究極のPLフィルター『Kenko ZX C-PL』登場 | THE MAP TIMES 
Select Language



究極のPLフィルター『Kenko ZX C-PL』登場

[ Category:etc.|掲載日時:2017年09月01日 14時00分]


新開発の高透過偏光膜を採用した究極のPLフィルター
「ZX(ゼクロス)C-PL」登場

ゼクロス C-PLフィルター

ガラスに負荷を与えない画期的なフレーム構造により、究極の平面性を確保し、超高解像を実現したフィルター
「ZX(ゼクロス)」シリーズにPLフィルターが加わりました。
カメラの高画素化が進み、フィルターにも高い光学性能が求められる昨今、
新フィルターはどのような進化を遂げたのでしょうか?

手元に届いた新しい「ZX C-PL」。
同じKenkoのZeta EXシリーズのC-PLフィルターと見比べてみると
フィルターガラスの色の違いに気づきます。

Kenko ZX C-PL

新しいZXフィルターには、ニュートラルな色再現をする新開発の高透過偏光膜を採用したとのこと。
これにより従来のフィルターと比べ、イエローの色カブリが抑えられ、
よりカラーバランスに優れたフィルターに生まれ変わりました。
実際に撮り比べてみるとその効果は、一目瞭然です。

nonfilter
フィルター未使用
絞り:F8 / シャッタースピード:1/160秒 / ISO:64
使用機材:Nikon D810 +AF-S 28-300mm F3.5-5.6G ED VR



Kenko ZX C-PL
ZX C-PL使用
絞り:F8 / シャッタースピード:1/100秒 / ISO:64
使用機材:Nikon D810 +AF-S 28-300mm F3.5-5.6G ED VR
Kenko Zeta C-PL
Zeta EX C-PL 使用
絞り:F8 / シャッタースピード:1/100秒 / ISO:64
使用機材:Nikon D810 +AF-S 28-300mm F3.5-5.6G ED VR


ハッキリしない今年の夏を象徴するかのような、どんよりとした空。
青空をより青くという、PLフィルターの醍醐味を感じる事はできませんでしたが、
両フィルター共、手前の水面反射をしっかり抑えてくれました。
気になる色味の変化も、Zeta EXより黄色カブリが抑えられており、
新しい高透過偏光膜の効果を一目で感じることができました。

さて、「ZX(ゼクロス)」シリーズと言えば冒頭にも触れた、ガラスの平面性を保つフレーム構造が特徴です。
ガラスを回転させるC-PLフィルターでも、特殊弾性緩衝剤を使用することで
ガラス面を押さえつけずに固定することに成功。
広角レンズでもケラレにくい薄枠フレームですから、かなりの試行錯誤があったと想像できます。

Kenko ZX C-PL

メーカー資料によると、ガラス面を押さえる固定方式では、ガラスの表面に歪みが発生し、
周辺部で僅かに解像度が低下する原因になるとのこと。
肉眼では分かりづらいナノレベルでの歪みとの事ですが、
高画素化の進化が著しいデジタルカメラでは将来の事を考え、
少しでも良いものを用意しておいた方が、後悔しないと思います。

もちろん、新世代高性能フィルターの「ZX(ゼクロス)」シリーズですから、
PL以外の部分もトップクラスの性能を誇ります。

超低反射
フィルターの片面反射率を
PLではじめて片面0.3%以下を達成。
撥水・撥油
水や指紋などの汚れを強力に弾く
耐久性の高い撥水・撥油効果。




潤滑処理
レンズ取付ネジに潤滑加工を施すことで、
レンズへの着脱を滑らかにし、レンズへの噛み込みを軽減。
墨塗り
フィルターガラスの外周に墨塗り加工を施すことで、
内面反射を極限まで防止。


フィルター未使用:絞り:F8 / シャッタースピード:1/60秒 / ISO:1600 / 使用機材:Nikon D810 +AF-S 28-300mm F3.5-5.6G ED VR


ZX C-PL 使用:絞り:F8 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:1600 / 使用機材:Nikon D810 +AF-S 28-300mm F3.5-5.6G ED VR


