【RICOH】THETA Vを使って環境マッピング素材を撮影する | THE MAP TIMES 
Select Language



【RICOH】THETA Vを使って環境マッピング素材を撮影する

[ Category:etc.|掲載日時:2018年09月10日 10時30分]



VR技術の進歩で気軽にVR体験が可能となり、RICOH THETAをはじめとする360度カメラが注目されています。
特にTHETAで撮影できる360度画像は記録写真やVRといった用途以外にも様々な使い方が出来ます。

その一つとして、前回はTHETAの特徴を活かしてCG制作用の簡易HDRIマップを紹介しました。
【RICOH】映像制作日記 番外編01「THETAで簡易HDRI作成~IBLに挑戦~」
今回も少し専門的な内容となりますが、「THETA V」を用いて環境マッピングに使用する画像の撮影を試しました。


環境マッピング
CG(コンピュータグラフィックス)で金属素材など反射のある表面に周囲の環境が映り込む様子を擬似的に表現する技法です。
環境マッピングではオブジェクト(物体)を取り囲む環境情報が必要となります。

THETAシリーズの最大の魅力は1回のシャッターで、360度の環境を簡単に撮影することができる点です。
この特徴を生かして今回はTHETAのパノラマ画像を使用して環境マッピング素材として活用出来るかを試しました。

環境マッピング(イメージ)

CGソフトに撮影した素材を読み込み、環境マップとして使用しました。
配置した中央のオブジェクトに撮影した周囲の環境が映り込んでいます。
周辺環境が映り込むことで素材の質感がよりリアルに表現できます。
前回のHDRI撮影ではライティングにも使用するため光源情報まで記録する必要がありましたが、今回は撮影環境の映り込みで使用する為、THETAで撮影された画像をそのまま使用します。


それでは、早速撮影した素材をもとにレンダリングをしてみます。

日中
RICOH THETA V
三脚などは使わずに片手でTHETAをもって撮影しました。
この気軽さ、機動力はTHETAならでは。

レンダリング結果
THETA Vは5376×2688サイズで撮影されます。
その撮影した画像をそのまま3DCGソフトに読み込み、レンダリングに使用します。

屋内
RICOH THETA V
片手を上にあげてシャッターを切るだけの簡単操作、数秒で素早く撮影できました。

レンダリング結果
映り込み用の素材としては問題なく使えました。
簡易的なレンダリングで使用するには十分な画質です。

夜景
RICOH THETA V
夜景では手持ち撮影での手ブレが気になりましたが特に問題なく撮影できました

レンダリング結果

従来、パノラマ素材を制作するには魚眼レンズや三脚、正確に360度回転可能な雲台など、撮影するのも一苦労でした。
また、撮影した画像をまとめる合成ソフトも必要で、多くの機材や知識が必要でしたが、撮影現場にTHETAを持っていけば時間を掛けずに一回のシャッターで簡単に素材を作れます。

反射テスト

使用機材:RICOH THETA V

実際に使用して、街中や室内などシーンを問わず様々な場所で素早く撮影出来るので人通りの多い場所や時間のない現場で活躍してくれそうです。
今回はCG制作用途での使用でしたが、アイディア次第では様々な活用ができる多くの可能性を秘めたカメラだと思いました。

▼過去の記事も合わせてどうぞ!▼
【ATOMOS】CEO:Jeromy Young氏が来日!「ATOMOS + ProResRAW セミナー」レポート
【Panasonic】映像制作日記01 LUMIX GH5×V-Log L&10bitを試す
【Panasonic】映像制作日記02 LUMIX GH5「手ブレロック」を試す
【Panasonic】映像制作日記03 LUMIX GH5「東京・街撮り」
【Panasonic】映像制作日記04「シネマライクな映像を目指してグレーディング」
【Panasonic】映像制作日記05「撮影後のノイズリダクションを考える」
【RICOH】映像制作日記 番外編01「THETAで簡易HDRI作成~IBLに挑戦~」

▼今回使用したは機材はこちら▼




スタッフ一同、当店のご利用を心よりお待ちしております。
マップカメラへGO!

