Select Language

【Leica】 Summarit M75mm F2.4

[ Category: Leica|掲載日時:2015年11月08日 11時50分]



ズマリット M75mm F2.4
絞り:F8.0 / シャッタースピード:1/500秒 / ISO:200 / LEICA M(Typ240) + ズマリット M75mm F2.4

2014年に登場したズマリット 75mmF2.4は
2007年に発売されたズマリット 75mmF2.5の刷新版で
最短距離が90cmから70cmに改良され
中望遠レンズらしいボケをさらに楽しめるようになりました。
重量も20g軽くなりました。

F8まで絞ったカットですが立体感がよく出ていますし
奥行きの光の透け方もとても自然でよく写っています。
この辺りはさすがLeicaだなと思います。

ズマリット M75mm F2.4
絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/350秒 / ISO:200 / LEICA M(Typ240) + ズマリット M75mm F2.4

純粋に光学性能が向上した新型のズマリットは、
というよりLeicaのレンズ全般に共通するものかもしれませんが
光の捉え方と描写の美しさが本当に艶っぽいです。
射しこんだ光の始点から自然に落ちていく光量のグラデーション。
ただの消火器を撮っただけなのに結構好きな写真です。

ズマリット M75mm F2.4
絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/350秒 / ISO:200 / LEICA M(Typ240) + ズマリット M75mm F2.4

薄暗い一本道。
Mの小さなシャッター音がよく聞こえるくらい静かな空間。
穏やかな時間というのがとても好きで、
にじみ出る生活感を隠すわけでもないのに
いつもどこか静けさに包まれている団地という場所が好きです。

ズマリット M75mm F2.4
絞り:F3.4 / シャッタースピード:1/350秒 / ISO:200 / LEICA M(Typ240) + ズマリット M75mm F2.4

秋から冬になりつつある季節の「朝」という時間はとても短いものです。
まだ青みがかった「早朝」から「昼白色」に変わる間際をこの目で見ました。
さようならまた明日、朝の光。

ズマリット M75mm F2.4
絞り:F3.4 / シャッタースピード:1/4000秒 / ISO:200 / LEICA M(Typ240) + ズマリット M75mm F2.4

カーン!カーン!カーン!
けたたましい踏切の警告音。
鳴り止むまでじっとはしておらず鳴る踏切を撮っては
ピントの掴み具合を確かめ、楽しんでいました。
だってとても気持ちの良い立体感ではありませんか。

ズマリット M75mm F2.4
絞り:F6.8 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:200 / LEICA M(Typ240) + ズマリット M75mm F2.4

絞って撮る、ということがまだ上手く使えません。
どれもまだ上手く使えていないんですが
このレンズは木々からこぼれる日溜まりを
実に忠実に、美しく描いてくれました。
光の魅力を再認識させてくれるレンズだなと感じます。


絞り:F4.0&F2.4 / シャッタースピード:1/500秒&1/750秒 / ISO:200 / LEICA M(Typ240) + ズマリット M75mm F2.4

射しこむ光に照らされるモップ。
「何を撮っているの?」とおそらく一片の悪意もない純粋な興味をぶつけられ、
我に帰り、恥ずかしさに心折れようとも
光の悪戯があれば撮りたくなるのが
写真を撮る者の悲しい性ではないでしょうか。

開放絞りとF4.0まで絞って選んだのはF4に絞ったカットでしたが
結局開放絞りの柔らかさも捨てがたい。
だからそっとマウスを画像に載せると
開放絞りのモップが現れる細工を施しました。良ければ是非。

開放絞りではモップよりもその周囲のコントラストが淡くなり
柔らかく優しい描写になっています。結構たまらない描写です。

ズマリット M75mm F2.4
絞り:F2.4 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:200 / LEICA M(Typ240) + ズマリット M75mm F2.4

まぁ絶景を望みにきたわけではない散策に、
確固たる撮るべきものが存在するわけではありません。
だからこそ、日常に見落としていた被写体を見つける機会を
与えてくれるレンズとの出会いはとても大事なもの。
少なくともこのレンズを持って歩いた一日は
どんどんシャッターを切りたくなる一日となりました。

ズマリット M75mm F2.4
絞り:F3.4 / シャッタースピード:1/750秒 / ISO:200 / LEICA M(Typ240) + ズマリット M75mm F2.4

75mmという画角がとても好きなのです。
35mm,50mmと比べるとなんと差し迫る画角だろう!と驚くかもしれませんが
例えば歩いている時、気になった赤い自転車。
見つめるには少し大袈裟だけど、気になるアイツ。
見つめるさじ加減はあなたとレンズの絞り次第。

ズマリット M75mm F2.4
絞り:F3.4 / シャッタースピード:1/350秒 / ISO:200 / LEICA M(Typ240) + ズマリット M75mm F2.4

こんなにも陽光に満たされた道なのに
ここは銀杏地雷原。
初めて来た道ですごい好きな道なんですが
この時期は通りたくない。
銀杏ロードと笑いながら自転車で颯爽と走り抜ける人たち。
つま先立ちで踏まないようによたよたと歩く私。
この女性もこれから銀杏地雷原を歩いていきます。
ご武運を。

ズマリット M75mm F2.4
絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:200 / LEICA M(Typ240) + ズマリット M75mm F2.4

なんだか夏の日みたいな一枚。
今にも道の奥から子どもが自転車で走ってくるような。
でも私以外ほぼ人のいないこの静かな道は
持ち主の帰りを待つ自転車を何やら意味ありげに写してくれました。

