【Panasinic】6K・4Kフォトなら GH5 » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language






夢見た世界がやってきたっ!


最近のミラーレス、本当にスゴイですね。
直近ではフルサイズイメージセンサー搭載の
SONY α9が注目の的なのは、皆様ご存じの通り。
撮影時に発生するファインダーのブラックアウトが発生せず
そのうえ秒間20コマ連写を実現!
フィルム一眼レフの最終世代に生を受けた私にとっては
もう何のことやら...という状態に。笑

このようにミラーレスは
一眼レフシステムでは成しえないことを
実現するにまで成長してきているのです。




Panasonicの十八番も超進化


というわけで。
今回スポットを当てるのは
GH5の興味深い撮影機能です!!

「高精細」6Kフォトと「超高速」4Kフォト!!

ああ、良い時代になりましたねぇ。







6K PHOTO=約1800万画素で秒間30コマ連写?


ロゴがシンプルで痺れるぜっ

GH5がフォトキナ2016で開発発表された際
充実した4K動画撮影機能とともに
話題となったのが、この6Kフォト。
端的に表現すれば、
1秒間に30コマ、約1800万画素の写真を
記録する機能です。
一度シャッターを押したら記録が始まり
止めたいときは再度シャッターを押すだけ。
撮影中、シャッターボタンを
押し続ける必要はありません。
シンプルな仕様で非常に使いやすいです。



画素数ってやっぱり大事なんですよ、いや本当に。


4K PHOTOの高画質は、皆様ご存じのとおり。
それでも皆様、一度は思ったはずです。
「もう少し大伸ばしにも対応出来たら...」って。
事実、約800万画素で実用的な印刷はA4くらい。

決定的瞬間を捉えたい。
捉えるなら緻密に写したい。
緻密に写したなら、綺麗に印刷したい!

そんな高精細を求める時代の声に応えたPanasonic。
その答えこそ、今回の6Kフォトなのです。






4K PHOTO=約800万画素で驚異の秒間60コマ!!


6K PHOTOの武器が「高精細」なら
4K PHOTOの武器は「超高速」。
従来型4K PHOTOの2倍速となる
秒間60コマの超高速連写を実現。
あっという間に過ぎ行く
被写体の一瞬の美しさを、
より確実に捉えられるようになりました。


連写する姿は、ドイツのMG42を彷彿とさせるものでした。


どのような撮影が可能になるのか
少し考えてみました。

野鳥が大地を飛び立つ
まさにその瞬間なのか。

バットをフルスイングする
我が子の輝かしい瞬間なのか。

......友人との飲み会の席......
皆が大笑いしている瞬間なのか。笑


どのようなシーンであれ
撮りたいと思う瞬間に挑めるのは
とても喜ばしいことですね。






買うなら今!!嬉しい購入特典!!


ここ、一番大事なポイントですよね。
正直に申し上げましょう。


今、とーっても、お買得です。


現在マップカメラでは
新品のGH5をお買い上げのお客様に
GRAMASの液晶ガラスをサービスしています。
(2017年7月9日時点)
この保護ガラス、野口英世3人分......
なかなか良いお値段です。
キズから守るって意味では
このガラスの右に出る存在はないくらいです。



さらに!!
お得なバッテリーグリップセットも
ご用意いたしました!!


このグリップセット
単品購入よりもお得に買えるのが最大の魅力。
タテ位置撮影が楽にこなせるので、
持っていて間違いないアイテムですね!

少し余談ですが
私はグリップセットを購入して、
友人たちの大笑いを撮ろうと思います。笑













null








今なら36回払いまで金利手数料0%のショッピングクレジットを
ご利用いただけます!ボーナス併用も可能です!
↓↓この機会にぜひご利用くださいませ!!↓↓




〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Panasonic|掲載日時:07月09日 19時47分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Leica】Leicaと行く北海道旅行 【Leica】ズマールと行く北海道旅行 2018年02月18日
冬の寒さが最も厳しくなる2月。札幌で行われるさっぽろ雪まつりを終着点に設定し、5泊6日の北海道旅行へと行ってきました。 持って行った機材は『SONY α7II』と『Leica ズマール L50mm F2』と『Voigtlander ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM』の計3点。今回のマップタイムズでは、その中でも『SONY α7II』と『Leica ズマール L50mm F2』の組み合わせで撮影した写真をご紹介いたします。 時期はすこしずれていますが、別のスタッフも最近北海道旅行に行っていたよう...
続きを読む
【Leica】ライブ撮影 with SL (Typ601) + ノクティルックス その2 【Leica】ライブ撮影 with SL (Typ601) + ノクティルックス その2 2018年02月17日
50mm F0.95 1/125秒 ISO3200 皆様こんにちは! 本日載せるのは、去年私が追いかけていたバンドの定例ライブの最終回(12月開催)です。 11月に行ったライブ風景はコチラ! ボーカルはライブが始まる前にお客さんとオセロで勝負。 ボーカルが黒、お客さんが白。果たして勝敗は…。後程、載せます。 50mm F0.95 1/125秒 ISO2500 ほぼ毎月撮っている場所なので、何となくですがホームに来た感があります。 撮っていて落ち着くと言いますか。 24mm F1.4 1/125秒 ISO5000 今回はズミルック...
続きを読む
null フィルム紹介 『BERGGER Pancro 400』 2018年02月17日
2000年代以降デジタルカメラの台頭によりフィルムの需要が減少し、 フィルムのバリエーションも年を追うごとに少なくなってきています。 しかし最近では、SNSの影響などもありフィルムカメラへの関心が高まっています。 街中でも首からフィルムカメラを下げている方を多く見かけるようになりました。 フィルムカメラの写りの要になってくるのがレンズとフィルムです。 レンズ選びもさることながら、どのフィルムがその撮影に適しているのか、自分好みなのか選ぶことは悩みどころです。 そこでこのブロ...
続きを読む
【FUJIFILM】Xスペシャルイベントレポート 【FUJIFILM】Xスペシャルイベントレポート 2018年02月16日
X-T2、X-Pro2に次ぐフジフイルム第3のフラッグシップ機として2018年2月15日に発表された『FUJIFILM X-H1』。中判ミラーレス機GFX 50Sを彷彿とさせる外観と、Xシリーズ初の最大5.5段分のボディ内手ブレ補正機能が搭載された本機の登場に驚かれた方も多いのではないでしょうか。 今回マップタイムズでは、同日に開催された『FUJIFILM Xスペシャルイベント』の様子をお伝えいたします。 開催場所は、港区・赤坂。 事前申込制で先着200名限定のイベントだったので...
続きを読む
【Leica】ライブ撮影 with ノクティルックス in 白楽 【Leica】ライブ撮影 with ノクティルックス in 白楽 2018年02月16日
50mm F0.95 1/125秒 ISO1600 皆様こんにちは。 最近はよく知人・友人に誘われて撮影に行くことが多いです。 カメラ好きとして、冥利に尽きます。本当にありがたいことです。 横浜の白楽まで行ってきました。 バーの店内で行われたライブです。 今回持っていったのは Leica SL (Typ601)、ノクティルックス M50mm F0.95 ASPH、ズミルックス M24mm F1.4 ASPHです。 照明の色被りは敢えてほとんど直さず、明るさなどはLightroomで補正しています。 50mm F0.95 1/125秒 ISO4000 今回の撮...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]