【その他】ライカマウント(L39)のフィルムカメラから始めよう! | THE MAP TIMES 
Select Language



【その他】ライカマウント(L39)のフィルムカメラから始めよう!

[ Category:etc.|掲載日時:2017年07月06日 20時30分]



ライカを使ってフィルムで写真を撮りたいなぁ・・・でも予算が!
そんな時はコレですこれ! 国産カメラ&レンズ!
ライカに比べ、低価格でボディもレンズもそろえることが出来るのです!



ライカと同じタイプのレンジファインダーカメラを日本でも盛んに作っていたんですよ。
一眼レフカメラが主流になる以前の1950年台から60年代にかけて
キヤノン、ミノルタ、ニッカ、レオタックス、タナック、など多くのメーカーがありました。
「コピーライカ」なんて言われたりもしますが、「ライカに追いつけ、追い越せ!」を目標に
それぞれメーカーごとに工夫をこらした個性的なカメラがたくさんありました。
たとえば・・・

Canon (キヤノン) IVSb (後期) + Voigtlander (フォクトレンダー) ULTRA WIDE-HELIAR 12mm F5.6 Aspherical ブラック
これは、キヤノンIVSb(後期)(1954年)。バルナックライカタイプでは、当時最高峰と言われたカメラです。
レンズは、フォクトレンダーの超広角ULTRA WIDE-HELIAR 12mm F5.6 Aspherical(2000年)。
こんな年の差46歳の組合わせもOK!

Canon (キヤノン) P + TOPCON (トプコン) Topcor-S (L) 50mm F2
こちらは、キヤノンP(1961年)。普及機として誕生しましたが、シンプルで使い易いカメラです。等倍ファインダー搭載!
レンズは、東京光学のトプコールS 50mmF2後期型黒鏡胴(1958年頃)で、レオタックス用に供給されたもののようです。

Canon (キヤノン) 7 + MINOLTA (ミノルタ) SUPER ROKKOR (L) 45mm F2.8
この大柄なカメラは、キヤノン7です。セレン露出計の受光部のデザインが個性的ですね。
レンズも外観が特徴的なスーパーロッコール45mmF2.8(1948年)です。梅鉢という家紋を連想させるので通称「ウメバチ」。
ミノルタ35用のレンズです。


NICCA (ニッカ) Nicca IIIS  + Nikon (ニコン) NIKKOR-S.C (L) 50mm F1.4
ニッカIIIS(1952年)とニッコール50mmF1.4はセットでも販売されたものです。
ニッコール50mmは、近接撮影ができる珍しい仕様です。


このように、同一規格のレンズマウント(ライカスクリューマウント・L39)のカメラ、レンズは
メーカー、時代を関係なく組合わせが可能です。
もちろんライカ製も互換性があります!

まず国産から始めて、徐々にライカを導入していくというやりかたもありますね。











↓L39スクリューマウントレンズ を Mマウントカメラで使う↓











〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:etc.|掲載日時:2017年07月06日 20時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

COOLPIX P1000の"3000mm"の世界 【Nikon】 COOLPIX P1000の"3000mm"の世界 2018年10月21日
2018年9月14日についに発売された世界最高の光学125倍ズームを実現 したコンパクトデジタルカメラ『Nikon COOLPIX P1000』を購入いたしました。 重量約1415g、サイズ的もD850と変わりないので、何を持ってコンパクト を名乗るのかというところではありますが、その性能は3年前に発売した P900の最大2000mmを上回る3000mmの世界を映すことができる怪物マシンです。 このカメラは3年間の間、光学83倍ズームという大台を抜かれることがなかった (並んだカメラは海外では出ていましたが)『P900』...
続きを読む
【OLYMPUS】小さな獅子、孤高の青 【OLYMPUS】小さな獅子、孤高の青 2018年10月20日
■小さな獅子、孤高の青■ 気づけば秋風吹く季節。紅葉深まる今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。 小さい頃より野球好きな筆者は、プロ野球のクライマックスシリーズが何より気になります。平成も同じくクライマックスにさしかかろうとする中、圧倒的強さを誇る赤ヘル軍団、パ・リーグの黄色い若鷹軍団が見せる底力など、見どころ沢山です。 となると、自ずと絞られてくる一番気になる存在。誇り高き孤高の青、皆様もうお気づきでしょう。 走・攻・守、理想的バランスの布陣を敷く、あの存在。 ...
続きを読む
null 秋の旅フォトコンテスト 開催のお知らせ 2018年10月19日
いつもマップタイムズをご覧いただきありがとうございます。 EVERYBODY×PHOTOGRAPHER.com(エビフォト)のフォトコンテスト情報をお届けします! 秋の旅フォトコンテスト 「日本旅vs海外旅」 国内外問わず、みなさまの写真をお待ちしております!何回でもご投稿OKです!奮ってご参加ください! ↓参加方法はこちら!↓ 機材等の設定をして「保存」ボタンを押せば投稿完了です! 賞品は、マップカメラにてカメラ機材のご購入に使える「シュッピ...
続きを読む
写真展のご案内 〜 谷根千ぎゃらりーKnulp 第60回公募展 『とり vol.3 Art Exhibition~The BIRD~』 写真展のご案内 〜 谷根千ぎゃらりーKnulp 第60回公募展 『とり vol.3 Art Exhibition~The BIRD~』 2018年10月19日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 谷根千ぎゃらりーKnulp 第60回公募展 - 『とり vol.3 Art Exhibition~The BIRD~』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
【GoPro】カメラと旅を。Ⅱ 【GoPro】カメラと旅を。Ⅱ 2018年10月18日
9月27日にGoPro HERO7が発売されました。 アクションカメラの最先端とも呼ばれるGoPro 本日は私が所持しているGoProHERO6の魅力を微力ながらお伝えできたらと思います。 海が好きな筆者は海中世界を写真に残したいと水中カメラを探しておりました。今までは予算低めで出来るだけダイビングの荷物にならないよう、防水性のコンパクトデジタルカメラを使用していました。 しかし、画質があまり良くない。 そんな時知ったのがGoPro。 今まで使っていのとは桁違いにコンパクトで軽量、高画質、...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]