今再びのCONTAX! Vol.32 Planar T*100mm F2 | THE MAP TIMES 
Select Language



今再びのCONTAX! Vol.32 Planar T*100mm F2

[ Category:etc.|掲載日時:2016年01月09日 10時00分]





α7SII + Planar T*100mm F2


前回に続き、数あるCONTAXの銘玉をご紹介していく
「今再びのCONTAX」

今回はPlanar T* 100mm F2 AE Germanyをご紹介!

Planar T*85mm F1.4 という銘玉の輝きと名声の大きさに
隠れてしまって、初見では地味な位置付けですが
実力は銘玉たるT*85mm F1.4と何ら遜色のないレンズ。

むしろ、より整った画角が個人的には魅力なところです。

α7SII + Planar T*100mm F2
100mm 1/200秒 ISO100

ピントの立ち方が気持ちいい、というか心地よい感じ。
像の結びに濁りがないので、そう見えるのでしょうか。

α7SII + Planar T*100mm F2
100mm F4 1/400秒 ISO200

クリアな色味にキレッキレのピント。
その時の光が忠実に描かれていて、惚れ惚れしてしまいます。

α7SII + Planar T*100mm F2
100mm 1/125秒 ISO100

清涼。

α7SII + Planar T*100mm F2
100mm 1/1250秒 ISO100

撮れば撮るほど、このレンズに惹きこまれていく。

α7SII + Planar T*100mm F2
100mm 1/200秒 ISO100

逆光のハレーションも嫌な成分が混じっていません。

α7SII + Planar T*100mm F2
100mm 1/160秒 ISO100

この写真をじっくりと見て気付きました。
日暮れの暖色に照らされた提灯、日陰のやや薄暗い色。
ガラスや縄、提灯 その諸々の質感の描写の見事な様。
フィルムを思い起こさせるコントラスト、階調の絶妙さ。

α7SII + Planar T*100mm F2
100mm 1/100秒 ISO100

絞ってみれば、煙の濃淡までくっきりカッチリ写っています。
開放の柔らかさと絞った時の生真面目な写りのギャップは
中望遠の醍醐味の一つですね。

α7SII + Planar T*100mm F2
100mm 1/200秒 ISO100

こちらも大体F4~5.6くらいの絞りですが
現行レンズで撮ったと言われたらそのまま信じてしまう解像力。
像の滲みなどほとんど感じさせない写りはさすがです。

α7SII + Planar T*100mm F2
100mm 1/2000秒 ISO6400

こちらは高感度モンスターα7SIIとのコラボレーション。
高速シャッターとF8で動きのある水の一瞬を捉える事が出来ました。
ノイズ処理は一切なし、拡大してみると落下地点は
完璧に動きが止まっていて感動しました。

α7SII + Planar T*100mm F2
100mm 1/2000秒 ISO640

モノクロで撮ると豊かなグレートーンに溜息が出そうです。
Planar T* 100mm F2 は開放から実に優れたレンズです。
α7Sというカメラのセンサーは素晴らしいものです。
α7Sが見せてくれたツァイスのレンズの世界はとても明るいものでした。

α7SII + Planar T*100mm F2
100mm 1/2000秒 ISO100

各社色んな中望遠で撮ってみて思ったのは
中望遠というのは個性とガラスの塊のレンズだらけだ、という事でした。
Planar T*85mm F1.4 を名実ともに誰もが認める主人公格の存在とすれば
Planar T* 100mm F2は名声という華はなくとも、85mmでは得られない画角の妙をもって
誰しもに認められているレンズではないでしょうか。


α7SII + Planar T*100mm F2
100mm 1/2000秒 ISO6400

日が沈み気味でしたがまるで明るい時間帯のように撮れました。
憩いのひと時を邪魔する私をいぶかしげに見つめる猫様。
一日一猫撮ってみたいものです。

Photo by  taira.  



