Select Language

【SONY】 α PHOTO Vol.33 SONY Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM (SAL50F14Z) 編

[ Category: SONY|掲載日時:2015年08月25日 20時45分]



Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM
F8.0 1/640秒 ISO100 body Sony ILCE-7R
α PHOTO Vol.33
『SONY (ソニー) Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM(SAL50F14Z)』


8月も気付けばあと少し。
毎年、ちょっと遠くへ向日葵を見に足を運んだりしてましたが
今年は都内で見れる向日葵畑に行ってきました。

青空に積乱雲。
向日葵が映える絶好の撮影日和。
今回のレンズはPlanar T* 50mm F1.4 ZA SSM。
Planarの第一印象は色乗りが濃い。
それは良い意味でも悪い意味でも自分の中で消化してましたが
夏の季語にPlanarの写りはピッタリだなと感じました。
鮮やかすぎない鮮やかさ。
いつかの情景をしっかりと写してくれます。

Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM
F5.0 1/3200秒 ISO100 body Sony ILCE-7R

色が濃い というとコントラストと彩度が煮詰まってしまう印象があるのですが
このレンズに関しては、透明感があるといえばいいのか色の乗り幅に余裕があるように感じます。
それでいてパキっとした写りを楽しむことが出来るレンズです。

Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM
F4.5 1/4000秒 ISO100 body Sony ILCE-7R

Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM
F1.4 1/8000秒 ISO100 body Sony ILCE-7R

F値は開放のほうがボケる!
わかりやすいほうに開放とF4.5くらいに絞った
同じ構図の写真を載せてみました。
F4.5くらいでは雲の輪郭が出ていて
F1.4ではもう境界線が無くなっています。
それだけではなく向日葵もキリっとした描写から柔らかくなっています。

厳密にはF1.4ではシャッタースピードが1/8000でも明るすぎますよー、
と警告が出たまま撮っているので
NDフィルター(暗くしてシャッタースピードをあえて遅くするフィルター)が必要になります。
ただ、撮れないことはないので警告が出ても撮ってしまうんですが。
カメラは意外に頑張り屋です。

Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM

べったりした色になりやすいケースが多いペンキの色も自然。
F4.0の被写界深度は近距離の撮影では丁度よく、背景とのボケの立体感も良く出ます。

Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM
F2.2 1/2500秒 ISO100 body Sony ILCE-7R

横断歩道を渡る人たちに咄嗟に向けた一枚。
いい西日が射し込んできて生まれる影と陽のコントラストを
肉眼で見た時以上のもので写してくれました。
影に対して透明感っておかしいかもしれませんが、影が潰れることなく写っています。

Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM
F2.8 1/100秒 ISO100 body Sony ILCE-7R

Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM
F2.5 1/60秒 ISO100 body Sony ILCE-7R

Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM
F4.0 1/125秒 ISO100 body Sony ILCE-7R

F1.4の明るさとボケを楽しむだけでなくやや絞ってからの
解像感もぜひ楽しんでもらいたいレンズです。
ピント面の解像度は素晴らしく、「画」の質が格段に上がります。
鮮やかな画だけでなく、落ち着いた色調の雰囲気もしっかりと描写します。

Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM
F8.0 1/2000秒 ISO100 body Sony ILCE-7R

絞れば全景も撮れる名役者。
50mmの画角の扱いやすさに開放と絞りの選択で遊べるレンズでした。
使い勝手のいい50mmは私の一番使用頻度の高い焦点距離です。
皆様はどんな焦点距離のレンズが好きでしょうか。

αPHOTO第33回のレンズは『Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM』でした。
今回の使用ボディは『α7R』です。


次回はどんなレンズが登場するでしょうか?
お楽しみに!!

Photo by  taira.  



↓α PHOTO バックナンバーはコチラ!↓









"Kasyapa"
マップカメラのフォトレビューサイト

null

"Map x Mountadapter"
マウントアダプター特集サイト




〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category: SONY|掲載日時:2015年08月25日 20時45分]

面白いと思ったらコチラをClick!49票


null

【街で見つけた形にフォーカス】monochrome 【SONY】[2020年01月21日]

皆さんこんにちは。 今月は「街で見つけた形にフォーカス」をテーマに綴っております。 昔聞いたことのある話なのですが一般的に男性は形や空間認識能力に優れ、女性は色彩感覚に優れているのだそうです(あくまで一般的に、なので逆の人もいれば両方共優れている人もいるのだとか。) となると今回のテーマは一般的(?)に言えばまさに男性が得意な被写体と言えるのでしょうか。実際どのスタッフが書...
続きを読む
【街で見つけた形にフォーカス】α7Sと一緒に東京散歩【SONY】

【街で見つけた形にフォーカス】α7Sと一緒に東京散歩【SONY】[2020年01月20日]

今回の掲載写真は「SONY α7S」にマウントアダプター「LA-EA3」を使い Aマウントレンズ「Vario-Sonnar T*24-70mm F2.8 ZA SSM」で撮影しました。 こちらは東京・浅草周辺を歩いている時に見つけた面白い形の白い大きなオブジェ 側面に穴が開いており、穴からはスカイツリーが見えます。 スカイツリーの隠れ撮影スポットを発見しました。 穴の中にカメラを入れるとオブジェの内側を覗く事がで...
続きを読む
D780

【発売直前】 D780とはどんなカメラ?[2020年01月20日]

Nikon D780とはどんなカメラ? 待っていた方も多いのではないでしょうか。 2014年に登場し、 ミドルレンジのフルサイズデジタル一眼レフとして長年多くのユーザに愛されてきたD750。 時代の移り変わりとともに、 Nikon一眼レフの金字塔D850が登場したり、 待望のフルサイズミラーレスZシリーズが誕生してきましたが、 それとは別に、今の時代ならではの新しい技術を取り入れつつも 安心して使...
続きを読む
カタチから過去を振り返る

【街で見つけた形にフォーカス】カタチから過去を振り返る【FUJIFILM】[2020年01月19日]

FUJIFILMといえば最近は専ら『X-Pro3』の話題で持ちきりですが、 『X-Pro2』も捨てたものではありません。 今回、街で見つけた形にフォーカスということで、 その『X-Pro2』を片手に今まで撮影してきたものを振り返ります。 私の中で丸といえば、なぜか道路標識が優先度高めに出てきます… 最初の写真は福岡にいたときに撮影したもので、こちらは東京丸の内で撮影。 同じような被写体...
続きを読む
D780 体験レポート

【Nikon】D780 体験レポート in ニコンプラザ新宿[2020年01月18日]

先日、速報としてお伝えした『Nikon D780』の先行展示。 今回改めて、ニコンプラザ新宿で新製品の注目ポイントを伺ってきました。 2台用意されていた展示機の内、1台は「AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8 G ED」と「フィルムデジタイズアダプター ES-2」のセット。 ES-2は、マイクロレンズとの組み合わせで、35mm判フィルムを手軽にデータ化できる便利なアクセサリーですが、ネガフィルムをパソコン...
続きを読む