Select Language



【RICOH】映像制作日記 番外編01「THETAで簡易HDRI作成~IBLに挑戦~」

[ Category:etc.|掲載日時:2017年07月07日 19時25分]



RICOH THETA最大の魅力は一回の撮影で360°の画像が作成できる点です。
今回はこの画像を利用したRICOH THETAの少しマニアックな活用方法を紹介致します。


RICOH (リコー) THETA m15

3D制作で役立つRICOH THETA活用術
~THETAで撮影した画像を3DCGのライティングとして使う~
3DCG制作において重要な要素の一つがライティングです。
特に、フォトリアルな描写が必要な場合、現実に近い自然な光源を再現する必要があります。

そんな時にIBL(イメージベースドライティング)と呼ばれるライティング方法がよく行われます。
これは、撮影現場の光源を360度フルパノラマのHDRIとして記録し使用します。

それを環境データとして読み込み、ライティングや背景、写り込み等の素材として使用する事で、
3Dモデルがその空間に存在しているような自然なレンダリング結果を得ることができます。

従来は、このHDRIを作成するには機材と手間、時間が必要となり、
個人で作成するにはハードルがありましたが、RICOH THETAシリーズを使用することで、
時間の掛かるパノラマ画像作成の手間を大幅に簡略化できます。

~HDRI撮影~
幅広いダイナミックレンジを得るために、露出の異なる画像をブラケットで撮影します。
「RICOH THETA S」では「マルチブラケット」撮影が可能となっていますが、
今回は、THETA m15を使用したのでiOS向けの無料アプリ「360HDR」を使用し、ブラケット撮影を行いました。
RICOH (リコー) THETA m15
HDRIにする理由として、一般的な画像データはRGBの各色256階調で表現されており、
画像を光源とするIBLでは、光源再現に必要な情報をカバーする事が出来ません。
そこで256階調を超えるダイナミックレンジ情報を持つHDRIが必要になります。

~HDRI作成~
撮影した画像をPCに読み込み、複数の画像をHDRとして一つにまとめます。
RICOH (リコー) THETA m15
今回は、三脚が写っていますが三脚の映り込みを少なくする為に、自立一脚を使用したり編集で消込を行う事でより良いHDRI素材になります。
今回のHDRI編集にはPhotoshopを使用し、人物の消込を行っています。

~HDRI読み込み~
作成したHDRIファイルを光源として、CGソフトに読み込ませます。
3Dモデル
CGソフト上で適当な3Dモデルとマテリアルを割り当てました。


HDRIを元にレンダリングした画像です。
RICOH (リコー) THETA m15
簡易的に作成したHDRIですが、撮影場所の光源再現が上手く出来ました。

より精度の高い光源や色再現が必要な場合は、一眼レフなどを使い情報量の多いRAWで撮影・編集するのが好ましいですが、
撮影の手間や扱い易さを考えるとTHETAは非常に便利です。

THETAを使用することで個人制作ではハードルのあった、パノラマHDRI作成を簡単に行えます。
本来のパノラマカメラとしては勿論、HDRI撮影場所の確保が難しい所や撮影時間の無い現場等、
初心者でも扱いやすく、個人の3D制作でも活躍してくれるカメラです!

↓撮影に使用したカメラ&オススメはコチラから↓







「36回払いまで金利ゼロ!!」でお馴染みの
「超低金利ショッピングクレジット!!」もご利用いただけます。

↓↓詳しくはバナーをクリック!!↓↓


↓↓お電話でのご注文もお気軽にどうぞ!↓↓







〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:etc.|掲載日時:2017年07月07日 19時25分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【24人の24mm】「東京スナップ」 【24人の24mm】「東京スナップ」 2018年07月22日
F1.4 1/2000 ISO-500 Canon EOS 5D MarkIV+SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM 「東京スナップ」 F1.4 1/640 ISO-100 Canon EOS 5D MarkIV+SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM 友人を連れて、初めて東京駅周辺で撮影。 こちらの写真は東京国際フォーラム横にて。 この日は非常に暑く、友人と私は汗だくでした。 F1.4 1/160 ISO-100 Canon EOS 5D MarkIV+SIGMA Art 24mm F1.4 DG HSM 東京国際フォーラム内にて。 SIGMA Artならではの、奥に行くにつれてとろけるような、独特で...
続きを読む
Nikon D850+AF-S NIKKOR 28-300mm F3.5-5.6G ED VR 【Nikon】D850 海そして海! 2018年07月22日
海の日を終え、いよいよ夏休み突入です! 今年は梅雨が早く終わり、海開きも早かったので既に行かれた方もいらっしゃると思いますが、 ぶらりカメラ片手にお薦めの海を撮影して来ました。 車で出かけるのが当たり前の昨今、あえて電車で行ってみるのも良いものですよ。 先ずは毎年人気スポットの鎌倉駅から歩いて15分位の湘南”由比ガ浜” 江ノ島電鉄に乗れば由比ガ浜駅から1分 湘南は”鵠沼”や”七里ヶ浜””江ノ島”等ある中 由比ガ浜は”ザ・湘南 この夏に海に来た”と思わせてくれて、海の家...
続きを読む
【24人の24mm】ZEROの愉しみ。SONY RX0 【24人の24mm】ZEROの愉しみ。SONY RX0 2018年07月21日
ZEROの愉しみ。SONY RX0 SONY RX0のリリースを見たとき、このカメラに異様な違和感を覚えた。 アクションカムでもなく、コンパクトカメラでもないスタイリングと性能。 実際に手に取ってみると各ボタンはとても小さく押しにくい。 ブロック状のカメラは、持ちにくいし写真を確認する液晶モニターは お世辞にも見やすいとは言えない。 しかし強烈なインパクトは頭から離れない。そのカメラを街の中に持ちだしてみた。 まずは、一枚。小さい画面を覗きこみながら撮影する...
続きを読む
【Nikon】旅のお供にNikon P900 【Nikon】旅のお供にNikon P900 2018年07月21日
 ついにP900の後継機種COOLPIX P1000が海外で発表されました。  P900が24-2000mm相当の光学83倍ズームレンズであったのに対し、P1000は24-3000mm相当の光学125倍ズームレンズとさらに倍率を上げ、競合する相手のいないまさしくモンスターマシンといえるデジタルカメラです。倍率以外ではホットシューが追加され、より高解像度にパワーアップした電子ビューファインダーになったのも大きな変化でしょう。  国内発表はまだですが、そう遠くないうちに日本のニコンもP1000の発表をしてくれると思いま...
続きを読む
【BLACK TAG】写真家・小林幹幸氏監修『TYPE208』 【BLACK TAG】写真家・小林幹幸氏監修『TYPE208』 2018年07月20日
    プロ写真家のニーズに応えた商品を展開するマップカメラオリジナルブランド「BLACK TAG」に写真家・小林幹幸氏が自らデザインしたトートバッグ『メッセージキャンバストートバッグ TYPE208』が出来上がりました。 カラーはマリンブルーとカーキグリーンの2色。今までブラックを基調に展開していましたが小林氏の要望からシリーズ初のカラー商品になります。   小林幹幸氏が提唱するテーマが裏表にプリントされています。 「カメラと友人に」の意で「CAMERA & FRIE...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]