Select Language

【SONY】α99と135mm F2.8[T4.5]STF で撮る

[ Category: SONY|掲載日時:2014年10月26日 17時25分]




スムース・トランスファー・フォーカス(Smooth Transfer Focus)
というものをご存知でしょうか。
英文字の頭文字を取って略称をSTFとしています。
(以下 「STF」 と記載)

「ボケ」
写真用語として当たり前のように使われている言葉ですが
実はこの用語と表現は日本が好んでいた表現で、
海外ではあまり馴染みがなく
最近ではそのまま「Bokeh」と言うそうです。

この「ボケ」というのは
絞りの形状を反映した形に広がるのが一般的です。
一言で「ボケ」といってもレンズによって様々。
その中でも「STF」の特徴といえばなだらかなボケ。
(特殊なフィルタを使用してなだらかに変化させています)

一枚目の写真が最も特徴が出た写真でしょうか。
背景がまるでスモークガラスのようにボケました。
次の二枚の写真も(寂しい背景ですが)
形を失わずになだらかに広がるボケ方をします。







FUJIFILMも「STF」レンズを出すという事で話題になっていますが
現在この「STF」現行レンズは
SONY 135mm F2.8 [T4.5] STF (SAL135F28) のみ。
ややこしい話になってしまうのですが
前述のとおり、特殊なフィルタを使用しているので
明るさは[T4.5]ですが実際の露出はF値で決まります。

こんな事を言っては元も子もありませんが
よほど絞って撮影したい時以外はきっとほぼ開放[T4.5]で
撮影したくなるレンズです。



魅惑のボケを使う事に夢中になりすぎますが
ピントが合った部分の描写もとても素晴らしいです。
マニュアルフォーカスのみですが
α99のLVFはとても見易くピントの山を掴むのも
そんなに難しくありません。





こうして意図的に被写体と風景を分けて撮ってみると
浮き出るような立体感が明確にわかります。
これは私の個人的な趣向ですが
圧倒的なボケ感を楽しむだけではなく
優しくボケていく雲や風景の感じが好みだったりします。







135mmは広く世界を撮るには不向きかもしれませんが
そのかわりに奥行きのある世界を見せてくれます。
最近は広角とはまた違う、
『肉眼では見えない世界』
がとても魅力的に思えてきました。
αマウントだけの魔法のレンズ。
ぜひフルサイズで楽しんでみていただきたいです。

Photo by  taira.  






"Kasyapa"
マップカメラのフォトレビューサイト

null

"Map x Mountadapter"
マウントアダプター特集サイト




〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category: SONY|掲載日時:2014年10月26日 17時25分]

面白いと思ったらコチラをClick!91票


XPRO3

【FUJIFILM】X-Pro3 ならではの撮影者からみた風景【カメラを愉しむ vol.2】[2019年11月13日]

噂の名機「FUJIFILM X-PRO3」 多機能なのにこの割り切った『特別感』 少々マニアックな視点であることは存じ上げております。 しかし、私ども『カメラ専門店』としてはこのような機能。 とても心くすぐられる機能であることに間違いありません。 実際に撮影、やはりいつもの癖で液晶を確認してしまいます。 その度に『撮影者へのインフォメーション』 として主張してくるこの1.28型 1:1アスペクトの液晶。 懐かしのPROVIA 100Fフィルムを並べてみる。 はじめの15...
続きを読む
私の散歩道 ー黄葉紅葉まつりとX-T30-

私の散歩道 ー黄葉紅葉まつりとX-T30-[2019年11月13日]

だんだんと寒々しくなり、秋も深まってきましたが皆様いかがお過ごしでしょうか。 「秋といえば」で思いつくものは多くありますが、写真好きとしては自然の彩り、紅葉を撮るベストシーズンでございます。 【X-T30+XF90mm F2 R LM WR】 今回私が撮影に赴いたのは、昭和記念公園。 11月2日から11月24日まで『黄葉紅葉まつり 秋の夜散歩』と題してライトアップイベントを行なっています。 日差しの中、自然の美しい赤や黄色の木々を楽しむのもまた一興ではありますが、今回は夜景としての紅...
続きを読む
【OLYMPUS】ギュッと詰まった小型化技術

【OLYMPUS】ギュッと詰まった小型化技術[2019年11月13日]

プラザ正面に堂々たる展示が。 2019年11月22日発売が決まったOM-D E-M5 Mark III。 先代のOM-D E-M5 Mark II発売が2015年3月なので、実に4年半ぶりのモデルチェンジです。 新製品の全国ツアーとも言うべき「OLMPUS FOTOFESTA 2019」にて試した方もいらっしゃると思いますが、東京は少し先の11月16日。 幸いにしてオリンパスプラザ新宿がご近所なので、タッチ&トライと作例写真鑑賞を兼ねて進化点を伺ってきました。 オリンパスの十八番ライブコンポジットの作例が美しい ■随所に感...
続きを読む
秋風に手を振って

【Canon】11月、秋風に手を振って ー憧れー[2019年11月12日]

待っていました。頬撫でる風に秋の匂いが混ざるこの時を。 待っていました。憧れ続けたこのカメラを使えるその時を。 キヤノンユーザーならば一度は使ってみたいと思うカメラ、「EOS-1DX MarkⅡ」。左肩には誇らしげに輝く「D」のバッジを配し、日本の、ひいては世界の報道やスポーツ現場の“今”を伝え続けたメッセンジャー。 そのカメラに「EF85mm f1.2L Ⅱ USM」を装着し、夢の島へ行ってまいりました。 長年の夢だった組み合わせで撮影する場所が「夢の島」だなんて、素敵な偶然もあったものです...
続きを読む
D610 24-85mm

【Nikon】新しい地図のつくりかた Vol.1 地下神殿[2019年11月12日]

秋になり、過ごしやすくなりました。 普段なら行かないような場所も、不思議と行きたくなります。 今回は普段行かないような、とある施設に行ってきました。 その施設とは・・・ 〈首都圏外郭放水路〉 通称、地下神殿とも呼ばれています。 今回はこの施設の見学ツアーに参加してきました。 首都圏を洪水から守るために作られた施設として近年話題になっています。 いくつかのツアーがありますが、今回は〈深部を探る!ポンプ堪能コース〉に参加しました。 首都圏外殻放水路は三脚持ち込み...
続きを読む