MAP TIMES | マップカメラのカメラ情報ブログ  
Select Language



【Leica】SL(Typ601)で撮るライブ in 新宿レッドクロス Vol.1

[ Category:Leica|掲載日時:2018年06月05日 10時30分]



Leica SL(Typ601) + Summilux M24mm F1.4 ASPH

皆様こんにちは!
今までに2回ほど撮らせてもらっている知り合いのバンドのライブがあったので
久しぶりに観に&撮りに行ってきました。

彼女たちの今までのライブ風景はコチラ!

今まではPENTAX K-1で撮っていたのですが、今回はLeica SL(Typ601)にて。
ライブハウスの激しい照明の明滅や基本的に薄暗い環境などでEVFはどう見えるのか…
撮影前はちょっと不安があったのが本音です。ひとまず写真を載せていきます。

Leica SL(Typ601) + APO Summicron M90mm F2 ASPH

ステージの全体写真以外は全て「アポズミクロン M90mm F2 ASPH」を使っています。
最初の1枚のみ「ズミルックス M24mm F1.4 ASPH」です。

メンバーと息を合わせていざ!

Leica SL(Typ601) + APO Summicron M90mm F2 ASPH

こちらはベースの方。
普段はギターを弾いているそうですが、このバンドを組む時にギターが既に決まっていたのでベースにしたんだとか。
ギターも聞いてみたい…。

Leica SL(Typ601) + APO Summicron M90mm F2 ASPH

一眼レフとは違ってEVFは被写体の動きとファインダー上の像のタイムラグが怖いなと思っていたのですが
今回の撮影中にそれが気になった事はほとんどなく、サクサク撮れました。
ヒラヒラとした服の躍動感が良い感じ。

Leica SL(Typ601) + APO Summicron M90mm F2 ASPH

さて、私が某所で飲み始めるキッカケとなったのが彼女です。
とあるお店で働いていて、そこに飲みに行ったのが最初の出会い。

Leica SL(Typ601) + APO Summicron M90mm F2 ASPH

楽器をやる人って体が自然と動くので常に追いかけながら撮っています。
毎回そうですが、私はマニュアルフォーカスのレンズしか使わないので中々骨が折れます。
オートフォーカスのレンズを使えば楽なのはモチロンですが
使いたいと思うレンズが尽くマニュアルフォーカスの設計なので致し方ないです。
使いたいと思う機材で撮る。
撮影はあくまで趣味なので、好きな機材で好きなようにやるというのが大事なポイントです。

Leica SL(Typ601) + APO Summicron M90mm F2 ASPH

相変わらず髪を振り乱して弾くので撮っていて楽しいです。
いかに躍動感ある姿を切り取るか、毎回意識しながら撮っています。

Leica SL(Typ601) + APO Summicron M90mm F2 ASPH

ギターを見ているのか虚空を見ているのか、こういう表情はとても良いです。

ライブ撮影の際はいつも「絞り優先」「AUTO ISO シャッタースピード上限1/250秒」という設定です。
被写体ブレを防ぐためにシャッタースピードを1/250秒以下にしていたのですが
今回のライブハウスはかなり暗めだったので絞り開放(90mmのF2)でもISO感度が上がってしまいました。
やむなくAUTO ISO時のシャッタースピード上限を1/125秒に。
シャッタースピードが遅くなるので被写体ブレが起きてしまいますが
それも躍動感を演出するのに一役買った、と思うことにします。
中々に難しいライブハウスでした。

この日はもう1バンド撮ったので後日載せたいと思います。









大好評!マップカメラの「超低金利ショッピングクレジット」
48回払いまでは金利が0%!ボーナス併用払いも承ります。

私が大好きなLeica SL(Typ601) の新品¥820,80048回払いにすると…
毎月¥17,100のお支払いで手に入れることが出来ます!
憧れのカメラが月々2万円を切った金額で手に入るなんて、素晴らしいです!
ボーナス併用払いにすれば月々の負担は更に軽くなります。
Leica渾身のミラーレスカメラです!要Checkです。

48回払いまで金利が0%!


〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Leica|掲載日時:2018年06月05日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【SONY】Planar T* FE 50mm F1.4 ZA 【SONY】Planar T* FE 50mm F1.4 ZA 2018年08月20日
皆様、写真楽しまれていますか? 関東ではやっと酷暑を抜け、過ごしやすい日が少し続きそうです。 今回はPlanar T* FE 50mm F1.4 ZAにフィーチャーして撮影した写真をお届け出来ればと思います。 α7II + Planar T* FE 50mm F1.4 ZA ss1/400 F1.4 ISO100 2018年夏現在では松竹梅で言うところの、「松」に相当する本レンズ。 特徴としては全域で平坦性が高く、パープルフリンジなど色滲みの原因となる軸上色収差を比較的高いレベルで補正しているという点でしょうか。絞り開放からキレの良い解像...
続きを読む
【Nikon】川越氷川神社で夏を感じる 【Nikon】川越氷川神社で夏を感じる 2018年08月19日
みなさんこんにちは。 暑い日が続いていますね。 今回は川越にある氷川神社にて撮影してきました。 まず、手水で清めてから撮影を開始。 氷川神社には撮影スポットが沢山あり、 いつのまにか、たくさんのシャッターを切っていました。 お次は今回のお目当てである風鈴回廊の撮影にチャレンジ。 たくさんの風鈴が飾られる「風鈴回廊」。 見た目の美しさだけでなく、風が吹くたびに鳴る風鈴の音も美しいです。 紅葉と風鈴。見ているだけで涼しい気分になれます。 最後...
続きを読む
変わりゆく街の語り部 変わりゆく街の語り部 2018年08月18日
次々と生まれ変わっていく東京の街並み。 そんな中でも長い歴史を持ち、人々に愛されてきた建物というのも意外とあるものです。 ここは日比谷。 かつての江戸城、現在の皇居に隣接し、江戸時代の大名屋敷から明治維新によってホテルや娯楽施設が造られました。 現在は多くの商業ビルが立ち並ぶビジネス街となっています。 今回はそんなビジネスと娯楽が合わさる街日比谷を歩きました。 日比谷には巨大なオフィスビルもたくさんありますが、ユニークな形の商業ビルも多くあります。 直線と曲...
続きを読む
Nikon『ARCREST』使用レポート 【Nikon】高性能フィルター『ARCREST』使用レポート 2018年08月17日
ニコンから発売されている高性能レンズプロテクトフィルター『ARCREST(アルクレスト)』。 近年、デジタルカメラの高画素化に伴いレンズフィルターに求められる要求も高くなっており、フィルター各社からも高性能を謡うフィルターが多く発売されています。 ニコン純正フィルターの実力はいかに?早速、話題のフィルターを使ってみました。 まずは、カタログスペックから「ARCREST」の優れた性能を見てみましょう。  ニコン独自のテクノロジーで、420nm~680nmの可視光域で片面設計値約0...
続きを読む
【SONY】おニューレンズで撮り初め散歩! 【SONY】おニューレンズで撮り初め散歩! 2018年08月17日
今日の相棒は“SONY α7III ボディ+FE24-105mm F4 G OSS”です。 発売以来大人気のこのレンズを注文し「入荷しました」連絡を受けて早速撮り初めの撮影散歩に行って来ました。 みなさまもご存じの通り、今年の夏はとにかく暑い! 連日の「体温以上」の予報を見て今日は無事に過ごせるのだろうか?との疑問と、やっと来たレンズを早く試したい!!の一心で少しでも暑さから逃れられる・・であろう信州に進路を決めハンドルを握ります。 東名⇒圏央道⇒中央と順調に流し目的地の清里に到着。クル...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]