Select Language

【木下光学研究所】『TOMINON』復刻~KISTAR 55mm F1.2~

[ Category: SONY|掲載日時:2015年10月13日 20時30分]




木下光学研究所から新しいレンズが発売されました。
1970年代に富岡光学が生んだ『TOMINON 55mm F1.2』の復刻版。

木下光学研究所『KISTAR 55mm F1.2』製作インタビュー



高精彩を追求したのではなく『レンズだけで絵が撮れるもの』を
目指したという『KISTAR 55mm F1.2』
今回は開放から絞った際の画の変化を試してみたので
見比べていただければと思います。

null null
開放F1.2  F5.6
シャッタースピード:1/250秒 / ISO:50 / 木下光学研究所 KISTAR 55mm F1.2


ポイ捨て禁止!の看板にピントを合わせています。
開放の柔らかい階調が好きですが絞った時のシャープさも美しいですね。。

null null
開放F1.2  F5.6
シャッタースピード:1/8000秒&1/1600秒 / ISO:100 / 木下光学研究所 KISTAR 55mm F1.2


今回NDフィルターなどは使わなかったので
開放ではシャッタースピードオーバーが多々起こりましたがそのまま撮影しています。
開放から3クリックでF2.8、5クリックでF5.6。
ホワイトバランスは無調整ですが色味がやや変わりました。
※ホワイトバランスは全てオートです。

null null
開放F1.2
シャッタースピード:1/400秒&1/8000秒 / ISO:50&100 / 木下光学研究所 KISTAR 55mm F1.2


あえてのシングルコーティング。
でも実はこんな描写が嫌いじゃない、という方は少なくないはず。
階調表現で魅せる、ある意味今の時代においては貴重なレンズです。
大きくボケる丸ボケも周辺になるとややレモン型になります。

null null
開放F1.2 F2.8
シャッタースピード:1/800秒&1/160秒 / ISO:100 / 木下光学研究所 KISTAR 55mm F1.2


F1.2からF2.0にかけて、フレアが出て、F2.8からガラっと変わる印象です。
開放から絞りリング3クリックでF2.8,5クリックでF5.6。
撮ってる最中も覗いたまま絞りリングを操作出来ます。

null null
開放F1.2 F5.6
シャッタースピード:1/320秒&1/60秒 / ISO:100&320 / 木下光学研究所 KISTAR 55mm F1.2


F1.2とF5.6の違いが面白く表れた一枚。
開放では手前の柵が消えてしまいました。

null null
開放F1.2 F2.8
シャッタースピード:1/8000秒 / ISO:125 / 木下光学研究所 KISTAR 55mm F1.2


F1.2では完全にシャッタースピードが振り切れた状態での撮影。
白く飛びかけた部分も現像ソフトで下げる事は出来ますが、
あえてそのままにしてみました。
α7Sとの相性の良さもあるのか、白く潰れることなくパステルブルーが印象的。

F2.8でも解像に大きく違いが出る事が解り
海に出た辺りからF2.8との対比に切り替えました。


F2.8
シャッタースピード:1/8000秒 / ISO:100 / 木下光学研究所 KISTAR 55mm F1.2


昔で言うハイスピードレンズ。
動きの早いものだって得意分野です。
ちなみにややシャドウ部のコントラストが高い傾向があるようです。
今回の写真は全て階調重視で基本設定(-2)にしています。
※α7Sのクリエイティブスタイル:ナチュラル

null null
開放F1.2 F2.8
シャッタースピード:1/6400秒 / ISO:100 / 木下光学研究所 KISTAR 55mm F1.2


α7シリーズの中でも相性が良いと感じるのはα7Sです。
ダイナミックレンジの広いα7Sと階調で魅せるKISTARの組み合わせは
まさに 解像度よりも階調で画を魅せる 名コンビではないでしょうか。

null null
開放F1.2 F2.8
シャッタースピード:1/6400秒 / ISO:100 / 木下光学研究所 KISTAR 55mm F1.2


開放の周辺減光、像と色の滲み。
『レンズだけで絵が撮れるもの』
進歩し続ける技術だけでなく、写真の在り方そのものについて
ふと足を留めさせてくれるレンズのような気がします。



