Select Language



【Go! GW!】マップカメラスタッフのカメラバッグの中身大公開! Vol.8

[ Category:etc.|掲載日時:2018年05月05日 10時30分]

カメラバッグの中身、見せちゃいます!


ゴールデンウィーク特別企画!「マップカメラスタッフのカメラバッグの中身大公開」
今日は第八弾!同じ部署同士のカメラ好きペアでお送りします。



元々、カメラに興味のなかった私。
マップカメラに来てからあっという間に染まりに染まってしまい
アンティークなものが好きというのもあってローライの2眼レフからカメラデビュー。
今ではすっかり(中古で買ったものですけど)ライカオーナー。

そんな私が愛用しているのが「ONA」というブランドの鞄。
数あるONAのラインナップの中でも特に愛用しているのが「THE Leather Bowery」です。

選んだ理由としては単純に一目惚れでした。
色、レザーの質感、デザイン。自分のカメラを入れるならこれしかないと即購入。
レトロなカメラ=革製品みたいなのが私の中にあるのも大きな理由の一つ。

鞄としての機能は本当に最低限なものです。


私はカメラのボディに1本、付いてるレンズと別の焦点距離を1本という風にボディ+レンズ2本しか基本的に持ち歩かないので
半日くらい外にでたり近所に出かける時には、この鞄で出掛けています。
M型ライカのボディがすっぽり入るのはコラボモデルを出したりとONAがライカを意識して作成しているからかもしれません。

1日がかりで出掛けたり、旅行などの際は一回り大きいモデルのTHE Prince Street
以前にも紹介のあったBillingham ハドレーS キャンバス ブラック/タンを使用しています。
こちらであれば一眼レフユーザーの方でも使用できる大きさになっています。
私の場合は、カメラとレンズは1台+2本から増えないので充電器や小物をいれるのが主な用途です。


私の場合は、機能性よりも趣味が完全に色濃くでてしまっていますが
自分の好きなものに徹底する・・・私なりのコツです。
カメラと共に経年劣化が楽しめる、そんな鞄なので末永く愛用していきたいと思っています。

以下、Leica M(Typ240)とVoigtlander NOCTON Classic 35mm F1.4 VMで撮った写真達です。

Leica M(Typ240) + Voigtlander NOCTON Classic 35mm F1.4 VM

どこか懐かしい写りを見せながらも、綺麗にしっかり撮れる。
解放f1.4でありながらもコンパクトで持ち運びもしやすいのが魅力的!

Leica M(Typ240) + Voigtlander NOCTON Classic 35mm F1.4 VM

NOKTON classicの名の通り、柔らかい描写が好きです。

Leica M(Typ240) + Voigtlander NOCTON Classic 35mm F1.4 VM

先ほどの柔らかい雰囲気とは一転、絞り込めばスッキリとシャープな描写に。

愛用のエルマー50mmを使ったブログも書いています。詳しくはコチラ!





【バッグの中身】



続いてのスタッフのバッグの中身をご紹介!


これまでいくつかのバッグを使ってきましたが、身につけても両腕が空き
なおかつ重量の負荷が均等になるバックパックタイプに落ち着きました。
この「ELECOM off toco Backpack High-Grade Model」はカメラ用のバックパックにありがちな「装備感」がなく
シンプルでフラットな形状なので日常使いでも違和感なく使えます。


普段から持ち歩く機材はボディとレンズ1セットのみ。そしてレンズはほぼ50㎜となります。
基本的に歩きながら目に留まったものを撮影しているので、人の視点と同等の標準レンズがあれば十分です。
撮影に出掛けるときは暗くなるまで歩き周りますが、明るい単焦点レンズであれば暗いところでも問題になりません。

カメラ以外にはブロアー、クリーニングペーパー、NDフィルター
小物を入れるポーチ(ギターケースから分離したもの)、小説、ウォークマンを常に入れています。


日常的にリュックを使うとなると、例えば財布を出し入れするためにいちいちリュックを下ろすなんてことは避けたいところです。
この off toco はサイドが大きく開き、取っ手も十分手が届く位置にあるので背負いながらでも物の出し入れが容易にできます。
さらに正面右側に付いているベルトで小型の三脚を固定することができるなどカメラバッグとして十分な機能が備わっています。

なお、本来は中にインナークッションが入っているのですが、上記の理由のために取って使用しています。


表面には防水コーティングが施されているので少し濡れる程度なら大丈夫ですが
下部に収納されているカバーを被せれば突然の豪雨に遭っても安心です。

Nikon D800E + Ai AF Nikkor 50mm F1.4D

Nikon D800E + Nikon Ai AF Nikkor 50mm F1.4D

人を撮るよりも物を撮るほうが好きです。そしてほとんどがモノクロ。
「世界はかたちと光と影でできている」
という小説の一説をそのまま座右の銘とし、純粋に「かたち」として美しいと思った物をモノクロで撮っています。