使用したカメラは今回はα7SIIです。
初代であるα7sが約1200万画素という唯一のセンサーで高画素時代に一人立ち向かったカメラは
他に類を見ない存在となりました。
初代α7Sと同じセンサーということですが良い意味で少し変わったような気がします。

「今再びのCONTAX!」シリーズバックナンバーはコチラ!↓


Mount Adapter






コレがないと始まらない!マウントアダプターです。
オールドレンズと最新機器の橋渡し役を担う大切なモノです。
今回はCONTAX RTS用(通称ヤシカコンタックス)のレンズなので
それに合ったアダプターをご紹介です。

また、マップカメラオリジナルのコンタックスRTSマウント用
ボディキャップ、レンズキャップ
もご用意ございます!







実はこのレンズを持ってイルミネーションを撮ってきました。
中望遠が見せる光の世界に魅せられました。
こちらも併せてご覧いただけると幸いです。
※画像をクリックするとジャンプします

"Kasyapa"
マップカメラのフォトレビューサイト

null

"Map x Mountadapter"
マウントアダプター特集サイト



〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:etc.|掲載日時:2016年01月09日 10時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

紫陽花を見上げる 【写真を楽しむ6月】紫陽花を見上げる 2019年06月16日
手に入れてすぐ、 これはめいっぱい楽しむには一脚必須! と確信した RICOH THETA SC。 今後の様々な撮影シーンを見据え、 小さな三脚付きの一脚を購入し、 紫陽花を見に出かけた際に連れていきました。 たくさんの品種が植えられており、 満開時にはそれは美しいようなのですが、まだ見頃はこれからというところ。 現在は、白と緑が上品なアナベルがとてもきれいに咲いていました。 これがやりたかった、中から! まるでこびとになった気分です。 手持ちではできません...
続きを読む
null 【写真を楽しむ6月】Tokyo Reflection 2019年06月15日
  筆者は昔から、建物のガラスなどに「反射した光」に惹かれ、 気が付けばカメラを向けていることが多くありました。 梅雨に入り、曇りがちの天気が続いております。 晴天のようなドラマチックな光線状態は望めません。 そんな中、「反射した光=Reflection」をテーマに最近撮影した写真を集めてみました。 東京タワーは昔から好きな被写体です。 普通に撮影すると平凡になってしまうため、ビルのガラスに反射する姿を狙ってみました。 道端の道路標識が、車のヘッドライトに照らさ...
続きを読む
6枚玉がとおる 【写真を楽しむ6月】6枚玉がとおる 2019年06月14日
各所で暑い日が続き、日に日に来る夏の気配を肌で感じられるようになってまいりました。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 今年ももう折り返しの6月。 私事ですが今月で【ズミクロン M35mm F2】の第二世代 通称【6枚玉】を使い始めて半年、つまり6か月が経ちます。 この度のテーマは【写真を楽しむ6月】。 半ば強引ではございますが、この6の数のめぐりあわせに改めて6枚玉で写真を撮ってまいりました。 またお付き合いいただけると幸いです。 ...
続きを読む
ヴィンテージカメラ mickey35を使ってみた 【SONY】待望の動物対応 瞳AFがα6400に実装されました! 2019年06月13日
本日、α6400ユーザーが待ちに待った動物対応 瞳AFのファームウェアが公開されました! アップデートはコチラから!(ソニー公式サイト) ご自宅で簡単にアップデートが可能です。 α7RIII、α7IIIで先行搭載され、話題の新機能が遂にα6400にも搭載! フルサイズ機に比べると手軽で使いやすいエントリー機 α6400に対応したことで、今まで以上に気軽に動物対応瞳AFを楽しめるようになりました。 使い方はいたってシンプル! 動物に向かってシャッターを半押しするだけで簡単に瞳にピントが合っ...
続きを読む
null 【写真を楽しむ6月】E-M5MK2×梅雨色 2019年06月13日
雨の音。 夏の前の、気だるい6月。 この時期は毎年頭痛と戦う筆者です。 頭を抱えながら早く夏空が見たいと思う月。 こんな淀んだ気分になってしまう時期でも、好きなものがあります。 それはこの時期だけの色。音。 ƒ/3.5 1/60sec ISO-1000 梅雨は他の時期の雨とは違う、静かで少し暗みがかった青というイメージがあります。 雨の色、紫陽花の色、傘の色。 雨の影響か人が少なく、いつもは子供の声が聞こえる場所も雨音だけ。 そんな今だけの、非日常のような光景を今回はお届け出来たら...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]