Select Language

【SONY】Leicaで撮るということ Vol.6 ~Summilux 50mm F1.4 2nd~

[ Category: SONY|掲載日時:2015年05月25日 13時55分]





Leicaの魅力とはなんだろうと思っていました。


もう自分が使って実感するまでもなく
Leicaを愛する写真家達の写真が世には溢れていて
それを見るだけでも満足なんですが、いつか自分でも撮れたら。
虜にされてしまったら抜け出せません。


Leica (ライカ) ズミルックス M50mm F1.4 後期型


今回のレンズは
Sumilux(ズミルックス) 50mm F1.4 (1961) 5群7枚 第二世代。
1959年に登場したズミルックス 50mmの改良版です。
同じ5群7枚のレンズ構成ですが、設計に変更があります。

F1.4の開放でも滲みこそあるもののピント面の解像は素晴らしく
F2.0にするだけでもキリっとした画になります。
個人的にはそのF2.0の写りが好きでそればかり。
F1.4で同じ構図を撮ってみると違いが分かります。

Leica (ライカ) ズミルックス M50mm F1.4 後期型

私が主役、と言わんばかりに咲くバラ。
最短距離1mというと扱いにくいと思われるかもしれませんが
実際に撮る時には必要十分だったりします。

Leica (ライカ) ズミルックス M50mm F1.4 後期型

堂々と、思い切りよく正面を撮る。
50mmの画角がこんなにも潔い画になるとは今まで思いませんでした。

Leica (ライカ) ズミルックス M50mm F1.4 後期型

よく晴れた初夏の陽射しが様々な光陰を作り出していました。
まるでスポットライトに照らされたような二人の主役。

Leica (ライカ) ズミルックス M50mm F1.4 後期型

立てば芍薬座れば牡丹、歩く姿は百合の花。
1960年代のレンズとは思えない瑞々しい描写。

Leica (ライカ) ズミルックス M50mm F1.4 後期型

日常でふと見つけた何気ないシーンを切り撮る。
自分の目線では気付けない世界を見つける事が出来ます。

Leica (ライカ) ズミルックス M50mm F1.4 後期型

路傍のアイドル。
素直な前ボケ。

Leica (ライカ) ズミルックス M50mm F1.4 後期型

Leica (ライカ) ズミルックス M50mm F1.4 後期型

その場の湿度といえばいいのか、温度というのか、
静けさ まで一緒に写真に写しこんでいる気がします。

Leica (ライカ) ズミルックス M50mm F1.4 後期型

坂の多い町でした。
ただただ穏やかな時間が流れる町を練り歩いた一日でした。
好きか嫌いかといわれれば大好きな町、
ちなみに西武新宿線沿いになります。

α7Rの設定は「ニュートラル」に設定しています。

このブログシリーズの一枚目は
逆光でどんなフレア、ゴーストが出るのか
試し撮りをした一枚を載せています。
勿論 射光角度で変わるので参考にはなりませんが
やはり近代のレンズは技術の進歩を感じさせます。
個人的にはズマリットのフレア、ゴーストが好きだったりしますが。

※なおこのブログを書くにあたり
Leicaのレンズの魅力は一言、一口では語れない事は承知の上で
「撮りたい」ものを撮っています。
なるべくレンズの特徴を調べて書こうと思っていますが
一面性に偏っている部分があります。
また同じレンズを使用した際には違う面から撮りたいと思っています。
寛大な気持ちで見ていただければ幸いです。


↓↓今まで撮ったレンズ↓↓


Photo by  taira.  









"Kasyapa"
マップカメラのフォトレビューサイト

null

"Map x Mountadapter"
マウントアダプター特集サイト




〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category: SONY|掲載日時:2015年05月25日 13時55分]

面白いと思ったらコチラをClick!73票


null

【街で見つけた形にフォーカス】monochrome 【SONY】[2020年01月21日]

皆さんこんにちは。 今月は「街で見つけた形にフォーカス」をテーマに綴っております。 昔聞いたことのある話なのですが一般的に男性は形や空間認識能力に優れ、女性は色彩感覚に優れているのだそうです(あくまで一般的に、なので逆の人もいれば両方共優れている人もいるのだとか。) となると今回のテーマは一般的(?)に言えばまさに男性が得意な被写体と言えるのでしょうか。実際どのスタッフが書...
続きを読む
【街で見つけた形にフォーカス】α7Sと一緒に東京散歩【SONY】

【街で見つけた形にフォーカス】α7Sと一緒に東京散歩【SONY】[2020年01月20日]

今回の掲載写真は「SONY α7S」にマウントアダプター「LA-EA3」を使い Aマウントレンズ「Vario-Sonnar T*24-70mm F2.8 ZA SSM」で撮影しました。 こちらは東京・浅草周辺を歩いている時に見つけた面白い形の白い大きなオブジェ 側面に穴が開いており、穴からはスカイツリーが見えます。 スカイツリーの隠れ撮影スポットを発見しました。 穴の中にカメラを入れるとオブジェの内側を覗く事がで...
続きを読む
D780

【発売直前】 D780とはどんなカメラ?[2020年01月20日]

Nikon D780とはどんなカメラ? 待っていた方も多いのではないでしょうか。 2014年に登場し、 ミドルレンジのフルサイズデジタル一眼レフとして長年多くのユーザに愛されてきたD750。 時代の移り変わりとともに、 Nikon一眼レフの金字塔D850が登場したり、 待望のフルサイズミラーレスZシリーズが誕生してきましたが、 それとは別に、今の時代ならではの新しい技術を取り入れつつも 安心して使...
続きを読む
カタチから過去を振り返る

【街で見つけた形にフォーカス】カタチから過去を振り返る【FUJIFILM】[2020年01月19日]

FUJIFILMといえば最近は専ら『X-Pro3』の話題で持ちきりですが、 『X-Pro2』も捨てたものではありません。 今回、街で見つけた形にフォーカスということで、 その『X-Pro2』を片手に今まで撮影してきたものを振り返ります。 私の中で丸といえば、なぜか道路標識が優先度高めに出てきます… 最初の写真は福岡にいたときに撮影したもので、こちらは東京丸の内で撮影。 同じような被写体...
続きを読む
D780 体験レポート

【Nikon】D780 体験レポート in ニコンプラザ新宿[2020年01月18日]

先日、速報としてお伝えした『Nikon D780』の先行展示。 今回改めて、ニコンプラザ新宿で新製品の注目ポイントを伺ってきました。 2台用意されていた展示機の内、1台は「AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8 G ED」と「フィルムデジタイズアダプター ES-2」のセット。 ES-2は、マイクロレンズとの組み合わせで、35mm判フィルムを手軽にデータ化できる便利なアクセサリーですが、ネガフィルムをパソコン...
続きを読む