Select Language

【LEICA愛】ライカの世界へようこそ

[ Category: Leica|掲載日時:2013年03月31日 20時33分]
メーカー愛スプリングバトルLEICA編




「ライカはとにかく高い」とか「ライカは奥が深くて、はまると大変」とか、そんなふうに考えている方、多いのでは?
かくいう私がそうでした、このライカフロアに来るまでは…

絶対手を出すまいと思っていたのですが、なにせ周りはライカだらけ…
ゴロゴロしてる… 売るほどある…(って、当り前か…)

で、気がつけばいつの間にかライカユーザー(M3)の端くれになっていました。


何とかボディを手に入れても、さてレンズがね…
やっぱり高い… とてもじゃないけど、現行の高価なレンズは簡単には手が出ない…

でも、そこはそれ、M型ライカボディに取り付けられるレンズは、現行タイプ以外にもたくさんあります。
特にM型以前のバルナックタイプ用レンズとしてあるスクリューマウント(Lマウント)のレンズには
探せば結構お手頃なものも数多く存在します。

それらに通称MLリングと呼ばれるアダプター変換リングを取り付ければ、簡単にMマウントレンズに早変わり!

多少のスリキズや薄クモリも「年代を考えればしょうがないか」と大らかな気持ちで割り切ってしまえば、
選択肢はぐっと広がります。 そう、おこづかいで買えるレンズがいろいろあるんですよね。

 「そうか、ライカの楽しみ方って、こんなところにもあるんだ!」なんて勝手に納得していたら…
…ええ、まぁ、そうなんです… つまりは、はまってしまったわけです…

とはいえ、王道を歩んでいられる方から見れば、「なんだ、それ」って言われちゃうくらい、
ゆるーくかるーくはまってますけど…

題して、「ライトなライカライフ!」 あなたもいかがですか?


まずはボディから。

ライカのLマウント・Mマウントが使用できるボディは、新旧を含めるとかなりの種類になります。

その中から何を選ぶかは貴方次第、正確には貴方のお財布次第、ということになります。

私はフォクトレンダーのベッサから入り、今も愛用していますが、
「ライカユーザー」そして「快適なライカライフ」を目指すなら、やっぱりライカボディが必要。

ライカボディで撮れば、どんなレンズを付けていても、
その写真は「ライカで撮った写真」になります!(…ええ、屁理屈です。)

店頭では「初めてのライカ」として、露出計を内蔵し、28mmのフレームも表示される
M6以降の機種をお薦めしていますが、個々のこだわりは大歓迎!
じっくり選んで「マイライカ」を手に入れましょう。 

私も自分なりのこだわりからM型ライカの祖、M3を手に入れ、
表示されるフレームの関係から自ずと50mmのレンズが手元に多く集まってきました。

今回それらと知人から借り集めたものをまとめて、一気に試し撮りを敢行!
とはいえ、プロカメラマンではありませんし、専門の機器を用いたわけでもなく、ただ撮っただけ…
おまけに先にお断りしたようにスリキズや薄クモリのあるものばかりです。
あくまで参考までにということで……


 撮影は各レンズ、絞り開放・F4・F8相当で行いましたが、
今回はその中から、すべて絞り開放のみの写真を掲載します。
《コダック・エクター100使用》

最初に参考として(?)M型レンズの基本的存在、ズミクロンM50mmF2での撮影。

ライカ・DRズミクロン M50mm F2

基本とはいえオールドレンズ、開放時のボケは現行レンズと比較すれば滑らかさに欠けますが、
それを「味」として楽しめるならば、貴方もこちら側の人間です…


ライカ・ズマール L50mm F2

画面奥、光の少し強い所にそろばん状のボケが見受けられます。
また中央の鉢の下にある花が少し流れているような描写になっています。


ライカ・ズミタール L50mm F2

こちらにもそろばん状のボケが… 中央下の流れるボケは少し抑えられています。


ライカ・ズマリット L50mm F1.5

他にはないボケ味! 周辺上下とも流れるようなボケが強く見られます。


ライカ・エルマー L50mm F3.5(赤エルマー)

