究極のPLフィルター『Kenko ZX C-PL』登場 » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language




新開発の高透過偏光膜を採用した究極のPLフィルター
「ZX(ゼクロス)C-PL」登場

ゼクロス C-PLフィルター

ガラスに負荷を与えない画期的なフレーム構造により、究極の平面性を確保し、超高解像を実現したフィルター
「ZX(ゼクロス)」シリーズにPLフィルターが加わりました。
カメラの高画素化が進み、フィルターにも高い光学性能が求められる昨今、
新フィルターはどのような進化を遂げたのでしょうか?

手元に届いた新しい「ZX C-PL」。
同じKenkoのZeta EXシリーズのC-PLフィルターと見比べてみると
フィルターガラスの色の違いに気づきます。

Kenko ZX C-PL

新しいZXフィルターには、ニュートラルな色再現をする新開発の高透過偏光膜を採用したとのこと。
これにより従来のフィルターと比べ、イエローの色カブリが抑えられ、
よりカラーバランスに優れたフィルターに生まれ変わりました。
実際に撮り比べてみるとその効果は、一目瞭然です。

nonfilter
フィルター未使用
絞り:F8 / シャッタースピード:1/160秒 / ISO:64
使用機材:Nikon D810 +AF-S 28-300mm F3.5-5.6G ED VR



Kenko ZX C-PL
ZX C-PL使用
絞り:F8 / シャッタースピード:1/100秒 / ISO:64
使用機材:Nikon D810 +AF-S 28-300mm F3.5-5.6G ED VR
Kenko Zeta C-PL
Zeta EX C-PL 使用
絞り:F8 / シャッタースピード:1/100秒 / ISO:64
使用機材:Nikon D810 +AF-S 28-300mm F3.5-5.6G ED VR


ハッキリしない今年の夏を象徴するかのような、どんよりとした空。
青空をより青くという、PLフィルターの醍醐味を感じる事はできませんでしたが、
両フィルター共、手前の水面反射をしっかり抑えてくれました。
気になる色味の変化も、Zeta EXより黄色カブリが抑えられており、
新しい高透過偏光膜の効果を一目で感じることができました。

さて、「ZX(ゼクロス)」シリーズと言えば冒頭にも触れた、ガラスの平面性を保つフレーム構造が特徴です。
ガラスを回転させるC-PLフィルターでも、特殊弾性緩衝剤を使用することで
ガラス面を押さえつけずに固定することに成功。
広角レンズでもケラレにくい薄枠フレームですから、かなりの試行錯誤があったと想像できます。

Kenko ZX C-PL

メーカー資料によると、ガラス面を押さえる固定方式では、ガラスの表面に歪みが発生し、
周辺部で僅かに解像度が低下する原因になるとのこと。
肉眼では分かりづらいナノレベルでの歪みとの事ですが、
高画素化の進化が著しいデジタルカメラでは将来の事を考え、
少しでも良いものを用意しておいた方が、後悔しないと思います。

もちろん、新世代高性能フィルターの「ZX(ゼクロス)」シリーズですから、
PL以外の部分もトップクラスの性能を誇ります。

超低反射
フィルターの片面反射率を
PLではじめて片面0.3%以下を達成。
撥水・撥油
水や指紋などの汚れを強力に弾く
耐久性の高い撥水・撥油効果。




潤滑処理
レンズ取付ネジに潤滑加工を施すことで、
レンズへの着脱を滑らかにし、レンズへの噛み込みを軽減。
墨塗り
フィルターガラスの外周に墨塗り加工を施すことで、
内面反射を極限まで防止。


フィルター未使用:絞り:F8 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:1600 / 使用機材:Nikon D810 +AF-S 28-300mm F3.5-5.6G ED VR


ZX C-PL 使用:絞り:F8 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:1600 / 使用機材:Nikon D810 +AF-S 28-300mm F3.5-5.6G ED VR


PLフィルターの偏光効果により、水槽内の乱反射が除去され水槽内の視認性が向上しました。
中央の水草も、緑の深さが増し、コントラストが向上しているのが分かります。
フィルター装着により、絞り優先モード時でシャッタースピードの低下は僅か1段分。
フィルターの写真を見ても分かりますが、とても明るいPLフィルターなのです。

さらにスペックで注目したいのが、低反射率0.3%以下という部分です。
これまでは0.6%が最高クラスとされており、0.3%以下という数字は、一般的な保護フィルターと同等レベルでなのです。
最高のカラーバランスと、解像度を低下させないフレーム構造に加え、
0.3%以下の超低反射というハイスペックの「ZX C-PL」は
まさに高画素デジタルカメラに求められる最高のフィルターではないでしょうか。
進化しているのはカメラだけではありません。
フィルタも最新のものを使用し、より高画質を追求してみませんか?








