Select Language

【木下光学研究所】『TOMINON』復刻~KISTAR 55mm F1.2~

[ Category: SONY|掲載日時:2015年10月13日 20時30分]




木下光学研究所から新しいレンズが発売されました。
1970年代に富岡光学が生んだ『TOMINON 55mm F1.2』の復刻版。

木下光学研究所『KISTAR 55mm F1.2』製作インタビュー



高精彩を追求したのではなく『レンズだけで絵が撮れるもの』を
目指したという『KISTAR 55mm F1.2』
今回は開放から絞った際の画の変化を試してみたので
見比べていただければと思います。

null null
開放F1.2  F5.6
シャッタースピード:1/250秒 / ISO:50 / 木下光学研究所 KISTAR 55mm F1.2


ポイ捨て禁止!の看板にピントを合わせています。
開放の柔らかい階調が好きですが絞った時のシャープさも美しいですね。。

null null
開放F1.2  F5.6
シャッタースピード:1/8000秒&1/1600秒 / ISO:100 / 木下光学研究所 KISTAR 55mm F1.2


今回NDフィルターなどは使わなかったので
開放ではシャッタースピードオーバーが多々起こりましたがそのまま撮影しています。
開放から3クリックでF2.8、5クリックでF5.6。
ホワイトバランスは無調整ですが色味がやや変わりました。
※ホワイトバランスは全てオートです。

null null
開放F1.2
シャッタースピード:1/400秒&1/8000秒 / ISO:50&100 / 木下光学研究所 KISTAR 55mm F1.2


あえてのシングルコーティング。
でも実はこんな描写が嫌いじゃない、という方は少なくないはず。
階調表現で魅せる、ある意味今の時代においては貴重なレンズです。
大きくボケる丸ボケも周辺になるとややレモン型になります。

null null
開放F1.2 F2.8
シャッタースピード:1/800秒&1/160秒 / ISO:100 / 木下光学研究所 KISTAR 55mm F1.2


F1.2からF2.0にかけて、フレアが出て、F2.8からガラっと変わる印象です。
開放から絞りリング3クリックでF2.8,5クリックでF5.6。
撮ってる最中も覗いたまま絞りリングを操作出来ます。

null null
開放F1.2 F5.6
シャッタースピード:1/320秒&1/60秒 / ISO:100&320 / 木下光学研究所 KISTAR 55mm F1.2


F1.2とF5.6の違いが面白く表れた一枚。
開放では手前の柵が消えてしまいました。

null null
開放F1.2 F2.8
シャッタースピード:1/8000秒 / ISO:125 / 木下光学研究所 KISTAR 55mm F1.2


F1.2では完全にシャッタースピードが振り切れた状態での撮影。
白く飛びかけた部分も現像ソフトで下げる事は出来ますが、
あえてそのままにしてみました。
α7Sとの相性の良さもあるのか、白く潰れることなくパステルブルーが印象的。

F2.8でも解像に大きく違いが出る事が解り
海に出た辺りからF2.8との対比に切り替えました。


F2.8
シャッタースピード:1/8000秒 / ISO:100 / 木下光学研究所 KISTAR 55mm F1.2


昔で言うハイスピードレンズ。
動きの早いものだって得意分野です。
ちなみにややシャドウ部のコントラストが高い傾向があるようです。
今回の写真は全て階調重視で基本設定(-2)にしています。
※α7Sのクリエイティブスタイル:ナチュラル

null null
開放F1.2 F2.8
シャッタースピード:1/6400秒 / ISO:100 / 木下光学研究所 KISTAR 55mm F1.2


α7シリーズの中でも相性が良いと感じるのはα7Sです。
ダイナミックレンジの広いα7Sと階調で魅せるKISTARの組み合わせは
まさに 解像度よりも階調で画を魅せる 名コンビではないでしょうか。

null null
開放F1.2 F2.8
シャッタースピード:1/6400秒 / ISO:100 / 木下光学研究所 KISTAR 55mm F1.2


開放の周辺減光、像と色の滲み。
『レンズだけで絵が撮れるもの』
進歩し続ける技術だけでなく、写真の在り方そのものについて
ふと足を留めさせてくれるレンズのような気がします。



