【Go! GW!】マップカメラスタッフのカメラバッグの中身大公開! Vol.8 | THE MAP TIMES 
Select Language



【Go! GW!】マップカメラスタッフのカメラバッグの中身大公開! Vol.8

[ Category:etc.|掲載日時:2018年05月05日 10時30分]

カメラバッグの中身、見せちゃいます!


ゴールデンウィーク特別企画!「マップカメラスタッフのカメラバッグの中身大公開」
今日は第八弾!同じ部署同士のカメラ好きペアでお送りします。



元々、カメラに興味のなかった私。
マップカメラに来てからあっという間に染まりに染まってしまい
アンティークなものが好きというのもあってローライの2眼レフからカメラデビュー。
今ではすっかり(中古で買ったものですけど)ライカオーナー。

そんな私が愛用しているのが「ONA」というブランドの鞄。
数あるONAのラインナップの中でも特に愛用しているのが「THE Leather Bowery」です。

選んだ理由としては単純に一目惚れでした。
色、レザーの質感、デザイン。自分のカメラを入れるならこれしかないと即購入。
レトロなカメラ=革製品みたいなのが私の中にあるのも大きな理由の一つ。

鞄としての機能は本当に最低限なものです。


私はカメラのボディに1本、付いてるレンズと別の焦点距離を1本という風にボディ+レンズ2本しか基本的に持ち歩かないので
半日くらい外にでたり近所に出かける時には、この鞄で出掛けています。
M型ライカのボディがすっぽり入るのはコラボモデルを出したりとONAがライカを意識して作成しているからかもしれません。

1日がかりで出掛けたり、旅行などの際は一回り大きいモデルのTHE Prince Street
以前にも紹介のあったBillingham ハドレーS キャンバス ブラック/タンを使用しています。
こちらであれば一眼レフユーザーの方でも使用できる大きさになっています。
私の場合は、カメラとレンズは1台+2本から増えないので充電器や小物をいれるのが主な用途です。


私の場合は、機能性よりも趣味が完全に色濃くでてしまっていますが
自分の好きなものに徹底する・・・私なりのコツです。
カメラと共に経年劣化が楽しめる、そんな鞄なので末永く愛用していきたいと思っています。

以下、Leica M(Typ240)とVoigtlander NOCTON Classic 35mm F1.4 VMで撮った写真達です。

Leica M(Typ240) + Voigtlander NOCTON Classic 35mm F1.4 VM

どこか懐かしい写りを見せながらも、綺麗にしっかり撮れる。
解放f1.4でありながらもコンパクトで持ち運びもしやすいのが魅力的!

Leica M(Typ240) + Voigtlander NOCTON Classic 35mm F1.4 VM

NOKTON classicの名の通り、柔らかい描写が好きです。

Leica M(Typ240) + Voigtlander NOCTON Classic 35mm F1.4 VM

先ほどの柔らかい雰囲気とは一転、絞り込めばスッキリとシャープな描写に。

愛用のエルマー50mmを使ったブログも書いています。詳しくはコチラ!





【バッグの中身】



続いてのスタッフのバッグの中身をご紹介!


これまでいくつかのバッグを使ってきましたが、身につけても両腕が空き
なおかつ重量の負荷が均等になるバックパックタイプに落ち着きました。
この「ELECOM off toco Backpack High-Grade Model」はカメラ用のバックパックにありがちな「装備感」がなく
シンプルでフラットな形状なので日常使いでも違和感なく使えます。


普段から持ち歩く機材はボディとレンズ1セットのみ。そしてレンズはほぼ50㎜となります。
基本的に歩きながら目に留まったものを撮影しているので、人の視点と同等の標準レンズがあれば十分です。
撮影に出掛けるときは暗くなるまで歩き周りますが、明るい単焦点レンズであれば暗いところでも問題になりません。

カメラ以外にはブロアー、クリーニングペーパー、NDフィルター
小物を入れるポーチ(ギターケースから分離したもの)、小説、ウォークマンを常に入れています。


日常的にリュックを使うとなると、例えば財布を出し入れするためにいちいちリュックを下ろすなんてことは避けたいところです。
この off toco はサイドが大きく開き、取っ手も十分手が届く位置にあるので背負いながらでも物の出し入れが容易にできます。
さらに正面右側に付いているベルトで小型の三脚を固定することができるなどカメラバッグとして十分な機能が備わっています。

