【KONICA】1997年限定生産沈胴レンズ!HEXANON (L) 50mm F2.4 | THE MAP TIMES //該当の要素を削除する $(this).remove(); }); });  【KONICA】1997年限定生産沈胴レンズ!HEXANON (L) 50mm F2.4 | THE MAP TIMES
Select Language

【KONICA】1997年限定生産沈胴レンズ!HEXANON (L) 50mm F2.4

[ Category: etc.|掲載日時:2017年10月25日 12時00分]



Konica (コニカ) HEXANON (L) 50mm F2.4

ライカスクリューマウント(L39)の標準レンズHEXANON 50mmF2.4を紹介します。
このレンズは、KONICAが1997年に製造したレンズです。

「本製品は限定生産のため製造番号は0000から1500までが生産されております。」
と取扱説明書に明記されています(1501本作られたということでしょうね)。

沈胴のSUMMICRON 50mmF2を少し長くしたような大きさです。



ご覧のように沈胴式で携行時はコンパクトになります。

Konica (コニカ) HEXANON (L) 50mm F2.4

貼り合わせ面を除く8面すべてにマルチコーティングを施すことにより、
高いコントラストと色再現性を実現しています。
絞り羽根は、10枚。 F2.8~F8の間には、半絞りクリックがあります。
Konica (コニカ) HEXANON (L) 50mm F2.4
鏡胴は、白アルマイト梨地処理で、ほんのり金色がかった上品な色合いです。
ブラックペイントされたラッパ型専用フードと
鏡胴と同色のリヤキャップ(沈胴時も使用可能な深いタイプ)が同梱されていました。

レンズ後端にもフード(?)が付いていて、内面反射対策がされていると思われる丁寧なつくりです。

Konica (コニカ) HEXANON (L) 50mm F2.4

また、M/L変換リング取付け時のマウント面からレンズ後端までは、約16mmでした(SUPER AVGULON 21mmは、約20mm)。
Leica M-P(Typ240)に装着して、沈胴可能でした。


nullnull

↑クリックすると大きく表示されます。


Leica M(Typ240)で撮影して見ました。

Konica (コニカ) HEXANON (L) 50mm F2.4
F5.6 1/750秒 ISO200
空の深い青とクレーンの赤が印象的ですね。建築中の鉄骨を細かく写し出しています。

Konica (コニカ) HEXANON (L) 50mm F2.4
F5.6 1/500秒 ISO200
散った枯葉と水たまりのコントラストが綺麗ですね。

Konica (コニカ) HEXANON (L) 50mm F2.4
F5.6 1/1000秒 ISO200
秋空にたくさんのトンボが飛んでいました。

Konica (コニカ) HEXANON (L) 50mm F2.4
F2.4 1/360秒 ISO200
絞り開放で撮影しました。背景のボケは素直であまりクセがありません。


ライカスクリューマウント(L39)の標準レンズとしては、大柄ですが、Leica Mとのバランスも良く
直進ヘリコイドのため、絞り指標が一定の位置にありたいへん使いやすいレンズでした。

限定生産という希少性と高い精度の工作技術を必要とする沈胴式レンズというだけでなく
その実写性能にもたいへん大きな魅力があるKONICA HEXANON (L) 50mm F2.4 です。
是非ご検討ください!







↓L39スクリューマウントレンズ を Mマウントカメラで使う↓













〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓タイムズフォト〓〓


[ Category: etc.|掲載日時:2017年10月25日 12時00分]

面白いと思ったらコチラをClick!54票


null

【MapTimes】One More Times!! vol.7【Foveon】[2019年10月19日]

THEMAPTIMES。 更新は毎日。 マップカメラのスタッフが機材の感想、ちょっとした豆知識や体験談を添えて 撮影した写真などをご紹介させていただいております。 【MapTimes】One More Times!! 過去記事はこちらからご覧いただけます。 今回のキーワードは「Foveon」 10月25日に発売されるSIGMA Lマウントカメラ「fp」 期待に胸膨らみすぎて眠れなかったため 今までマップカメラスタッフが撮影してきた「Foveon」をまとめてみました。 SIGMA「Foveon」は各シリーズ、各世代に根強いファンが...
続きを読む
SONY α7III + FE 16-35mm F2.8 GM

【飛行機を撮ろう】飛行機 x プロジェクションマッピング[2019年10月19日]

【飛行機を撮ろう】飛行機 x プロジェクションマッピング SONY α7III + FE 16-35mm F2.8 GM | 27mm | 1/2 | F4 | ISO640 まだ暑い7月のある日、ふと思い立ち、中部国際空港セントレアに飛びました。 羽田や成田ではなくセントレアだったのには、訳があります。セントレアには毎日たくさんの飛行機がやって来ますが、それだけでなく「FLIGHT OF DREAMS」という飛行機のテーマパークが併設されているのです。 SONY α7III + FE 16-35mm F2.8 GM | 22mm | 1/5 | F4 | ISO100 パークのメ...
続きを読む
null

旅するカメラ[2019年10月19日]

まだ残暑が続いていた頃、お休みを頂いてチェコ共和国へ旅行をしてきました。 荷造りをしながら旅行の予定をたてる。さて、どのカメラを持って行こう。 旅先を想い、使う機材についてあれこれと考えることも、旅の楽しみのひとつかもしれません。 今回使用した機材はCanonのEOS Mと、EF-M22mm F2 STM。 小振りなカメラは重荷にならず、旅行では重宝しました。 今回はプラハに滞在しました。 著名な写真家達が撮影し、素晴らしい作品が生み出されてきた街 さまざまな...
続きを読む
写真展『わたしの見つけた瞬間』vol.6

写真展のご案内 〜写真展『わたしの見つけた瞬間』vol.6~[2019年10月17日]

マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 写真展 『わたしの見つけた瞬間』vol.6 です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
MACRO日記 Vol.2

MACRO日記 Vol.2[2019年10月17日]

日中の厳しい暑さも終わり、過ごしやすい季節になりました。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 今回は、 Canon EOS 90D Canon EF100mm F2.8Lマクロ IS USM の組み合わせで撮影してきました。 EOS 90Dは先月発売されたAPS-Cサイズのセンサーを搭載した一眼レフカメラ。EOS 90Dは有効画素数約3250万画素のセンサーとEOS Rなどに使われている映像エンジンDIGIC 8を積んでおり、より高画質な写真を撮ることができるようになっています。 焦点距離:100mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/250秒 ...
続きを読む