Select Language

【SONY】Leicaで撮るということ Vol.7 ~Summicron M35mm F2 2nd(6枚玉)~

[ Category: SONY|掲載日時:2015年12月06日 12時15分]



オススメのレンズのブログをPickup!!
※2015年5月のブログを再掲載しています。



Leicaで撮るということ
知れば知るほど奥が深くなります




Leica (ライカ) ズミクロン M35mm F2 (6枚玉)


今回のレンズは
Summicron (ズミクロン) M35mm F2 2nd(六枚玉) (1976) 4群6枚 
第二世代 でツノ無しツノ付きがあります。
ライカ研究 ズミクロンM35mmF2 6枚玉 - マップタイムズ
このブログを見て、「ほぉ~」となりました。

第一世代のレンズ構成は6群8枚。
というよりも、Summicron (ズミクロン) 35mm F2 には
「八枚玉」「六枚玉」「七枚玉」があります。※年代順
写りの違いがあるので、それぞれにファンがいます。
私にとってはこの「六枚玉」がSummicron M35mm F2 の指標となるので
他のレンズを使ってみるのが今から楽しみでもあります。

Leica (ライカ) ズミクロン M35mm F2 (6枚玉)

使い始めて間もない頃に撮った一枚。
まるで中心に吸い込まれているようなボケ。
「なんだこれは」と驚きとともに感動を覚えました。
ただ、それ以降この写りにはあまり会っていません。
その時の撮影環境や被写体の位置が関係していると思いますが。
ただ心と興味をグッと引き寄せた記憶に残る一枚です。

Leica (ライカ) ズミクロン M35mm F2 (6枚玉)

Leica (ライカ) ズミクロン M35mm F2 (6枚玉)

開放ではゴーストが入り込みますが、少し絞るだけで
あっという間に気にならなくなります。
ただ個人的にはゴーストもフレアも背景のボケも
レンズの「味」として採用してしまう魅力があります。

Leica (ライカ) ズミクロン M35mm F2 (6枚玉

Leica (ライカ) ズミクロン M35mm F2 (6枚玉)

35mmとα7Rの相性もあると思いますが
やはり開放で撮影すると周辺減光がはっきりとわかります。
ただし、その減光もF4に絞れば、ほぼ感じなくなります。
ただそれよりも特筆すべきは同じレンズとは思えない解像感。
一言であらわすならば 「目が覚める」 その一言。
開放の画と較べると劇的に写りが変わったのがわかります。

Leica (ライカ) ズミクロン M35mm F2 (6枚玉)

紅一点。
雨風にさらされ続け、色褪せていくホームベンチ。
こういう場合撮影者の意図よりも
「色が乗りすぎてしまう」事が多いですが、
現場の色が忠実に再現されています。

Leica (ライカ) ズミクロン M35mm F2 (6枚玉)

Leica (ライカ) ズミクロン M35mm F2 (6枚玉)

今回に限っては、撮影テストのような感じで
開放とF4の撮り較べをひたすら行いました。
開放では甘く、F4では途端に締まった表情をするレンズ。
その表情の移り変わりを楽しんでいましたが
それを踏まえると F2.8からF3.2くらいが
甘さと端麗さを兼ね備えた絶妙な絞りなのかもしれません。

Leica (ライカ) ズミクロン M35mm F2 (6枚玉)

最短撮影距離は0.7メートル。
陶器、木の机、照明器具の金属、ガラスの灰皿、コーヒーカップ、チーズケーキ。
意図して撮った訳ではありませんが、その一つ一つの質感の違い、
光が生む陰影の付き具合に不自然さはありません。
品がある、落ち着きのある色調が、被写体の魅力をぐっと引き上げてくれます。

Leica (ライカ) ズミクロン M35mm F2 (6枚玉)

最短撮影距離であれば開放であっても細密な描写。
細い線の美しさに骨抜きにされそうなほど。
Leicaのレンズが女性的、と言われるのはその線の細さからではないでしょうか。
柔くボケた背景のはずのピアノにも何か物語を感じさせるようです。

Leica (ライカ) ズミクロン M35mm F2 (6枚玉)