数値化すればこれほどのグラフの違いが出るのですが
気になりますでしょうか?私はもう気になりません。
開放では柔らかく、絞ればシャープに。
まさにこの言葉を体現させたレンズです。

null null
開放F1.2  F2.8
シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100 / 木下光学研究所 KISTAR 55mm F1.2


null null
開放F1.2  F2.8
シャッタースピード:1/6400秒&1/1000秒 / ISO:100 / 木下光学研究所 KISTAR 55mm F1.2


null null
開放F1.2  F2.8
シャッタースピード:1/6400秒&1/1000秒 / ISO:100 / 木下光学研究所 KISTAR 55mm F1.2


Photo by  taira.  



kasyapaによるKISTAR 55mm F1.2 の作例はコチラ!
null





"Kasyapa"
マップカメラのフォトレビューサイト

null

"Map x Mountadapter"
マウントアダプター特集サイト




〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category: SONY|掲載日時:2015年10月13日 20時30分]

面白いと思ったらコチラをClick!70票


Shinjuku

【街で見つけた形にフォーカス】NikonのライカLレンズをSONYで撮る[2020年01月27日]

ボディ:SONY α7RIV / レンズ:Nikon W Nikkor 3.5cm F2.5 (L39) マウントアダプター:K&F Concept KF-LME - Voigtlander L/Mリング 35/135用  NikonのLレンズ?と思った方もいると思います。今回使用したのは、NikonのL39マウントレンズ、Nikkor 3.5cm F2.5です。今回は、コンパクトながらも準広角レンズであり、F2.5とスナップとしては十分な明るさをもつ、『W Nikkor 3.5cm F2.5』を使用して撮影を...
続きを読む
ねずみ年とRP

【街で見つけた形にフォーカス】ねずみ年とRP【Canon】[2020年01月26日]

2020年。 早くも1ヵ月が過ぎようとしています。 2020年の干支はねずみ。 ねずみの形を探してみようかと考えましたが私の頭に浮かんだねずみは一つでした。 入門向けのフルサイズミラーレスEOS RPと使い勝手に定評のあるRF24-105/F4を携えて、とあるテーマパークへ行ってきました。 まず使用してみて感じたことは『軽い』と言う事。 筆者は2019年に発売されたフルサイズミラー...
続きを読む
α6500 ボディ ILCE-6500 + SONY (ソニー) Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS SEL1670Z

【街で見つけた形にフォーカス】曇天から斜陽【SONY】[2020年01月25日]

街で見つけた形にフォーカス。 あっという間に令和2年目を迎えた1月の中旬、曇天模様の空の下、多摩センター駅周辺を散策することにしました。 この辺りは昔からの生活県内であり見慣れた街なのですが、ファインダーを通し新たな「形」の発見を期待して来たのでした。 雨が降らないことを祈りつつ、散策を始めます。 駅を出てすぐ、六角形のガラス張りの天蓋が二基。 あいにくの曇り空です...
続きを読む
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II

【街で見つけた形にフォーカス】気ままにスナップin下北沢【OLYMPUS】[2020年01月25日]

今回の撮影場所は下北沢です。小田急線の地下化工事が終わり、ここ5年程の間に周辺の開発が進み、地上の景色もだいぶ様変わりしてきました。 そんな下北沢でカメラを手に、お散歩スナップして参りました。気になるものに気ままにフォーカス。短いひと時でしたが、楽しい撮影でした。 以前にも似たようなことを書きましたが、真冬の撮影は日の傾きが思いのほか早く、ちょうどよく...
続きを読む
null

【Nikon】開放F値1.2!1977年生まれの元祖ノクトの作例[2020年01月24日]

先日より連載しております「NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct」企画。本日は、元祖ノクトニッコールを最新のボディであるZ7と組み合わせて、すべて開放F値1.2で撮影してきました。1977年(昭和52年)生まれの実力やいかに! ショーウインドウに飾られたスパンコールが付いたバッグ。ベージュ系の優しい色合いの服飾に似合うやわらかい描写です。 街角に貼られたステッカー群。目が合った気がして...
続きを読む