Select Language

【Hassel blad】フィルム紀行(ときどき、奇行)①ぷらっと、ハッセル

[ Category: HasselBlad|掲載日時:2018年07月03日 19時50分]


写真はイメージです


妻が実家に帰ってしまった…

…なんて書くと、「すわ一大事!」となりそうですが、さにあらず。
今の住まいは、実家まで自転車で10分ほどのところにあり、洋裁の請負仕事を生業としている妻は、仕事用のミシンがある実家に毎日通っているのです。
まぁ、私が休みの日は家にいることが多いのですが、今回は期日が迫っているとかで、朝からご出勤…

そんな妻を見送った後は、仕方なくゴロゴロと惰眠をむさぼり、仕方なく朝湯につかり、仕方なく「昼間っからビール!」
(上の写真は、イメージです。 妻がちゃんと食事を用意していてくれたのですが、撮り忘れました。)
……典型的な「休日のお父さん(ダメな方)」を体現してみたりしました。

それでも時間を持てあましてしまい、「まぁ、天気もいいし…」と、愛機(言ってみたかった…)のハッセルを持ち出し、地元をぷらっと散策。

愛機です

ハッセルブラッド 500C/M

言わずと知れた中判カメラの雄です。
初代 500C(1957年)の改良版として1970年に登場して以来、あまたのプロカメラマンにも愛用されてきた銘機です。
その後、503CX(1988年)、503CXi(1994年)、503CW(1996年)とモデルチェンジされてきましたが、500C から基本的なコンセプトは変わらず、最も長い期間生産された 500C/M は、ハッセルブラッド 500シリーズを代表する機種としてカメラ史に名を残しています。

今回は、その 500C/M に標準レンズのプラナー C80㎜ F2.8 を装着して出掛けることにしました。
交換レンズも、と思ったのですが、……まぁ、重いし… ぷらっとだし…

代わりに、接写用アクセサリーである「プロクサー」フィルターを持っていくことにしました。

自前です

「プロクサー」は、ハッセルで気軽に近接撮影を楽しむことが出来る、是非とも揃えておきたいアイテム。
「2m」「1m」「0.5m」の3種類があります。
これは 80㎜に装着した時、無限遠の位置が 約2m、1m、0.5m の撮影距離になることを表します。

上の写真は、自前のプロクサー 1m と 0.5m。
最短でどのくらいまで寄れるのかというと、こんな感じ。
(ちなみに、この検証は、ずっと以前のハッセルブログでも行ったのですが、結婚前のその時は、プレミアムモルツで行っていました…)

本麒麟です

C80㎜ 近接アクセサリーなし(約90㎝)

本麒麟です

C80㎜ + プロクサー1m(約56㎝)

本麒麟です

C80㎜ + プロクサー0.5m(約44㎝)

やっぱり、念のためにプレミアムモルツでも…

プレモルです

C80mm + プロクサー1m

プレモルです

C80mm + プロクサー0.5m

エビスです

何か、よく分かんなくなってきた…

……いい加減、出掛けましょう…


撮影時期は、6月上旬。
…えぇ、少し前です。 すみません、現像とスキャン、上の検証でちょっと時間が経ってしまいました。

今年は、ご存知のように花の時期が早く、この時期すでに街頭のアジサイが満開になっていました。

撮影地は、地元の大田区蒲田。
住宅地の間を細い路地が複雑に行き交っていて、10分も歩くと自分がどこにいるのか分からなくなります。
スマホの地図アプリで確認もできますが、せっかくなので迷子を楽しみます。

撮影は、前述の 500C/M + C80mmF2.8(フジフィルム プロビア100F・アクロス100)

500C/M + C80mm

近接アクセサリー なし

500C/M + C80mm

プロクサー1m 使用

「プロクサー」は、普通のクローズアップフィルターと違い、装着しても画質の劣化が少ないことが特徴です。

500C/M + C80mm

プロクサー0.5m 使用
前後のボケなども自然な感じに…

500C/M + C80mm

プロクサー0.5m 使用
最近、街中でもよく見かける「アナベル」という品種。 純白がきれいです。

500C/M + C80mm

プロクサー1m 使用


ここで、モノクロの「アクロス100」を装填したフィルムマガジンに交換。
ハッセルは、マガジンの途中交換ができるのがうれしいです。

500C/M + C80mm
プロクサー1m 使用

葉っぱの艶っぽい質感などは、モノクロのほうがよく出ます。

500C/M + C80mm

地元の氏神様。 「おなづか」と読みます。

500C/M + C80mm

標準レンズの画角では入り切りませんでしたが、5差路です。
このあたり、こういう入り組んだ道がいっぱいあります。


歩き回っているうちに、JR蒲田駅に到着。 駅ビルに入り、ちょっと寄り道してから屋上へ。
ここには、今ではあまり見かけなくなってしまった屋上遊園地があり、そして都内で唯一となった屋上観覧車があります。