なお、本来は中にインナークッションが入っているのですが、上記の理由のために取って使用しています。


表面には防水コーティングが施されているので少し濡れる程度なら大丈夫ですが
下部に収納されているカバーを被せれば突然の豪雨に遭っても安心です。

Nikon D800E + Ai AF Nikkor 50mm F1.4D

Nikon D800E + Nikon Ai AF Nikkor 50mm F1.4D

人を撮るよりも物を撮るほうが好きです。そしてほとんどがモノクロ。
「世界はかたちと光と影でできている」
という小説の一説をそのまま座右の銘とし、純粋に「かたち」として美しいと思った物をモノクロで撮っています。

レタッチすることを前提としているので機材は多少古くても気にしていません。
レンズはあえて最新型ではなく、サイズ、機能、描写がちょうどいいDタイプやマニュアルのAiレンズを使っています。

Nikon D800E + Ai AF Nikkor 50mm F1.4D

人を撮るのは苦手ですが、猫を撮るのは好きです。
フィルムから写真を始めたからか、フィルムの粒子には強い思い入れがあります。
最近、とあるモノクロ専用ソフトがフリーでダウンロードできるようになったと知って早速取り入れています。
往年のフィルムの粒子をつけられるので(正直違いをわかっているわけではないですが…)重宝しています。


バックパックタイプは何といっても体と一体化して身動きが楽です。
歩き回りたくなるこの季節、撮影に集中するために体への負担を最小限に抑えるならバックパックをお勧めします。



【バッグの中身】



明日でGWも最終日!最後はどんなバッグが出てくるでしょうか、お楽しみに!
バックナンバーは下記バナーから!


〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:etc.|掲載日時:2018年05月05日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 2018年12月10日
SONY α7III + CarlZeiss Batis 40mm F2 CF F2 1/40 ISO-200 SONY α7III + CarlZeiss Batis 135mm F2.8 F2.8 1/200 ISO-8000 先月発売したばかりで注目を浴びている「Batis 40mm F2 CF」 ポートレートによく使われる「Batis 135mm F2.8」 この2本を使用してポートーレート作例を撮影してきました。 冬のポートレートらしく、イルミネーション背景をメインとして撮影してきましたが、そのボケ具合はどのようにして表現されるのでしょうか。 今回使用したカメラは全てSONY α7IIIです。 ...
続きを読む
null 【Leica】晴れのちLeica Q Vol1 2018年12月09日
晴れのちLeica Q Vol1 【Leica Q】からみえる 晴れのち、の世界。 秋も色づき、少し肌寒くなりました。 使用カメラは【Leica Q】となります。 光の臨場感。 目に留まった物の質感。 風景の空気感。 やわらかいボケ具合とやさしい色合いを表現してくれます。 夕焼けのグラデーション。 夜の神社。 暗がりの落ち葉。 高感度に頼りきりでも、しっかり解像した画づくりをしてくれます。 ...
続きを読む
null 【PENTAX】inお台場 2018年12月08日
先日、お台場へライブを観に行きました。せっかくなので愛機で道中を撮影してきました。 新橋駅からゆりかもめに乗車。 橋を渡る前に高低差を解消するためのループポイントがあり、結構なアールを描くカーブやちょっとした勾配あるのでアトラクションに乗った気分になります。ライブに行くテンションと相まってとても楽しかったです。 普段みない建物をみるととても新鮮な気分になります。 海を眺めながらライブ前に体を軽くほぐし、テンションがあがっていきます。 こ...
続きを読む
【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 2018年12月07日
OLYMPUS OM-D E-M10 + M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 アートフィルター:ポップアートI 絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:200 カレンダーが示す「師走」の文字。紅葉が幻だったように、街中に溢れる人口光。 無機質なものが多くなりますが被写体に事欠かないこの季節、私は大好きです。 この季節、何気なく撮っていると熱中してしまうのがイルミネーション。 イルミネーションの撮影時、玉ボケを副題にした写真を撮ることが私の日課。 映画のワンシーンのような表現ができる面白い...
続きを読む
Canon EOS 5D MarkⅣ+EF 85mm F1.4L IS USM Canon EF85mm F1.4L IS USM で見る今日この頃 2018年12月06日
こんにちは。12月に入り、空気がすっかり冷え込むようになりました。通勤等で目にする景色も日々変化しているのを感じます。 今回はこの頃、Canon EF 85mm F1.4L IS USMをファインダーを通して見たものをご紹介させていただきます。 この時期、やさしい日差しを浴びながら撮影するのは気持ちよいのですが、咲いている花が少ないのが残念です。 しかし、このような被写体を強調するタイプのレンズは背景をぼかしてくれるので 実際の光景よりも格好よく写し込むことが可能です。 背景を美しく...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]