Select Language

【SONY】α99と135mm F2.8[T4.5]STF で撮る

[ Category: SONY|掲載日時:2014年10月26日 17時25分]




スムース・トランスファー・フォーカス(Smooth Transfer Focus)
というものをご存知でしょうか。
英文字の頭文字を取って略称をSTFとしています。
(以下 「STF」 と記載)

「ボケ」
写真用語として当たり前のように使われている言葉ですが
実はこの用語と表現は日本が好んでいた表現で、
海外ではあまり馴染みがなく
最近ではそのまま「Bokeh」と言うそうです。

この「ボケ」というのは
絞りの形状を反映した形に広がるのが一般的です。
一言で「ボケ」といってもレンズによって様々。
その中でも「STF」の特徴といえばなだらかなボケ。
(特殊なフィルタを使用してなだらかに変化させています)

一枚目の写真が最も特徴が出た写真でしょうか。
背景がまるでスモークガラスのようにボケました。
次の二枚の写真も(寂しい背景ですが)
形を失わずになだらかに広がるボケ方をします。







FUJIFILMも「STF」レンズを出すという事で話題になっていますが
現在この「STF」現行レンズは
SONY 135mm F2.8 [T4.5] STF (SAL135F28) のみ。
ややこしい話になってしまうのですが
前述のとおり、特殊なフィルタを使用しているので
明るさは[T4.5]ですが実際の露出はF値で決まります。

こんな事を言っては元も子もありませんが
よほど絞って撮影したい時以外はきっとほぼ開放[T4.5]で
撮影したくなるレンズです。



魅惑のボケを使う事に夢中になりすぎますが
ピントが合った部分の描写もとても素晴らしいです。
マニュアルフォーカスのみですが
α99のLVFはとても見易くピントの山を掴むのも
そんなに難しくありません。





こうして意図的に被写体と風景を分けて撮ってみると
浮き出るような立体感が明確にわかります。
これは私の個人的な趣向ですが
圧倒的なボケ感を楽しむだけではなく
優しくボケていく雲や風景の感じが好みだったりします。







135mmは広く世界を撮るには不向きかもしれませんが
そのかわりに奥行きのある世界を見せてくれます。
最近は広角とはまた違う、
『肉眼では見えない世界』
がとても魅力的に思えてきました。
αマウントだけの魔法のレンズ。
ぜひフルサイズで楽しんでみていただきたいです。

Photo by  taira.  






"Kasyapa"
マップカメラのフォトレビューサイト

null

"Map x Mountadapter"
マウントアダプター特集サイト




〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category: SONY|掲載日時:2014年10月26日 17時25分]

面白いと思ったらコチラをClick!94票


【D780徹底レポート!】第三回 やっぱりレフ機!NikonとCanonの”違い”

【D780徹底レポート!】第三回 やっぱりレフ機!NikonとCanonの”違い”[2020年02月19日]

皆様一眼レフ使っていらっしゃいますか? ここ最近はミラーレスの隆盛ですっかり影をひそめてしまった一眼レフですが、ここにきてニコンから待望のビッグネームが登場しました。 その名もD780!名機と名高いD750の後継機です。 今回の記事では、カタログスペックでは解らない細かい所について掘り下げます。 せっかくなので、わが愛機であり直接のライバルとなるであろうCanon EOS 6D MarkⅡとの...
続きを読む
【Leica】本館地下 中望遠倶楽部 ~NOKTON 75mm F1.5 編~

【Leica】本館地下 中望遠倶楽部 ~NOKTON 75mm F1.5 編~[2020年02月18日]

皆さま、こんにちは。 MapCameraの店舗のある新宿は暖かいなぁと感じる日がだんだんと多くなってきました。 さて、今回はLeica M10-PとNOKTON 75mm F1.5 Vintage Line Aspherical VMを使って写真を撮ってきました。 VMとはVoigtlander Mマウントの略です。 VoigtlanderのBessaシリーズをはじめとしてM型ライカのカメラにも装着することが出来ます。 まずは開放F1.5。優しいピント面からなだら...
続きを読む
光害カットフィルター「StarScape」の魅力

【marumi】光害カットフィルター「StarScape」の魅力[2020年02月17日]

α7RⅣ + FE24-70mm F2.8 GM + M100 + StarScape for M100 + ND8 65mm | F8 | 31s | ISO100 東京都江東区にて 古今を問わず、写真撮影の応用として、「特殊な効果」を持ったフィルターは大変人気です。例えば、「C-PLフィルター」「NDフィルター」等はその中でも定番です。更に特殊なものとして、カラーフィルターやソフトフィルター、クロスフィルターなんかがありますが、昨今では夜景を...
続きを読む
【OLYMPUS】4K動画×手ブレ補正【OM-D E-M1 Mark III】

【OLYMPUS】4K動画×手ブレ補正【OM-D E-M1 Mark III】[2020年02月16日]

2月12日にオリンパスから待望のフラッグシップモデル『OM-D E-M1 Mark III』が発表されました。 2013年10月に『OM-D E-M1』 2016年12月に『OM-D E-M1 Mark II』 そして2020年2月、3代目となる『OM-D E-M1 Mark III』 特集ページに収まりきらなかった機能をMapTimesで紹介。 今回は『4K動画×手ブレ補正』 手持ちでシネマクオリティを実現するOM-D Movie 4K動画撮影機能はもちろん、E-M1 X...
続きを読む
null

私の現像レシピ[2020年02月15日]

先日、自分でフィルム現像をしていて本当に良かったなぁと感じたことがありました。 カメラ屋さん「ご自身で現像されたんですか?」 私「ええ、意外と簡単ですよ。」 カメラ屋さん「私も興味がありまして... 暗室でですか。」 私「いえ、暗室がなくてもできますよ。私はお風呂場を暗室の代わりにしてやってます。」 カメラ屋さん「すごい、私もやってみようと思います。」 自家現像...
続きを読む