【SONY】新FEレンズ3種がPHOTO NEXT2017にて初お披露目! | THE MAP TIMES 
Select Language



【SONY】新FEレンズ3種がPHOTO NEXT2017にて初お披露目!

[ Category:SONY|掲載日時:2017年06月21日 14時30分]


null

6月20(火)より本日6月21日(水)までパシフィコ横浜で行われております、
“PHOTONEXT2017”にて開発発表済みのソニーFEレンズの実機が初お披露目されておりました!


いずれも現時点では今年の7月~8月に発売開始を予定されているソニーEマウントユーザーには待望、
かつ他マウントのユーザーからも注目を集める製品です。


■FE 12-24mm F4 G SEL1224G

null


※6月23日情報更新 / こちらのレンズのご予約受付を開始致しました!





≪製品の魅力ついて≫
・非球面レンズ4枚を含む新規光学設計により絞り開放から高い解像性能を実現
・EDガラス3枚、スーパーEDガラス1枚を最適に配置し、色収差を低減
・ナノARコーティングの採用で、フレアやゴーストを大幅に抑制
・12mmの画角をカバーしたズームレンズでありながら重量約565g!!
・高速、高精度で静音性に優れたダイレクトドライブSSMで静止画、動画ともに快適なAFが可能


写真の通り想像以上にハンドリングが良さそうな超広角ズームレンズとなっており、
F2.8の大口径もしくは35mm域までの画角を1本でカバーすることを必要としない方には
非常に魅力的な選択肢になりそうです!!
ソニー製Eマウントレンズ初となる12mmの画角のイメージはこちら。
null null
(左)16mm / (右)12mm
12mmの画角の広さ、ダイナミックさは圧巻ですね。



■FE 16-35mm F2.8 GM SEL1635GM

null

≪製品の魅力ついて≫
・超高度非球面XAレンズ2枚、非球面レンズ3枚を効果的に配置し全域で高い解像性能を実現
・EDガラスを2枚採用。色収差を良好に補正し、画面隅々までシャープに描写
・フローティング機構の採用により、近距離から遠距離まで鮮鋭な描写を実現
・重量680gと35mm判フルサイズ対応の大口径超広角ズームとしては非常に軽量
・2つのフォーカスレンズ群の駆動にはダイレクトドライブSSMを採用。静止画、動画を問わず精緻なピント合わせが可能
・ナノARコーティングの採用で、フレアやゴーストを大幅に抑制
・超高度非球面XAレンズと11枚羽根の円形絞りにより、被写体を引き立てる自然で滑らかなぼけ表現が可能
・最新のシミュレーションを用いた光学設計と製造工程での球面収差の最適な調整による洗練されたぼけ描写


こちらのレンズの発売を以って、遂にソニーEマウントにおいてもF2.8通しの通称“大三元ズーム”レンズがそろい踏みです!
先に発売されたG Masterレンズの傾向から、広角ズームでありながら解像力だけでなくボケ味にも期待ができる
魅力的な製品です!!



■FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS SEL100400GM

null

null

≪製品の魅力ついて≫
・G Masterの高い設計基準を満たす新規光学設計により全域での高い解像性能を実現
・G Masterならではの美しいぼけ描写
・フローティング機構の採用により、400mmレンズでは異例の最短撮影距離0.98m、最大撮影倍率0.35倍を実現!
・被写体のとっさの動きにも対応する、フォーカスレンズの素早い動き出し、追随性を実現
・本体重量約1,395g(三脚座除く)を達成。軽量ボディとも優れたバランスを実現
・手持ち撮影時に便利な光学式手ブレ補正機構を搭載。流し撮りに効果的なMODE2も選択可能
・1.4倍と2倍のテレコンバーターに対応し、さらなる望遠撮影も可能
・ズームリングの回転の重さを調整できる、ズーム操作感調整リング搭載
 
null null

 TIGHT→SMOOTHに切り替えることで、レンズ先端を保持して直進ズームのような操作感も可能!



フルサイズシステムではどうしても不足しがちな300mm越えの望遠画角をカバーする超望遠ズームレンズが、
遂にソニーEマウントにもラインナップ!もちろんフルサイズモデルだけでなく、
APS-Cモデルでは望遠端で600mmをカバーできる魅力的なレンズです。
しかも最新の光学設計により、最短撮影距離を0.98mを実現!使い勝手の次元も変わる、
他社の同等製品の比べても抜群のベストパフォーマンスが期待できます。
null null
左)100mm / (右)400mm
同じ立ち位置からの画角変化のイメージはこのような感じ。
望遠端でも非常に解像力が高くよく写りすぎてしまうため、ホコリまで写ってしまっておりますがご容赦ください...。



■ご予約受付の開始、発売が非常に待ち遠しい3本の新レンズ。ご予約が開始された際にはぜひ当店にてご注文ください!!
null



■6本になったG Masterレンズの選択肢null
また、2本のG Masterレンズが加わりG Masterレンズもこれで6本のラインナップ!
ソニーαシリーズを使うなら是非とも手に入れて頂きたい魅力的な製品群です。

これからもソニーEマウントのαシステムから目が離せません!!


