究極のPLフィルター『Kenko ZX C-PL』登場 | THE MAP TIMES 
Select Language



究極のPLフィルター『Kenko ZX C-PL』登場

[ Category:etc.|掲載日時:2017年09月01日 14時00分]


新開発の高透過偏光膜を採用した究極のPLフィルター
「ZX(ゼクロス)C-PL」登場

ゼクロス C-PLフィルター

ガラスに負荷を与えない画期的なフレーム構造により、究極の平面性を確保し、超高解像を実現したフィルター
「ZX(ゼクロス)」シリーズにPLフィルターが加わりました。
カメラの高画素化が進み、フィルターにも高い光学性能が求められる昨今、
新フィルターはどのような進化を遂げたのでしょうか?

手元に届いた新しい「ZX C-PL」。
同じKenkoのZeta EXシリーズのC-PLフィルターと見比べてみると
フィルターガラスの色の違いに気づきます。

Kenko ZX C-PL

新しいZXフィルターには、ニュートラルな色再現をする新開発の高透過偏光膜を採用したとのこと。
これにより従来のフィルターと比べ、イエローの色カブリが抑えられ、
よりカラーバランスに優れたフィルターに生まれ変わりました。
実際に撮り比べてみるとその効果は、一目瞭然です。

nonfilter
フィルター未使用
絞り:F8 / シャッタースピード:1/160秒 / ISO:64
使用機材:Nikon D810 +AF-S 28-300mm F3.5-5.6G ED VR



Kenko ZX C-PL
ZX C-PL使用
絞り:F8 / シャッタースピード:1/100秒 / ISO:64
使用機材:Nikon D810 +AF-S 28-300mm F3.5-5.6G ED VR
Kenko Zeta C-PL
Zeta EX C-PL 使用
絞り:F8 / シャッタースピード:1/100秒 / ISO:64
使用機材:Nikon D810 +AF-S 28-300mm F3.5-5.6G ED VR


ハッキリしない今年の夏を象徴するかのような、どんよりとした空。
青空をより青くという、PLフィルターの醍醐味を感じる事はできませんでしたが、
両フィルター共、手前の水面反射をしっかり抑えてくれました。
気になる色味の変化も、Zeta EXより黄色カブリが抑えられており、
新しい高透過偏光膜の効果を一目で感じることができました。

さて、「ZX(ゼクロス)」シリーズと言えば冒頭にも触れた、ガラスの平面性を保つフレーム構造が特徴です。
ガラスを回転させるC-PLフィルターでも、特殊弾性緩衝剤を使用することで
ガラス面を押さえつけずに固定することに成功。
広角レンズでもケラレにくい薄枠フレームですから、かなりの試行錯誤があったと想像できます。

Kenko ZX C-PL

メーカー資料によると、ガラス面を押さえる固定方式では、ガラスの表面に歪みが発生し、
周辺部で僅かに解像度が低下する原因になるとのこと。
肉眼では分かりづらいナノレベルでの歪みとの事ですが、
高画素化の進化が著しいデジタルカメラでは将来の事を考え、
少しでも良いものを用意しておいた方が、後悔しないと思います。

もちろん、新世代高性能フィルターの「ZX(ゼクロス)」シリーズですから、
PL以外の部分もトップクラスの性能を誇ります。

超低反射
フィルターの片面反射率を
PLではじめて片面0.3%以下を達成。
撥水・撥油
水や指紋などの汚れを強力に弾く
耐久性の高い撥水・撥油効果。




潤滑処理
レンズ取付ネジに潤滑加工を施すことで、
レンズへの着脱を滑らかにし、レンズへの噛み込みを軽減。
墨塗り
フィルターガラスの外周に墨塗り加工を施すことで、
内面反射を極限まで防止。


フィルター未使用:絞り:F8 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:1600 / 使用機材:Nikon D810 +AF-S 28-300mm F3.5-5.6G ED VR


ZX C-PL 使用:絞り:F8 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:1600 / 使用機材:Nikon D810 +AF-S 28-300mm F3.5-5.6G ED VR


