Select Language



【Voigtlander】ULTRA WIDE-HELIAR 12mm F5.6 Aspherical III E-mount 実写編

[ Category:SONY|掲載日時:2016年09月19日 10時30分]




"α" Times Vol.11
今回のピックアップ商品は…

ULTRA WIDE-HELIAR 12mm F5.6 Aspherical III E-mount
です!


SONY (ソニー) α7IIボディ ILCE-7M2+Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRA WIDE-HELIAR 12mm F5.6 Aspherical III E-mount (ソニーE用/フルサイズ対応)
α7II + ULTRA WIDE HELIAR 12mm F5.6 Aspherical III E-mount
ss1/3 F8.0 ISO500

II型を持っている筆者が前回前々回とご紹介したIII型を使って
今回は実写に行って参りました!
フルサイズのデジタルセンサーに対応した、ULTRA WIDE-HELIARの魅力を
お伝え出来ればと思います。


さて、早速1枚冒頭でご紹介しましたがいかがでしょうか。

II型をフルサイズのデジタルセンサーで使うと
マゼンタ被りや、強烈な周辺減光が発生していたので

「そうそう!ULTRA WIDE-HELIARと言えばこのじゃじゃ馬感ですよ。」

という反応をするつもりが、いけしゃあしゃあと良い画を出すので
思わず唸ってしまいました。

うーん。素晴らしい。



SONY (ソニー) α7IIボディ ILCE-7M2+Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRA WIDE-HELIAR 12mm F5.6 Aspherical III E-mount (ソニーE用/フルサイズ対応)
α7II + ULTRA WIDE HELIAR 12mm F5.6 Aspherical III E-mount
ss1/3 F8.0 ISO200

この辺りはコシナの言う「デジタル対応」が大きいのでしょう。
II型では8群10枚だった光学系も、III型では10群12枚となり
更に前玉の曲率が大きくなった為か、III型からフィルターの取り付けが不可となりましたが
代わりに光が隅々まで届くようになったのでしょう。

今までのULTRA WIDE-HELIAR特有の周辺減光はかなり低減されていますし
特に撮影に問題の出やすかった色被りに関しては全く発生する様子がありません。
周辺像の流れも改善されています。
画作りの際に画角以外で気にしなければいけない所が減ったのはとても嬉しいですね。



SONY (ソニー) α7IIボディ ILCE-7M2+Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRA WIDE-HELIAR 12mm F5.6 Aspherical III E-mount (ソニーE用/フルサイズ対応)
α7II + ULTRA WIDE HELIAR 12mm F5.6 Aspherical III E-mount
ss1/6 F8.0 ISO100

Eマウント用III型は電子接点が搭載され、EXIFが記録されると共に
手振れ補正内蔵機種の場合は5軸手振れ補正が効きます。

今回の撮影も全て手持ちにて行っていますが
余程変な姿勢でない限りは、ss1/3くらいまでであれば
歩留まり良く撮影が出来ると感じました。
開放値がF5.6と暗いレンズですので、手振れ補正が良く作用してくれるのは
頼もしい限りですね。



色被り比較
ss1/125 F8.0 ISO100
(左がII型、右がIII型です)

比較用にII型も持ち歩いておりましたので
周辺減光と色被りの比較を。
シャッタースピード、絞り値、WBは統一しておりますが
特に右上辺りが顕著で、色被りと周辺減光が発生していますね。

II型ではこの色被りが曲者で、よくモノクロに逃げていたものですが
III型を使っていて色被りを感じることは全くありませんでした。



SONY (ソニー) α7IIボディ ILCE-7M2+Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRA WIDE-HELIAR 12mm F5.6 Aspherical III E-mount (ソニーE用/フルサイズ対応)
α7II + ULTRA WIDE HELIAR 12mm F5.6 Aspherical III E-mount
ss1/100 F8.0 ISO100

そして相変わらずの逆光耐性と、極限まで補正された歪曲。
特に歪曲に関しては超コンパクトな鏡胴ながら本当に良く補正されていると思います。
相変わらず線がちゃんと真っすぐ出るのが気持ち良いですね。



SONY (ソニー) α7IIボディ ILCE-7M2+Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRA WIDE-HELIAR 12mm F5.6 Aspherical III E-mount (ソニーE用/フルサイズ対応)
α7II + ULTRA WIDE HELIAR 12mm F5.6 Aspherical III E-mount
ss1/13 F8.0 ISO100

SONY (ソニー) α7IIボディ ILCE-7M2+Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRA WIDE-HELIAR 12mm F5.6 Aspherical III E-mount (ソニーE用/フルサイズ対応)
α7II + ULTRA WIDE HELIAR 12mm F5.6 Aspherical III E-mount
ss1/6 F8.0 ISO100


いかがでしたでしょうか。II型を使っている身としては
買い換えてしまいたい程に、魅力的な進化を遂げていました。

12mmの単焦点ということで
相変わらず乗りこなすのが大変なレンズではありますが
このレンズでしか見えない世界があります。
風景用としても良いですし、スナップで使っても面白い画が得られますよ!