▼ G Masterレンズとテレコンバーターのショッピングはこちら ▼








▼ まだまだあります!フルサイズEマウントレンズ群はこちらでチェック!▼
E-mount FULL SIZE LENSES





〓〓新製品〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:2017年06月21日 14時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【SONY】α7RIV:第4世代の真価 × 動物瞳AF 【SONY】α7RIV:第4世代の真価 × 動物瞳AF 2019年09月21日
α7RIV + FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS / 400mm F5.6 SS 1/4000 ISO 1600 SONY α7RIV × 超高画素&動物対応瞳AFの実力 今年のαシリーズはハードウェアの進化とともに、ソフトウェア面でも大幅な進化がありました。 その中でもミラーレス業界初の動物対応 リアルタイム瞳AFに驚かれた方も多いと思います。 私も犬を飼っており、動物瞳AF機能の恩恵を受けたユーザーの1人でした。 α7IIIに搭載された動物瞳AFで撮影した愛犬はどれも目元にびしっとピントが合っており、衝撃を受けた事を良く...
続きを読む
はじめてのマクロレンズ 【増税前にデビュー】はじめてのマクロレンズ 2019年09月21日
雨の雫を撮影してみたかったんです。 世の中には素敵な雫写真が沢山あるので、 真似したくなりました。 そうはいっても雨の日にカメラを持ち出す気にはなれず。 雨上がりでの撮影チャンスにもなかなか出会えず。 ということで無理やり庭に水をまいて撮影することにしました。 くつろいでいた虫達が逃げ回っております。 今回使用した機材はこちら。 『PENTAX KP』 『PENTAX HD DA35mm F2.8 Macro Limited』 「HD DA35mm F2.8 Macro Limited」は、 小型で携帯性もよく「KP」との相性も抜...
続きを読む
【増税前にデビュー】Canon RFレンズ必須の1本!? 【増税前にデビュー】Canon RFレンズ必須の1本!? 2019年09月20日
ようやく過ごしやすい気温になってきました。 個人的に夏は好きなので名残惜しいですが、秋は紅葉などの風景写真を撮る楽しみがあります。 とは言うもの、私はまだ夏気分を捨てきれないので、 少しばかりですが涼しい金魚たちを使用したカメラと共にご紹介させてください。 Canon RF35mm F1.8 マクロ IS STM 何やら怪しげな雰囲気を漂わせる作品です。 よく見ると金魚が泳いでいます。 今回使用したレンズは「Canon RF35mm F1.8 マクロ IS STM」です。 選んだ理由は全ての要求を満たしていたから、...
続きを読む
7RM4 - Otus 55 【SONY】α7RIV:第4世代の真価 × 世界最高の標準レンズ 2019年09月20日
ボディ:SONY α7RIV / レンズ:Carl Zeiss Otus 55mm F1.4 マウントアダプター:SIGMA MC-11 キャノンEF用/ソニーE用 絞り:F1.4 / シャッタースピード:1/400秒 / ISO:100 SONY α7RIV × Carl Zeiss Otus  カールツァイスの中でも圧倒的なパフォーマンスで他の追従を許さないレンズ『Otus』のラインナップ。今回は標準レンズとして位置する『Otus 55mm F1.4』と、フルサイズカメラ世界初、有効画素数6100万画素を持つ『SONY α7RIV』を使用して撮影を行いました。  甲州街道沿いの駐輪場で撮影し...
続きを読む
憧れとその先と 【増税前にデビュー】Leica 憧れとその先と 2019年09月20日
ISO100 SS:1/125 f8 冷夏、酷暑に暴風雨と続いた今年も いつの間にか身を撫ぜる風が 心地よい日柄に落ち着いてまいりました。 油断すると身体もすぐ冷えてしまいますので 衣替えのタイミングは計画的に。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 ISO100 SS:1/250 f2 さて、この度フィルム派の私は ここにきて本格的にデジタル初挑戦。 Mの新鋭【M10-P】で華々しいデビューです。 無論RAW現像も初挑戦で正解が見えるはずもなく、 明るさ調節程度に済ませありのまま撮ってまいりま...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]