【Hassel blad】フィルム紀行(ときどき、奇行)①ぷらっと、ハッセル | THE MAP TIMES 
Select Language



【Hassel blad】フィルム紀行(ときどき、奇行)①ぷらっと、ハッセル

[ Category:HasselBlad|掲載日時:2018年07月03日 19時50分]



写真はイメージです


妻が実家に帰ってしまった…

…なんて書くと、「すわ一大事!」となりそうですが、さにあらず。
今の住まいは、実家まで自転車で10分ほどのところにあり、洋裁の請負仕事を生業としている妻は、仕事用のミシンがある実家に毎日通っているのです。
まぁ、私が休みの日は家にいることが多いのですが、今回は期日が迫っているとかで、朝からご出勤…

そんな妻を見送った後は、仕方なくゴロゴロと惰眠をむさぼり、仕方なく朝湯につかり、仕方なく「昼間っからビール!」
(上の写真は、イメージです。 妻がちゃんと食事を用意していてくれたのですが、撮り忘れました。)
……典型的な「休日のお父さん(ダメな方)」を体現してみたりしました。

それでも時間を持てあましてしまい、「まぁ、天気もいいし…」と、愛機(言ってみたかった…)のハッセルを持ち出し、地元をぷらっと散策。

愛機です

ハッセルブラッド 500C/M

言わずと知れた中判カメラの雄です。
初代 500C(1957年)の改良版として1970年に登場して以来、あまたのプロカメラマンにも愛用されてきた銘機です。
その後、503CX(1988年)、503CXi(1994年)、503CW(1996年)とモデルチェンジされてきましたが、500C から基本的なコンセプトは変わらず、最も長い期間生産された 500C/M は、ハッセルブラッド 500シリーズを代表する機種としてカメラ史に名を残しています。

今回は、その 500C/M に標準レンズのプラナー C80㎜ F2.8 を装着して出掛けることにしました。
交換レンズも、と思ったのですが、……まぁ、重いし… ぷらっとだし…

代わりに、接写用アクセサリーである「プロクサー」フィルターを持っていくことにしました。

自前です

「プロクサー」は、ハッセルで気軽に近接撮影を楽しむことが出来る、是非とも揃えておきたいアイテム。
「2m」「1m」「0.5m」の3種類があります。
これは 80㎜に装着した時、無限遠の位置が 約2m、1m、0.5m の撮影距離になることを表します。

上の写真は、自前のプロクサー 1m と 0.5m。
最短でどのくらいまで寄れるのかというと、こんな感じ。
(ちなみに、この検証は、ずっと以前のハッセルブログでも行ったのですが、結婚前のその時は、プレミアムモルツで行っていました…)

本麒麟です

C80㎜ 近接アクセサリーなし(約90㎝)

本麒麟です

C80㎜ + プロクサー1m(約56㎝)

本麒麟です

C80㎜ + プロクサー0.5m(約44㎝)

やっぱり、念のためにプレミアムモルツでも…

プレモルです

C80mm + プロクサー1m

プレモルです

C80mm + プロクサー0.5m

エビスです

何か、よく分かんなくなってきた…

……いい加減、出掛けましょう…


撮影時期は、6月上旬。
…えぇ、少し前です。 すみません、現像とスキャン、上の検証でちょっと時間が経ってしまいました。

今年は、ご存知のように花の時期が早く、この時期すでに街頭のアジサイが満開になっていました。

撮影地は、地元の大田区蒲田。
住宅地の間を細い路地が複雑に行き交っていて、10分も歩くと自分がどこにいるのか分からなくなります。
スマホの地図アプリで確認もできますが、せっかくなので迷子を楽しみます。

撮影は、前述の 500C/M + C80mmF2.8(フジフィルム プロビア100F・アクロス100)

500C/M + C80mm

近接アクセサリー なし

500C/M + C80mm

プロクサー1m 使用

「プロクサー」は、普通のクローズアップフィルターと違い、装着しても画質の劣化が少ないことが特徴です。

500C/M + C80mm

プロクサー0.5m 使用
前後のボケなども自然な感じに…

500C/M + C80mm

プロクサー0.5m 使用
最近、街中でもよく見かける「アナベル」という品種。 純白がきれいです。

500C/M + C80mm

プロクサー1m 使用


ここで、モノクロの「アクロス100」を装填したフィルムマガジンに交換。
ハッセルは、マガジンの途中交換ができるのがうれしいです。

500C/M + C80mm
プロクサー1m 使用

葉っぱの艶っぽい質感などは、モノクロのほうがよく出ます。

500C/M + C80mm

地元の氏神様。 「おなづか」と読みます。

500C/M + C80mm

標準レンズの画角では入り切りませんでしたが、5差路です。
このあたり、こういう入り組んだ道がいっぱいあります。


歩き回っているうちに、JR蒲田駅に到着。 駅ビルに入り、ちょっと寄り道してから屋上へ。
ここには、今ではあまり見かけなくなってしまった屋上遊園地があり、そして都内で唯一となった屋上観覧車があります。

