Select Language



【はじまる410】チューリップの花色 de 春フォト

[ Category:PENTAX RICOH|掲載日時:2018年04月10日 10時30分]


PENTAX K-1 ボディ+HD D FA 24-70mm F2.8 ED SDM WR


はじまる410 ×『チューリップの花色 de 春フォト』

本日、4月10日は・・・はじまる410(フォト)の日です。
さあ、みんなで一緒に写真410(フォト)しましょう。

春になるとかわいらしい花を咲かせるチューリップ。大きくてカラフルな花を咲かせるチューリップ。
子供から大人にまで馴染み深い花で、常に上位ランキングされるとても知名度の高い春を感じさせる花です。
春に様々な花の色で私たちを楽しませてくれる植物の1つで、秋に植えると春に花を咲かせる植物です。


PENTAX K-1 ボディ+HD D FA 24-70mm F2.8 ED SDM WR


咲き終えたチューリップの球根は、保管することで翌年も同じ球根を植えて育てる。
また花がきれいなうちに切り取ると、それだけ球根へ栄養を補充できる期間が長くなるようです。
1つの球根で何年も花が楽しめるチューリップの花、最も見頃の時期は4~5月上旬頃です。


PENTAX K-1 ボディ+HD D FA 24-70mm F2.8 ED SDM WR


そんな独特の姿をしたチューリップの花には、たくさんの種類や品種があり、
また色鮮やかな花の色で存在感を放っています。

そしてチューリップの花言葉は、色別によってそれぞれの意味を持ちます。
色で変わる「チューリップ」の花言葉は愛をテーマに「思いやり」などがあります。


PENTAX K-1 ボディ+HD D FA 24-70mm F2.8 ED SDM WR


実らぬ恋の黄色いチューリップの花は、正直なのに実らない悲しい花言葉!
代表的な色である赤色のチューリップは永遠の愛で、愛を象徴する花言葉!


PENTAX K-1 ボディ+HD D FA 24-70mm F2.8 ED SDM WR


愛に芽生えたピンク色のチューリップは初々しさを感じさせる花言葉!
紫色のチューリップの花は、不滅の愛で情熱的です。
オレンジ色のチューリップの花は、照れ屋のはにかんでいる感じの花言葉です。


PENTAX K-1 ボディ+HD D FA 24-70mm F2.8 ED SDM WR


美しい瞳の緑色のチューリップの花は、心が澄んだ気持ちになります。
純真の白いチューリップの花は、不思議な感覚に吸い込まれる新たな始まりの予感!
このような愛にまつわる物語があるのです。


PENTAX K-1 ボディ+HD D FA 24-70mm F2.8 ED SDM WR


今回のお供は、PENTAXらしいその個性的なデザイン K-1ボディに
HD D FA 24-70mm F2.8 ED SDM WRを選びました。
24~70mmの焦点距離全域で開放F値2.8を実現した大口径標準ズームレンズは、
奥行き感や立体感をしっかり表現してくれています。

いつものように軽いフットワークでチューリップの花色で春フォト撮影!
少し暖かくなってきた春、チューリップ畑へ出かけてみましょう。
色鮮やかで凛とした姿に感動です。

より完成度を高めたK-1 Mark IIが4月20日発売予定。
只今、ご予約いただくとGRAMAS 液晶保護ガラスプレゼント!
PENTAXカメラと一緒に新たな生命をあなたのフォトライフに、特別なこの機会をお見逃しなく!

▼今回のお供『 PENTAX 』はこちら▼





▼『 PENTAX K-1 Mark II 』の予約はこちら▼





『 TenTen・・のはじまる伝言 』新しい発見と未来は『はじまるの森』の中 by 410 PROJECT



〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:PENTAX RICOH|掲載日時:2018年04月10日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

夏こそ、MicroFourThirds 夏こそ、MicroFourThirds 2018年07月17日
--> 暑い時期だからこそ、持ち出す機材は疲れにくい小型・軽量モデル! シャッターチャンスを逃さないためにも、性能&画質には妥協しない! 夕立が多いこれからの季節は、防塵・防滴が必要不可欠! 夏に重視したい、これらのポイントを満たすのは、 マイクロフォーサーズのフラッグシップ機です! 甲乙つけがたい2つのフラッグシップ機 AF測距点は少ないものの、像面位相差AFにも対応したデュアルファストAFを搭載。動く被写体をより確実に捉えます。メ...
続きを読む
【Leica】1日中撮りたいあなたに! 【Leica】1日中撮りたいあなたに! 2018年07月17日
夏の日差しと暑さが一層厳しくなってきました。 しかしこの季節は撮影すると光と影が色濃く出る面白い季節。 汗を拭って歩き、撮影して帰りにお酒を呷るのも大きな醍醐味です。 今回はLeica M(Typ262)とSummicron M35mm F2(6枚玉)そしてSummilux M75mm F1.4の2本構成で歩いてきました。 M(Typ262)はM(Typ240)から 動画撮影機能とライブビュー機能を廃し、 カバーの素材を真鍮からアルミに変更することで100gほどの軽量化にも成功しています。 どうしても暑さで足取りも重くなる中、この100g...
続きを読む
【SIGMA】SIGMA Art 70mm F2.8 DG MACRO For SONY E 【SIGMA】SIGMA Art 70mm F2.8 DG MACRO For SONY E 2018年07月16日
SIGMA Art 70mm F2.8 DG MACRO 遂にSIGMA 「Art 70mm F2.8 DG MACRO」SONY Eマウント用レンズが発売されました。 2006年に発売された「MACRO 70mm F2.8 EX DG」は圧倒的な解像力とヌケ感、 そしてコストパフォーマンスの高さから人気のある1本でした。 愛称はいつからか「カミソリマクロ」。今回はそんなレンズがArtラインとして再設計され、戻ってきました。 家のグランドピアノの絃・・・細かいホコリの付着が目立つ解像力。 筆者には以前からマクロレンズで覗きたいものがあった。 ...
続きを読む
【Canon】パンケーキとマクロレンズ 【Canon】パンケーキとマクロレンズ 2018年07月15日
今回、ランチのお供はこの組み合わせ。 【Canon EOS M5】 【EF-M28mm F3.5 マクロ IS STM】 ランチはエッグベネディクト。 からの、食後のスイーツは別腹ってことで、、、 女子は好きであろうパンケーキ。 レンズのほうのパンケーキではありません。 ちょっとアップにしたり、背景をぼかしてみたり。 カットして、雰囲気を出してみたり。 ~おいしい角度~を探して食べるのがおろそかになっていました。 このカメラの最大の特徴は、『デュアルピクセルCMOS AF』。 ...
続きを読む
【Nikon】寺街回遊 【Nikon】寺街回遊 2018年07月14日
夕焼けが似合う商店街が有名な街、谷中。 実はお寺の数がとても多い「寺町」としての側面も持っています。 その理由として、江戸時代に江戸城の鬼門に当たる上野に寛永寺というお寺が建てられ、 さらにその後の幕府の政策によって上野に程近い谷中にもお寺が増えていったということです。 今回はそんな谷中界隈を巡ってみました。 日暮里駅からスタートし、谷中霊園に程近いところにあるお寺の門。 時代を経た木材やお札がノスタルジックに写ります。 お寺ではありません...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]