Carl Zeiss Milvus 50mm F1.4 ZE 自然で美しいポートレート | THE MAP TIMES 
Select Language



Carl Zeiss Milvus 50mm F1.4 ZE 自然で美しいポートレート

[ Category:etc.|掲載日時:2017年04月17日 11時55分]






Carl Zeiss Milvus 50mm F1.4 ZE



先日、今回と同じモデルでSIGMA A 85mm F1.4 DG HSMでポートレート撮影をしてきました。
シグマのAレンズはキレッキレでビビットな写りでしたが、
今度は真逆の柔らかく自然なツァイスのレンズでポートレートに挑戦。

↓シグマレンズでのポートレート撮影レポートはこちらをクリック↓
SIGMA A 85mm F1.4 DG HSM ポートレート撮影

私は普段AFしか使わないので、不慣れなMFに四苦八苦しつつ、
MFだからこそのよさを味わってきました。



Carl Zeiss Milvus 50mm F1.4 ZE
F1.4 1/200 ISO-200

お恥ずかしいことに目にピントを合わせるのに精一杯でしたが、
ピントがしっかり合った時は感動します。
とにかく、ボケ方が非常に柔らかいですね!



Carl Zeiss Milvus 50mm F1.4 ZE
F1.4 1/200 ISO-100

ここでボケ方の特性を見て頂きたいのですが、
距離が近い桜は周りに溶かされていくようなボケ、
距離が遠い桜は円形上にボケているように見えます。
基本的には、とろけるようなボケ方をしていますね。



Carl Zeiss Milvus 50mm F1.4 ZE
F1.4 1/200 ISO-100

これは桜の木の隙間に入って撮影しているので、
背景の桜の距離は50センチ程度と近め。
近い背景にも関わらず、この溶けるような柔らかいボケは素晴らしい。



Carl Zeiss Milvus 50mm F1.4 ZE
F1.4 1/400 ISO-100

Carl Zeiss Milvus 50mm F1.4 ZE
F1.4 1/640 ISO-100

背景との距離は2メートル程度だったと思います。
見事に円形上にボケてますね。
特殊な撮影などしていないのですが、なんだか宇宙にいるみたいですね。
面白い!



Carl Zeiss Milvus 50mm F1.4 ZE
F1.4 1/160 ISO-200

お気に入りの一枚。
自然できめ細かく、本当に美しいです。
今のデジタルには無い様な柔らかさで非常に感動しました。



Carl Zeiss Milvus 50mm F1.4 ZE
F1.4 1/200 ISO-200

最後に、お花の写真を。
ポートレートにはもちろん、自然を撮っても面白いです。


後日、Milvus 50mm F2 M ZEも使用したのですが、
すみません、個人的にはプラナー設計のF2Mの方がピントを合わせ易かったような気がします。
(50mm F1.4はディスタゴン設計)

人物を撮影するには、やはりF1.4の方がボケ味が出るので、
ぜひMilvus50mm F1.4を使い熟して、素晴らしいポートレート作品を作りあげたいと思いました。


↓今回使用した機材はコチラ!↓













〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:etc.|掲載日時:2017年04月17日 11時55分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【写真を楽しむ6月】気軽に持ち出して 2019年06月26日
小柄なパートナー Nikon FM2 【FUJICOLOR 100】 ここ数年近く、 小柄なものを中心にフィルムカメラの人気が再燃しています。 気軽に持ち出しやすく、 ファッション性も高い、 スマホで得られるデジタルな絵柄とは異なるものが撮れる、 こういったところが人々を惹きつけるのでしょうか。 小柄なフィルムカメラといっても、 レンズ交換できるものとそうでないものがあります。 今回はレンズ交換できる小柄なフィルムのなかでも、 定番中の定番、 各所で初心者の方々にもよくオススメさ...
続きを読む
【写真を楽しむ6月】九十九神と旅を 【写真を楽しむ6月】九十九神と旅を 2019年06月25日
【写真を楽しむ6月】と言うタイトルで連載しておりますブログ、本日は私スタッフEがお送りいたします。 突然ですが皆様、「トランスルーセントミラーテクノロジー」をご存知でしょうか? 古くはキヤノンのペリックスなどにも採用されていた透過ミラーを使用し、入射光を撮像センサーと専用位相差AFセンサーの両方に導くという画期的なシステムです。 今回はその技術を搭載し、時代を先取りした名機である「SONY α99Ⅱ」に「Vario-Sonnar T*24-70mm F2.8 ZA SSM SAL2470Z」をマウントして、福島県へ旅に行...
続きを読む
【写真を楽しむ6月】GoPro HERO7 ~ 立体 4K Drive ~ 【写真を楽しむ6月】GoPro HERO7 ~ 立体 4K Drive ~ 2019年06月24日
目の前に広がる世界とかけがえのない瞬間 【立体 4K Drive】 【GoPro HERO7のHyperSmooth機能】 GoPro HERO 7で最も注目すべき機能は「HyperSmooth」と呼ばれるジンバル並みの手ぶれ補正機能です。 この機能はスタビライゼーション機能と呼ばれ、いわゆる手ブレ補正機能の役目で驚異的な滑らかな動画を実現します。 実際の走行映像は愛車に乗って上から下へ、下から上へまた左から右へ、右から左へとまるで迷路に迷い込んでしまったような感覚で、一度入ったら抜け出す事の出来ない出口の見えない立...
続きを読む
写真展のご案内 〜 『第49回 ミノックス写真展』 写真展のご案内 〜 『第49回 ミノックス写真展』 2019年06月24日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは - 『第49回 ミノックス写真展』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
初夏の森を歩く 【写真を楽しむ6月】初夏の森を歩く 2019年06月23日
私はよく森を散歩するのですが、カメラを持って森に入ると色々な発見に出会えます。 焦点距離:106mm 絞り:f5.6 シャッタースピード:1/60秒 ISO:100 森といえば木漏れ日。 至る所に射し込む光が森の木々をより一層幻想的にしてくれています。 焦点距離:18mm 絞り:f9.0 シャッタースピード:1/60秒 ISO:100 池、もしくは沼と言うべきでしょうか。 森の妖精でも現れそうな雰囲気です。 焦点距離:250mm 絞り:f9.0 シャッタースピード:1/60秒 ISO:100 この光景には頬が緩...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]