<プロテクターもNDも新世代高性能フィルターで! Kenko ZX フィルターシリーズ>












〓〓新製品〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:etc.|掲載日時:09月01日 14時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Leica】Leicaと行く北海道旅行 【Leica】ズマールと行く北海道旅行 2018年02月18日
冬の寒さが最も厳しくなる2月。札幌で行われるさっぽろ雪まつりを終着点に設定し、5泊6日の北海道旅行へと行ってきました。 持って行った機材は『SONY α7II』と『Leica ズマール L50mm F2』と『Voigtlander ULTRON 35mm F1.7 Vintage Line Aspherical VM』の計3点。今回のマップタイムズでは、その中でも『SONY α7II』と『Leica ズマール L50mm F2』の組み合わせで撮影した写真をご紹介いたします。 時期はすこしずれていますが、別のスタッフも最近北海道旅行に行っていたよう...
続きを読む
【Leica】ライブ撮影 with SL (Typ601) + ノクティルックス その2 【Leica】ライブ撮影 with SL (Typ601) + ノクティルックス その2 2018年02月17日
50mm F0.95 1/125秒 ISO3200 皆様こんにちは! 本日載せるのは、去年私が追いかけていたバンドの定例ライブの最終回(12月開催)です。 11月に行ったライブ風景はコチラ! ボーカルはライブが始まる前にお客さんとオセロで勝負。 ボーカルが黒、お客さんが白。果たして勝敗は…。後程、載せます。 50mm F0.95 1/125秒 ISO2500 ほぼ毎月撮っている場所なので、何となくですがホームに来た感があります。 撮っていて落ち着くと言いますか。 24mm F1.4 1/125秒 ISO5000 今回はズミルック...
続きを読む
null フィルム紹介 『BERGGER Pancro 400』 2018年02月17日
2000年代以降デジタルカメラの台頭によりフィルムの需要が減少し、 フィルムのバリエーションも年を追うごとに少なくなってきています。 しかし最近では、SNSの影響などもありフィルムカメラへの関心が高まっています。 街中でも首からフィルムカメラを下げている方を多く見かけるようになりました。 フィルムカメラの写りの要になってくるのがレンズとフィルムです。 レンズ選びもさることながら、どのフィルムがその撮影に適しているのか、自分好みなのか選ぶことは悩みどころです。 そこでこのブロ...
続きを読む
【FUJIFILM】Xスペシャルイベントレポート 【FUJIFILM】Xスペシャルイベントレポート 2018年02月16日
X-T2、X-Pro2に次ぐフジフイルム第3のフラッグシップ機として2018年2月15日に発表された『FUJIFILM X-H1』。中判ミラーレス機GFX 50Sを彷彿とさせる外観と、Xシリーズ初の最大5.5段分のボディ内手ブレ補正機能が搭載された本機の登場に驚かれた方も多いのではないでしょうか。 今回マップタイムズでは、同日に開催された『FUJIFILM Xスペシャルイベント』の様子をお伝えいたします。 開催場所は、港区・赤坂。 事前申込制で先着200名限定のイベントだったので...
続きを読む
【Leica】ライブ撮影 with ノクティルックス in 白楽 【Leica】ライブ撮影 with ノクティルックス in 白楽 2018年02月16日
50mm F0.95 1/125秒 ISO1600 皆様こんにちは。 最近はよく知人・友人に誘われて撮影に行くことが多いです。 カメラ好きとして、冥利に尽きます。本当にありがたいことです。 横浜の白楽まで行ってきました。 バーの店内で行われたライブです。 今回持っていったのは Leica SL (Typ601)、ノクティルックス M50mm F0.95 ASPH、ズミルックス M24mm F1.4 ASPHです。 照明の色被りは敢えてほとんど直さず、明るさなどはLightroomで補正しています。 50mm F0.95 1/125秒 ISO4000 今回の撮...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]