PLフィルターの偏光効果により、水槽内の乱反射が除去され水槽内の視認性が向上しました。
中央の水草も、緑の深さが増し、コントラストが向上しているのが分かります。
フィルター装着により、絞り優先モード時でシャッタースピードの低下は僅か1段分。
フィルターの写真を見ても分かりますが、とても明るいPLフィルターなのです。

さらにスペックで注目したいのが、低反射率0.3%以下という部分です。
これまでは0.6%が最高クラスとされており、0.3%以下という数字は、一般的な保護フィルターと同等レベルでなのです。
最高のカラーバランスと、解像度を低下させないフレーム構造に加え、
0.3%以下の超低反射というハイスペックの「ZX C-PL」は
まさに高画素デジタルカメラに求められる最高のフィルターではないでしょうか。
進化しているのはカメラだけではありません。
フィルタも最新のものを使用し、より高画質を追求してみませんか?








<プロテクターもNDも新世代高性能フィルターで! Kenko ZX フィルターシリーズ>












〓〓新製品〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:etc.|掲載日時:2017年09月01日 14時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

COOLPIX P1000の"3000mm"の世界 【Nikon】 COOLPIX P1000の"3000mm"の世界 2018年10月21日
2018年9月14日についに発売された世界最高の光学125倍ズームを実現 したコンパクトデジタルカメラ『Nikon COOLPIX P1000』を購入いたしました。 重量約1415g、サイズ的もD850と変わりないので、何を持ってコンパクト を名乗るのかというところではありますが、その性能は3年前に発売した P900の最大2000mmを上回る3000mmの世界を映すことができる怪物マシンです。 このカメラは3年間の間、光学83倍ズームという大台を抜かれることがなかった (並んだカメラは海外では出ていましたが)『P900』...
続きを読む
【OLYMPUS】小さな獅子、孤高の青 【OLYMPUS】小さな獅子、孤高の青 2018年10月20日
■小さな獅子、孤高の青■ 気づけば秋風吹く季節。紅葉深まる今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。 小さい頃より野球好きな筆者は、プロ野球のクライマックスシリーズが何より気になります。平成も同じくクライマックスにさしかかろうとする中、圧倒的強さを誇る赤ヘル軍団、パ・リーグの黄色い若鷹軍団が見せる底力など、見どころ沢山です。 となると、自ずと絞られてくる一番気になる存在。誇り高き孤高の青、皆様もうお気づきでしょう。 走・攻・守、理想的バランスの布陣を敷く、あの存在。 ...
続きを読む
null 秋の旅フォトコンテスト 開催のお知らせ 2018年10月19日
いつもマップタイムズをご覧いただきありがとうございます。 EVERYBODY×PHOTOGRAPHER.com(エビフォト)のフォトコンテスト情報をお届けします! 秋の旅フォトコンテスト 「日本旅vs海外旅」 国内外問わず、みなさまの写真をお待ちしております!何回でもご投稿OKです!奮ってご参加ください! ↓参加方法はこちら!↓ 機材等の設定をして「保存」ボタンを押せば投稿完了です! 賞品は、マップカメラにてカメラ機材のご購入に使える「シュッピ...
続きを読む
写真展のご案内 〜 谷根千ぎゃらりーKnulp 第60回公募展 『とり vol.3 Art Exhibition~The BIRD~』 写真展のご案内 〜 谷根千ぎゃらりーKnulp 第60回公募展 『とり vol.3 Art Exhibition~The BIRD~』 2018年10月19日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 谷根千ぎゃらりーKnulp 第60回公募展 - 『とり vol.3 Art Exhibition~The BIRD~』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
【GoPro】カメラと旅を。Ⅱ 【GoPro】カメラと旅を。Ⅱ 2018年10月18日
9月27日にGoPro HERO7が発売されました。 アクションカメラの最先端とも呼ばれるGoPro 本日は私が所持しているGoProHERO6の魅力を微力ながらお伝えできたらと思います。 海が好きな筆者は海中世界を写真に残したいと水中カメラを探しておりました。今までは予算低めで出来るだけダイビングの荷物にならないよう、防水性のコンパクトデジタルカメラを使用していました。 しかし、画質があまり良くない。 そんな時知ったのがGoPro。 今まで使っていのとは桁違いにコンパクトで軽量、高画質、...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]