Select Language

PENTAXにVivitarで行こう【King-Mountの沼】

[ Category: PENTAX RICOH|掲載日時:2013年03月09日 13時00分]
お久しぶりです。
【King-Mountの沼】を約一年半ぶりの掲載です。
そんなに深い沼でもないのに足を取られて・・・
ネタ切れではありません、作者の怠慢で一年半近く冬眠状態でした。

今回は「Vivitar 28MM 1:2 AUTO WIDE-ANGLE」です。
Vivitar 28MM 1:2 AUTO WIDE-ANGLE
「Vivitar」はアメリカの写真用品販売会社で近年までフィルム一眼レフカメラを販売してました。
「Vivitar」も生産委託で商品供給を受けていたみたいです。
現在は日本ではコンパクトデジタルカメラ&デジタルトイカメラで有名です。
海外のサイトでは韓国・SAMYANGから供給されたレンズを「Vivitar」ブランドで発売しております。

「Vivitar」は1970・80年代にはかなりの種類の交換レンズを販売してました。
「Vivitar」では28mmレンズだけで「F2」「F2.5」「F2.8」の三種類の明るさのレンズ、そして同じ明るさのレンズでも二種類以上販売されてました。
このレンズも「Made in Japan」ですが日本での販売はされてません。
Vivitar 28MM 1:2 AUTO WIDE-ANGLE
広角の大口径レンズですのでフィルター径は55mmと大き目です。
絞り羽根は6枚、最小絞りF16。

このレンズは日本の「キノ精密工業」製といわれてますが、
私が持っている「キノ精密工業」の「KIRON 28mm f/2 MC WIDE ANGLE」と比較してみました。
Vivitar & Kinon
左:「Kiron 28mm f/2 MC WIDE ANGLE」右:「Vivitar 28MM 1:2 AUTO WIDE-ANGLE」
最近接距離0.3m・最小絞りF16・絞り羽根6枚・フィルター径55mmは同じですが
「Vivitar」は前群回転式に対して「KIRON」は前群繰出式、刻印文字も全く違う形です。
本当同じ会社で製造されたレンズなんでしょうか?
疑問が残ります。

前置きはこのくらいで「PENTAX K-5IIs」で撮影した画像は
(画像をクリックしていただきと拡大します。)
AE F2 S1/4000 ISO100
絞り優先F2 S1/4000 ISO100 中央重点測光
ピント合わせた部分の拡大したものが
AE F2 S1/4000 ISO100拡大
30年位前のレンズですので絞り開放ですと全体的に甘く感じます。
AE F2.8 S1/80 +0.3 ISO100
絞り優先F2.8 S1/80 +0.3 ISO100 中央重点測光
ピント合わせた部分の拡大したものが
AE F2.8 S1/80 +0.3 ISO100拡大
F2.8(一段分)絞るとかなり改善されます。
絞り羽根の枚数が6枚と少ないので点光源は六角形になってしまいます。
AE F5.6 S1/160 ISO100 SPOT
絞り優先F5.6 S1/160 ISO100 スポット測光
前群回転式のため良いフードが見つからず、横から太陽光が入った結果
壮大にフレアーが発生、六角形の絞り羽根の・・・
このあたりは古いレンズを痛感します。
AE F2.8 S1/3200 +0.3 ISO100 SPOT
絞り優先F2.8 S1/3200 +0.3 ISO100 スポット測光
AE F8 S1/160 -0.3 ISO100
絞り優先F8 S1/160 -0.3 ISO100 中央重点測光
AE F8 S1/800 -0.3 ISO400
絞り優先F8 S1/800 -0.3 ISO400 中央重点測光
AE F4 S1/30 -0.3 ISO100
絞り優先F4 S1/30 -0.3 ISO100 中央重点測光

30年近く前のレンズですが
現在の高画像数デジタルカメラでも充分通用するレンズです。
日本の光学技術すごさを感じます。

「PENTAX K-5 II/IIs」のお問い合わせは本館3階まで
「PENTAX K-5 II/IIs」をWEBでのお買い物は⇒コチラ

「Kマウントのマニュアルレンズ」のお問い合わせはWEST2階まで

[ Category: PENTAX RICOH|掲載日時:2013年03月09日 13時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!131票


【OLYMPUS】4K動画×手ブレ補正【OM-D E-M1 Mark III】

【OLYMPUS】4K動画×手ブレ補正【OM-D E-M1 Mark III】[2020年02月16日]

2月12日にオリンパスから待望のフラッグシップモデル『OM-D E-M1 Mark III』が発表されました。 2013年10月に『OM-D E-M1』 2016年12月に『OM-D E-M1 Mark II』 そして2020年2月、3代目となる『OM-D E-M1 Mark III』 特集ページに収まりきらなかった機能をMapTimesで紹介。 今回は『4K動画×手ブレ補正』 手持ちでシネマクオリティを実現するOM-D Movie 4K動画撮影機能はもちろん、E-M1 X...
続きを読む
null

私の現像レシピ[2020年02月15日]

先日、自分でフィルム現像をしていて本当に良かったなぁと感じたことがありました。 カメラ屋さん「ご自身で現像されたんですか?」 私「ええ、意外と簡単ですよ。」 カメラ屋さん「私も興味がありまして... 暗室でですか。」 私「いえ、暗室がなくてもできますよ。私はお風呂場を暗室の代わりにしてやってます。」 カメラ屋さん「すごい、私もやってみようと思います。」 自家現像...
続きを読む
【Laica】ひだまりの暗箱、詠う蛹

【Leica】ひだまりの暗箱、詠う蛹[2020年02月15日]

のぼる朝日は靄を帯びて、 窓からのぞく歩道は白く歪んでみえます。 鼻をすする声と軽快な足音が入り混じる街は 少し早めの春の訪れを感じさせます。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 この度はライカブティック 7周年にあやかりまして 7枚の御手と少しのおまけを 撮ってまいりました。 またお付き合いいただけると幸いです。 『愛昧』 さて、いきなりで大変恐縮ですが ...
続きを読む
Canon EOS R5 開発発表

【Canon】次世代のフルサイズミラーレス『EOS R5』が開発発表されました![2020年02月14日]

2020年2月13日、キヤノンは次世代のフルサイズミラーレスカメラ『EOS R5』と、新しい「RFレンズ」の開発を発表しました。 「EOS Rシステム」をさらに魅力的にする新製品を公開された資料から紹介いたします。 EOS R5 2020年に発売される見込みの『EOS R5』には、新開発のCMOSセンサーを搭載し、電子シャッターで最高約20コマ/秒、メカシャッターで最高約12コマ/秒の連写性能の...
続きを読む
Canon + Zoo

【Canon】Canon + Zoo 【EOS 5DsR】[2020年02月14日]

皆様は、普段どれくらい動物園に足を運びますか。 大人になってみると、なかなか縁がないという方も多いかもしれません。 動物園は家族や親しい人と行く場所…そういった認識は、カメラと望遠レンズさえあれば覆すことが可能です。 敢えて申し上げるのであれば、カメラを持っているなら、望遠レンズを持っているなら、ぜひ動物園へ行きましょう。 ・動物園で望遠レンズ? 動物園のように...
続きを読む