PLフィルターの偏光効果により、水槽内の乱反射が除去され水槽内の視認性が向上しました。
中央の水草も、緑の深さが増し、コントラストが向上しているのが分かります。
フィルター装着により、絞り優先モード時でシャッタースピードの低下は僅か1段分。
フィルターの写真を見ても分かりますが、とても明るいPLフィルターなのです。

さらにスペックで注目したいのが、低反射率0.3%以下という部分です。
これまでは0.6%が最高クラスとされており、0.3%以下という数字は、一般的な保護フィルターと同等レベルでなのです。
最高のカラーバランスと、解像度を低下させないフレーム構造に加え、
0.3%以下の超低反射というハイスペックの「ZX C-PL」は
まさに高画素デジタルカメラに求められる最高のフィルターではないでしょうか。
進化しているのはカメラだけではありません。
フィルタも最新のものを使用し、より高画質を追求してみませんか?








<プロテクターもNDも新世代高性能フィルターで! Kenko ZX フィルターシリーズ>












〓〓新製品〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:etc.|掲載日時:2017年09月01日 14時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 2018年12月10日
SONY α7III + CarlZeiss Batis 40mm F2 CF F2 1/40 ISO-200 SONY α7III + CarlZeiss Batis 135mm F2.8 F2.8 1/200 ISO-8000 先月発売したばかりで注目を浴びている「Batis 40mm F2 CF」 ポートレートによく使われる「Batis 135mm F2.8」 この2本を使用してポートーレート作例を撮影してきました。 冬のポートレートらしく、イルミネーション背景をメインとして撮影してきましたが、そのボケ具合はどのようにして表現されるのでしょうか。 今回使用したカメラは全てSONY α7IIIです。 ...
続きを読む
null 【Leica】晴れのちLeica Q Vol1 2018年12月09日
晴れのちLeica Q Vol1 【Leica Q】からみえる 晴れのち、の世界。 秋も色づき、少し肌寒くなりました。 使用カメラは【Leica Q】となります。 光の臨場感。 目に留まった物の質感。 風景の空気感。 やわらかいボケ具合とやさしい色合いを表現してくれます。 夕焼けのグラデーション。 夜の神社。 暗がりの落ち葉。 高感度に頼りきりでも、しっかり解像した画づくりをしてくれます。 ...
続きを読む
null 【PENTAX】inお台場 2018年12月08日
先日、お台場へライブを観に行きました。せっかくなので愛機で道中を撮影してきました。 新橋駅からゆりかもめに乗車。 橋を渡る前に高低差を解消するためのループポイントがあり、結構なアールを描くカーブやちょっとした勾配あるのでアトラクションに乗った気分になります。ライブに行くテンションと相まってとても楽しかったです。 普段みない建物をみるととても新鮮な気分になります。 海を眺めながらライブ前に体を軽くほぐし、テンションがあがっていきます。 こ...
続きを読む
【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 2018年12月07日
OLYMPUS OM-D E-M10 + M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 アートフィルター:ポップアートI 絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:200 カレンダーが示す「師走」の文字。紅葉が幻だったように、街中に溢れる人口光。 無機質なものが多くなりますが被写体に事欠かないこの季節、私は大好きです。 この季節、何気なく撮っていると熱中してしまうのがイルミネーション。 イルミネーションの撮影時、玉ボケを副題にした写真を撮ることが私の日課。 映画のワンシーンのような表現ができる面白い...
続きを読む
Canon EOS 5D MarkⅣ+EF 85mm F1.4L IS USM Canon EF85mm F1.4L IS USM で見る今日この頃 2018年12月06日
こんにちは。12月に入り、空気がすっかり冷え込むようになりました。通勤等で目にする景色も日々変化しているのを感じます。 今回はこの頃、Canon EF 85mm F1.4L IS USMをファインダーを通して見たものをご紹介させていただきます。 この時期、やさしい日差しを浴びながら撮影するのは気持ちよいのですが、咲いている花が少ないのが残念です。 しかし、このような被写体を強調するタイプのレンズは背景をぼかしてくれるので 実際の光景よりも格好よく写し込むことが可能です。 背景を美しく...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]