【HASSEL BLAD】の使い方 第11回 CFレンズ | THE MAP TIMES 
Select Language



【HASSEL BLAD】の使い方 第11回 CFレンズ

[ Category:HasselBlad|掲載日時:2017年11月07日 10時30分]




今回は、CFレンズを紹介しましょう。Planar 80mmF2.8で説明します。
①Fセットロックボタン ②シャッタースピード目盛り ③絞りリング(絞り目盛り) 
④絞り込みレバー ⑤シンクロ接点 ⑥距離目盛り ⑦ダブルバヨネット
⑧シャッタースピードリング ⑨EV値目盛り ⑩EVロックボタン
⑪中央指標 ⑫被写界深度目盛り ⑬フォーカシングリング

フォーカルプレーンシャッター搭載のHASSELBLAD 2000FC(1977年)登場以降に
Cレンズにかわって発売されたレンズです。

シャッターは、Cレンズのコンパーからプロンターになり、耐久性が増し
フォーカシングリングは、幅広になりラバーも貼られ、操作性が向上しました。

◆絞り込みレバー◆


絞り込みレバーを矢印のほうに「カチッ」ロックされるまで押し下げると、
あらかじめセットされている値まで絞り込まれます。
フォーカシングスクリーン上で絞りの効果(ピントの深さ)が確認できます。


絞り込みレバーの矢印の部分を押すとロックが解除され、絞り開放に戻ります。
このロック解除のレバーは独特の動きをします。
スライドさせて元の位置に戻すのではなく
レバーの下の方をレンズの中心方向に「チョンッ」と押すだけで良いのです。
Cレンズでは、絞り込みを解除するには、いったん絞り開放にする必要があり、
その後ふたたび絞りをセットしなければなりませんでした。

それから、絞りの形に注目してください。
五角形の辺が直線です。これは、CFレンズの特徴です。
(Cレンズの絞り羽根はゆるやかな曲線で、少し丸みのある五角形です)


◆EVロックボタン◆

CFレンズでは、シャッターリングと絞りリングは、独立して動きます。
Cレンズのように同じ露出値(EV値)でシャッター速度または、絞り値を変えるときは
EVロックボタンを押したまま絞りリングを操作すると
シャッターリングも同時に動きます。
例えば、EV10のとき、(1/60・F4)~(1・F32)の間で動きます。


◆Fセットロックボタン◆

シャッタースピードリングは、通常B~500の間で動きますが
矢印のFセットロックボタンを押しながら「F」を中央指標に合わせると
そこでロックされ、レンズシャッター機能が停止します。

このFセットロックボタンは、HASSELBLAD 2000シリーズ、200シリーズの
フォーカルプレーンシャッター搭載機にCFレンズを付けたときに使用します。


CFレンズは、パーツにプラスチックやラバーを取り入れ、より使いやすく改良されています。
写りは、Cレンズに比べ、抜けが良くコントラストが高いように感じます。


つづく。


↓ こちらもご覧ください ↓





















〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:HasselBlad|掲載日時:2017年11月07日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【Hassel blad】フィルム紀行(ときどき、奇行)④ハッセルレンズ、撮り較べ! 2018年09月30日
愛用のレンズたち・・・ ・・・うそです。こんなに持ってません。 なんたって、お小遣いが・・・・・・いえ、何でもありません。 ハッセルのブログを書くときは、どうしても標準80mmレンズを中心に話が進みます。 自分の愛用レンズであるせいもありますが、ハッセルブラッドを初めて使う方の多くが、 80mmから入るだろうという考えを基にもしています。 でも、「標準」の考え方も、人によってさまざま・・・ 35㎜判カメラで広角レンズを主に使っている方なら、中判カメラでもなるべく広角のほうが構図も決め...
続きを読む
500C/M+C80mm+プロクサー0.5m 【Hassel blad】フィルム紀行(ときどき、奇行)①ぷらっと、ハッセル 2018年07月03日
妻が実家に帰ってしまった… …なんて書くと、「すわ一大事!」となりそうですが、さにあらず。 今の住まいは、実家まで自転車で10分ほどのところにあり、洋裁の請負仕事を生業としている妻は、仕事用のミシンがある実家に毎日通っているのです。 まぁ、私が休みの日は家にいることが多いのですが、今回は期日が迫っているとかで、朝からご出勤… そんな妻を見送った後は、仕方なくゴロゴロと惰眠をむさぼり、仕方なく朝湯につかり、仕方なく「昼間っからビール!」 (上の写真は、イメージです...
続きを読む
【HASSEL BLAD】の使い方 第11回 CFレンズ 【HASSEL BLAD】の使い方 第11回 CFレンズ 2017年11月07日
今回は、CFレンズを紹介しましょう。Planar 80mmF2.8で説明します。 ①Fセットロックボタン ②シャッタースピード目盛り ③絞りリング(絞り目盛り)  ④絞り込みレバー ⑤シンクロ接点 ⑥距離目盛り ⑦ダブルバヨネット ⑧シャッタースピードリング ⑨EV値目盛り ⑩EVロックボタン ⑪中央指標 ⑫被写界深度目盛り ⑬フォーカシングリング フォーカルプレーンシャッター搭載のHASSELBLAD 2000FC(1977年)登場以降に Cレンズにかわって発売されたレンズです。 シャッターは、Cレンズの...
続きを読む
【HASSEL BLAD】X1D-50c 4116 edition、在庫ございます! 【HASSEL BLAD】X1D-50c 4116 edition、在庫ございます! 2017年10月01日
発売当初から品薄が続いております、 HASSELBLAD X1D-50c 4116 edition お待たせいたしました。 現在、在庫ございます! しかしながら、大変少数でございますので お早めにお買い求めください! X1D-50c 4116 editionには XCD 45mm F3.5(35mm判換算35mm相当)がセットになっています。 レンズも品薄が続いておりますので、 今すぐ使いたい!という方にもX1D-50c 4116 editionはオススメです! ↓ご注文、製品の詳細はこちらから↓ var forcia_var = { JAN_CODE: "739...
続きを読む
【HASSEL BLAD】何コレっ?! 第14回 『トライポッドカップリング』 【HASSEL BLAD】何コレっ?! 第14回 『トライポッドカップリング』 2017年08月03日
思わず「何コレっ?!」と叫びたくなるこの物体。まるで「踊る埴輪(はにわ)」のようなこれは、いったい何でしょう? なんだか、可愛く見えますねぇ。 これは、HASSELBLADのトライポッドカップリングです。 ↓このように使います。わかりにくいですが、カメラと三脚の間にあります! カメラと三脚の着脱をスピーディーに行うための、いわゆるクイックシューです。 HASSELBLAD SWEDEN とある方が前側です。 黒いレバーを前に倒すと、左右の銀色のレールが下がり、カメラを固定します。  ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]