MAP TIMES | マップカメラのカメラ情報ブログ  
Select Language



【はじまる410】チューリップの花色 de 春フォト

[ Category:PENTAX RICOH|掲載日時:2018年04月10日 10時30分]


PENTAX K-1 ボディ+HD D FA 24-70mm F2.8 ED SDM WR


はじまる410 ×『チューリップの花色 de 春フォト』

本日、4月10日は・・・はじまる410(フォト)の日です。
さあ、みんなで一緒に写真410(フォト)しましょう。

春になるとかわいらしい花を咲かせるチューリップ。大きくてカラフルな花を咲かせるチューリップ。
子供から大人にまで馴染み深い花で、常に上位ランキングされるとても知名度の高い春を感じさせる花です。
春に様々な花の色で私たちを楽しませてくれる植物の1つで、秋に植えると春に花を咲かせる植物です。


PENTAX K-1 ボディ+HD D FA 24-70mm F2.8 ED SDM WR


咲き終えたチューリップの球根は、保管することで翌年も同じ球根を植えて育てる。
また花がきれいなうちに切り取ると、それだけ球根へ栄養を補充できる期間が長くなるようです。
1つの球根で何年も花が楽しめるチューリップの花、最も見頃の時期は4~5月上旬頃です。


PENTAX K-1 ボディ+HD D FA 24-70mm F2.8 ED SDM WR


そんな独特の姿をしたチューリップの花には、たくさんの種類や品種があり、
また色鮮やかな花の色で存在感を放っています。

そしてチューリップの花言葉は、色別によってそれぞれの意味を持ちます。
色で変わる「チューリップ」の花言葉は愛をテーマに「思いやり」などがあります。


PENTAX K-1 ボディ+HD D FA 24-70mm F2.8 ED SDM WR


実らぬ恋の黄色いチューリップの花は、正直なのに実らない悲しい花言葉!
代表的な色である赤色のチューリップは永遠の愛で、愛を象徴する花言葉!


PENTAX K-1 ボディ+HD D FA 24-70mm F2.8 ED SDM WR


愛に芽生えたピンク色のチューリップは初々しさを感じさせる花言葉!
紫色のチューリップの花は、不滅の愛で情熱的です。
オレンジ色のチューリップの花は、照れ屋のはにかんでいる感じの花言葉です。


PENTAX K-1 ボディ+HD D FA 24-70mm F2.8 ED SDM WR


美しい瞳の緑色のチューリップの花は、心が澄んだ気持ちになります。
純真の白いチューリップの花は、不思議な感覚に吸い込まれる新たな始まりの予感!
このような愛にまつわる物語があるのです。


PENTAX K-1 ボディ+HD D FA 24-70mm F2.8 ED SDM WR


今回のお供は、PENTAXらしいその個性的なデザイン K-1ボディに
HD D FA 24-70mm F2.8 ED SDM WRを選びました。
24~70mmの焦点距離全域で開放F値2.8を実現した大口径標準ズームレンズは、
奥行き感や立体感をしっかり表現してくれています。

いつものように軽いフットワークでチューリップの花色で春フォト撮影!
少し暖かくなってきた春、チューリップ畑へ出かけてみましょう。
色鮮やかで凛とした姿に感動です。

より完成度を高めたK-1 Mark IIが4月20日発売予定。
只今、ご予約いただくとGRAMAS 液晶保護ガラスプレゼント!
PENTAXカメラと一緒に新たな生命をあなたのフォトライフに、特別なこの機会をお見逃しなく!

▼今回のお供『 PENTAX 』はこちら▼





▼『 PENTAX K-1 Mark II 』の予約はこちら▼





『 TenTen・・のはじまる伝言 』新しい発見と未来は『はじまるの森』の中 by 410 PROJECT



〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:PENTAX RICOH|掲載日時:2018年04月10日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【PENTAX】不忍池での蓮撮影を楽しむ 【PENTAX】不忍池での蓮撮影を楽しむ 2018年08月16日
F5.6 / 1/2000 / ISO100 / AWB /カスタムイメージ:雅(彩度-1) PENTAX K-1 MarkII + HD D FA*50mm F1.4 SDM AW 蓮の見ごろは7~8月。早朝に咲き、昼には閉じるという独特の性質を持つ蓮の花を撮るため、早朝に機材を抱えて上野にある不忍池へとやってきました。 今回使用した機材は『PENTAX K-1 Mark II』『HD D FA*50mm F1.4 SDM AW』『HD DFA150-450mmF4.5-5.6ED DC AW』の3点です。まずは不忍池の遊歩道の近くにある蓮の花を、50mmを使ってぐっと寄って撮影を...
続きを読む
ROUTE YOKOSUKA 【Canon】ROUTE YOKOSUKA 2018年08月16日
台風が来ては去り、来ては去りを繰り返す平成最後の夏ですが、 皆様いかがお過ごしでしょうか。 8月某日。 私はこの日「Canon EOS Kiss M」と「EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM」をもってドライブに繰り出しました。 ミラーレスカメラにもかかわらず約2410万画素を誇るKiss M。 他のKissシリーズの一眼レフに引けを取りません。 それなのに、コンパクトで手が小さい筆者にも構えやすい形をしています。 この日はお台場と横須賀へ向かいました。 夏休みということもあり、観光客で賑わうお台場...
続きを読む
Nikon D750+AF-S NIKKOR 85mm F1.4G 【Nikon】都会の日常 2018年08月15日
『Nikon D750 + AF-S NIKKOR 85mm F1.4G』 -言葉を写真に- 日常で思うことを言葉ではなかなか伝えることが難しい。だから写真に写す。 今回、Nikonで小型・軽量約750gを実現しているFXフルサイズボディ、D750と ポートレートで使われることが多い85mm、 そして夜の雰囲気を撮りたかったため、憧れのF1.4を… "スナップ写真"を撮るにはあまり想像しにくい単焦点85mmですが、 撮りたい光景を思い浮かべ、自分の撮影スタイルで機材を考えた末、このセットを選んでみました。 ...
続きを読む
Leica M8 + Summicron M35mm F2(6枚玉) + UV/IRフィルターE39 【Leica】M8という選択 2018年08月14日
8月もお盆に差し掛かり、平成最後の夏も気がつけばあと僅か。 「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉がありますが、まだまだ酷暑が収まらない今夏。 皆様いかがお過ごしでしょうか? 今回ご紹介するのはLeica M8。 「M8、今はもうM10でしょう?」と思われる方も多いと思います。 しかしこのM8には多くの魅力があると共に、ライカのデジタルM機の中では最も お買い得。それなりの理由はありますが…「デジタルのライカを何としてでも使ってみたい!」 という方には選択肢として十分検討範囲になるモデル...
続きを読む
片岡三果写真展『No Photo,No Life, 〜 Live in the moment 〜 』 写真展のご案内 〜 片岡三果写真展『No Photo,No Life, 〜 Live in the moment 〜 』 2018年08月14日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは - 片岡三果写真展『No Photo,No Life, 〜 Live in the moment 〜 』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む

[↑TOPへ戻る]