Select Language

【Leica】ズマリット M35mm F2.4 ASPH

[ Category: Leica|掲載日時:2015年12月24日 20時59分]




Leicaのレンズを使うと、そのそれぞれの個性があり
その写りに発見と歓びを感じる事が出来る。
いわゆる「味」と言われる個性を持つレンズが多いですが
このレンズはその実直な写りをするレンズだと思います。

ズマリット M35mm F2.4 ASPH.

スナップを撮るうえで大事にしたい軽量・小型という条件を揃え、
新しいズマリットシリーズの中で唯一、非球面レンズを使い
色収差の補正と描写、解像の向上を図っています。


絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/180秒 / ISO:200 / Leica M(Typ240) + ズマリット M35mm F2.4 ASPH.


絞り:F8.0 / シャッタースピード:1/90秒 / ISO:250 / Leica M(Typ240) + ズマリット M35mm F2.4 ASPH.


絞り:F8.0 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:200 / Leica M(Typ240) + ズマリット M35mm F2.4 ASPH.

一枚目は雨上がりの水たまりに沈む葉っぱ。
それから続いて赤、緑、青を主張したカットにしました。
M(Typ240) の設定でコントラストや彩度をやや下げた設定で
撮影したのですが、どれも色味がバシッと出てきました。


絞り:F4.8 / シャッタースピード:1/350秒 / ISO:200 / Leica M(Typ240) + ズマリット M35mm F2.4 ASPH.

意図して取り入れなければフレアが出る事はほぼありません。
フレアが入ったとしてもこの写り。
レンズの性能の良さを思い知ります。


絞り:F2.8 / シャッタースピード:1/250秒 / ISO:200 / Leica M(Typ240) + ズマリット M35mm F2.4 ASPH.

開放から少し絞っただけで中心部の解像は素晴らしいものがあります。
周辺はやや甘いですが独特の色っぽさが残るので開放付近も
どんどん使っていきたくなります。


絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/750秒 / ISO:200 / Leica M(Typ240) + ズマリット M35mm F2.4 ASPH.

曇天で渋くなる色味もしっかり再現できており、
木目の細かいところまでしっかり描写しています。


絞り:F4.8 / シャッタースピード:1/125秒 / ISO:200 / Leica M(Typ240) + ズマリット M35mm F2.4 ASPH.

F4.8まで絞るだけでも周辺までしっかり写っています。


絞り:F16.0 / シャッタースピード:1/90秒 / ISO:250 / Leica M(Typ240) + ズマリット M35mm F2.4 ASPH.

開放では柔らかい描写は残しつつ、現行レンズとして申し分ない写り。
強烈な個性で魅せる他のレンズ達とは別に、目の前の景色をはっきり、鮮やかに魅せてくれるレンズ。
どんなシチュエーションでも使えるこのレンズを初めの一本として
Leicaの世界に踏み込んでみてはいかがでしょうか。

Photo by  taira.  






そして来る12月26日。
国内限定150セット生産。

M-P(Typ240)
ズマリット M35mm F2.4 ASPH.
アルティザン&アーティスト特製プロテクターのセット。

ご予約お待ちしております!!


"Kasyapa"
マップカメラのフォトレビューサイト

null

"Map x Mountadapter"
マウントアダプター特集サイト




〓〓セール情報〓〓〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category: Leica|掲載日時:2015年12月24日 20時59分]

面白いと思ったらコチラをClick!66票


Nikon Z7 × NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct

【Nikon】幻の銘玉 NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct をZ7に装着してみました【カメラを愉しむ vol.8】[2020年01月21日]

2019年10月12日に受注を開始した受注生産モデルの「新生Noct」。 ノクトニッコールと言えば1977年(昭和52年)に発売された「Ai-S Nikkor 58mm F1.2 Noct」。 Nocturne=夜想曲から命名されたと言われ、中古相場では今でも状態の良い個体で60万円近い価格で取引されている伝説のレンズだ。 この伝説のノクトニッコールの歴史を現代に受け継いだZシリーズ用レンズ。 これが今回ご紹介す...
続きを読む
null

【街で見つけた形にフォーカス】monochrome 【SONY】[2020年01月21日]

皆さんこんにちは。 今月は「街で見つけた形にフォーカス」をテーマに綴っております。 昔聞いたことのある話なのですが一般的に男性は形や空間認識能力に優れ、女性は色彩感覚に優れているのだそうです(あくまで一般的に、なので逆の人もいれば両方共優れている人もいるのだとか。) となると今回のテーマは一般的(?)に言えばまさに男性が得意な被写体と言えるのでしょうか。実際どのスタッフが書...
続きを読む
【街で見つけた形にフォーカス】α7Sと一緒に東京散歩【SONY】

【街で見つけた形にフォーカス】α7Sと一緒に東京散歩【SONY】[2020年01月20日]

今回の掲載写真は「SONY α7S」にマウントアダプター「LA-EA3」を使い Aマウントレンズ「Vario-Sonnar T*24-70mm F2.8 ZA SSM」で撮影しました。 こちらは東京・浅草周辺を歩いている時に見つけた面白い形の白い大きなオブジェ 側面に穴が開いており、穴からはスカイツリーが見えます。 スカイツリーの隠れ撮影スポットを発見しました。 穴の中にカメラを入れるとオブジェの内側を覗く事がで...
続きを読む
D780

【発売直前】 D780とはどんなカメラ?[2020年01月20日]

Nikon D780とはどんなカメラ? 待っていた方も多いのではないでしょうか。 2014年に登場し、 ミドルレンジのフルサイズデジタル一眼レフとして長年多くのユーザに愛されてきたD750。 時代の移り変わりとともに、 Nikon一眼レフの金字塔D850が登場したり、 待望のフルサイズミラーレスZシリーズが誕生してきましたが、 それとは別に、今の時代ならではの新しい技術を取り入れつつも 安心して使...
続きを読む
カタチから過去を振り返る

【街で見つけた形にフォーカス】カタチから過去を振り返る【FUJIFILM】[2020年01月19日]

FUJIFILMといえば最近は専ら『X-Pro3』の話題で持ちきりですが、 『X-Pro2』も捨てたものではありません。 今回、街で見つけた形にフォーカスということで、 その『X-Pro2』を片手に今まで撮影してきたものを振り返ります。 私の中で丸といえば、なぜか道路標識が優先度高めに出てきます… 最初の写真は福岡にいたときに撮影したもので、こちらは東京丸の内で撮影。 同じような被写体...
続きを読む