↓お求めはこちらから↓


↓I型の中古はこちら↓


↓お買い得になったII型はこちら↓


↓やっぱりありがたい5軸手ブレ補正付きボディ↓




マップカメラ本館5Fはソニー製品を中心に、更にCONTAXやMINOLTAなどのレンズも多数ご用意しております。
もちろんショーケース内の中古商品はお手にとってお試しいただけます。

ご興味ご関心お持ちのお客様は是非、マップカメラ本館5Fへお立ち寄りください!

5F Floor Photo
撮影:α7II + HELIAR Hyper-Wide 10mm F5.6 Aspherical

ご案内

mapquality





〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:2016年09月19日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Nikon】クラシックニコンS2で日常にスパイス 【Nikon】クラシックニコンS2で日常にスパイス 2018年05月23日
日常にスパイス 05 みなさんご存知ですか?6月1日は、写真の日です。 1841年当時、薩摩藩主の島津斉彬が日本で初めて 写真撮影を行ったことを記念した日、と言われています。 (実際は、それ以前に国内で撮影が行われたことがあったという説がいまは有力です。) 1839年にダゲレオタイプが発表され、 歴史に写真を撮るうえでのカメラが定着してから、 いまだ百数十年しか経っていませんが、 その中でカメラは日々進歩し、 今やさまざまな人々が生活の中で あたりまえにカメラを使っています...
続きを読む
【Rollei】棚からローライ(コマーシャル編) 【Rollei】棚からローライ(コマーシャル編) 2018年05月22日
5月も半ばを過ぎ、良い陽気が続いています。 カメラを持ってのお出かけには、絶好の季節です。 ゴールデンウィークなどの長期休暇ですと撮影も本格的になり、装備も重くなってしまうかもですが、今の時期はもっと気軽にぶらっと出掛けてパシャッと撮るのも楽しいものです。 それもデジタルカメラで何でもかんでもバシャバシャ撮るのではなく、気に入った風景を1枚1枚丁寧に、心に刻むようにフィルムに残してみては… そんな撮影にうってつけなのが、ローライの二眼レフカメラです。 「二眼...
続きを読む
【SONY】少しの非日常 SONY RX100 【SONY】少しの非日常 SONY RX100 2018年05月21日
とある平日。思い立ってプチツーリングに出掛けた。 リアバックにはデイキャンプの道具、腰のケースにRX100を詰めて走り出した。 2時間後、目の前に広がるのは湖と橋。でも、今日はここが目的地ではない。 湖畔の林道を通ってとある場所を目指す。 ここが第一の目的地。崖から滾々と湧水が湧いている。 この日は最高気温が30度近くまで上がっていた。水に手を付けるとひんやりとした流れを感じる。 水筒に水を詰めると、また再び走り出した。 着いたのは本日の目的地。河...
続きを読む
【Leica】M-P(Typ240)チタンセットという誘惑。 【Leica】M-P(Typ240)チタンセットという誘惑。 2018年05月21日
皆様こんにちは。 今回はLeicaのプレミアムモデル「Leica M-P(Typ240) チタンセット」をご紹介! 2016年に世界限定333台で発売された数少ないレアモデル! 通常モデルはカメラボディに真鍮を使っていますが、当モデルはその名の通りチタンを使用! 軽くて頑丈な金属として近年注目を浴びている素材で、通常モデルのM-P(Typ240)よりも90gほど軽量化が図られています。 気になるセット内容は… ・Leica M-P(Typ240) ・ズミクロン M28mm F2 ASPH ・アポズミクロン M50mm F2 ASPH レンズはチタンアル...
続きを読む
null 【RICOH】 GR II 原宿 2018年05月20日
先日ぶらりと原宿に行ってきました。 こんな時は、名スナップシューターRICOH GR IIの出番です。 早速、写真をご紹介。 GRII、本当によく写ります。 ここで、使っていてのお気に入りのポイントベスト4を発表します! その1 レンズ先端から10cmまで寄れるマクロモードがお気に入りです。 カメラひとつでスナップを撮っていると、寄って撮りたくなる時があります。 そんなとき、このマクロモードでクローズアップできると撮影の幅がぐんと広がります。 ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]