Select Language



【Canon】 EF85mm F1.4L IS USM 大注目のポートレートレンズ!!

[ Category:Canon|掲載日時:2017年12月21日 11時00分]




Canon EF85mm F1.4L IS USM


待ちに待ったポートレートの王様、大口径レンズ!
使用カメラはCanon EOS 5DMark IVです。
どのような画になるのか、今注目を浴びています。


Canon EOS 5D MarkⅣ+EF85mm F1.4L IS USM
F1.4 1/320 ISO-100
まず、解像度の高さに驚きました。
EF-Lレンズにしか出せない描写力。
驚くほどしっとりと、柔らかなボケ味。



Canon EOS 5D MarkⅣ+EF85mm F1.4L IS USM
F1.4 1/320 ISO-100
縦画の全体図。
奥のマンションまでかなり距離がありますが、圧縮効果で引き寄せられて印象的なボケ味が出ています。
手前上部の鉄パイプから奥のマンションにかけて、
徐々に溶けていく様にボケているのが分かるでしょうか?
ボケ味に高級感を感じます。



Canon EOS 5D MarkⅣ+EF85mm F1.4L IS USM
F1.4 1/80 ISO-400
アップで撮影しても、滑らかに女性の肌の美しさを引き立てる。
ボケ味がとても柔らかいですが、今回の新型レンズ、
ピントはしっかりと被写体に合います。
AFも素早く反応、ストレスが無く撮影に集中出来ます。




Canon EOS 5D MarkⅣ+EF85mm F1.4L IS USM
F1.4 1/100 ISO-400
前ボケを入れてみました。
ボケに惑わされることはなく、
被写体部分の輪郭はしっかり浮き出て立体感のある画となりました。



Canon EOS 5D MarkⅣ+EF85mm F1.4L IS USM
F1.4 1/250 ISO-100
プロフィールで使われるような画像。
本来はF4などもう少し絞るべきなのですが、今回は開放値にて。
開放にしていてもピントが合っている部分はシャープな写り。



Canon EOS 5D MarkⅣ+EF85mm F1.4L IS USM
F1.4 1/80 ISO-1250
少し暗めの室内。
室内でもAFが迷うことはありませんでした。



Canon EOS 5D MarkⅣ+EF85mm F1.4L IS USM
F1.4 1/80 ISO-2500
全身図。
ここもやはり奥に行くにつれて滑らかにボケていきます。
室内の全身撮影でも、モデルの顔部分にAFが素早く反応してくれて気持ち良かったです。



Canon EOS 5D MarkⅣ+EF85mm F1.4L IS USM
F1.4 1/100 ISO-1250
最後、イルミネーション背景に。
少し円形ボケ。


明るいレンズで、手ブレ補正も搭載されていて、AFも早い。
夜の撮影もスムーズに行えます。
IS効果音も思っていたほど気になりませんでした。
昼間も逆光気味に撮影することが多々ありましたが、
特殊コーティングのお陰で今までの85mmレンズよりストレスを感じません。

・EF85mm初の4.0段分の強力手ブレ補正IS
・純正ならではの高速・高精度なAF
・防塵・防滴構造
・フレアやゴーストを抑制する特殊コーティング
・レンズ表面のフッ素コーティング

最強・最高級のポートレンズと言えます。
もちろん景色やスナップ、旅行での撮影にも最適です。
重さや大きさもさほど気にならず。
ほどよく鞄に収まり、あまり気になりませんでした。
ストレスなく、感動的な美しい一枚を残します。

店頭でもお客様からのご質問の多いレンズです。
ぜひ店頭でお試しください。
誰もが欲しくなるはずです。


********************

気になるSIGMA A 85mm F1.4 DG HSMのポートレート作例もあります。
同じ場所で撮影していますので、ボケ味の違いの参考にどうぞ↓

SIGMA A 85mm F1.4 DG HSM ポートレート撮影

***********


↓今回の撮影で使用した機材はコチラ!↓











〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓




[ Category:Canon|掲載日時:2017年12月21日 11時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【24人の24mm】ZEROの愉しみ。SONY RX0 2018年07月21日
ZEROの愉しみ。SONY RX0 SONY RX0のリリースを見たとき、このカメラに異様な違和感を覚えた。 アクションカムでもなく、コンパクトカメラでもないスタイリングと性能。 実際に手に取ってみると各ボタンはとても小さく押しにくい。 ブロック状のカメラは、持ちにくいし写真を確認する液晶モニターは お世辞にも見やすいとは言えない。 しかし強烈なインパクトは頭から離れない。そのカメラを街の中に持ちだしてみた。 まずは、一枚。小さい画面を覗きこみながら撮影する...
続きを読む
Nikon COOLPIX P900 【Nikon】旅のお供にNikon P900 2018年07月21日
 ついにP900の後継機種COOLPIX P1000が海外で発表されました。  P900が24-2000mm相当の光学83倍ズームレンズであったのに対し、P1000は24-3000mm相当の光学125倍ズームレンズとさらに倍率を上げ、競合する相手のいないまさしくモンスターマシンといえるデジタルカメラです。倍率以外ではホットシューが追加され、より高解像度にパワーアップした電子ビューファインダーになったのも大きな変化でしょう。  国内発表はまだですが、そう遠くないうちに日本のニコンもP1000の発表をしてくれると思いま...
続きを読む
null 【BLACK TAG】写真家・小林幹幸氏監修『TYPE208』 2018年07月20日
    プロ写真家のニーズに答えた商品を展開するマップカメラオリジナルブランド「BLACK TAG」に写真家・小林幹幸氏が自らデザインしたトートバッグ『メッセージキャンバストートバッグ TYPE208』が出来上がりました。 カラーはマリンブルーとカーキグリーンの2色。今までブラックを基調に展開していましたが小林氏の要望からシリーズ初のカラー商品になります。   小林幹幸氏が提唱するテーマが裏表にプリントされています。 「カメラと友人に」の意で「CAMERA & FRIE...
続きを読む
null 【24人の24mm】 24mmでENJOY!SUMMER 2018年07月20日
遂にマップカメラ創業祭がはじまりました!それに合わせまして、本日より『24人の24mm』というブログ企画をスタートします。創業24周年の“24”に掛け、マップカメラスタッフ24人が24mm(換算)で撮影した写真ブログを24日間掲載していく本企画。皆同じ24mmでも撮る人が変われば写真も変わる、そういった面白さを感じていただければ幸いです。ぜひお楽しみください! 24mmで ENJOY!SUMMER 夏です。暑いです。これはもうキャンプに行くしかないです。 そんなわけで向かった...
続きを読む
null アナログが熱い夏。 2018年07月20日
デジタルカメラがまだまだ高価だった時代、思い出を残す媒体の主流だったネガフィルム。 ネガフィルムはプリントして楽しむものなので、紙写真で鑑賞したという方、きっと多くいらっしゃると思います。 10年前のヘビーローテーションフィルム「Kodak Ultra Color 400 UC」で撮影した1コマを複写して、軟調に補正した1枚。 紙写真で見ていた画像はハイライトが少々白トビしていたものの、デジタル化して調整を行うと情報が次々と出てきました。 きちんと整備されたレンズと、必要十分な露光...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]