【Nikon愛】Nikonと戦艦大和 | THE MAP TIMES 
Select Language



【Nikon愛】Nikonと戦艦大和

[ Category:Nikon|掲載日時:2013年04月17日 15時25分]

メーカー愛スプリングバトルNikon編




平和を愛し、カメラを愛し、妻を愛する私ですが、カメラと戦争の歴史というのは切っても切り離せない関係でもあります。

ニコンこと日本光学工業は大正時代に設立された歴史ある光学メーカーです。


ニコン製カメラが生まれる前は狙撃銃用の狙撃眼鏡、双眼鏡の製作などの光学製品を作っていました。

昭和初期には東京光学(現・トプコン)・高千穂光学(現・オリンパス)・富岡光学(現・京セラオプテック【ヤシカ・コンタックス】)・榎本光学(現・富士フイルム)などとともに日本軍の光学兵器を開発・製造をしています。

有名な「陸(陸軍)のトーコー(トプコン)・海(海軍)のニッコー(ニコン)」と言われたのもこの頃です。


1941年、日本軍は当時の建艦技術の粋を集めて連合艦隊の旗艦を建造します。
史上最大の戦艦大和の誕生です。

戦艦大和には『倒分像立体視式十五米二重測距儀』といわれる光学機器が搭載されていました。

左右に離れた2個の対物レンズで取り込んだ画像を接眼レンズから覗き込み、左右の画像を重ね合わせて距離を測定する。

そう、レンジファインダーカメラの距離計と同じ仕組みです。


ただし、その距離計の大きさはカメラと比べて桁外れ。

『十五米』とあるようにその大きさは15m
測距範囲は5,000~50,000m
操作も5~7名で行う巨大なものでした。

その『倒分像立体視式十五米二重測距儀』を作ったのが日本光学工業、ニコンなのです。

同じ測距儀は大和型戦艦の二番艦・戦艦武蔵にも搭載されていました。




後のニコンSPなどのレンジファインダーカメラにも
もしかすると『倒分像立体視式十五米二重測距儀』の経験や技術が生かされているかも知れません。


戦争や兵器の技術が善だ悪だという話とは別に
戦艦大和とニコンの歴史的つながりにロマンを感じてしまいますね。


ニコンのレンジファインダーカメラは⇒⇒⇒ コチラから

↓クリックで1票!

[ Category:Nikon|掲載日時:2013年04月17日 15時25分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

空を印刷 【写真を楽しむ6月】空を印刷 2019年06月19日
FUJIFILM X100F -今月の空- 6月は梅雨の季節。 防塵防滴のカメラも増え、雨の日でも写真を楽しめる現代ですが、 それでもやはり雨の日は撮影に出かけるのは控えてしまいます。 そんな6月に写真を楽しむ方法のひとつとして、 今までご自身で撮った写真を振り返り、お気に入りの写真を選別・印刷し、 まとめてみることはいかがでしょうか。 私は、毎日の空をFUJIFILM X100Fで撮って楽しんでいます。 今回このブログを書くために、1年間撮り続けた空の写真を整理・選別してみました。 そして...
続きを読む
イメージです 【写真を楽しむ6月】ローライ持って出かけよう! 2019年06月18日
ある日、棚を開けたらローライフレックスが出てきたとします。 「棚からローライ」……出たらいいなぁ… ……なんて願望はともかく、幸運にも二眼レフカメラの雄 ローライフレックスを手に入れることに成功した貴方は、いざ撮影に出かけようとして大変な事に気がつきます。 そう、ストラップがない!! ローライフレックスのほとんどのモデルで、ストラップ取付部が下の写真のような形状になっています。(ローライコードのシリーズは異なります。) 真ん中に心棒が入っているため、通常のスト...
続きを読む
【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 2019年06月17日
とある平日の午後。東京都東村山市にある北山公園菖蒲苑に行きました。 北山公園菖蒲苑は東村山駅から徒歩で20分ほど。八国山緑地を背景にした自然公園です。 毎年6月上旬から中旬にかけ、300種、8,000株の花菖蒲が開花し、新東京百景にも選ばれています。 この日、首から下げたのは、OLYMPUS OM-4TiとE.ZUIKO AUTO-T 100mm F2.8の組み合わせ。 コンパクトなボディとレンズは、動き回る撮影にぴったりです。 OM-4Tiは1986年に発売され、電子制御布幕横走りフォーカルプレーンシャッターを持...
続きを読む
紫陽花を見上げる 【写真を楽しむ6月】紫陽花を見上げる 2019年06月16日
手に入れてすぐ、 これはめいっぱい楽しむには一脚必須! と確信した RICOH THETA SC。 今後の様々な撮影シーンを見据え、 小さな三脚付きの一脚を購入し、 紫陽花を見に出かけた際に連れていきました。 たくさんの品種が植えられており、 満開時にはそれは美しいようなのですが、まだ見頃はこれからというところ。 現在は、白と緑が上品なアナベルがとてもきれいに咲いていました。 これがやりたかった、中から! まるでこびとになった気分です。 手持ちではできません...
続きを読む
null 【写真を楽しむ6月】Tokyo Reflection 2019年06月15日
  筆者は昔から、建物のガラスなどに「反射した光」に惹かれ、 気が付けばカメラを向けていることが多くありました。 梅雨に入り、曇りがちの天気が続いております。 晴天のようなドラマチックな光線状態は望めません。 そんな中、「反射した光=Reflection」をテーマに最近撮影した写真を集めてみました。 東京タワーは昔から好きな被写体です。 普通に撮影すると平凡になってしまうため、ビルのガラスに反射する姿を狙ってみました。 道端の道路標識が、車のヘッドライトに照らさ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]