Select Language

【Panasinic】6K・4Kフォトなら GH5

[ Category: Panasonic|掲載日時:2017年07月09日 19時47分]



夢見た世界がやってきたっ!


最近のミラーレス、本当にスゴイですね。
直近ではフルサイズイメージセンサー搭載の
SONY α9が注目の的なのは、皆様ご存じの通り。
撮影時に発生するファインダーのブラックアウトが発生せず
そのうえ秒間20コマ連写を実現!
フィルム一眼レフの最終世代に生を受けた私にとっては
もう何のことやら...という状態に。笑

このようにミラーレスは
一眼レフシステムでは成しえないことを
実現するにまで成長してきているのです。




Panasonicの十八番も超進化


というわけで。
今回スポットを当てるのは
GH5の興味深い撮影機能です!!

「高精細」6Kフォトと「超高速」4Kフォト!!

ああ、良い時代になりましたねぇ。







6K PHOTO=約1800万画素で秒間30コマ連写?


ロゴがシンプルで痺れるぜっ

GH5がフォトキナ2016で開発発表された際
充実した4K動画撮影機能とともに
話題となったのが、この6Kフォト。
端的に表現すれば、
1秒間に30コマ、約1800万画素の写真を
記録する機能です。
一度シャッターを押したら記録が始まり
止めたいときは再度シャッターを押すだけ。
撮影中、シャッターボタンを
押し続ける必要はありません。
シンプルな仕様で非常に使いやすいです。



画素数ってやっぱり大事なんですよ、いや本当に。


4K PHOTOの高画質は、皆様ご存じのとおり。
それでも皆様、一度は思ったはずです。
「もう少し大伸ばしにも対応出来たら...」って。
事実、約800万画素で実用的な印刷はA4くらい。

決定的瞬間を捉えたい。
捉えるなら緻密に写したい。
緻密に写したなら、綺麗に印刷したい!

そんな高精細を求める時代の声に応えたPanasonic。
その答えこそ、今回の6Kフォトなのです。






4K PHOTO=約800万画素で驚異の秒間60コマ!!


6K PHOTOの武器が「高精細」なら
4K PHOTOの武器は「超高速」。
従来型4K PHOTOの2倍速となる
秒間60コマの超高速連写を実現。
あっという間に過ぎ行く
被写体の一瞬の美しさを、
より確実に捉えられるようになりました。


連写する姿は、ドイツのMG42を彷彿とさせるものでした。


どのような撮影が可能になるのか
少し考えてみました。

野鳥が大地を飛び立つ
まさにその瞬間なのか。

バットをフルスイングする
我が子の輝かしい瞬間なのか。

......友人との飲み会の席......
皆が大笑いしている瞬間なのか。笑


どのようなシーンであれ
撮りたいと思う瞬間に挑めるのは
とても喜ばしいことですね。






買うなら今!!嬉しい購入特典!!


ここ、一番大事なポイントですよね。
正直に申し上げましょう。


今、とーっても、お買得です。


現在マップカメラでは
新品のGH5をお買い上げのお客様に
GRAMASの液晶ガラスをサービスしています。
(2017年7月9日時点)
この保護ガラス、野口英世3人分......
なかなか良いお値段です。
キズから守るって意味では
このガラスの右に出る存在はないくらいです。



さらに!!
お得なバッテリーグリップセットも
ご用意いたしました!!


このグリップセット
単品購入よりもお得に買えるのが最大の魅力。
タテ位置撮影が楽にこなせるので、
持っていて間違いないアイテムですね!

少し余談ですが
私はグリップセットを購入して、
友人たちの大笑いを撮ろうと思います。笑













null








今なら36回払いまで金利手数料0%のショッピングクレジットを
ご利用いただけます!ボーナス併用も可能です!
↓↓この機会にぜひご利用くださいませ!!↓↓




〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category: Panasonic|掲載日時:2017年07月09日 19時47分]

面白いと思ったらコチラをClick!55票


HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR

【PENTAX】「HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR」速報レポート![2020年01月23日]

本日、1月23日に発表された、35mmフルサイズ判センサー対応の望遠ズームレンズ、 ペンタックス『HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR』。 発表当日の今日、縁あってほんの数分ながら実機に触れる機会がありましたので、 そのファーストインプレッションを皆様にお届けいたします! 何といっても特筆すべきはその軽量小型な出で立ち。 開放F値2.8の望遠ズームレンズ「HD D FA★ 70-200mm ...
続きを読む
Canon EOS 5D Mark IV+SuperTakumar 50mm f1.4

【M42】スーパータクマー 50mm F1.4の魅力【PENTAX】[2020年01月23日]

今回はスーパータクマー50mm F1.4のレンズを使用し、撮影した写真をご紹介します。 使用カメラはCanon EOS 5D Mark IVです。 この日は、よく撮らせてもらっている友人と袴撮影をしました。 豪快なフレア・ゴーストを撮影できるのが大きな特徴のひとつです。 Canon EOS 5D Mark IV+SuperTakumar 50mm f1.4 Canon EOS 5D Mark IV+SuperTakumar 50mm f1.4 あえて逆光で撮影をし...
続きを読む
null

【街で見つけた形にフォーカス】ミラーレスで行くさんぽみち~成田参道~ 【Nikon】[2020年01月22日]

先日、久しぶりに成田参道を成田山に向かってぶらぶらと散歩に出かけてみました。 今回のお供はNikon Z50 16-50kitです。 この組み合わせのコンパクトさは素晴らしいと思います。 手元に構えても大きさがまったく気にならない。 グリップのホールディングの良さは歴代のニコンの機体から受け継がれたものを感じられます。 さて、1月の土・日曜日といえば成田の街中は人混みですごいイメー...
続きを読む
null

【Nikon】元祖Ai-S Nikkor 58mm F1.2 Noct × 最新NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct の外観を比べてみまし...[2020年01月22日]

昨日より連載しております「NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct」企画。 本日は歳の差 なんと約42歳! 『新旧 Noctノクト』を最新のNikon Z7に装着し、外観をじっくり比較してみたいと思います。 まずは元祖Noctのプロフィールからご紹介。 このレンズの誇るべきポイントは3つ。 1.サジタルコマフレアを開放から補正 2.6群7枚の変形ガウスタイプレンズ構成 3.線が細...
続きを読む
NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct

【Nikon】幻の銘玉 NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct で開放一本勝負!【カメラを愉しむ vol.9】[2020年01月22日]

受注生産モデルの新生Noct「Nikon NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct」 実はこのレンズ、100万円を超える価格帯ながら予約殺到によりメーカーでのご予約を一時休止している希少品! 前回は外観をじっくり観察しましたが、今回はなんと『開放 F0.95』だけで撮影した作例を一挙ご紹介。 開放でも『ピント部の驚くべき立体感』 逆光では『太陽の暖かさを感じるボケ味』 それでは写真をご覧ください...
続きを読む