MAP TIMES | マップカメラのカメラ情報ブログ  
Select Language



【Leica】SL(Typ601)で撮るライブ in 新宿レッドクロス Vol.1

[ Category:Leica|掲載日時:2018年06月05日 10時30分]



Leica SL(Typ601) + Summilux M24mm F1.4 ASPH

皆様こんにちは!
今までに2回ほど撮らせてもらっている知り合いのバンドのライブがあったので
久しぶりに観に&撮りに行ってきました。

彼女たちの今までのライブ風景はコチラ!

今まではPENTAX K-1で撮っていたのですが、今回はLeica SL(Typ601)にて。
ライブハウスの激しい照明の明滅や基本的に薄暗い環境などでEVFはどう見えるのか…
撮影前はちょっと不安があったのが本音です。ひとまず写真を載せていきます。

Leica SL(Typ601) + APO Summicron M90mm F2 ASPH

ステージの全体写真以外は全て「アポズミクロン M90mm F2 ASPH」を使っています。
最初の1枚のみ「ズミルックス M24mm F1.4 ASPH」です。

メンバーと息を合わせていざ!

Leica SL(Typ601) + APO Summicron M90mm F2 ASPH

こちらはベースの方。
普段はギターを弾いているそうですが、このバンドを組む時にギターが既に決まっていたのでベースにしたんだとか。
ギターも聞いてみたい…。

Leica SL(Typ601) + APO Summicron M90mm F2 ASPH

一眼レフとは違ってEVFは被写体の動きとファインダー上の像のタイムラグが怖いなと思っていたのですが
今回の撮影中にそれが気になった事はほとんどなく、サクサク撮れました。
ヒラヒラとした服の躍動感が良い感じ。

Leica SL(Typ601) + APO Summicron M90mm F2 ASPH

さて、私が某所で飲み始めるキッカケとなったのが彼女です。
とあるお店で働いていて、そこに飲みに行ったのが最初の出会い。

Leica SL(Typ601) + APO Summicron M90mm F2 ASPH

楽器をやる人って体が自然と動くので常に追いかけながら撮っています。
毎回そうですが、私はマニュアルフォーカスのレンズしか使わないので中々骨が折れます。
オートフォーカスのレンズを使えば楽なのはモチロンですが
使いたいと思うレンズが尽くマニュアルフォーカスの設計なので致し方ないです。
使いたいと思う機材で撮る。
撮影はあくまで趣味なので、好きな機材で好きなようにやるというのが大事なポイントです。

Leica SL(Typ601) + APO Summicron M90mm F2 ASPH

相変わらず髪を振り乱して弾くので撮っていて楽しいです。
いかに躍動感ある姿を切り取るか、毎回意識しながら撮っています。

Leica SL(Typ601) + APO Summicron M90mm F2 ASPH

ギターを見ているのか虚空を見ているのか、こういう表情はとても良いです。

ライブ撮影の際はいつも「絞り優先」「AUTO ISO シャッタースピード上限1/250秒」という設定です。
被写体ブレを防ぐためにシャッタースピードを1/250秒以下にしていたのですが
今回のライブハウスはかなり暗めだったので絞り開放(90mmのF2)でもISO感度が上がってしまいました。
やむなくAUTO ISO時のシャッタースピード上限を1/125秒に。
シャッタースピードが遅くなるので被写体ブレが起きてしまいますが
それも躍動感を演出するのに一役買った、と思うことにします。
中々に難しいライブハウスでした。

この日はもう1バンド撮ったので後日載せたいと思います。









大好評!マップカメラの「超低金利ショッピングクレジット」
48回払いまでは金利が0%!ボーナス併用払いも承ります。

私が大好きなLeica SL(Typ601) の新品¥820,80048回払いにすると…
毎月¥17,100のお支払いで手に入れることが出来ます!
憧れのカメラが月々2万円を切った金額で手に入るなんて、素晴らしいです!
ボーナス併用払いにすれば月々の負担は更に軽くなります。
Leica渾身のミラーレスカメラです!要Checkです。

48回払いまで金利が0%!


〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2018年06月05日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

片岡三果写真展『No Photo,No Life, 〜 Live in the moment 〜 』 写真展のご案内 〜 片岡三果写真展『No Photo,No Life, 〜 Live in the moment 〜 』 2018年08月14日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは - 片岡三果写真展『No Photo,No Life, 〜 Live in the moment 〜 』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
天然ものを求めて 天然ものを求めて 2018年08月13日
SONY α7RⅢ + Carl Zeiss Loxia 50mm F2 50mm | F3.2 | 1/80 | ISO800 天然ものを求めて 毎年必ず食べに伺う「天然もの」。それはうなぎ。 食用として出回る多くは養殖な現代、天然うなぎを提供する店は数少ない。 港区の名店でも「天然」は特別な位置付けである。 夏の終わりから冬にかけてが旬な天然うなぎは、 淡白であっさりとし脂くどさがなく、川魚の風味を感じるのが特徴であり、好みも分かれそうです。 筆者の愛用機「α7RⅢ」を下げて今年も訪問してきました。 朝の関越道...
続きを読む
【はじまるMap 3D Travel】奇跡のMapCamera de 世界を巡る夢の旅 【はじまるMap 3D Travel】奇跡のMapCamera de 世界を巡る夢の旅 2018年08月13日
【はじまるMap 3D Travel】 ただいま本館3階では、マップタイムズで大好評シリーズ『はじまる410』と『マップカメラ』の 奇跡のスペシャルコラボ『世界を巡る夢の旅』を開催しております。 世界を見る。世界を感じる。世界を撮る。3Dの世界! 長い歴史の中で輝きを放っていて、見るものの心に残る世界のシンボル、 見どころ満載の世界のシンボルがマップカメラに出現! これを見なくては旅が始まらない世界のシンボルを間近で堪能できます。 はてしない旅の始まりをここから出発して...
続きを読む
【24人の24mm】24mmとの出会いは。 【24人の24mm】24mmとの出会いは。 2018年08月12日
【24人の24mm】24mmとの出会いは。 マップカメラ創業24周年を迎えるにあたり、スタッフ24名が焦点距離24mm(フルサイズ換算)を語る企画「24人の24mm」。 これを良い契機に写真をどこかへ撮りに行こうか...と考えていましたが、今年の酷暑っぷりに閉口する毎日です。少し視点を変えてみて、24mmとの出会いを振り返る良い機会かと思い、24mmの写真を交えながら執筆したいと思います。 24mmとの出会い、それはカタログを眺めていたときのこと。 著名な写真家が撮影したドラマチックな写...
続きを読む
【SIGMA】Foveonと行く夏の北海道。 その3 【SIGMA】Foveonと行く夏の北海道。 その3 2018年08月12日
皆様こんにちは! 前回、前々回と「釧路・知床」の旅をお送りしてきました! このブログが今回の旅の最終回。早速いってみましょう。 「オシンコシンの滝」という日本の滝100選に選ばれる滝を見に来ました。 しかしながら滝の前は海外からの観光客で埋め尽くされていたので隅っこでパシャリ。 飛沫がFoveonなら写る!と信じて写したらいい感じに。 濡れた草と葉の上で弾かれる水滴、そして宙を舞う飛沫。 大伸ばしにプリントしても良さそうな気がしました。 果てしない大空と広い大地のその中...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]