F3.5という無理のない開放値からでしょうか、50年以上前のレンズでも上記3本のレンズよりシャープな写りです。


キヤノン・セレナー L50mm F1.8

レンズの形状はズマリットに似て重厚な造りですが、写りはズマリットより素直です。


ニコン・ニッコールH・C L50mm F2

上記キヤノンレンズと合わせて持てば、ライカのカメラでニコン・キヤノン対決が楽しめます。


ミノルタ・スーパーロッコール L45mm F2.8

小型で、花形の形状に特徴のある人気レンズ。 少し画角が広がります。
画面上部に少し流れが…


東京光学・トプコール L50mm F3.5

こちらも独特の形状をしたレンズ。 ちょっとチープな印象を受けますが、写りは上々。
ボケも比較的滑らかです。


フォクトレンダー(コシナ)・ノクトン L50mm F1.5

さすが現代の大口径レンズ、優しいボケです。


フォクトレンダー(コシナ)・カラースコパー L50mm F2.5

名レンズ8枚玉ズミクロン35mmF2を意識した小型で重厚な造りをしていて、
生産終了後に人気が高まったレンズ。 滑らかなボケが特徴です。


ロシア製・ジュピター8 L50mm F2

12本中1番安かったレンズ。 でもこの通り、シャープでボケも自然な写り!


という風な感じで同じ焦点距離でも様々な描写が楽しめます。
ライカ用交換レンズは古いLマウントレンズだと1920年代から、Mマウントレンズは
1954年より現在に至るまで製造されています。
ライカ以外のレンズも含めるとおそらく1人が全種類を楽しむには
途方も無いバリエーションが存在するわけなんですね。

ねぇ?楽しいでしょう、ライカ!

 
  《写真と文章:ニョロ》







↓クリックで1票!

[ Category: Leica|掲載日時:2013年03月31日 20時33分]

面白いと思ったらコチラをClick!188票


【Leica】ぼくらのズミクロン日記Vol.4 50mmノ比較 その②

【Leica】ぼくらのズミクロン日記Vol.4 50mmノ比較 その②[2019年12月31日]

We are Summicron!! この連載は、マップカメラライカブティックのスタッフそれぞれがズミクロンへの愛を語るものです。 1954年に発売され、その性能の高さと描写力で世界のレンズ設計の基準を引き上げたとすら言われるLeicaレンズのレジェンド、ズミクロン。 今ではライカMマウント以外にも、Rマウント、Lマウント、Sマウント等様々なズミクロンが存在します。 十人十色ならぬ十本十個性の色々なズ...
続きを読む
Leica SL2+スーパー・バリオ・エルマー SL16-35mm F3.5-4.5 ASPH.

【Leica】SL2の所感[2019年12月24日]

今回、発売して間もないLeica SL2を使用する機会がありましたので、使用感などをレポートいたします。 まず手にもって驚いたのが、「持ちやすさ」です。 ともすると日本人の手には大きすぎた感もある前作「SL」と違い、しっかりと抉れのついたグリップは長時間の撮影でも疲れを感じさせないものでした。 大柄なスーパー・バリオ・エルマー SL16-35mm F3.5-4.5 ASPH.をマウントしても、まるで手に吸い...
続きを読む
Leica M3×ズマロン M35mm F2.8 眼鏡付

【Leica】東京下町×モノクロ×M3[2019年12月21日]

Leica M3/Summaron M35mm F2.8 眼鏡付/フィルム:Adox Silvermax(以下すべて同じ) 令和の時代になっても昭和レトロな雰囲気が残る東京の下町。 時代の流れとともに多くの地域で再開発が進み変貌していく中で、その雰囲気を写真に残したいという思いでカメラを向けました。 今回撮影に行ったのは東京都葛飾区立石。 京成立石駅の周辺では再開発計画があり、数年前に訪れた際より建物の取り壊...
続きを読む
ところにより霧雨

【Leica】ところにより霧雨、空を覗く[2019年12月01日]

日に日に朝の冷え込みが 厳しくなる今日この頃、 瞼を擦る冷たい手で冬の到来を感じます。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 この度は先のモノクロ記事で あえて触れなかったレンズになりますが 改めて紹介させていただきたく存じます。 またお付き合いいただけると幸いです。 皆様にとって標準レンズとは どういったものを想像されるでしょうか。 目でみえるすべて...
続きを読む
【11月30日はカメラの日】私の答えは『Leica M9』

【11月30日はカメラの日】私の答えは『Leica M9』[2019年11月30日]

  11/15より始まったブログ企画『11月30日はカメラの日』。そのタイトルに掲げられている本日11/30は、今から42年前の1977年(昭和52年)に小西六写真工業(コニカ)が世界初のオートフォーカス搭載カメラ「コニカC35AF」を発売した日です。 今やオートフォーカス技術は格段に進化しました。AIと組み合わせることによってカメラが被写体を自動認識し、手動で行うマニュアル...
続きを読む