【Go! GW!】マップカメラスタッフのカメラバッグの中身大公開! Vol.8 » デジタルカメラ、交換レンズの通販・買取ならマップカメラ。新品から中古まで、様々なカメラ関連商品の販売・下取見積をご提供しております。 
Select Language



【Go! GW!】マップカメラスタッフのカメラバッグの中身大公開! Vol.8

[ Category:etc.|掲載日時:2018年05月05日 10時30分]

カメラバッグの中身、見せちゃいます!


ゴールデンウィーク特別企画!「マップカメラスタッフのカメラバッグの中身大公開」
今日は第八弾!同じ部署同士のカメラ好きペアでお送りします。



元々、カメラに興味のなかった私。
マップカメラに来てからあっという間に染まりに染まってしまい
アンティークなものが好きというのもあってローライの2眼レフからカメラデビュー。
今ではすっかり(中古で買ったものですけど)ライカオーナー。

そんな私が愛用しているのが「ONA」というブランドの鞄。
数あるONAのラインナップの中でも特に愛用しているのが「THE Leather Bowery」です。

選んだ理由としては単純に一目惚れでした。
色、レザーの質感、デザイン。自分のカメラを入れるならこれしかないと即購入。
レトロなカメラ=革製品みたいなのが私の中にあるのも大きな理由の一つ。

鞄としての機能は本当に最低限なものです。


私はカメラのボディに1本、付いてるレンズと別の焦点距離を1本という風にボディ+レンズ2本しか基本的に持ち歩かないので
半日くらい外にでたり近所に出かける時には、この鞄で出掛けています。
M型ライカのボディがすっぽり入るのはコラボモデルを出したりとONAがライカを意識して作成しているからかもしれません。

1日がかりで出掛けたり、旅行などの際は一回り大きいモデルのTHE Prince Street
以前にも紹介のあったBillingham ハドレーS キャンバス ブラック/タンを使用しています。
こちらであれば一眼レフユーザーの方でも使用できる大きさになっています。
私の場合は、カメラとレンズは1台+2本から増えないので充電器や小物をいれるのが主な用途です。


私の場合は、機能性よりも趣味が完全に色濃くでてしまっていますが
自分の好きなものに徹底する・・・私なりのコツです。
カメラと共に経年劣化が楽しめる、そんな鞄なので末永く愛用していきたいと思っています。

以下、Leica M(Typ240)とVoigtlander NOCTON Classic 35mm F1.4 VMで撮った写真達です。

Leica M(Typ240) + Voigtlander NOCTON Classic 35mm F1.4 VM

どこか懐かしい写りを見せながらも、綺麗にしっかり撮れる。
解放f1.4でありながらもコンパクトで持ち運びもしやすいのが魅力的!

Leica M(Typ240) + Voigtlander NOCTON Classic 35mm F1.4 VM

NOKTON classicの名の通り、柔らかい描写が好きです。

Leica M(Typ240) + Voigtlander NOCTON Classic 35mm F1.4 VM

先ほどの柔らかい雰囲気とは一転、絞り込めばスッキリとシャープな描写に。

愛用のエルマー50mmを使ったブログも書いています。詳しくはコチラ!





【バッグの中身】



続いてのスタッフのバッグの中身をご紹介!


これまでいくつかのバッグを使ってきましたが、身につけても両腕が空き
なおかつ重量の負荷が均等になるバックパックタイプに落ち着きました。
この「ELECOM off toco Backpack High-Grade Model」はカメラ用のバックパックにありがちな「装備感」がなく
シンプルでフラットな形状なので日常使いでも違和感なく使えます。


普段から持ち歩く機材はボディとレンズ1セットのみ。そしてレンズはほぼ50㎜となります。
基本的に歩きながら目に留まったものを撮影しているので、人の視点と同等の標準レンズがあれば十分です。
撮影に出掛けるときは暗くなるまで歩き周りますが、明るい単焦点レンズであれば暗いところでも問題になりません。

カメラ以外にはブロアー、クリーニングペーパー、NDフィルター
小物を入れるポーチ(ギターケースから分離したもの)、小説、ウォークマンを常に入れています。


日常的にリュックを使うとなると、例えば財布を出し入れするためにいちいちリュックを下ろすなんてことは避けたいところです。
この off toco はサイドが大きく開き、取っ手も十分手が届く位置にあるので背負いながらでも物の出し入れが容易にできます。
さらに正面右側に付いているベルトで小型の三脚を固定することができるなどカメラバッグとして十分な機能が備わっています。

なお、本来は中にインナークッションが入っているのですが、上記の理由のために取って使用しています。


表面には防水コーティングが施されているので少し濡れる程度なら大丈夫ですが
下部に収納されているカバーを被せれば突然の豪雨に遭っても安心です。

Nikon D800E + Ai AF Nikkor 50mm F1.4D

Nikon D800E + Nikon Ai AF Nikkor 50mm F1.4D

人を撮るよりも物を撮るほうが好きです。そしてほとんどがモノクロ。
「世界はかたちと光と影でできている」
という小説の一説をそのまま座右の銘とし、純粋に「かたち」として美しいと思った物をモノクロで撮っています。