レタッチすることを前提としているので機材は多少古くても気にしていません。
レンズはあえて最新型ではなく、サイズ、機能、描写がちょうどいいDタイプやマニュアルのAiレンズを使っています。

Nikon D800E + Ai AF Nikkor 50mm F1.4D

人を撮るのは苦手ですが、猫を撮るのは好きです。
フィルムから写真を始めたからか、フィルムの粒子には強い思い入れがあります。
最近、とあるモノクロ専用ソフトがフリーでダウンロードできるようになったと知って早速取り入れています。
往年のフィルムの粒子をつけられるので(正直違いをわかっているわけではないですが…)重宝しています。


バックパックタイプは何といっても体と一体化して身動きが楽です。
歩き回りたくなるこの季節、撮影に集中するために体への負担を最小限に抑えるならバックパックをお勧めします。



【バッグの中身】



明日でGWも最終日!最後はどんなバッグが出てくるでしょうか、お楽しみに!
バックナンバーは下記バナーから!


〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:etc.|掲載日時:2018年05月05日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【24人の24mm】ZEROの愉しみ。SONY RX0 2018年07月21日
ZEROの愉しみ。SONY RX0 SONY RX0のリリースを見たとき、このカメラに異様な違和感を覚えた。 アクションカムでもなく、コンパクトカメラでもないスタイリングと性能。 実際に手に取ってみると各ボタンはとても小さく押しにくい。 ブロック状のカメラは、持ちにくいし写真を確認する液晶モニターは お世辞にも見やすいとは言えない。 しかし強烈なインパクトは頭から離れない。そのカメラを街の中に持ちだしてみた。 まずは、一枚。小さい画面を覗きこみながら撮影する...
続きを読む
Nikon COOLPIX P900 【Nikon】旅のお供にNikon P900 2018年07月21日
 ついにP900の後継機種COOLPIX P1000が海外で発表されました。  P900が24-2000mm相当の光学83倍ズームレンズであったのに対し、P1000は24-3000mm相当の光学125倍ズームレンズとさらに倍率を上げ、競合する相手のいないまさしくモンスターマシンといえるデジタルカメラです。倍率以外ではホットシューが追加され、より高解像度にパワーアップした電子ビューファインダーになったのも大きな変化でしょう。  国内発表はまだですが、そう遠くないうちに日本のニコンもP1000の発表をしてくれると思いま...
続きを読む
null 【BLACK TAG】写真家・小林幹幸氏監修『TYPE208』 2018年07月20日
    プロ写真家のニーズに答えた商品を展開するマップカメラオリジナルブランド「BLACK TAG」に写真家・小林幹幸氏が自らデザインしたトートバッグ『メッセージキャンバストートバッグ TYPE208』が出来上がりました。 カラーはマリンブルーとカーキグリーンの2色。今までブラックを基調に展開していましたが小林氏の要望からシリーズ初のカラー商品になります。   小林幹幸氏が提唱するテーマが裏表にプリントされています。 「カメラと友人に」の意で「CAMERA & FRIE...
続きを読む
null 【24人の24mm】 24mmでENJOY!SUMMER 2018年07月20日
遂にマップカメラ創業祭がはじまりました!それに合わせまして、本日より『24人の24mm』というブログ企画をスタートします。創業24周年の“24”に掛け、マップカメラスタッフ24人が24mm(換算)で撮影した写真ブログを24日間掲載していく本企画。皆同じ24mmでも撮る人が変われば写真も変わる、そういった面白さを感じていただければ幸いです。ぜひお楽しみください! 24mmで ENJOY!SUMMER 夏です。暑いです。これはもうキャンプに行くしかないです。 そんなわけで向かった...
続きを読む
null アナログが熱い夏。 2018年07月20日
デジタルカメラがまだまだ高価だった時代、思い出を残す媒体の主流だったネガフィルム。 ネガフィルムはプリントして楽しむものなので、紙写真で鑑賞したという方、きっと多くいらっしゃると思います。 10年前のヘビーローテーションフィルム「Kodak Ultra Color 400 UC」で撮影した1コマを複写して、軟調に補正した1枚。 紙写真で見ていた画像はハイライトが少々白トビしていたものの、デジタル化して調整を行うと情報が次々と出てきました。 きちんと整備されたレンズと、必要十分な露光...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]