【Voigtlander】MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount実写編 » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language






...weil das Objektiv so gut ist
(訳:なぜならレンズがとてもいいから)

オーストリアのウィーンで創業した世界最古の光学メーカーと言われている
フォクトレンダー社の有名なキャッチフレーズですね。

今なおその血は脈々と受け継がれ、日本のコシナが
フォクトレンダーブランドの製品を作り続けています。

そして今回はそのコシナが手掛けた
"MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical"の実写編をお届けいたします。

それではどうぞ。


SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2+Voigtlander (フォクトレンダー) MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount
α7II + MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount
ss1/80 F4.0 ISO800
さて、本レンズは最大撮影倍率が1:2となるレンズですので、いわゆるハーフマクロレンズに該当します。
まずは早速接写でググッとアップにしてみましょう。
葉がうねっているため周辺部は被写界深度から抜けてしまっていますが
ピントを合わせている中心部の解像力はさすがの一言。葉脈までしっかり描写しています。

SONY (ソニー) α7RII ボディ ILCE-7RM2+Voigtlander (フォクトレンダー) MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount
α7RII + MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount
ss1/124 F2.0 ISO200
質感描写にも優れているなあと感じる一枚です。
木目をしっかりと描き込みつつ、硬くならないのは良いですね。
ボケ味に関しては右奥に進むにつれ少しうるさくなりそうな要素が見え隠れしていますが
背景に気を付ければ大丈夫そうです。

SONY (ソニー) α7RII ボディ ILCE-7RM2+Voigtlander (フォクトレンダー) MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount
上の写真からピントを置いている部分をトリミングしてみましたがいかがでしょう。
α7RIIのセンサーのおかげもあると思うのですが、本当によく写ります。
これはこれで構図の一つとして成立してしまうくらい甘さがありません。


SONY (ソニー) α7RII ボディ ILCE-7RM2+Voigtlander (フォクトレンダー) MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount
α7RII + MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount
ss1/50 F2.0 ISO100
もう少しハイライトのエッジのところなどはフリンジが見えてきそうなモノですが
アポクロマート仕様ということで、色収差がほとんど感じられませんね。
色の繋がり、そして階調の繋がりにも優れたレンズであるといえます。

SONY (ソニー) α7RII ボディ ILCE-7RM2+Voigtlander (フォクトレンダー) MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount
α7RII + MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount
ss1/1600 F2.0 ISO100
色や階調に優れたレンズとなれば、撮影したくなるのが「金属」です。
旧日本家屋の中でも、看板建築と呼ばれる銅板貼りの建物を撮影してみましたが
緑青の壁面に残る長年のキズや染みなどをつぶさに捉えています。
窓や左側の描写なども甘さがなく、見事なものですね。

SONY (ソニー) α7RII ボディ ILCE-7RM2+Voigtlander (フォクトレンダー) MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount
α7RII + MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount
ss1/25 F2.0 ISO200
天気は生憎の曇り空。
日が傾いてくると、窓から入る光は室内を満たすことはありません。
そんな中、ゆるやかな光が木の引き戸をスポットしていたのを収めてみましたが
その場の静謐で少し澱んだ空気感が伝わってきそうな一枚となりました。

SONY (ソニー) α7RII ボディ ILCE-7RM2+Voigtlander (フォクトレンダー) MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount
α7RII + MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount
ss1/100 F2.0 ISO200
さて、50mmから1歩2歩踏み込んだ65mmということで、少しとっつきづらさを感じるのですが
実はα7RIIやα7SII、α9などファインダー倍率0.78倍(50mmレンズを付けた際)の機種で仕様する場合
EVF上に表示される像の大きさと、肉眼で見ている物体のサイズがほぼイコールとなります。

計算式は割愛いたしますが、実は絶妙な焦点距離を持ったレンズとなっておりますので
なれない焦点距離と臆さずに、EVFと肉眼の見え方を意識してみると
また違ったアプローチが出来るでしょう。

SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7RM2+Voigtlander (フォクトレンダー) MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount
α7II + MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount
ss1/125 F2.0 ISO100
フォクトレンダーブランドではレンズの明るさや用途に応じて
NOKTONですとかSKOPARですとか、銘付けがされているのですが
この「APO-LANTHAR」銘は同ブランドの中でも、最高の光学性能を持つ
レンズに付けられる銘となっています。
その誉れ高い名に恥じない描写だと思います。

SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7RM2+Voigtlander (フォクトレンダー) MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount
α7II + MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount
ss1/80 F2.0 ISO800
遠景では少し絞って使いたくなるのですが、こういったシーンでは
被写界深度のコントロール以外で絞る必要を感じません。
周辺光量落ちが気になる方は、ボディ側の電子補正を使うか
F3.5くらいまで…なので1段+2/3段ほど絞ってあげましょう。

SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7RM2+Voigtlander (フォクトレンダー) MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount
α7II + MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount
ss1/6 F2.0 ISO100
最後はモノクロで。
電子接点を備えた本レンズは、ボディ側と距離情報もやりとりをする事が可能となっており
手振れ補正内蔵ボディであれば、5軸全ての手ブレ補正が動作します。
この写真もかなり低速でシャッターを切ってみましたが、意図的に歩いている人だけを被写体ブレさせることが出来ました。


・・・


いかがでしたでしょうか。
フォクトレンダー史上最高と謳われる、ハーフマクロレンズ。
高い解像力、優れた平坦性、そして色滲みを徹底的に抑制したアポクロマート仕様が
ヌケの良いトーンと素直な色の繋がりを魅せてくれます。

フルサイズEマウント用としては3本目となるマクロレンズ。
純正も優れたレンズが連なる中で、これまた極上の1本と
嬉しくも悩ましい存在なのは間違いありません。

ぜひ、極上の写りをご体験ください。


マップカメラスタッフによる
フォトプレビューサイト『Kasyapa』にも掲載中!

null


お求めはこちらから。



マップカメラ本館5Fはソニー製品を中心に、更にCONTAXやMINOLTAなどのレンズも多数ご用意しております。
もちろんショーケース内の中古商品はお手にとってお試しいただけます。

ご興味ご関心お持ちのお客様は是非、マップカメラ本館5Fへお立ち寄りください!

5F Floor Photo
撮影:α7II + HELIAR Hyper-Wide 10mm F5.6 Aspherical

ご案内

mapquality







〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:SONY|掲載日時:08月28日 21時40分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Leica】Leicaと行く北海道旅行 【Leica】ズマールと行く北海道旅行 2018年02月18日
冬の寒さが最も厳しくなる2月。札幌で行われるさっぽろ雪まつりを終着点に設定し、5泊6日の北海道旅行へと行ってきました。 持って行った機材は『SONY α7II』と『Leica ズマール L50mm F2』と『Voigtlander ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM』の計3点。今回のマップタイムズでは、その中でも『SONY α7II』と『Leica ズマール L50mm F2』の組み合わせで撮影した写真をご紹介いたします。 時期はすこしずれていますが、別のスタッフも最近北海道旅行に行っていたよう...
続きを読む
【Leica】ライブ撮影 with SL (Typ601) + ノクティルックス その2 【Leica】ライブ撮影 with SL (Typ601) + ノクティルックス その2 2018年02月17日
50mm F0.95 1/125秒 ISO3200 皆様こんにちは! 本日載せるのは、去年私が追いかけていたバンドの定例ライブの最終回(12月開催)です。 11月に行ったライブ風景はコチラ! ボーカルはライブが始まる前にお客さんとオセロで勝負。 ボーカルが黒、お客さんが白。果たして勝敗は…。後程、載せます。 50mm F0.95 1/125秒 ISO2500 ほぼ毎月撮っている場所なので、何となくですがホームに来た感があります。 撮っていて落ち着くと言いますか。 24mm F1.4 1/125秒 ISO5000 今回はズミルック...
続きを読む
null フィルム紹介 『BERGGER Pancro 400』 2018年02月17日
2000年代以降デジタルカメラの台頭によりフィルムの需要が減少し、 フィルムのバリエーションも年を追うごとに少なくなってきています。 しかし最近では、SNSの影響などもありフィルムカメラへの関心が高まっています。 街中でも首からフィルムカメラを下げている方を多く見かけるようになりました。 フィルムカメラの写りの要になってくるのがレンズとフィルムです。 レンズ選びもさることながら、どのフィルムがその撮影に適しているのか、自分好みなのか選ぶことは悩みどころです。 そこでこのブロ...
続きを読む
【FUJIFILM】Xスペシャルイベントレポート 【FUJIFILM】Xスペシャルイベントレポート 2018年02月16日
X-T2、X-Pro2に次ぐフジフイルム第3のフラッグシップ機として2018年2月15日に発表された『FUJIFILM X-H1』。中判ミラーレス機GFX 50Sを彷彿とさせる外観と、Xシリーズ初の最大5.5段分のボディ内手ブレ補正機能が搭載された本機の登場に驚かれた方も多いのではないでしょうか。 今回マップタイムズでは、同日に開催された『FUJIFILM Xスペシャルイベント』の様子をお伝えいたします。 開催場所は、港区・赤坂。 事前申込制で先着200名限定のイベントだったので...
続きを読む
【Leica】ライブ撮影 with ノクティルックス in 白楽 【Leica】ライブ撮影 with ノクティルックス in 白楽 2018年02月16日
50mm F0.95 1/125秒 ISO1600 皆様こんにちは。 最近はよく知人・友人に誘われて撮影に行くことが多いです。 カメラ好きとして、冥利に尽きます。本当にありがたいことです。 横浜の白楽まで行ってきました。 バーの店内で行われたライブです。 今回持っていったのは Leica SL (Typ601)、ノクティルックス M50mm F0.95 ASPH、ズミルックス M24mm F1.4 ASPHです。 照明の色被りは敢えてほとんど直さず、明るさなどはLightroomで補正しています。 50mm F0.95 1/125秒 ISO4000 今回の撮...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]