500C/M + C80mm


平日の昼間、小さな子を連れたお母さんが何組かいるくらい。
その中に、ハッセルを持ったおじさんが1人… 気を付けないと不審者です…

500C/M + C80mm

「ツァイスブルー」の空に、カラフルなゴンドラが映えます。 そう、観覧車にしかカメラ向けてませんよぉ…

500C/M + C80mm


本当に良い天気。 日差しも6月上旬にしては強めでしたので、歩き回ってすっかり喉が渇いてしまいました。

そこで…

おいしかったです

屋上に上がる前に、地下の食品街で調達してきました。 …やっぱり、不審者でした…


のんびりしていると、陽が傾いてきました。 吹く風も少し涼しく…

家に戻る道すがら、見事に手入れの行き届いた「アナベル」を…

500C/M + C80mm

プロクサー1m 使用

500C/M + C80mm

近接アクセサリー なし


家に着くと、妻が「ちゃんと」帰っていました。
「どこに行ってたの?」
「うん、ちょっと、ぷらっとね…」

勿論、おいしかったです












〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category: HasselBlad|掲載日時:2018年07月03日 19時50分]

面白いと思ったらコチラをClick!63票


「かたち」あるものを探して【Nikon】

【街で見つけた形にフォーカス】「かたち」あるものを探して【Nikon】[2020年01月24日]

こんにちは。 今回のテーマが「街で見つけた形にフォーカス」 ということで、Nikon D800を通して 「かたち」あるものを探してみました。 さっそくご紹介させていただきます。 公園にはいろんな形の遊具があります。 形を意識して写真全体を見ると、 木々や雲もあっていろんな「かたち」が見られます。 平日は夕方になると学校が終わった子供たちや 幼稚園、保育園等が終わった親子連れが ...
続きを読む
HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR

【PENTAX】「HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR」速報レポート![2020年01月23日]

本日、1月23日に発表された、35mmフルサイズ判センサー対応の望遠ズームレンズ、 ペンタックス『HD D FA 70-210mm F4 ED SDM WR』。 発表当日の今日、縁あってほんの数分ながら実機に触れる機会がありましたので、 そのファーストインプレッションを皆様にお届けいたします! 何といっても特筆すべきはその軽量小型な出で立ち。 開放F値2.8の望遠ズームレンズ「HD D FA★ 70-200mm ...
続きを読む
Canon EOS 5D Mark IV+SuperTakumar 50mm f1.4

【M42】スーパータクマー 50mm F1.4の魅力【PENTAX】[2020年01月23日]

今回はスーパータクマー50mm F1.4のレンズを使用し、撮影した写真をご紹介します。 使用カメラはCanon EOS 5D Mark IVです。 この日は、よく撮らせてもらっている友人と袴撮影をしました。 豪快なフレア・ゴーストを撮影できるのが大きな特徴のひとつです。 Canon EOS 5D Mark IV+SuperTakumar 50mm f1.4 Canon EOS 5D Mark IV+SuperTakumar 50mm f1.4 あえて逆光で撮影をし...
続きを読む
null

【街で見つけた形にフォーカス】ミラーレスで行くさんぽみち~成田参道~ 【Nikon】[2020年01月22日]

先日、久しぶりに成田参道を成田山に向かってぶらぶらと散歩に出かけてみました。 今回のお供はNikon Z50 16-50kitです。 この組み合わせのコンパクトさは素晴らしいと思います。 手元に構えても大きさがまったく気にならない。 グリップのホールディングの良さは歴代のニコンの機体から受け継がれたものを感じられます。 さて、1月の土・日曜日といえば成田の街中は人混みですごいイメー...
続きを読む
null

【Nikon】元祖Ai-S Nikkor 58mm F1.2 Noct × 最新NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct の外観を比べてみまし...[2020年01月22日]

昨日より連載しております「NIKKOR Z 58mm F0.95 S Noct」企画。 本日は歳の差 なんと約42歳! 『新旧 Noctノクト』を最新のNikon Z7に装着し、外観をじっくり比較してみたいと思います。 まずは元祖Noctのプロフィールからご紹介。 このレンズの誇るべきポイントは3つ。 1.サジタルコマフレアを開放から補正 2.6群7枚の変形ガウスタイプレンズ構成 3.線が細...
続きを読む