【KONICA】1997年限定生産沈胴レンズ!HEXANON (L) 50mm F2.4 | THE MAP TIMES 
Select Language



【KONICA】1997年限定生産沈胴レンズ!HEXANON (L) 50mm F2.4

[ Category:etc.|掲載日時:2017年10月25日 12時00分]




Konica (コニカ) HEXANON (L) 50mm F2.4

ライカスクリューマウント(L39)の標準レンズHEXANON 50mmF2.4を紹介します。
このレンズは、KONICAが1997年に製造したレンズです。

「本製品は限定生産のため製造番号は0000から1500までが生産されております。」
と取扱説明書に明記されています(1501本作られたということでしょうね)。

沈胴のSUMMICRON 50mmF2を少し長くしたような大きさです。



ご覧のように沈胴式で携行時はコンパクトになります。

Konica (コニカ) HEXANON (L) 50mm F2.4

貼り合わせ面を除く8面すべてにマルチコーティングを施すことにより、
高いコントラストと色再現性を実現しています。
絞り羽根は、10枚。 F2.8~F8の間には、半絞りクリックがあります。
Konica (コニカ) HEXANON (L) 50mm F2.4
鏡胴は、白アルマイト梨地処理で、ほんのり金色がかった上品な色合いです。
ブラックペイントされたラッパ型専用フードと
鏡胴と同色のリヤキャップ(沈胴時も使用可能な深いタイプ)が同梱されていました。

レンズ後端にもフード(?)が付いていて、内面反射対策がされていると思われる丁寧なつくりです。

Konica (コニカ) HEXANON (L) 50mm F2.4

また、M/L変換リング取付け時のマウント面からレンズ後端までは、約16mmでした(SUPER AVGULON 21mmは、約20mm)。
Leica M-P(Typ240)に装着して、沈胴可能でした。


nullnull

↑クリックすると大きく表示されます。


Leica M(Typ240)で撮影して見ました。

Konica (コニカ) HEXANON (L) 50mm F2.4
F5.6 1/750秒 ISO200
空の深い青とクレーンの赤が印象的ですね。建築中の鉄骨を細かく写し出しています。

Konica (コニカ) HEXANON (L) 50mm F2.4
F5.6 1/500秒 ISO200
散った枯葉と水たまりのコントラストが綺麗ですね。

Konica (コニカ) HEXANON (L) 50mm F2.4
F5.6 1/1000秒 ISO200
秋空にたくさんのトンボが飛んでいました。

Konica (コニカ) HEXANON (L) 50mm F2.4
F2.4 1/360秒 ISO200
絞り開放で撮影しました。背景のボケは素直であまりクセがありません。


ライカスクリューマウント(L39)の標準レンズとしては、大柄ですが、Leica Mとのバランスも良く
直進ヘリコイドのため、絞り指標が一定の位置にありたいへん使いやすいレンズでした。

限定生産という希少性と高い精度の工作技術を必要とする沈胴式レンズというだけでなく
その実写性能にもたいへん大きな魅力があるKONICA HEXANON (L) 50mm F2.4 です。
是非ご検討ください!







↓L39スクリューマウントレンズ を Mマウントカメラで使う↓













〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓タイムズフォト〓〓


[ Category:etc.|掲載日時:2017年10月25日 12時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

Panasonic LUMIX DC-S1R+Leica  テレエルマリート M90mm F2.8 【私のお気に入り】新しいお気に入り、S1R 2019年07月18日
私にはお気に入りがありません。 別にネガティブな理由ではありません。 ただ単純にお気に入りの移り変わりが多いだけです。 今までのお気に入りはオリンパスを始め、キヤノン・フジフィルム・ペンタックスと色々変わってきました。 そして、今、新しくお気に入りになろうとしているカメラがあります。 「Panasonic LUMIX DC-S1R」 動画に強みを持ったミラーレスカメラLUMIXシリーズ。 そこから出た待望のフルサイズミラーレス機。 発表された日から手に取りたい1台でした。そして今私の手元に。 ...
続きを読む
Nikon Z 50mm F1.8 S 【私のお気に入り】旅行とZで日常にスパイス【Nikon】 2019年07月17日
スパイス12 どんよりとした天気の中に、時折見せる晴れ間。 照らされる新緑の木々が、より一層青々としてきた文月。 昨日、SONYより新型のミラーレスカメラが発表される等、 今年のミラーレス市場はますます盛り上がってまいりました。 しかしながら、Nikonを愛してやまない私は、相も変わらず、 愛用のボディと共に写真活動に臨みます。 今回の撮影に持ち出したのは、愛機Nikon Z6と、Z 50mm F1.8 Sです。 50mmは基本の「き」である 去る7月初旬、私はZ6と、持ち出したZ 50mm F1.8 ...
続きを読む
Leica M Monochrom 【私のお気に入り】LEICA MM 2019年07月16日
私のお気に入り 『LEICA M Monochrom』 その「デジタルモノクロ縛り」の哲学に惚れ込んでからは すっかり私のお気に入りになりました。 そして始まった、お気に入りレンズを模索する日々の中から 気に入った幾つかのレンズを紹介していきます。 MINOLTA SUPER ROKKOR 50mm F1.8 此処でいきなり、MINOLTAレンズです。 旧千代田光学であるMINOLTA、 銘板にその名残である「CHIYOKO」と記してあるのも気に入っています。 明るく使いやすいレンズ、心なしか白が綺麗に写るような気がし...
続きを読む
【私のお気に入り】 旅と一緒にSONY RX100M5A 【私のお気に入り】 旅のお伴にSONY RX100M5A 2019年07月15日
F1.8 1/40 ISO-2000 24mm 観覧車からのラスベガス夜景 F2.8 1/50 ISO-1600 53mm アンテロープ・キャニオン アメリカのラスベガスと西海岸のキャニオン観光。 そこでRX100M5Aをお伴に連れて行きました。 メイン機にフルサイズを携え、サブ機のつもりで持って行きましたが、 フルサイズ顔負けの素晴らしい画の数々!! 今まで所詮コンデジという印象が一気に変わりました。 F2.8 1/160 ISO-500 70mm まずはラスベガス・マッカラン国際空港に到着するなりパシャリ。 飛行機を...
続きを読む
空飛ぶ巨大なカメと 【私のお気に入り】空飛ぶ巨大なカメと 2019年07月14日
私は幼少の頃から鉄道好きで、写真を始めたきっかけも鉄道を撮ることから始まりました。 そんな私が飛行機に興味を持ち始めたのが「ジャンボ」の愛称で親しまれてきたとボーイング747型機が、日本の航空会社から無くなると聞いた時からです。 鉄道写真を撮る人達の間では、廃線となる路線や引退する車両に集まることを「葬式鉄」と呼びますので、これに倣えば葬式空がきっかけだったのかもしれません。 小型低燃費機へのシフトは日本だけではないようで、国際線が発着する空港でも大型機を...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]