Select Language

シェア “したい” 写真

[ Category: FUJIFILM|掲載日時:2018年02月23日 12時10分]

FUJIFILM (フジフイルム) X-T20 + フジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS   FUJIFILM (フジフイルム) X-T20 + フジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS


気軽に写真を撮影したくて、スクエア写真に挑戦してみました。

昔のデジタルカメラでは選択できなかったアスペクト比 1:1。
それが今では多くのカメラで採用され、気軽に撮影することができる。

私はあまり馴染みがなかったけれど、撮影をしているとドンドンと次が撮りたくなるのが不思議で仕方がない。

FUJIFILM (フジフイルム) X-T20 + フジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS   FUJIFILM (フジフイルム) X-T20 + フジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS


35mm(フルサイズ、アスペクト比 3:2)で撮影するのとは感覚が違うのもまた新鮮で面白い。
またそれが新しい表現を手に入れることなんだろう。

スマホでも簡単に撮影できるけど、立体感が出るデジタル一眼カメラには到底叶わない。

FUJIFILM (フジフイルム) X-T20 + フジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS   FUJIFILM (フジフイルム) X-T20 + フジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS


そこがスマホにはないデジタルカメラのいいところだと思う。
数年前からWi-Fiも搭載している機種も多いこともあり、撮影した画像を簡単にスマホなどの端末に転送できる。
好きなアプリで編集してより自分好みにするのも楽しいに違いない。
その相互性が使う側としては心地よい。


スクエアで撮影して気づいたこと。
それは主題を引き立たせたいときに使うと、驚くほどしっかり答えてくれる。

FUJIFILM (フジフイルム) X-T20 + フジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS   FUJIFILM (フジフイルム) X-T20 + フジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS


ジャマな部分をそぎ落とされた写真。
シンプルでありながら、しっかりと主張もしてくれる。

FUJIFILM (フジフイルム) X-T20 + フジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS   FUJIFILM (フジフイルム) X-T20 + フジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS


どのフォーマットがいいとかそう言うことではないけれど、普段使わない、新しいことに挑戦するのはとても楽しい。

このブログをご覧になっている方で35mm(フルサイズ、アスペクト比 3:2)や、いつも同じ設定比率でしか撮影したことがない方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そんな方にこそ、正方形の世界に足を踏み入れてみていただきたい!
きっと自分の中の写真表現の幅が広がるはずです。

FUJIFILM (フジフイルム) X-T20 + フジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS   FUJIFILM (フジフイルム) X-T20 + フジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS


FUJIFILM (フジフイルム) X-T20 + フジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS   FUJIFILM (フジフイルム) X-T20 + フジノン XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS






〓〓タイムズフォト〓〓 〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category: FUJIFILM|掲載日時:2018年02月23日 12時10分]

面白いと思ったらコチラをClick!41票


HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR

【PENTAX】「HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR」速報レポート![2020年01月23日]

本日、1月23日に発表された、35mmフルサイズ判センサー対応の望遠ズームレンズ、 ペンタックス『HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR』。 発表当日の今日、縁あってほんの数分ながら実機に触れる機会がありましたので、 そのファーストインプレッションを皆様にお届けいたします! 何といっても特筆すべきはその軽量小型な出で立ち。 開放F値2.8の望遠ズームレンズ「HD D FA★ 70-200mm ...
続きを読む
Canon EOS 5D Mark IV+SuperTakumar 50mm f1.4

【M42】スーパータクマー 50mm F1.4の魅力【PENTAX】[2020年01月23日]

今回はスーパータクマー50mm F1.4のレンズを使用し、撮影した写真をご紹介します。 使用カメラはCanon EOS 5D Mark IVです。 この日は、よく撮らせてもらっている友人と袴撮影をしました。 豪快なフレア・ゴーストを撮影できるのが大きな特徴のひとつです。 Canon EOS 5D Mark IV+SuperTakumar 50mm f1.4 Canon EOS 5D Mark IV+SuperTakumar 50mm f1.4 あえて逆光で撮影をし...
続きを読む
null

【街で見つけた形にフォーカス】ミラーレスで行くさんぽみち~成田参道~ 【Nikon】[2020年01月22日]

先日、久しぶりに成田参道を成田山に向かってぶらぶらと散歩に出かけてみました。 今回のお供はNikon Z50 16-50kitです。 この組み合わせのコンパクトさは素晴らしいと思います。 手元に構えても大きさがまったく気にならない。 グリップのホールディングの良さは歴代のニコンの機体から受け継がれたものを感じられます。 さて、1月の土・日曜日といえば成田の街中は人混みですごいイメー...
続きを読む
null

【Nikon】元祖Ai-S Nikkor 58mm F1.2 Noct × 最新NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct の外観を比べてみまし...[2020年01月22日]

昨日より連載しております「NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct」企画。 本日は歳の差 なんと約42歳! 『新旧 Noctノクト』を最新のNikon Z7に装着し、外観をじっくり比較してみたいと思います。 まずは元祖Noctのプロフィールからご紹介。 このレンズの誇るべきポイントは3つ。 1.サジタルコマフレアを開放から補正 2.6群7枚の変形ガウスタイプレンズ構成 3.線が細...
続きを読む
NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct

【Nikon】幻の銘玉 NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct で開放一本勝負!【カメラを愉しむ vol.9】[2020年01月22日]

受注生産モデルの新生Noct「Nikon NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct」 実はこのレンズ、100万円を超える価格帯ながら予約殺到によりメーカーでのご予約を一時休止している希少品! 前回は外観をじっくり観察しましたが、今回はなんと『開放 F0.95』だけで撮影した作例を一挙ご紹介。 開放でも『ピント部の驚くべき立体感』 逆光では『太陽の暖かさを感じるボケ味』 それでは写真をご覧ください...
続きを読む