【Voigtlander】 NOKTON 50mm F1.1 VM 【+α7s】 | THE MAP TIMES 
Select Language



【Voigtlander】 NOKTON 50mm F1.1 VM 【+α7s】

[ Category:etc.|掲載日時:2016年03月08日 19時45分]





光が美しいという、それだけで
そのレンズの意義は十分なような気もする。



Voigtlander Nokton 50mm F1.1 VM

NOKTON 50mm F1.1 VM

Nokt=「夜」を意味する通り
このレンズはF1.1の大口径レンズ。
「レンズが明るい」ということに珍しさはなくなってきた現代でも
気になってしまうのは私だけではないはずです。

一枚目、東京でも咲いているという河津桜を撮りに。
春はもうすぐ、のはずが一足先に咲き誇ってしまった桜を見て
少し寂しくなってしまいました。来年は満開の時に。

Voigtlander Nokton 50mm F1.1 VM

塗られたばかりなのかペンキ塗装の光沢感がよく出ました。
何枚も桜を撮りながら、付き合いが短いながらも
優しくて素直な色を出すレンズだなと思っていましたが
硬めの描写もこなせるレンズです。

Voigtlander Nokton 50mm F1.1 VM

細い路地を見つけては通ります。
大通りの喧騒から離れ、まるで穴場を見つけたような気持ちで
どこでも行く事の出来る観光スポットのようです。

Voigtlander Nokton 50mm F1.1 VM

そんな路地で見つけた被写体に出会う喜び。
だんだんと町に春が色付いてきます。

Voigtlander Nokton 50mm F1.1 VM

路地裏と言えば猫。
見慣れない人間から逃げていった猫を隙間から。

Voigtlander Nokton 50mm F1.1 VM

光が美しい という言葉をどう表現すればいいのかわかりませんが
開放で滲むボケがどこかノスタルジー。
なぞるくらいの力加減で薄く柔らかい線で立つピント。
書物は行間を読むと言いますが、このレンズもそんなレンズかもしれません。

Voigtlander Nokton 50mm F1.1 VM

F1.1という明るさの恩恵で、ある程度距離があっても
綺麗な丸ボケが生まれます。

Voigtlander Nokton 50mm F1.1 VM

個人的にはボケも解像も堪能出来るのはF2くらいかなと感じました。
露出を追い込めば、立体感に富んだちょうどいいピント面が表れます。

Voigtlander Nokton 50mm F1.1 VM

とにかく影の描写が気に入りました。
暖かみのあるボケもお気に入りのひとつ。
一枚の写真の中に物語を感じるような描写です。

Voigtlander Nokton 50mm F1.1 VM

Nokt=「夜」のレンズと紹介しておきながら
真昼間の写真ばかりになってしまったのですが
大口径レンズならではのボケ味と優しく暖かみのある描写が
クセになってしまうレンズでした。


今回はマウントアダプターに
Voigtlander VM-Eクローズフォーカスアダプターを使用しました。
本来の最短距離から目に見えて変わったのでぜひご覧ください。




ちょうど目線にいた桜を最短距離で撮影。
カーソルを画像に置くとVM-E クローズフォーカスアダプターで寄った画像に切り替わります。
※スマートフォンでご覧いただいている場合、画像をタッチすると切り替わります

本来1mくらいの最短距離なのですが
ボケに埋まってしまいそうなくらい寄れるようになります。

Voigtlander Nokton 50mm F1.1 VM

こちらもVM-E クローズフォーカスアダプターでの最短。
開放で撮ったので甘めですが、ボケが一段と大きくなりました。
なんだか少しグルッっと回っているように見えますし
周辺はボケの形もだいぶ変わっています。
でもこれもレンズの遊び方として面白いのではないでしょうか。

Voigtlander Nokton 50mm F1.1 VM

テーブルに座ったままでも真正面を撮影出来たのは驚きです。
これでもややアダプターの接写域にはやや余裕があるくらい。
レンズ本来の写りという訳ではないかもしれませんが
新しい一面を覗く事が出来るVM-E クローズフォーカスアダプター。
いかがでしょうか。

Voigtlander Nokton 50mm F1.1 VM

F8くらいに絞ってみました。
途端に鮮鋭な写真に早変わり。
撮影者の欲求を満たしてくれるレンズです。



VM-E クローズフォーカスアダプターを使用しても
F2.0なら被写体の輪郭もこの通りくっきり。
とはいえ折角ですから絞りを開けて撮りたくなるレンズですよね。
こちらの画像もカーソルを置くと、開放の画像に切り替わりますので
是非ご覧ください。
好みの話をすれば開放が好きですが、ある程度の解像感も欲しい方は
「少し絞る」というトッピングをしてみてください。

Photo by  taira.  