電話でのお問合せも受け付けております。
お気軽にお問合せくださいませ。


〓〓新製品〓〓

[ Category:etc.|掲載日時:2018年09月10日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null LEICA Boutique ~MapCamera Shinjuku~ 6th Anniv. 2019年02月20日
この度ライカブティックMapCamera Shinjuku は、本日2月20日にオープン6周年を迎えることとなりました。 これもひとえにお客様おひとりおひとりのご愛顧あってのことと心より御礼を申し上げます。 これからもご期待にお応えできるよう、スタッフ一丸となって皆様に愛されるお店にして参りたいと思います。 今後とも末永いお付き合いのほどよろしくお願いいたします。 ライカブティックでは様々なライカを実際に手に取り お座りいただきながらゆったりと製品をご覧いただけるカウンターもご用意...
続きを読む
【SONY】まもなく発売 α6400!! 【SONY】まもなく発売 SONY α6400!! 2019年02月20日
いよいよ注目の新機種SONY α6400が 2月22日発売となります。今回は進化したその性能を改めて整理してみました!! まずは注目のAF性能。α6000シリーズ最速の最速0.02秒を実現したAF速度と、被写体を確実に捉え続けるリアルタイムトラッキング。 加えて撮像エリアの約84%をカバーする425点の位相差AFセンサーを高密度に配置。像面位相差センサー測距点の数については、α6500・α6300は同様となりますが、コントラストAF枠をα6300の169点から425点に多分割化されており、より高性能なAFになっています。 ...
続きを読む
K-1+HD FA35mm F2 【PENTAX】FA35mmF2の進化 2019年02月20日
『smc PENTAX-FA35mmF2AL・HD FA35mmF2』 PENTAX K-1+HD FA 35mm F2 1/400 f/2 ISO100 PENTAXファンの皆様、お待たせいたしました。 FA35mmF2にHDコーティングを採用したという、今週新発売のHD FA35mmF2。 誰もが気になっているであろうこと、 なぜこのレンズをリニューアルする必要があったのか… 今回一足早く新旧の描写を比較してみたところ、すぐにその答えが見えてきました。 その魅力をお伝えしたいと思います。 まずは外観の比較をご覧くださいませ。 PENTAX K-1 + smc PENT...
続きを読む
発売まであと2日 【OLYMPUS】OM-D E-M1X発売まであと2日!7-14mmを使ってみた。 2019年02月20日
E-M1X発売まで、あと2日! 今回は「E-M1X」と一緒に使用して頂きたいレンズの一つ PROシリーズの超広角ズームレンズ「M.ZUIKO 7-14mm F2.8 PRO」を E-M1 Mark IIで楽しんでみました。 E-M1Xを待ち遠しにしている皆様の暇を少しでも潰せたら幸いです。 水面に写る建物と実際の建物。 広角レンズならではのダイナミックさがあります。 また、太陽の方向からのゴースト現象も味を出してくれています。 また広角レンズの利点は最短撮影距離が短い事です。 その利点は狭い場所での被...
続きを読む
【Leica】私のライカライフ~S~ 【Leica】私のライカライフ ~S~ 2019年02月19日
平素よりマップカメラをご愛顧賜りまして、誠に有難うございます。 お陰様でライカブティック MapCamera Shinjukuは、2月20日にオープン6周年を迎えます。 LEICA Qチタングレー等の豪華賞品が貰えるLEICA SMILE PHOTO CONTESTの開催や、 LEICA M10用のサムレストレバーなど、ワクワク盛り沢山でお送りしております。 さて、そんなワクワクの中の一つ(になれたらいいな)の「私のライカライフ」ですが、今回はスタッフEがお送りいたします。 使用機材はLEICA S(Typ007)とLEICA S-E、組み合わせたレ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]