4L IS USM Canon EF85mm F1.4L IS USM で見る今日この頃 2018年12月06日
こんにちは。12月に入り、空気がすっかり冷え込むようになりました。通勤等で目にする景色も日々変化しているのを感じます。 今回はこの頃、Canon EF 85mm F1.4L IS USMをファインダーを通して見たものをご紹介させていただきます。 この時期、やさしい日差しを浴びながら撮影するのは気持ちよいのですが、咲いている花が少ないのが残念です。 しかし、このような被写体を強調するタイプのレンズは背景をぼかしてくれるので 実際の光景よりも格好よく写し込むことが可能です。 背景を美しく...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]