Select Language



【Leica】ライカと行く長野旅行 Part.2

[ Category:Leica|掲載日時:2017年12月23日 12時30分]



SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2+Leica (ライカ) ズミルックス M35mm F1.4 ASPH.

さて、【Leica】ライカと行く長野旅行 Part.1に引き続き、使用機材は
『SONY α7II』と『Leica ズミルックス M35mm F1.4 ASPH.』。
間にフォクトレンダーのクローズフォーカスアダプターを介しての撮影になります。

Part.1では昼間の写真がメインでしたが、今回は夕方~夜の撮影がメイン。
そして、人生で初めて挑戦した星空写真をご紹介いたします!

冒頭の写真は、日が落ちる少し前の写真。
電波塔と建物の隙間から零れる強い日の光がとても美しいです。


SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2+Leica (ライカ) ズミルックス M35mm F1.4 ASPH.

この日宿泊したのは、標高2000m以上もある山の上。
夕焼けを見に外へ出たは良いものの、あまりの寒さにホテルへとんぼ返り…。
ホテルのフロントではウェルカムワインが配られていたので、私たちもありがたくあやかることに。
本レンズの最短撮影距離は70cmと少々長めですが、
クローズフォーカスアダプターのおかげでぐっと被写体に寄ることが出来ました。
ライカのレンズは最短が長いレンズが多いので、このアダプターにはいつも助けられています。

その後、お部屋でお食事をいただいて、いよいよお目当てであるナイトツアーへと向かいます!


SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2+Leica (ライカ) ズミルックス M35mm F1.4 ASPH.

道中、大量の野生のシカに遭遇する面白いイベントがありつつも、
ホテルが出してくれたバスで無事目的地へと到着。

…そしてこれが、私が初めて撮影した星空写真です!
絞りは開放、シャッタースピードは10秒ほど。
まだまだ課題はたくさんあるにせよ、きちんと星空が写っていたことにまず満足。
途中、何度か流れ星を見ることも出来ました。
ちなみに、使用した三脚はManfrottoのbefreeシリーズです。
1.4kgと軽いだけでなく、耐荷重4kgを誇るトラベル三脚。
使い勝手の割にお値段もそれほど高くなく、更におしゃれなケースまで付いています!
旅行の荷物はコンパクトに収めたい…という方にはぜひおすすめしたい三脚です。


SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2+Leica (ライカ) ズミルックス M35mm F1.4 ASPH.

高原にぽつんと佇むホテルを真ん中に据え、もう1枚。
ホテルの明かりを受けて美しい青のグラデーションが出来ました。

…しかし、なんといっても寒い!笑
星空撮影に必要なものは、機材はもちろん防寒が最重要なのかもしれない…と感じた夜でした。


SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2+Leica (ライカ) ズミルックス M35mm F1.4 ASPH.

翌朝。時刻はなんと朝の4時半!
星空撮影の次は、日の出撮影をするために朝早くから外で待機します。
ご覧の通り、日の出を見ようとする方々でテラスはいっぱい。


SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2+Leica (ライカ) ズミルックス M35mm F1.4 ASPH.

太陽が顔を出すと共に、周りからは歓声が。
雲一つない晴天も良いですが、私は断然雲のある空の方が好きです。
雲の形、影、そして太陽に照らされて変わる雲の表情。
そのすべてがとても美しくて、こんなに美しい景色があるのか…と感動してしまいました。


SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2+Leica (ライカ) ズミルックス M35mm F1.4 ASPH.

こちらは先ほどの写真から数十分後の空。
日が完全に顔を出し、空の色もがらっと変わりました。
奥の方の山々も、日に照らされてその形がよりはっきりと見えるようになりました。


SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2+Leica (ライカ) ズミルックス M35mm F1.4 ASPH.

お昼前にはすっかり雲が無くなってしまい、この通り。
名残惜しさを感じつつも、一晩お世話になったホテルを後にします…。


SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2+Leica (ライカ) ズミルックス M35mm F1.4 ASPH.