レタッチすることを前提としているので機材は多少古くても気にしていません。
レンズはあえて最新型ではなく、サイズ、機能、描写がちょうどいいDタイプやマニュアルのAiレンズを使っています。

Nikon D800E + Ai AF Nikkor 50mm F1.4D

人を撮るのは苦手ですが、猫を撮るのは好きです。
フィルムから写真を始めたからか、フィルムの粒子には強い思い入れがあります。
最近、とあるモノクロ専用ソフトがフリーでダウンロードできるようになったと知って早速取り入れています。
往年のフィルムの粒子をつけられるので(正直違いをわかっているわけではないですが…)重宝しています。


バックパックタイプは何といっても体と一体化して身動きが楽です。
歩き回りたくなるこの季節、撮影に集中するために体への負担を最小限に抑えるならバックパックをお勧めします。



【バッグの中身】



明日でGWも最終日!最後はどんなバッグが出てくるでしょうか、お楽しみに!
バックナンバーは下記バナーから!


〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:etc.|掲載日時:2018年05月05日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Rollei】棚からローライ(コマーシャル編) 【Rollei】棚からローライ(コマーシャル編) 2018年05月22日
5月も半ばを過ぎ、良い陽気が続いています。 カメラを持ってのお出かけには、絶好の季節です。 ゴールデンウィークなどの長期休暇ですと撮影も本格的になり、装備も重くなってしまうかもですが、今の時期はもっと気軽にぶらっと出掛けてパシャッと撮るのも楽しいものです。 それもデジタルカメラで何でもかんでもバシャバシャ撮るのではなく、気に入った風景を1枚1枚丁寧に、心に刻むようにフィルムに残してみては… そんな撮影にうってつけなのが、ローライの二眼レフカメラです。 「二眼...
続きを読む
【SONY】少しの非日常 SONY RX100 【SONY】少しの非日常 SONY RX100 2018年05月21日
とある平日。思い立ってプチツーリングに出掛けた。 リアバックにはデイキャンプの道具、腰のケースにRX100を詰めて走り出した。 2時間後、目の前に広がるのは湖と橋。でも、今日はここが目的地ではない。 湖畔の林道を通ってとある場所を目指す。 ここが第一の目的地。崖から滾々と湧水が湧いている。 この日は最高気温が30度近くまで上がっていた。水に手を付けるとひんやりとした流れを感じる。 水筒に水を詰めると、また再び走り出した。 着いたのは本日の目的地。河...
続きを読む
【Leica】M-P(Typ240)チタンセットという誘惑。 【Leica】M-P(Typ240)チタンセットという誘惑。 2018年05月21日
皆様こんにちは。 今回はLeicaのプレミアムモデル「Leica M-P(Typ240) チタンセット」をご紹介! 2016年に世界限定333台で発売された数少ないレアモデル! 通常モデルはカメラボディに真鍮を使っていますが、当モデルはその名の通りチタンを使用! 軽くて頑丈な金属として近年注目を浴びている素材で、通常モデルのM-P(Typ240)よりも90gほど軽量化が図られています。 気になるセット内容は… ・Leica M-P(Typ240) ・ズミクロン M28mm F2 ASPH ・アポズミクロン M50mm F2 ASPH レンズはチタンアル...
続きを読む
null 【RICOH】 GR II 原宿 2018年05月20日
先日ぶらりと原宿に行ってきました。 こんな時は、名スナップシューターRICOH GR IIの出番です。 早速、写真をご紹介。 GRII、本当によく写ります。 ここで、使っていてのお気に入りのポイントベスト4を発表します! その1 レンズ先端から10cmまで寄れるマクロモードがお気に入りです。 カメラひとつでスナップを撮っていると、寄って撮りたくなる時があります。 そんなとき、このマクロモードでクローズアップできると撮影の幅がぐんと広がります。 ...
続きを読む
null 【SONY】 α7RIIIでプロレスの写真を撮る。 2018年05月19日
本日はプロレスの写真撮影に再挑戦する為に「SONY α7RIII + FE 70-300mm F4.5-5.6 G」を携えて格闘技の聖地「後楽園ホール」に再びやって参りました。 今回もリングに最も近い最前列での観戦です。 この日の試合はお昼からのスタートでしたが、第一試合から白熱する闘いが繰り広げられました。 選手達の熱い表情を「FE 70-300mm」が鮮明に捉えてくれます。 「α7RIII + FE 70-300mm」の組み合わせならば最前列からでもリング中央での熱戦をいとも簡単に撮影する事が可能です。 「...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]