Select Language



【Leica】SL(Typ601)で撮るライブ in 新宿レッドクロス Vol.1

[ Category:Leica|掲載日時:2018年06月05日 10時30分]



Leica SL(Typ601) + Summilux M24mm F1.4 ASPH

皆様こんにちは!
今までに2回ほど撮らせてもらっている知り合いのバンドのライブがあったので
久しぶりに観に&撮りに行ってきました。

彼女たちの今までのライブ風景はコチラ!

今まではPENTAX K-1で撮っていたのですが、今回はLeica SL(Typ601)にて。
ライブハウスの激しい照明の明滅や基本的に薄暗い環境などでEVFはどう見えるのか…
撮影前はちょっと不安があったのが本音です。ひとまず写真を載せていきます。

Leica SL(Typ601) + APO Summicron M90mm F2 ASPH

ステージの全体写真以外は全て「アポズミクロン M90mm F2 ASPH」を使っています。
最初の1枚のみ「ズミルックス M24mm F1.4 ASPH」です。

メンバーと息を合わせていざ!

Leica SL(Typ601) + APO Summicron M90mm F2 ASPH

こちらはベースの方。
普段はギターを弾いているそうですが、このバンドを組む時にギターが既に決まっていたのでベースにしたんだとか。
ギターも聞いてみたい…。

Leica SL(Typ601) + APO Summicron M90mm F2 ASPH

一眼レフとは違ってEVFは被写体の動きとファインダー上の像のタイムラグが怖いなと思っていたのですが
今回の撮影中にそれが気になった事はほとんどなく、サクサク撮れました。
ヒラヒラとした服の躍動感が良い感じ。

Leica SL(Typ601) + APO Summicron M90mm F2 ASPH

さて、私が某所で飲み始めるキッカケとなったのが彼女です。
とあるお店で働いていて、そこに飲みに行ったのが最初の出会い。

Leica SL(Typ601) + APO Summicron M90mm F2 ASPH

楽器をやる人って体が自然と動くので常に追いかけながら撮っています。
毎回そうですが、私はマニュアルフォーカスのレンズしか使わないので中々骨が折れます。
オートフォーカスのレンズを使えば楽なのはモチロンですが
使いたいと思うレンズが尽くマニュアルフォーカスの設計なので致し方ないです。
使いたいと思う機材で撮る。
撮影はあくまで趣味なので、好きな機材で好きなようにやるというのが大事なポイントです。

Leica SL(Typ601) + APO Summicron M90mm F2 ASPH

相変わらず髪を振り乱して弾くので撮っていて楽しいです。
いかに躍動感ある姿を切り取るか、毎回意識しながら撮っています。

Leica SL(Typ601) + APO Summicron M90mm F2 ASPH

ギターを見ているのか虚空を見ているのか、こういう表情はとても良いです。

ライブ撮影の際はいつも「絞り優先」「AUTO ISO シャッタースピード上限1/250秒」という設定です。
被写体ブレを防ぐためにシャッタースピードを1/250秒以下にしていたのですが
今回のライブハウスはかなり暗めだったので絞り開放(90mmのF2)でもISO感度が上がってしまいました。
やむなくAUTO ISO時のシャッタースピード上限を1/125秒に。
シャッタースピードが遅くなるので被写体ブレが起きてしまいますが
それも躍動感を演出するのに一役買った、と思うことにします。
中々に難しいライブハウスでした。

この日はもう1バンド撮ったので後日載せたいと思います。









大好評!マップカメラの「超低金利ショッピングクレジット」
48回払いまでは金利が0%!ボーナス併用払いも承ります。

私が大好きなLeica SL(Typ601) の新品¥820,80048回払いにすると…
毎月¥17,100のお支払いで手に入れることが出来ます!
憧れのカメラが月々2万円を切った金額で手に入るなんて、素晴らしいです!
ボーナス併用払いにすれば月々の負担は更に軽くなります。
Leica渾身のミラーレスカメラです!要Checkです。

48回払いまで金利が0%!


〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2018年06月05日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 写真展のご案内 〜 写真展『なかののなかの』 2018年06月19日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 写真展 - 『なかののなかの』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
【Voigtlander】梅雨の合間に。 MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical 【Voigtlander】梅雨の合間に。 MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical 2018年06月18日
とある平日の午後。水田の真ん中にいた。 神奈川県開成町にあるあじさいの里。水田に沿って約5000株の紫陽花が植えられている。 水田に沿って進みながら「SONY α7II」と「Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical 」でのんびりとシャッターを切る。 木彫りのカエルが道の脇に置いてある。荒々しい彫りの中に何とも言えない可愛らしさを感じる。 何か所に柄杓が置いてあり紫陽花に水を掛けられるようになっている。通るこども達が楽しそうに用水路から水を...
続きを読む
【NIKON】マイクロレンズを使ってみる。 【NIKON】マイクロレンズを使ってみる。 2018年06月17日
ニコンDXフォーマットのデジタル一眼レフカメラ専用レンズ 『AF-S DX Micro NIKKOR 40mm F2.8G』を紹介いたします。 寸法 :約 68.5mm(最大径)×64.5mm(レンズマウント基準面からレンズ先端まで) 質量 :約 235g と、非常にコンパクトサイズなマイクロレンズ。 片手で軽く持つことができるサイズと重量です。 今回このレンズを『Nikon D7100』に付けて撮影してみました。 花や グッと近づいた撮影はもちろんですが 花などの小さい被写体を大きく写すだけではなく 単焦点のレン...
続きを読む
null 好きな物を写真に撮ろう。 2018年06月16日
Kasyapa for Leica : Elmarit-C 40mm F2.8 好きなのはカメラだけじゃない! 今回は筆者がKasyapaにて撮影したクルマ・バイクの写真だけを集めてみました。Kasyapaに掲載していないカットも含め、お届けしたいと思います。 まずは『レクサス LFA』世界限定500台・国内割り当て200台のスーパースポーツカー。ちなみにお値段は3750万円!(発売時)    Kasyapa : FUJIFILM FUJINON XF 16mm F1.4 R WR (Kasyapa非掲載) 『ランチア HFインテグラーレ』 最...
続きを読む
【PENTAX】軽量一眼レフPENTAX KPでスナップ撮影 【PENTAX】軽量一眼レフPENTAX KPでスナップ撮影 2018年06月15日
【軽量一眼レフでスナップ撮影】 撮影に出かける際は大体10km程歩き回る私にとってカメラは軽いことが重要です。 KP本体は約700g、パンケーキレンズのHD DA21mm F3.2AL Limitedが約134gと合わせても1kgを切る軽量です。 今回はこの組み合わせで御徒町~秋葉原周辺を散策しました。 F5.6 1/200秒 ISO100 駅を降りてすぐにバランスよくカラスが鉄柱にとまっていたので撮影。 KPの正面のダイヤルはCONTAX G2を想起させる配置で勝手がよく撮影がスムーズに行えました。 F8 1/200秒 ISO100 28mm...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]