帰りの道中で、ふらりと立ち寄った諏訪湖。
さらさらと揺れる柳の木が良い感じです。


SONY (ソニー) α7II ボディ ILCE-7M2+Leica (ライカ) ズミルックス M35mm F1.4 ASPH.

1日目は生憎の雨でしたが、2日目・3日目はお天気に恵まれた良い旅でした。
そして、この旅の写真を改めて見返してみて、
やっぱりライカのレンズは良いな…としみじみと思いました。
マニュアルフォーカスゆえにとっさのシャッターチャンスを逃してしまうこともありましたが、
それでもやはり、じっくりとリングを回してピントを合わせている時間は何物にも代えがたいものがあります。

今年ももう残すところ約1週間。
Part.1でも書きましたが、今年は本当に色々なところに行きました。
来年の目標は、海外旅行に行くことです!
その際には、またライカのレンズと一緒に出掛けたいものです。









〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2017年12月23日 12時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【24人の24mm】ZEROの愉しみ。SONY RX0 2018年07月21日
ZEROの愉しみ。SONY RX0 SONY RX0のリリースを見たとき、このカメラに異様な違和感を覚えた。 アクションカムでもなく、コンパクトカメラでもないスタイリングと性能。 実際に手に取ってみると各ボタンはとても小さく押しにくい。 ブロック状のカメラは、持ちにくいし写真を確認する液晶モニターは お世辞にも見やすいとは言えない。 しかし強烈なインパクトは頭から離れない。そのカメラを街の中に持ちだしてみた。 まずは、一枚。小さい画面を覗きこみながら撮影する...
続きを読む
Nikon COOLPIX P900 【Nikon】旅のお供にNikon P900 2018年07月21日
 ついにP900の後継機種COOLPIX P1000が海外で発表されました。  P900が24-2000mm相当の光学83倍ズームレンズであったのに対し、P1000は24-3000mm相当の光学125倍ズームレンズとさらに倍率を上げ、競合する相手のいないまさしくモンスターマシンといえるデジタルカメラです。倍率以外ではホットシューが追加され、より高解像度にパワーアップした電子ビューファインダーになったのも大きな変化でしょう。  国内発表はまだですが、そう遠くないうちに日本のニコンもP1000の発表をしてくれると思いま...
続きを読む
null 【BLACK TAG】写真家・小林幹幸氏監修『TYPE208』 2018年07月20日
    プロ写真家のニーズに答えた商品を展開するマップカメラオリジナルブランド「BLACK TAG」に写真家・小林幹幸氏が自らデザインしたトートバッグ『メッセージキャンバストートバッグ TYPE208』が出来上がりました。 カラーはマリンブルーとカーキグリーンの2色。今までブラックを基調に展開していましたが小林氏の要望からシリーズ初のカラー商品になります。   小林幹幸氏が提唱するテーマが裏表にプリントされています。 「カメラと友人に」の意で「CAMERA & FRIE...
続きを読む
null 【24人の24mm】 24mmでENJOY!SUMMER 2018年07月20日
遂にマップカメラ創業祭がはじまりました!それに合わせまして、本日より『24人の24mm』というブログ企画をスタートします。創業24周年の“24”に掛け、マップカメラスタッフ24人が24mm(換算)で撮影した写真ブログを24日間掲載していく本企画。皆同じ24mmでも撮る人が変われば写真も変わる、そういった面白さを感じていただければ幸いです。ぜひお楽しみください! 24mmで ENJOY!SUMMER 夏です。暑いです。これはもうキャンプに行くしかないです。 そんなわけで向かった...
続きを読む
null アナログが熱い夏。 2018年07月20日
デジタルカメラがまだまだ高価だった時代、思い出を残す媒体の主流だったネガフィルム。 ネガフィルムはプリントして楽しむものなので、紙写真で鑑賞したという方、きっと多くいらっしゃると思います。 10年前のヘビーローテーションフィルム「Kodak Ultra Color 400 UC」で撮影した1コマを複写して、軟調に補正した1枚。 紙写真で見ていた画像はハイライトが少々白トビしていたものの、デジタル化して調整を行うと情報が次々と出てきました。 きちんと整備されたレンズと、必要十分な露光...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]