500C/M + C80mm


平日の昼間、小さな子を連れたお母さんが何組かいるくらい。
その中に、ハッセルを持ったおじさんが1人… 気を付けないと不審者です…

500C/M + C80mm

「ツァイスブルー」の空に、カラフルなゴンドラが映えます。 そう、観覧車にしかカメラ向けてませんよぉ…

500C/M + C80mm


本当に良い天気。 日差しも6月上旬にしては強めでしたので、歩き回ってすっかり喉が渇いてしまいました。

そこで…

おいしかったです

屋上に上がる前に、地下の食品街で調達してきました。 …やっぱり、不審者でした…


のんびりしていると、陽が傾いてきました。 吹く風も少し涼しく…

家に戻る道すがら、見事に手入れの行き届いた「アナベル」を…

500C/M + C80mm

プロクサー1m 使用

500C/M + C80mm

近接アクセサリー なし


家に着くと、妻が「ちゃんと」帰っていました。
「どこに行ってたの?」
「うん、ちょっと、ぷらっとね…」

勿論、おいしかったです












〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:HasselBlad|掲載日時:2018年07月03日 19時50分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【写真を楽しむ6月】祖父の形見のNikon F4で撮るポートレート 【写真を楽しむ6月】祖父の形見のNikon F4で撮るポートレート 2019年06月20日
私は大学一年生の時に、祖父の形見のNikon F4を譲り受け、今でもF4で写真を撮り続けています。 今回はF4で撮影した、どこか懐かしい気分にさせてくれるようなポートレートをご紹介しながらF4の魅力に触れていきたいと思います。 Nikon F4は1988年にフラッグシップ機として発売されました。Nikon F一桁シリーズ初のオートフォーカスが搭載されています。 見た目はとてもメカメカしく、レバーやダイヤルにも存在感があります。シャッタースピードの最高速は1/8000秒。 そして大きくて重量があるのも特...
続きを読む
空を印刷 【写真を楽しむ6月】空を印刷 2019年06月19日
FUJIFILM X100F -今月の空- 6月は梅雨の季節。 防塵防滴のカメラも増え、雨の日でも写真を楽しめる現代ですが、 それでもやはり雨の日は撮影に出かけるのは控えてしまいます。 そんな6月に写真を楽しむ方法のひとつとして、 今までご自身で撮った写真を振り返り、お気に入りの写真を選別・印刷し、 まとめてみることはいかがでしょうか。 私は、毎日の空をFUJIFILM X100Fで撮って楽しんでいます。 今回このブログを書くために、1年間撮り続けた空の写真を整理・選別してみました。 そして...
続きを読む
イメージです 【写真を楽しむ6月】ローライ持って出かけよう! 2019年06月18日
ある日、棚を開けたらローライフレックスが出てきたとします。 「棚からローライ」……出たらいいなぁ… ……なんて願望はともかく、幸運にも二眼レフカメラの雄 ローライフレックスを手に入れることに成功した貴方は、いざ撮影に出かけようとして大変な事に気がつきます。 そう、ストラップがない!! ローライフレックスのほとんどのモデルで、ストラップ取付部が下の写真のような形状になっています。(ローライコードのシリーズは異なります。) 真ん中に心棒が入っているため、通常のスト...
続きを読む
【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 2019年06月17日
とある平日の午後。東京都東村山市にある北山公園菖蒲苑に行きました。 北山公園菖蒲苑は東村山駅から徒歩で20分ほど。八国山緑地を背景にした自然公園です。 毎年6月上旬から中旬にかけ、300種、8,000株の花菖蒲が開花し、新東京百景にも選ばれています。 この日、首から下げたのは、OLYMPUS OM-4TiとE.ZUIKO AUTO-T 100mm F2.8の組み合わせ。 コンパクトなボディとレンズは、動き回る撮影にぴったりです。 OM-4Tiは1986年に発売され、電子制御布幕横走りフォーカルプレーンシャッターを持...
続きを読む
紫陽花を見上げる 【写真を楽しむ6月】紫陽花を見上げる 2019年06月16日
手に入れてすぐ、 これはめいっぱい楽しむには一脚必須! と確信した RICOH THETA SC。 今後の様々な撮影シーンを見据え、 小さな三脚付きの一脚を購入し、 紫陽花を見に出かけた際に連れていきました。 たくさんの品種が植えられており、 満開時にはそれは美しいようなのですが、まだ見頃はこれからというところ。 現在は、白と緑が上品なアナベルがとてもきれいに咲いていました。 これがやりたかった、中から! まるでこびとになった気分です。 手持ちではできません...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]