Select Language

【SONY】 Planar T*85mm F1.4 (MM/AE)~ 【+α7S】

[ Category: SONY|掲載日時:2015年10月20日 21時10分]


Planar T*85mm F1.4

CONTAX一眼レフ用レンズの最高峰とも称される
「プラナーT*85mm/F1.4」
このレンズの描写を知らずして
レンズの良し悪しは語れない、と言われるほどです。

「写真はレンズで決まる」
いつか聞いたことのあるその言葉も
かつてのこのレンズがきっかけとなったとさえ言われています。

Planar T*85mm F1.4 MM

Planar T*85mm F1.4 MM

コッテリとした赤。
金属の冷たい光沢感。
質感描写が実に生々しい写りです。

偶然立ち寄った都立小金井公園で開催されていた
クラシックカーフェスティバル。
車の知識は全くといっていいほどない私でも
惚れ惚れしてしまうフォルム。

F値を8~11くらいまで絞っての撮影ですが
オールドレンズに分類されるレンズとは思えない精細な描写に
二重で惚れ惚れ。
どの写真も本当に素晴らしい写りで、全部載せたいくらいです。
勿論、まず実物の車の美しさが素晴らしい事が大前提です。
手入れの行きとどいていた車にオーナーの愛を感じずにはいられません。

Planar T*85mm F1.4 MM

僅かな光量でも撮影を可能にするF1.4という明るさ。
開放絞りに抵抗がある方にこそぜひ使ってみていただきたい。
掬いあげた光がこんなにも美しいレンズです。

Planar T*85mm F1.4 MM

単に「コントラストが高い」というだけでは説明出来ない濃艶な描写。
パァっと射し込んだ弱い光が印象的で
シャッターを切った撮影者の意図を丸ごと汲んでくれたかのような写りでした。

Planar T*85mm F1.4 MM

Planar T*85mm F1.4 MM

主役となる被写体は薄いピントに浮き上がり、
背景は主役を引き立てる最高のわき役になる。
無駄に思えるものが何一つないと感じさせてくれます。

Planar T*85mm F1.4 MM

そしてこのレンズを推すに言っておきたいこと。
それは縦撮りが実にかっこいいのです。
中望遠レンズに共通するところではあるかもしれませんが
最近ご無沙汰していた縦撮りを積極的に使っていました。

Planar T*85mm F1.4 MM

ピントの立ち方に軽く鳥肌がたちます。
撮りたい、と思った情景、その時に在った光の記憶を
溢すことなく切り撮ってくれました。

Planar T*85mm F1.4 MM

傾いてきた陽が空を夕焼けに染めていく。
このフェンスの向こう側では野球少年達が声を上げ練習していました。
これだけ光の透過を美しく写してくれるのですから
逆光にもどんどん立ち向かいたくなってきます。
ハレーション、ゴーストは「え、ここで出るの?」
と意外な時に出現しましたが
ほぼ回避出来るシーンがほとんどでした。

Planar T*85mm F1.4 MM

もう帰る時間。強い夕日の輝きに眩む視界。
はっきりとしたコントラストが個性の一つでもあるレンズですが
こんな淡い写りもいかがでしょうか。
優しく儚い世界。

Planar T*85mm F1.4 MM

朝が美しく、夕の暮れも美しい。
ほぼ絞り込みなしでもこの線の細さ。
一日の始まりから終わりまで、この一本で
楽しむことが出来ました。

Planar T*85mm F1.4 MM

実は以前に一度使ったことがあるのですが
そのときはあまりこのレンズにのめり込む事が出来ませんでした。
改めて使ってみることで気付く事もあるんだなと実感。
レンズは何も変わりはしないのに、見える世界が違って見える。
少しは成長できているといいのですが。

Photo by  taira.  







"Kasyapa"
マップカメラのフォトレビューサイト

null

"Map x Mountadapter"
マウントアダプター特集サイト




〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category: SONY|掲載日時:2015年10月20日 21時10分]

面白いと思ったらコチラをClick!57票


Shinjuku

【街で見つけた形にフォーカス】NikonのライカLレンズをSONYで撮る[2020年01月27日]

ボディ:SONY α7RIV / レンズ:Nikon W Nikkor 3.5cm F2.5 (L39) マウントアダプター:K&F Concept KF-LME - Voigtlander L/Mリング 35/135用  NikonのLレンズ?と思った方もいると思います。今回使用したのは、NikonのL39マウントレンズ、Nikkor 3.5cm F2.5です。今回は、コンパクトながらも準広角レンズであり、F2.5とスナップとしては十分な明るさをもつ、『W Nikkor 3.5cm F2.5』を使用して撮影を...
続きを読む
ねずみ年とRP

【街で見つけた形にフォーカス】ねずみ年とRP【Canon】[2020年01月26日]

2020年。 早くも1ヵ月が過ぎようとしています。 2020年の干支はねずみ。 ねずみの形を探してみようかと考えましたが私の頭に浮かんだねずみは一つでした。 入門向けのフルサイズミラーレスEOS RPと使い勝手に定評のあるRF24-105/F4を携えて、とあるテーマパークへ行ってきました。 まず使用してみて感じたことは『軽い』と言う事。 筆者は2019年に発売されたフルサイズミラー...
続きを読む
α6500 ボディ ILCE-6500 + SONY (ソニー) Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS SEL1670Z

【街で見つけた形にフォーカス】曇天から斜陽【SONY】[2020年01月25日]

街で見つけた形にフォーカス。 あっという間に令和2年目を迎えた1月の中旬、曇天模様の空の下、多摩センター駅周辺を散策することにしました。 この辺りは昔からの生活県内であり見慣れた街なのですが、ファインダーを通し新たな「形」の発見を期待して来たのでした。 雨が降らないことを祈りつつ、散策を始めます。 駅を出てすぐ、六角形のガラス張りの天蓋が二基。 あいにくの曇り空です...
続きを読む
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II

【街で見つけた形にフォーカス】気ままにスナップin下北沢【OLYMPUS】[2020年01月25日]

今回の撮影場所は下北沢です。小田急線の地下化工事が終わり、ここ5年程の間に周辺の開発が進み、地上の景色もだいぶ様変わりしてきました。 そんな下北沢でカメラを手に、お散歩スナップして参りました。気になるものに気ままにフォーカス。短いひと時でしたが、楽しい撮影でした。 以前にも似たようなことを書きましたが、真冬の撮影は日の傾きが思いのほか早く、ちょうどよく...
続きを読む
null

【Nikon】開放F値1.2!1977年生まれの元祖ノクトの作例[2020年01月24日]

先日より連載しております「NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct」企画。本日は、元祖ノクトニッコールを最新のボディであるZ7と組み合わせて、すべて開放F値1.2で撮影してきました。1977年(昭和52年)生まれの実力やいかに! ショーウインドウに飾られたスパンコールが付いたバッグ。ベージュ系の優しい色合いの服飾に似合うやわらかい描写です。 街角に貼られたステッカー群。目が合った気がして...
続きを読む