Select Language

【SIGMA】しぐまびより Part28

[ Category: SIGMA|掲載日時:2015年08月02日 18時09分]


SIGMA (シグマ) dp2 Quattro
絞り:F8.0 / シャッタースピード:6秒 / ISO:100 / dp2 Quattro

今年も花火の季節がやってまいりました。
「花火」のキーワードで検索すると見れる艶やかな花火写真の数々
そんな写真を撮りたいなぁと思いつつ、うまくいかずの花火大会です。

さて、早速ですが実は dp全シリーズ には
バルブ撮影機能がありません。
去年も撮ったはずなのに忘れていて
「あれ、ないじゃない!」っと一人でツッコんでました。

ちなみに去年の花火大会の様子
dp2 Quattro と夜の華

バルブ撮影がないから諦めよう、、だなんて勿体無い!ということで
シャッタースピードを変えながら悪戦苦闘した dp Quattro花火 第二回戦です。

前回は dp2 Quattro のみ。
今回は dp1 Quattro も参戦。
抜かりはないと思っていたら今回運よく立ち入り禁止ロープの
手前、最前列に座る事が出来ました。

、、dp1 ですら近い!
衝撃の展開です。

SIGMA (シグマ) dp1 Quattro
絞り:F9.0 / シャッタースピード:4秒 / ISO:100 / dp1 Quattro

オープニング、盛大に花火が打ちあがりました。
沢山の花火が次々と打ちあがるシーンでは
シャッタースピードは速めにしたほうがいいというのを学習しました。

まっ暗闇な夜に江戸の華、これからが本番です。

SIGMA (シグマ) dp1 Quattro
絞り:F7.1 / シャッタースピード:6秒 / ISO:100 / dp1 Quattro

28mmの広角をぶち抜くスケール感。
頭上に火の粉が落ちてくるくらいの角度で花火が上がったり
別の意味でも心拍数が上がる花火大会でした。

SIGMA (シグマ) dp1 Quattro
絞り:F7.1 / シャッタースピード:1.3秒 / ISO:100 / dp1 Quattro

露光時間は1.3秒。3秒くらいでも良かったかな、
でもそうなると白飛びの可能性もある。。
など自問自答が続きます。

SIGMA (シグマ) dp1 Quattro
絞り:F9.0 / シャッタースピード:3.2秒 / ISO:100 / dp1 Quattro

----花火閑話

例えば 6秒で撮影をすればその分だけ「BUSY」状態
※カメラ内処理が入る為、操作不能になります
つまり撮影不可能な時間が出来ます。
その間に撮りたい花火が上がってしまった、、
なんて苦く辛い思いは数知れず。

去年はその「BUSY」状態が怖いのと、次々に上がる花火を一緒に撮りたくて
シャッタースピードを10秒で切るのが多くなりました。
今回は長くて9秒くらいにしてみました。
単発単発の撮影になってしまうのでこれもまた悩みの種。

花火撮影のテクニックとして「遮光紙」を挟んで
幾重にも重ねるという手法があるということを今更知りました。
花火は経験値がそのまま写真に反映されるので
シビアだからこそ奥が深く、追求に終わりのない写真テーマですね。

---

SIGMA (シグマ) dp2 Quattro
絞り:F8.0 / シャッタースピード:4秒 / ISO:100 / dp2 Quattro

dp2 Quattro 35mm判換算 45mm での撮影。
距離感も近いため、かなりダイナミックにクローズアップした感じ。
ただ、私の中で花火のイメージは
想像の域と枠を超えるものなのでこういうのも好きです。

SIGMA (シグマ) dp2 Quattro
絞り:F8.0 / シャッタースピード:4秒 / ISO:100 / dp2 Quattro

色彩が弾け散る。

肉眼では視認出来なかった花火のもう一つの世界。
カメラだけが写しだせる魅惑の光の世界ですね。

SIGMA (シグマ) dp2 Quattro
絞り:F8.0 / シャッタースピード:1秒 / ISO:100 / dp2 Quattro

画像が小さくて分かりづらいかもしれませんが
手持ちで撮影した影響でミミズのように光が動いています。
こうならない為にも花火を撮るときは三脚は「必須」です。

何より、折角の花火です。
皮肉な話ですが写真を残すより、残していないほうが人は記憶するらしいです。
写真を撮りながらも、しっかりと二つの眼と脳裏に花火を焼きつけて
花火の世界を思う存分堪能しましょう。

