Select Language

【Konica】生まれ変わったレンズ① HEXANON (L) 35mm F2 シルバー

[ Category: etc.|掲載日時:2016年11月17日 20時30分]


1990年代を中心に「高級コンパクトカメラ」が数社から発売されました。
ファミリー向けの簡単なカメラとは一線を画した、高機能高性能カメラで
ハイアマチュアのみならず、プロカメラマンにも愛用された人気のカテゴリーとなりました。
搭載されたレンズも性能が高く、そのいくつかは単体のレンズとして生まれ変わったのです。
Konica HEXANON (L) 35mm F2 シルバー

その内の1本、Konica HEXANON (L) 35mm F2 を紹介しましょう。
これは、レンズシャッター式AFカメラ Konica HEXAR (1992年)に搭載されたものでしたが
HEXAR のシャッター速度は最高 1/250秒と遅いため
せっかくの開放絞りF2での撮影が困難でした。
それも一因となり、高性能レンズの単体化への要望が高まりました。
そこでライカを代表とするレンジファインダーカメラ用交換レンズとして登場することとなったのです。

発売は1996年、限定1,000本! ライカスクリューマウント(L39)です。
Konica HEXANON (L) 35mm F2 シルバー

外観は、絞りリングとピントリングが
ライカのビゾフレックス用のエルマー65mmF3.5に似たデザインになっていますね。
ラッパ型の黒いフード、HEXANONと刻印されたフードキャップ、
それとリアキャップ(いずれも金属製)が付属していました。

Konica HEXANON (L) 35mm F2 シルバー

Konica HEXANON (L) 35mm F2 シルバー

M/L変換リング併用で Leica MP に装着してみました。
コンパクトでなかなか似合っていますね。


HEXANON (L) 35mm F2をミラーレス一眼と組み合わせて、今が見ごろの紅葉を撮ってきましたのでご覧ください。

Konica HEXANON (L) 35mm F2 シルバー
シャープでコントラストの高い描写です。

Konica HEXANON (L) 35mm F2 シルバー
 撮影地は、埼玉県の長瀞です。

Konica HEXANON (L) 35mm F2 シルバー

今回の使用機材は、 HEXANON (L) 35mm F2 と
SONY α7 + Voigtlander VM-E クローズフォーカスアダプター + M/L変換リング です。
絞りリングとピントリングが近いので時々一緒に動かしてしまいました。
しかし、それぞれのリングのデザインが異なるので、慣れれば問題ないでしょう。

ライカとは一味違う写りの HEXANON (L) 35mm F2。
撮り比べてみてはいかがでしょうか。きっと、面白いですよ!
ご注文お待ちしております。




↓L39スクリューマウントレンズ を Mマウントカメラで使う↓







〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category: etc.|掲載日時:2016年11月17日 20時30分]

面白いと思ったらコチラをClick!63票


Shinjuku

【街で見つけた形にフォーカス】NikonのライカLレンズをSONYで撮る[2020年01月27日]

ボディ:SONY α7RIV / レンズ:Nikon W Nikkor 3.5cm F2.5 (L39) マウントアダプター:K&F Concept KF-LME - Voigtlander L/Mリング 35/135用  NikonのLレンズ?と思った方もいると思います。今回使用したのは、NikonのL39マウントレンズ、Nikkor 3.5cm F2.5です。今回は、コンパクトながらも準広角レンズであり、F2.5とスナップとしては十分な明るさをもつ、『W Nikkor 3.5cm F2.5』を使用して撮影を...
続きを読む
ねずみ年とRP

【街で見つけた形にフォーカス】ねずみ年とRP【Canon】[2020年01月26日]

2020年。 早くも1ヵ月が過ぎようとしています。 2020年の干支はねずみ。 ねずみの形を探してみようかと考えましたが私の頭に浮かんだねずみは一つでした。 入門向けのフルサイズミラーレスEOS RPと使い勝手に定評のあるRF24-105/F4を携えて、とあるテーマパークへ行ってきました。 まず使用してみて感じたことは『軽い』と言う事。 筆者は2019年に発売されたフルサイズミラー...
続きを読む
α6500 ボディ ILCE-6500 + SONY (ソニー) Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS SEL1670Z

【街で見つけた形にフォーカス】曇天から斜陽【SONY】[2020年01月25日]

街で見つけた形にフォーカス。 あっという間に令和2年目を迎えた1月の中旬、曇天模様の空の下、多摩センター駅周辺を散策することにしました。 この辺りは昔からの生活県内であり見慣れた街なのですが、ファインダーを通し新たな「形」の発見を期待して来たのでした。 雨が降らないことを祈りつつ、散策を始めます。 駅を出てすぐ、六角形のガラス張りの天蓋が二基。 あいにくの曇り空です...
続きを読む
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II

【街で見つけた形にフォーカス】気ままにスナップin下北沢【OLYMPUS】[2020年01月25日]

今回の撮影場所は下北沢です。小田急線の地下化工事が終わり、ここ5年程の間に周辺の開発が進み、地上の景色もだいぶ様変わりしてきました。 そんな下北沢でカメラを手に、お散歩スナップして参りました。気になるものに気ままにフォーカス。短いひと時でしたが、楽しい撮影でした。 以前にも似たようなことを書きましたが、真冬の撮影は日の傾きが思いのほか早く、ちょうどよく...
続きを読む
null

【Nikon】開放F値1.2!1977年生まれの元祖ノクトの作例[2020年01月24日]

先日より連載しております「NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct」企画。本日は、元祖ノクトニッコールを最新のボディであるZ7と組み合わせて、すべて開放F値1.2で撮影してきました。1977年(昭和52年)生まれの実力やいかに! ショーウインドウに飾られたスパンコールが付いたバッグ。ベージュ系の優しい色合いの服飾に似合うやわらかい描写です。 街角に貼られたステッカー群。目が合った気がして...
続きを読む