数値化すればこれほどのグラフの違いが出るのですが
気になりますでしょうか?私はもう気になりません。
開放では柔らかく、絞ればシャープに。
まさにこの言葉を体現させたレンズです。

null null
開放F1.2  F2.8
シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100 / 木下光学研究所 KISTAR 55mm F1.2


null null
開放F1.2  F2.8
シャッタースピード:1/6400秒&1/1000秒 / ISO:100 / 木下光学研究所 KISTAR 55mm F1.2


null null
開放F1.2  F2.8
シャッタースピード:1/6400秒&1/1000秒 / ISO:100 / 木下光学研究所 KISTAR 55mm F1.2


Photo by  taira.  



kasyapaによるKISTAR 55mm F1.2 の作例はコチラ!
null





"Kasyapa"
マップカメラのフォトレビューサイト

null

"Map x Mountadapter"
マウントアダプター特集サイト




〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category: SONY|掲載日時:2015年10月13日 20時30分]

面白いと思ったらコチラをClick!69票


OM-D E-M5 Mark III

【OLYMPUS】OM-D E-M5 Mark III で早速パナライカを試す【カメラを愉しむ vol.5】[2019年12月07日]

更なるプロフェッショナルモデルへと進化した「OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M5 Mark III」。121点オールクロス像面位相差AFによる高速、高精度なオートフォーカス性能を小型・軽量ボディが魅力的な新製品。 これに組み合わせるレンズは「Panasonic (パナソニック) LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm F2.8 ASPH. MEGA O.I.S.」。 正直121点のオールクロス像面位相差AFの高性能をフルで活かすならやはりオ...
続きを読む
東京紅葉Z50

【Nikon】東京紅葉Z50[2019年12月07日]

東京で秋を感じたいと思い、 皇居・丸の内エリアにNikon (ニコン) Z50 と Nikon (ニコン) AF-P DX NIKKOR 10-20mm F4.5-5.6G VR、 Nikon (ニコン) AF-P DX NIKKOR 70-300mm F4.5-6.3G ED VR を持参して撮影にいきました。 ※Nikon (ニコン) マウントアダプター FTZ装着しています。 まず最初にイルミネーションで有名な 丸の内仲通りを歩きます。 通り沿いにオブジェが並んでいます。 ま...
続きを読む
楽器を撮る。

【Canon】楽器を撮る。[2019年12月06日]

楽器を演奏する姿はかっこいい。 カメラを手にしてから、一番に撮りたいと思っていたのが、バンドのライブ写真だった。 私がギターを弾くという事もあり、自然に浮かんだ被写体だったからだ。 ひとつひとつのバンドが個性的で、撮影している時はとても楽しく、過ぎる時間はあっという間だ。 ライブ写真の中で、ギターに注目して今回のブログを書いてみた。 新品のギターも好きだが...
続きを読む
null

【SIGMA】しぐまびより Part33[2019年12月05日]

ひかり。 背の高いビルが立ち並ぶ街の日向と日陰のコントラストは一層強く、 その時その時にしか見れない街の風景の連続だったりする。 あとで撮ろうと思っていたらチャンスを逃してしまう、なんてことは何度も経験しています。 同じ街に何回足を運ぼうが、同じ顔を見れることはない。 何度も何度も通ったからこそ見れる瞬間があるのだと思います。 強くて明るい光と淡くて柔ら...
続きを読む
写真展のご案内 〜『BRITONS images of my memory』

写真展のご案内 〜『BRITONS images of my memory』 KENJI NAKAMURA PHOTO EXHIBITION 2019~[2019年12月04日]

マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 『BRITONS images of my memory』 NAKAMURA PHOTO EXHIBITION2019 です。 是非足をお運び下さい。 会期:2019年12月7日(土)& 12月8日(日)12:00〜21:00 会場:吉祥寺・オルレアカメラ ギャラリー 東京都武蔵野市吉祥寺本町3-12-3
続きを読む