"Kasyapa"
マップカメラのフォトレビューサイト

null

"Map x Mountadapter"
マウントアダプター特集サイト




〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:etc.|掲載日時:2016年03月08日 19時45分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

空を印刷 【写真を楽しむ6月】空を印刷 2019年06月19日
FUJIFILM X100F -今月の空- 6月は梅雨の季節。 防塵防滴のカメラも増え、雨の日でも写真を楽しめる現代ですが、 それでもやはり雨の日は撮影に出かけるのは控えてしまいます。 そんな6月に写真を楽しむ方法のひとつとして、 今までご自身で撮った写真を振り返り、お気に入りの写真を選別・印刷し、 まとめてみることはいかがでしょうか。 私は、毎日の空をFUJIFILM X100Fで撮って楽しんでいます。 今回このブログを書くために、1年間撮り続けた空の写真を整理・選別してみました。 そして...
続きを読む
イメージです 【写真を楽しむ6月】ローライ持って出かけよう! 2019年06月18日
ある日、棚を開けたらローライフレックスが出てきたとします。 「棚からローライ」……出たらいいなぁ… ……なんて願望はともかく、幸運にも二眼レフカメラの雄 ローライフレックスを手に入れることに成功した貴方は、いざ撮影に出かけようとして大変な事に気がつきます。 そう、ストラップがない!! ローライフレックスのほとんどのモデルで、ストラップ取付部が下の写真のような形状になっています。(ローライコードのシリーズは異なります。) 真ん中に心棒が入っているため、通常のスト...
続きを読む
【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 2019年06月17日
とある平日の午後。東京都東村山市にある北山公園菖蒲苑に行きました。 北山公園菖蒲苑は東村山駅から徒歩で20分ほど。八国山緑地を背景にした自然公園です。 毎年6月上旬から中旬にかけ、300種、8,000株の花菖蒲が開花し、新東京百景にも選ばれています。 この日、首から下げたのは、OLYMPUS OM-4TiとE.ZUIKO AUTO-T 100mm F2.8の組み合わせ。 コンパクトなボディとレンズは、動き回る撮影にぴったりです。 OM-4Tiは1986年に発売され、電子制御布幕横走りフォーカルプレーンシャッターを持...
続きを読む
紫陽花を見上げる 【写真を楽しむ6月】紫陽花を見上げる 2019年06月16日
手に入れてすぐ、 これはめいっぱい楽しむには一脚必須! と確信した RICOH THETA SC。 今後の様々な撮影シーンを見据え、 小さな三脚付きの一脚を購入し、 紫陽花を見に出かけた際に連れていきました。 たくさんの品種が植えられており、 満開時にはそれは美しいようなのですが、まだ見頃はこれからというところ。 現在は、白と緑が上品なアナベルがとてもきれいに咲いていました。 これがやりたかった、中から! まるでこびとになった気分です。 手持ちではできません...
続きを読む
null 【写真を楽しむ6月】Tokyo Reflection 2019年06月15日
  筆者は昔から、建物のガラスなどに「反射した光」に惹かれ、 気が付けばカメラを向けていることが多くありました。 梅雨に入り、曇りがちの天気が続いております。 晴天のようなドラマチックな光線状態は望めません。 そんな中、「反射した光=Reflection」をテーマに最近撮影した写真を集めてみました。 東京タワーは昔から好きな被写体です。 普通に撮影すると平凡になってしまうため、ビルのガラスに反射する姿を狙ってみました。 道端の道路標識が、車のヘッドライトに照らさ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]