【Nikon】新世代の本格ズーム FX70-200mm~新生活にスパイス~ | THE MAP TIMES 
Select Language



【Nikon】新世代の本格ズーム FX70-200mm~新生活にスパイス~

[ Category:Nikon|掲載日時:2018年03月28日 10時30分]


日常にスパイス 04

AF-S 70-200mm F2.8E FL ED VR
新世代望遠ズームで、新生活にスパイス
不安定な気候が続く2018年。
それでも春はやってきます。

春の訪れを感じさせるものは様々ありますが、
中でも「桜」は、春の代名詞とも言えます。
日本における始まりと別れに季節に寄り添う花。
今日は、そんな季節的にもぴったりな桜を、

AF-S 70-200mm F2.8E FL ED VRで撮影してきました。

AF-S 70-200mm F2.8E FL ED VR


道路沿いに広がる桜並木。
昼ごろに合わせて撮影に出かけましたが、
日も暖かく、穏やかな春の陽気と言ったおもむきです。

桜を撮影するにはうってつけのピーカンです。

AF-S 70-200mm F2.8E FL ED VR


道路に沿って川も流れていました。
あえてF2.8まで開けて撮影。
開放でここまで使えてしまいます。
このレンズならきっと満足で些細な描写!

AF-S 70-200mm F2.8E FL ED VR

並木の間で、ふと空を見上げます。
満開ではないようですが、
桜と青空のコントラストが儚くも鮮やかに見えます。

AF-S 70-200mm F2.8E FL ED VR


こういう機械的な被写体は
ディテールの描写力を把握するのに役立ちます。
しかし、この表現力です。
枝を垂れる桜の質感から、パイプの金属の様子まで、
克明に写し取ってくれています。

AF-S 70-200mm F2.8E FL ED VR


最短撮影距離は1.1mなので、
こういったマクロ撮影的な使い方もできます。
焦点距離の数字を見て敬遠してしまう方もいるかもしれませんが、
個人的には非常に汎用性に富んだレンズと言えます。

AF-S 70-200mm F2.8E FL ED VR


周囲を散策している時に撮った一枚。
これは椿?それとも山茶花?
花には詳しくありませんが、なんとも引き込まれる雰囲気です。
ピント部は非常に繊細に被写体を描写しながら、
ボケは非常になだらかです。

AF-S 70-200mm F2.8E FL ED VR


斜陽の逆光からパシャリ。
ひとえに晴天時に行う撮影といっても、
日が傾くだけでその雰囲気はまるで変わるものです。
さっきまで清々しかった桜も、
なんだかそっとこちらに語りかけてくるような
儚さが伴ってきます。
当然このレンズもナノクリスタルコートを採用しています。
逆光のような不利の条件であっても、
それで質感の描写力を失うようなことはありません。

AF-S 70-200mm F2.8E FL ED VR


最後はスナップ的に道路標識を。
文字や絵を写真で撮影すると、
写真が説明的になりがちなので、
普段はあまり行わないのですが、
描写力の高さが楽しく、
普段とちがう撮影さえも積極的になってしまいます。
一部にしかピントがあってないこの写真でも、
ボケによって画面が破綻している印象は決してありません。

いかがでしょうか。
今回このレンズを持ち出してまず初めに感じたことは、
旧タイプのAF-S 70-200mm F2.8G ED VRIIと比較して
とても軽く感じるということです。
といっても、新型との違いはわずか110g程度のはずですが、
たかが110g、されど110gといったところでしょう。
少なくとも、旧タイプを愛用していた方ならその違いを感じるはず。
実際、私はそうでした。
旧タイプ自体の性能も非常に高かったこともあり、
買い替えをまだためらわれている方もいると思います。
しかし、このレンズは素晴らしい。
一度でも試せば、あなたもこの描写の虜になると思います。
新しい70-200を買って、この春から始まる新年度に、
華をそえてみませんか?



▼今回使用したカメラとレンズはこちら▼











〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Nikon|掲載日時:2018年03月28日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

COOLPIX P1000の"3000mm"の世界 【Nikon】 COOLPIX P1000の"3000mm"の世界 2018年10月21日
2018年9月14日についに発売された世界最高の光学125倍ズームを実現 したコンパクトデジタルカメラ『Nikon COOLPIX P1000』を購入いたしました。 重量約1415g、サイズ的もD850と変わりないので、何を持ってコンパクト を名乗るのかというところではありますが、その性能は3年前に発売した P900の最大2000mmを上回る3000mmの世界を映すことができる怪物マシンです。 このカメラは3年間の間、光学83倍ズームという大台を抜かれることがなかった (並んだカメラは海外では出ていましたが)『P900』...
続きを読む
【OLYMPUS】小さな獅子、孤高の青 【OLYMPUS】小さな獅子、孤高の青 2018年10月20日
■小さな獅子、孤高の青■ 気づけば秋風吹く季節。紅葉深まる今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。 小さい頃より野球好きな筆者は、プロ野球のクライマックスシリーズが何より気になります。平成も同じくクライマックスにさしかかろうとする中、圧倒的強さを誇る赤ヘル軍団、パ・リーグの黄色い若鷹軍団が見せる底力など、見どころ沢山です。 となると、自ずと絞られてくる一番気になる存在。誇り高き孤高の青、皆様もうお気づきでしょう。 走・攻・守、理想的バランスの布陣を敷く、あの存在。 ...
続きを読む
null 秋の旅フォトコンテスト 開催のお知らせ 2018年10月19日
いつもマップタイムズをご覧いただきありがとうございます。 EVERYBODY×PHOTOGRAPHER.com(エビフォト)のフォトコンテスト情報をお届けします! 秋の旅フォトコンテスト 「日本旅vs海外旅」 国内外問わず、みなさまの写真をお待ちしております!何回でもご投稿OKです!奮ってご参加ください! ↓参加方法はこちら!↓ 機材等の設定をして「保存」ボタンを押せば投稿完了です! 賞品は、マップカメラにてカメラ機材のご購入に使える「シュッピ...
続きを読む
写真展のご案内 〜 谷根千ぎゃらりーKnulp 第60回公募展 『とり vol.3 Art Exhibition~The BIRD~』 写真展のご案内 〜 谷根千ぎゃらりーKnulp 第60回公募展 『とり vol.3 Art Exhibition~The BIRD~』 2018年10月19日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 谷根千ぎゃらりーKnulp 第60回公募展 - 『とり vol.3 Art Exhibition~The BIRD~』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
【GoPro】カメラと旅を。Ⅱ 【GoPro】カメラと旅を。Ⅱ 2018年10月18日
9月27日にGoPro HERO7が発売されました。 アクションカメラの最先端とも呼ばれるGoPro 本日は私が所持しているGoProHERO6の魅力を微力ながらお伝えできたらと思います。 海が好きな筆者は海中世界を写真に残したいと水中カメラを探しておりました。今までは予算低めで出来るだけダイビングの荷物にならないよう、防水性のコンパクトデジタルカメラを使用していました。 しかし、画質があまり良くない。 そんな時知ったのがGoPro。 今まで使っていのとは桁違いにコンパクトで軽量、高画質、手...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]