【Nikon】新世代の本格ズーム FX70-200mm~新生活にスパイス~ | THE MAP TIMES 
Select Language



【Nikon】新世代の本格ズーム FX70-200mm~新生活にスパイス~

[ Category:Nikon|掲載日時:2018年03月28日 10時30分]


日常にスパイス 04

AF-S 70-200mm F2.8E FL ED VR
新世代望遠ズームで、新生活にスパイス
不安定な気候が続く2018年。
それでも春はやってきます。

春の訪れを感じさせるものは様々ありますが、
中でも「桜」は、春の代名詞とも言えます。
日本における始まりと別れに季節に寄り添う花。
今日は、そんな季節的にもぴったりな桜を、

AF-S 70-200mm F2.8E FL ED VRで撮影してきました。

AF-S 70-200mm F2.8E FL ED VR


道路沿いに広がる桜並木。
昼ごろに合わせて撮影に出かけましたが、
日も暖かく、穏やかな春の陽気と言ったおもむきです。

桜を撮影するにはうってつけのピーカンです。

AF-S 70-200mm F2.8E FL ED VR


道路に沿って川も流れていました。
あえてF2.8まで開けて撮影。
開放でここまで使えてしまいます。
このレンズならきっと満足で些細な描写!

AF-S 70-200mm F2.8E FL ED VR

並木の間で、ふと空を見上げます。
満開ではないようですが、
桜と青空のコントラストが儚くも鮮やかに見えます。

AF-S 70-200mm F2.8E FL ED VR


こういう機械的な被写体は
ディテールの描写力を把握するのに役立ちます。
しかし、この表現力です。
枝を垂れる桜の質感から、パイプの金属の様子まで、
克明に写し取ってくれています。

AF-S 70-200mm F2.8E FL ED VR


最短撮影距離は1.1mなので、
こういったマクロ撮影的な使い方もできます。
焦点距離の数字を見て敬遠してしまう方もいるかもしれませんが、
個人的には非常に汎用性に富んだレンズと言えます。

AF-S 70-200mm F2.8E FL ED VR


周囲を散策している時に撮った一枚。
これは椿?それとも山茶花?
花には詳しくありませんが、なんとも引き込まれる雰囲気です。
ピント部は非常に繊細に被写体を描写しながら、
ボケは非常になだらかです。

AF-S 70-200mm F2.8E FL ED VR


斜陽の逆光からパシャリ。
ひとえに晴天時に行う撮影といっても、
日が傾くだけでその雰囲気はまるで変わるものです。
さっきまで清々しかった桜も、
なんだかそっとこちらに語りかけてくるような
儚さが伴ってきます。
当然このレンズもナノクリスタルコートを採用しています。
逆光のような不利の条件であっても、
それで質感の描写力を失うようなことはありません。

AF-S 70-200mm F2.8E FL ED VR


最後はスナップ的に道路標識を。
文字や絵を写真で撮影すると、
写真が説明的になりがちなので、
普段はあまり行わないのですが、
描写力の高さが楽しく、
普段とちがう撮影さえも積極的になってしまいます。
一部にしかピントがあってないこの写真でも、
ボケによって画面が破綻している印象は決してありません。

いかがでしょうか。
今回このレンズを持ち出してまず初めに感じたことは、
旧タイプのAF-S 70-200mm F2.8G ED VRIIと比較して
とても軽く感じるということです。
といっても、新型との違いはわずか110g程度のはずですが、
たかが110g、されど110gといったところでしょう。
少なくとも、旧タイプを愛用していた方ならその違いを感じるはず。
実際、私はそうでした。
旧タイプ自体の性能も非常に高かったこともあり、
買い替えをまだためらわれている方もいると思います。
しかし、このレンズは素晴らしい。
一度でも試せば、あなたもこの描写の虜になると思います。
新しい70-200を買って、この春から始まる新年度に、
華をそえてみませんか?



▼今回使用したカメラとレンズはこちら▼











〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Nikon|掲載日時:2018年03月28日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Canon】R Playing  vol.04 【Canon】R Playing vol.04 2019年01月16日
f/1.8 シャッタースピード 1/640 ISO感度 100 今回はプライベートでも最も愛用している画角、 中望遠の「EF 85mm F1.8 USM」です。 レンズ構成:7群9枚 (絞り羽根:8枚) 最短撮影距離:0.85m(最大撮影倍率:0.13) フィルター径:58mm  重量:約425g 1992年生まれなので27歳。 今でも現行で発売、人気が衰えている印象は見受けません。 持ってみるととにかく軽い。 ピントリングは軽めですがマニュアルフォーカスはやり易いです。 毎回自然溢れる場所に足が向かいがちなので シテ...
続きを読む
日常にスパイス09 【Nikon】大口径望遠単焦点で日常にスパイス 2019年01月16日
日常にスパイス 09 最近、加速度的に、時間が早く経過していくように感じます。 「あぁ、2018年ももうすぐ終わりだなぁ」なんて考えていたら、 いつの間にか、年が明けてすでに2週間も経過してしまいました。 昨年は、Z7,Z6が発売し、AF-S 500mm F5.6E PF ED VRや、各種Zマウント用レンズなど、 Nikonを愛してやまない私にとっては、そのNikonを存分に堪能できた一年でした。 その上で、新たに今年の抱負も設けるとすれば、「もっとNikonを知り尽くす」です。 「昨年とそんなに変わらな...
続きを読む
null 新しいフォトコンテスト始まりました! 2019年01月16日
いつもマップタイムズをご覧いただきありがとうございます。 EVERYBODY×PHOTOGRAPHER.com(エビフォト)のフォトコンテスト情報をお届けします! 週替わりフォトコンテスト「動物」フォトコンテスト 1/16(水)~1/23(水)の期間中に投稿された動物写真作品が対象です! 何回でもご投稿OKです!奮ってご参加ください! 他のフォトコンテストへの同時投稿でW授賞のチャンス! 動物写真作品を投稿するだけ! 今ならW受賞のチャンス 同時開催...
続きを読む
【OLYMPUS】フィルムからミラーレスへ 【OLYMPUS】フィルムからミラーレスへ 2019年01月16日
『OLYMPUS PEN-F』 私がマップカメラで働き始めてから、初めて買ったカメラです。 フィルム時代からのフォルムをそのまま再現しており、フィルムカメラに憧れがあるが難易度が高いと考えていた私は一目惚れしました。 実際に使ってみると簡単な操作性と高スペックが揃っております。 焦点距離:25mm 絞り:F2 シャッタースピード:1/160秒 ISO:200 OLYMPUS公式ホームページにはこんな一文があります。『聞こえていた音、空気感までもが写真に残る。そんな写真を撮る楽しさを提供できるカメラを...
続きを読む
M-Eが良い。 【Leica】M‐Eが良い。 2019年01月15日
今回私が興味を持ったライカは、M-E 中身はM9と同じです。 違いはUSBケーブルの差し込み端子がない事と、 フレームセレクトレバーがないこと。 そして、独特なグレーのペイント。 このペイントが非常に良く、 光の加減で、青みがかったり、緑がかったり深みのある色です。 そして、使い込んでいくと、よく擦れる場所や、ぶつけた部分が剥げ真鍮の金色が覗いてきます。 長く使っていきたいカメラです。 早速持ち出して撮影へ 慣れない運転に苦心し、久々に訪れた相模湖。 寒い。そして既に...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]