SIGMA (シグマ) dp2 Quattro
絞り:F8.0 / シャッタースピード:1秒 / ISO:100 / dp2 Quattro

ちなみに現像時にシャドウを締めています。
花火は意外に明るく煙も出るため、
少しシャドウを締めるだけで夜空の闇も映え、花火も艶やかになります。

8月はまだ始まったばかり。
日本全国各地で沢山の花火大会が催されます。
つまりシャッターチャンスも花火も夏もまだまだ終わりません!

是非カメラと三脚、お好み焼きに水あめ、かき氷。
夏の祭りを満喫してください。

8月になったら始まっていた!
夏が終わるその日まで!夏の三脚フェア実施!



過去のしぐまびよりはこちらから


Photo by  taira.  








"Kasyapa"
マップカメラのフォトレビューサイト

null

"Map x Mountadapter"
マウントアダプター特集サイト




〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category: SIGMA|掲載日時:2015年08月02日 18時09分]

面白いと思ったらコチラをClick!71票


null

【街で見つけた形にフォーカス】monochrome 【SONY】[2020年01月21日]

皆さんこんにちは。 今月は「街で見つけた形にフォーカス」をテーマに綴っております。 昔聞いたことのある話なのですが一般的に男性は形や空間認識能力に優れ、女性は色彩感覚に優れているのだそうです(あくまで一般的に、なので逆の人もいれば両方共優れている人もいるのだとか。) となると今回のテーマは一般的(?)に言えばまさに男性が得意な被写体と言えるのでしょうか。実際どのスタッフが書...
続きを読む
【街で見つけた形にフォーカス】α7Sと一緒に東京散歩【SONY】

【街で見つけた形にフォーカス】α7Sと一緒に東京散歩【SONY】[2020年01月20日]

今回の掲載写真は「SONY α7S」にマウントアダプター「LA-EA3」を使い Aマウントレンズ「Vario-Sonnar T*24-70mm F2.8 ZA SSM」で撮影しました。 こちらは東京・浅草周辺を歩いている時に見つけた面白い形の白い大きなオブジェ 側面に穴が開いており、穴からはスカイツリーが見えます。 スカイツリーの隠れ撮影スポットを発見しました。 穴の中にカメラを入れるとオブジェの内側を覗く事がで...
続きを読む
D780

【発売直前】 D780とはどんなカメラ?[2020年01月20日]

Nikon D780とはどんなカメラ? 待っていた方も多いのではないでしょうか。 2014年に登場し、 ミドルレンジのフルサイズデジタル一眼レフとして長年多くのユーザに愛されてきたD750。 時代の移り変わりとともに、 Nikon一眼レフの金字塔D850が登場したり、 待望のフルサイズミラーレスZシリーズが誕生してきましたが、 それとは別に、今の時代ならではの新しい技術を取り入れつつも 安心して使...
続きを読む
カタチから過去を振り返る

【街で見つけた形にフォーカス】カタチから過去を振り返る【FUJIFILM】[2020年01月19日]

FUJIFILMといえば最近は専ら『X-Pro3』の話題で持ちきりですが、 『X-Pro2』も捨てたものではありません。 今回、街で見つけた形にフォーカスということで、 その『X-Pro2』を片手に今まで撮影してきたものを振り返ります。 私の中で丸といえば、なぜか道路標識が優先度高めに出てきます… 最初の写真は福岡にいたときに撮影したもので、こちらは東京丸の内で撮影。 同じような被写体...
続きを読む
D780 体験レポート

【Nikon】D780 体験レポート in ニコンプラザ新宿[2020年01月18日]

先日、速報としてお伝えした『Nikon D780』の先行展示。 今回改めて、ニコンプラザ新宿で新製品の注目ポイントを伺ってきました。 2台用意されていた展示機の内、1台は「AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8 G ED」と「フィルムデジタイズアダプター ES-2」のセット。 ES-2は、マイクロレンズとの組み合わせで、35mm判フィルムを手軽にデータ化できる便利なアクセサリーですが、ネガフィルムをパソコン...
続きを読む