結局この日は最終的にF4のほうに気持ちが傾いていきました。

35mmという画角は
気軽に撮れるがゆえに、構図の組み立てをしっかり考える必要が
あったのだと、最近になってようやく気づく事が出来ました。
日々、精進あるのみ 
へこたれずに35mmを追及していきたいと思います。

Leica (ライカ) ズミクロン M35mm F2 (6枚玉)

Leicaの歴史を指でなぞりながら調べている私では、
まだまだ言葉も思想も幼少期並み。
沢山の言葉と思想に触れながら、Leicaを知っていきたいと思っています。

※このブログを書くにあたり
Leicaのレンズの魅力は一言、一口では語れない事は承知の上で
「撮りたい」ものを撮っています。
なるべくレンズの特徴を調べて書こうと思っていますが
一面性に偏っている部分があります。
また同じレンズを使用した際には違う面から撮りたいと思っています。
寛大な気持ちで見ていただければ幸いです。


Photo by  taira.  


↓↓今まで撮ったレンズ↓↓







"Kasyapa"
マップカメラのフォトレビューサイト

null

"Map x Mountadapter"
マウントアダプター特集サイト



〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category: SONY|掲載日時:2015年12月06日 12時15分]

面白いと思ったらコチラをClick!92票


null

【街で見つけた形にフォーカス】monochrome 【SONY】[2020年01月21日]

皆さんこんにちは。 今月は「街で見つけた形にフォーカス」をテーマに綴っております。 昔聞いたことのある話なのですが一般的に男性は形や空間認識能力に優れ、女性は色彩感覚に優れているのだそうです(あくまで一般的に、なので逆の人もいれば両方共優れている人もいるのだとか。) となると今回のテーマは一般的(?)に言えばまさに男性が得意な被写体と言えるのでしょうか。実際どのスタッフが書...
続きを読む
【街で見つけた形にフォーカス】α7Sと一緒に東京散歩【SONY】

【街で見つけた形にフォーカス】α7Sと一緒に東京散歩【SONY】[2020年01月20日]

今回の掲載写真は「SONY α7S」にマウントアダプター「LA-EA3」を使い Aマウントレンズ「Vario-Sonnar T*24-70mm F2.8 ZA SSM」で撮影しました。 こちらは東京・浅草周辺を歩いている時に見つけた面白い形の白い大きなオブジェ 側面に穴が開いており、穴からはスカイツリーが見えます。 スカイツリーの隠れ撮影スポットを発見しました。 穴の中にカメラを入れるとオブジェの内側を覗く事がで...
続きを読む
D780

【発売直前】 D780とはどんなカメラ?[2020年01月20日]

Nikon D780とはどんなカメラ? 待っていた方も多いのではないでしょうか。 2014年に登場し、 ミドルレンジのフルサイズデジタル一眼レフとして長年多くのユーザに愛されてきたD750。 時代の移り変わりとともに、 Nikon一眼レフの金字塔D850が登場したり、 待望のフルサイズミラーレスZシリーズが誕生してきましたが、 それとは別に、今の時代ならではの新しい技術を取り入れつつも 安心して使...
続きを読む
カタチから過去を振り返る

【街で見つけた形にフォーカス】カタチから過去を振り返る【FUJIFILM】[2020年01月19日]

FUJIFILMといえば最近は専ら『X-Pro3』の話題で持ちきりですが、 『X-Pro2』も捨てたものではありません。 今回、街で見つけた形にフォーカスということで、 その『X-Pro2』を片手に今まで撮影してきたものを振り返ります。 私の中で丸といえば、なぜか道路標識が優先度高めに出てきます… 最初の写真は福岡にいたときに撮影したもので、こちらは東京丸の内で撮影。 同じような被写体...
続きを読む
D780 体験レポート

【Nikon】D780 体験レポート in ニコンプラザ新宿[2020年01月18日]

先日、速報としてお伝えした『Nikon D780』の先行展示。 今回改めて、ニコンプラザ新宿で新製品の注目ポイントを伺ってきました。 2台用意されていた展示機の内、1台は「AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8 G ED」と「フィルムデジタイズアダプター ES-2」のセット。 ES-2は、マイクロレンズとの組み合わせで、35mm判フィルムを手軽にデータ化できる便利なアクセサリーですが、ネガフィルムをパソコン...
続きを読む