Select Language

【SONY】 Planar T*85mm F1.4 (MM/AE)~ 【+α7S】

[ Category: SONY|掲載日時:2015年10月20日 21時10分]


Planar T*85mm F1.4

CONTAX一眼レフ用レンズの最高峰とも称される
「プラナーT*85mm/F1.4」
このレンズの描写を知らずして
レンズの良し悪しは語れない、と言われるほどです。

「写真はレンズで決まる」
いつか聞いたことのあるその言葉も
かつてのこのレンズがきっかけとなったとさえ言われています。

Planar T*85mm F1.4 MM

Planar T*85mm F1.4 MM

コッテリとした赤。
金属の冷たい光沢感。
質感描写が実に生々しい写りです。

偶然立ち寄った都立小金井公園で開催されていた
クラシックカーフェスティバル。
車の知識は全くといっていいほどない私でも
惚れ惚れしてしまうフォルム。

F値を8~11くらいまで絞っての撮影ですが
オールドレンズに分類されるレンズとは思えない精細な描写に
二重で惚れ惚れ。
どの写真も本当に素晴らしい写りで、全部載せたいくらいです。
勿論、まず実物の車の美しさが素晴らしい事が大前提です。
手入れの行きとどいていた車にオーナーの愛を感じずにはいられません。

Planar T*85mm F1.4 MM

僅かな光量でも撮影を可能にするF1.4という明るさ。
開放絞りに抵抗がある方にこそぜひ使ってみていただきたい。
掬いあげた光がこんなにも美しいレンズです。

Planar T*85mm F1.4 MM

単に「コントラストが高い」というだけでは説明出来ない濃艶な描写。
パァっと射し込んだ弱い光が印象的で
シャッターを切った撮影者の意図を丸ごと汲んでくれたかのような写りでした。

Planar T*85mm F1.4 MM

Planar T*85mm F1.4 MM

主役となる被写体は薄いピントに浮き上がり、
背景は主役を引き立てる最高のわき役になる。
無駄に思えるものが何一つないと感じさせてくれます。

Planar T*85mm F1.4 MM

そしてこのレンズを推すに言っておきたいこと。
それは縦撮りが実にかっこいいのです。
中望遠レンズに共通するところではあるかもしれませんが
最近ご無沙汰していた縦撮りを積極的に使っていました。

Planar T*85mm F1.4 MM

ピントの立ち方に軽く鳥肌がたちます。
撮りたい、と思った情景、その時に在った光の記憶を
溢すことなく切り撮ってくれました。

Planar T*85mm F1.4 MM

傾いてきた陽が空を夕焼けに染めていく。
このフェンスの向こう側では野球少年達が声を上げ練習していました。
これだけ光の透過を美しく写してくれるのですから
逆光にもどんどん立ち向かいたくなってきます。
ハレーション、ゴーストは「え、ここで出るの?」
と意外な時に出現しましたが
ほぼ回避出来るシーンがほとんどでした。

Planar T*85mm F1.4 MM

もう帰る時間。強い夕日の輝きに眩む視界。
はっきりとしたコントラストが個性の一つでもあるレンズですが
こんな淡い写りもいかがでしょうか。
優しく儚い世界。

Planar T*85mm F1.4 MM

朝が美しく、夕の暮れも美しい。
ほぼ絞り込みなしでもこの線の細さ。
一日の始まりから終わりまで、この一本で
楽しむことが出来ました。

Planar T*85mm F1.4 MM

実は以前に一度使ったことがあるのですが
そのときはあまりこのレンズにのめり込む事が出来ませんでした。
改めて使ってみることで気付く事もあるんだなと実感。
レンズは何も変わりはしないのに、見える世界が違って見える。
少しは成長できているといいのですが。

Photo by  taira.  







"Kasyapa"
マップカメラのフォトレビューサイト

null

"Map x Mountadapter"
マウントアダプター特集サイト




〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category: SONY|掲載日時:2015年10月20日 21時10分]

面白いと思ったらコチラをClick!55票


OM-D E-M5 Mark III

【OLYMPUS】OM-D E-M5 Mark III で早速パナライカを試す【カメラを愉しむ vol.5】[2019年12月07日]

更なるプロフェッショナルモデルへと進化した「OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M5 Mark III」。121点オールクロス像面位相差AFによる高速、高精度なオートフォーカス性能を小型・軽量ボディが魅力的な新製品。 これに組み合わせるレンズは「Panasonic (パナソニック) LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm F2.8 ASPH. MEGA O.I.S.」。 正直121点のオールクロス像面位相差AFの高性能をフルで活かすならやはりオ...
続きを読む
東京紅葉Z50

【Nikon】東京紅葉Z50[2019年12月07日]

東京で秋を感じたいと思い、 皇居・丸の内エリアにNikon (ニコン) Z50 と Nikon (ニコン) AF-P DX NIKKOR 10-20mm F4.5-5.6G VR、 Nikon (ニコン) AF-P DX NIKKOR 70-300mm F4.5-6.3G ED VR を持参して撮影にいきました。 ※Nikon (ニコン) マウントアダプター FTZ装着しています。 まず最初にイルミネーションで有名な 丸の内仲通りを歩きます。 通り沿いにオブジェが並んでいます。 ま...
続きを読む
楽器を撮る。

【Canon】楽器を撮る。[2019年12月06日]

楽器を演奏する姿はかっこいい。 カメラを手にしてから、一番に撮りたいと思っていたのが、バンドのライブ写真だった。 私がギターを弾くという事もあり、自然に浮かんだ被写体だったからだ。 ひとつひとつのバンドが個性的で、撮影している時はとても楽しく、過ぎる時間はあっという間だ。 ライブ写真の中で、ギターに注目して今回のブログを書いてみた。 新品のギターも好きだが...
続きを読む
null

【SIGMA】しぐまびより Part33[2019年12月05日]

ひかり。 背の高いビルが立ち並ぶ街の日向と日陰のコントラストは一層強く、 その時その時にしか見れない街の風景の連続だったりする。 あとで撮ろうと思っていたらチャンスを逃してしまう、なんてことは何度も経験しています。 同じ街に何回足を運ぼうが、同じ顔を見れることはない。 何度も何度も通ったからこそ見れる瞬間があるのだと思います。 強くて明るい光と淡くて柔ら...
続きを読む
写真展のご案内 〜『BRITONS images of my memory』

写真展のご案内 〜『BRITONS images of my memory』 KENJI NAKAMURA PHOTO EXHIBITION 2019~[2019年12月04日]

マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 『BRITONS images of my memory』 NAKAMURA PHOTO EXHIBITION2019 です。 是非足をお運び下さい。 会期:2019年12月7日(土)& 12月8日(日)12:00〜21:00 会場:吉祥寺・オルレアカメラ ギャラリー 東京都武蔵野市吉祥寺本町3-12-3
続きを読む