ズマリット M75mm F2.4
絞り:F8.0 / シャッタースピード:1/180秒 / ISO:200 / LEICA M(Typ240) + ズマリット M75mm F2.4

なんだか前の写真と似た構図になりました。
気の早い秋が森と地面を紅く染め始め
まだ秋を楽しんでいないのにとなぜか焦る逸る心。
11月は本当にあっという間です。本当にあっという間。
燃ゆる日々はそう長くは保ちません。
だから少し私たちも身を焦がさなければ紅葉の季節はあっという間です。

ズマリット M75mm F2.4
絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/1500秒 / ISO:200 / LEICA M(Typ240) + ズマリット M75mm F2.4

瞼を閉じても容赦なく突き刺す陽光。
こんな状況でもフレアはそんなに出ません。
ズマリット50mm/F1.5 を思うとその進化に感嘆の声をあげたくなります。
とはいえズマリット50mm/F1.5でこの状況を撮ったらと思うと
それはそれで面白そうと思ってしまいますが。

ズマリット M75mm F2.4
絞り:F11 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:800 / LEICA M(Typ240) + ズマリット M75mm F2.4

75mmのぎりぎり標準域、ぎりぎり中望遠。
という絶妙な画角のズマリット M75mm F2.4。
中間距離であればF4くらいからがピント面の解像もこなしたうえで
背景のボケも楽しむ事ができると思います。
開放絞りの柔らかく優しい描写は
人物、ポートレート撮影で重宝しそうです。

Leicaのレンズとしては比較的手に入れやすいズマリット。
ズミルックスやズミクロンが良い!と思っていた私でしたが
ズマリットもLeicaの魅力を十二分に持ったレンズだと感じました。

ちなみに今回降りた駅は西武線 萩山駅。
西武線は自然豊かな場所が多くて、歩くのに退屈しません。
ちなみに歩いていたら多摩湖のほうまで歩いてました。
都立狭山公園は紅葉の時期とても綺麗で、湖もあり、夕日も綺麗。
ススキ群落は一度見てみていただきたいスポットです。
なんなら西武遊園地もあり、電車で少し行けば西武球場。
そしてトトロの森まで、、!

西武線散策は奥が深そうです。

Photo by  taira.  







"Kasyapa"
マップカメラのフォトレビューサイト

null

"Map x Mountadapter"
マウントアダプター特集サイト





〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category: Leica|掲載日時:2015年11月08日 11時50分]

面白いと思ったらコチラをClick!67票


null

【街で見つけた形にフォーカス】monochrome 【SONY】[2020年01月21日]

皆さんこんにちは。 今月は「街で見つけた形にフォーカス」をテーマに綴っております。 昔聞いたことのある話なのですが一般的に男性は形や空間認識能力に優れ、女性は色彩感覚に優れているのだそうです(あくまで一般的に、なので逆の人もいれば両方共優れている人もいるのだとか。) となると今回のテーマは一般的(?)に言えばまさに男性が得意な被写体と言えるのでしょうか。実際どのスタッフが書...
続きを読む
【街で見つけた形にフォーカス】α7Sと一緒に東京散歩【SONY】

【街で見つけた形にフォーカス】α7Sと一緒に東京散歩【SONY】[2020年01月20日]

今回の掲載写真は「SONY α7S」にマウントアダプター「LA-EA3」を使い Aマウントレンズ「Vario-Sonnar T*24-70mm F2.8 ZA SSM」で撮影しました。 こちらは東京・浅草周辺を歩いている時に見つけた面白い形の白い大きなオブジェ 側面に穴が開いており、穴からはスカイツリーが見えます。 スカイツリーの隠れ撮影スポットを発見しました。 穴の中にカメラを入れるとオブジェの内側を覗く事がで...
続きを読む
D780

【発売直前】 D780とはどんなカメラ?[2020年01月20日]

Nikon D780とはどんなカメラ? 待っていた方も多いのではないでしょうか。 2014年に登場し、 ミドルレンジのフルサイズデジタル一眼レフとして長年多くのユーザに愛されてきたD750。 時代の移り変わりとともに、 Nikon一眼レフの金字塔D850が登場したり、 待望のフルサイズミラーレスZシリーズが誕生してきましたが、 それとは別に、今の時代ならではの新しい技術を取り入れつつも 安心して使...
続きを読む
カタチから過去を振り返る

【街で見つけた形にフォーカス】カタチから過去を振り返る【FUJIFILM】[2020年01月19日]

FUJIFILMといえば最近は専ら『X-Pro3』の話題で持ちきりですが、 『X-Pro2』も捨てたものではありません。 今回、街で見つけた形にフォーカスということで、 その『X-Pro2』を片手に今まで撮影してきたものを振り返ります。 私の中で丸といえば、なぜか道路標識が優先度高めに出てきます… 最初の写真は福岡にいたときに撮影したもので、こちらは東京丸の内で撮影。 同じような被写体...
続きを読む
D780 体験レポート

【Nikon】D780 体験レポート in ニコンプラザ新宿[2020年01月18日]

先日、速報としてお伝えした『Nikon D780』の先行展示。 今回改めて、ニコンプラザ新宿で新製品の注目ポイントを伺ってきました。 2台用意されていた展示機の内、1台は「AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8 G ED」と「フィルムデジタイズアダプター ES-2」のセット。 ES-2は、マイクロレンズとの組み合わせで、35mm判フィルムを手軽にデータ化できる便利なアクセサリーですが、ネガフィルムをパソコン...
続きを読む