【SONY】Leicaで撮るということ Vol.4 ~Summar 50mm F2.0~ | THE MAP TIMES 
Select Language



【SONY】Leicaで撮るということ Vol.4 ~Summar 50mm F2.0~

[ Category:SONY|掲載日時:2015年05月13日 20時30分]







Leicaの魅力とはなんだろうと思っていました。



Leicaで写真を撮るようになってから
少し写真の嗜好が変わりました。
今までコントラストの強い写真が多かったのですが
最近は淡く優しい描写が好きになってきました。

勿論その描写がすべてという訳ではありません。
ただ豊かな階調で写し出すLeicaのレンズに今は虜になっています。


Leica (ライカ) ズマール L50mm F2


今回のレンズは
Summar 50mm F2.0 (1932~) 6枚絞り。
マウントはLマウントでα7Rに装着するには変換アダプターが必要になります。
※Mマウントアダプター使用の際
※Lマウントのマウントアダプターも存在します。
呼称、表記としては Summar(ズマール)5cm と呼ぶ人も多いです。
沈胴式は、沈胴させると金属の削りカスが出てしまうので注意が必要です。

F4まで絞ると別人のような写りになる、
このレンズもまた「クセ玉」の一つです。
今回はほぼ全てのシーンをF2.2で撮影しました。
絞りF2.2の目盛りがある面白いレンズです。
開放では目にみえて、ほわっとしてしまいますが
その僅かな絞りだけでも芯が出てきます。


Leica (ライカ) ズマール L50mm F2

Leica (ライカ) ズマール L50mm F2


この日は長袖だと少し暑いくらいの天気でした。
空の青はパステルカラー。
水色に近い空と白い雲の淡いコントラスト。
少しずつ夏が近づいてきている感じがします。

Leica (ライカ) ズマール L50mm F2


室内での撮影。
開放から僅か0.2の絞りですが
ピントの合った面は実に精細な写りではないでしょうか。
でも何より、優しい時間が写真から伝わってくるようです。


Leica (ライカ) ズマール L50mm F2


もう時期を過ぎ少し痩せた菜の花の先の青い草原に


Leica (ライカ) ズマール L50mm F2


凛と立つ一輪の紅色の花。
ソフトフォーカスがかかったような前ボケと
軟らかいトーンがその幻想的な風景をより際立ててくれました。

写らないくらいがちょうどいい時もある。
そんな風に思わされます。

Leica (ライカ) ズマール L50mm F2


まるで永遠に続いていくよう長い長い凧。
このレンズで見た世界は
いつもとは違って見えました。


Leica (ライカ) ズマール L50mm F2


肉眼では決して見れない世界
逆光で入り込んでくるゴーストは全く予測不能です。


Leica (ライカ) ズマール L50mm F2


白く飛んで消えてしまいそうな世界。
これもF2.2で撮影しているのでシャッタースピードは
陽射しの強い暮れ時の
1/8000秒オーバーでも無理やり切った一枚。


Leica (ライカ) ズマール L50mm F2


この青い花、ネモフィラはとても背が低く
しゃがんで同じ目線から撮ったり試行錯誤しました。
図らずもこのレンズの優しい独特な写りが
幻想的な世界を写すのに一役買ってくれたと思います。


Summar はLeicaのレンズの中でも比較的安価です。
しかしレンズ前面が柔らかいため、状態の善し悪しが個体により激しく、
レンズ前面が綺麗な個体はとても貴重です。
この優しく癖のあるレンズ、是非使ってみていただきたいです。

なおこのブログを書くにあたり
Leicaのレンズの魅力は一言、一口では語れない事は承知の上で
「撮りたい」ものを撮っています。
なるべくレンズの特徴を調べて書こうと思っていますが
一面性に偏っている部分があります。
また同じレンズを使用した際には違う面から撮りたいと思っています。
寛大な気持ちで見ていただければ幸いです。

↓↓今まで撮ったレンズ↓↓


Photo by  taira.  








"Kasyapa"
マップカメラのフォトレビューサイト

null

"Map x Mountadapter"
マウントアダプター特集サイト




〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:2015年05月13日 20時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

本日もまた写真日和。毎日がそうであるように。 本日もまた写真日和。毎日がそうであるように。 2019年05月21日
のんびり、まったり・・・好きな写真を好きなように撮り続けてはや10年。 喜怒哀楽に合わせて時を残してくれるカメラやレンズを、私は敬意を込めて“彼ら”と呼びます。 カメラはCANON EOS7DMarkⅡ、それに付けるレンズはSIGMA Art 30mm F1.4 DC HSM お初にお目にかかります。新人スタッフのカメラ話に暫し、お付き合い下さいませ。 私が学生時代から愛用し続けているこの組合わせは 撮影において非常に便利、かつ、実に可愛げのある写真を生み出します。 このレンズが実現するボケ描写はあらゆる...
続きを読む
ヴィンテージカメラ mickey35を使ってみた ヴィンテージカメラ mickey35を使ってみた 2019年05月20日
先日リサイクルショップの陰にひっそりと転がっていた一つのカメラを購入しました。 本日はこのカメラについて書いていきたいと思います。 色々なカメラに興味が湧いてくると、最終的にたどり着くのがオールドカメラ。 そんな経験をされている方も多いのではないでしょうか? この世の中には様々なメーカーのカメラやレンズたちが眠っていますが、多くは大量生産されたレンズやボディ、希少性があってもLeicaなどの高価な有名メーカーが占めており 生産数が少ない無名メーカーのカメラはな...
続きを読む
null 【FUJIFILM】高円寺散歩 2019年05月19日
東京では、5月だというのに30℃に到達しそうな日が続きます。 夜なら外に出れると思い、 ふと思うと、仕事から帰ってくるだけで夜のご近所を知らないことに気づきました。 日も沈んできたので、 夜のご近所を散策してみます。 お供には携帯性抜群わずか155g「フジノン XF16mm F2.8 R WR ブラック」と、 「FUJIFILM X-E3」を従えていきます。 まず向かったのは高円寺~中野間の中央線の車内から見てて、 なんの建物だろうと思っていた座高円寺です。 半分もう閉まってましたが、 ...
続きを読む
GR IIとお散歩 【RICOH】GR IIとお散歩 2019年05月17日
ゴールデンウィークも終わり、初夏を思わせるような陽気になってきました。 そんな私は桜が散り始めた頃、 周りの方々からすすめられて、気になっていたカメラを手にしました。 【RICOH (リコー) GR II】です。 今回はこのカメラを持ち、駒込にある「六義園」に行きました。 巣鴨駅からとことこお散歩をしながら六義園の近くまで。 知らない場所を歩くのは楽しいですね。 庭園にはレトロなお茶屋さんがあったり、老若男女楽しめるところでした。 毎日東京のせわしないところに...
続きを読む
null 【Canon】EOS Kiss M でカメラデビュー 2019年05月16日
初めまして。今回から新たにブログを書かせていただきます。 そんな私ですが、ずばりカメラ初心者です。 どうか温かい目で見守っていただけると嬉しいです。 さて、初心者の私が相棒に選んだのは、 【Canon】の「EOS Kiss Mダブルズームキット」です。 カメラを手にして感じたのが、 普段の何気ない景色をしっかりと見つめるようになりました。 そこで、今回の写真は近所の公園を撮ろうと思い、Kiss Mで 撮影を楽しんできました。 Kiss Mを選んだ理由の一つは何と言っても軽いことで...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]