【Hassel blad】フィルム紀行(ときどき、奇行)①ぷらっと、ハッセル | THE MAP TIMES 
Select Language



【Hassel blad】フィルム紀行(ときどき、奇行)①ぷらっと、ハッセル

[ Category:HasselBlad|掲載日時:2018年07月03日 19時50分]



写真はイメージです


妻が実家に帰ってしまった…

…なんて書くと、「すわ一大事!」となりそうですが、さにあらず。
今の住まいは、実家まで自転車で10分ほどのところにあり、洋裁の請負仕事を生業としている妻は、仕事用のミシンがある実家に毎日通っているのです。
まぁ、私が休みの日は家にいることが多いのですが、今回は期日が迫っているとかで、朝からご出勤…

そんな妻を見送った後は、仕方なくゴロゴロと惰眠をむさぼり、仕方なく朝湯につかり、仕方なく「昼間っからビール!」
(上の写真は、イメージです。 妻がちゃんと食事を用意していてくれたのですが、撮り忘れました。)
……典型的な「休日のお父さん(ダメな方)」を体現してみたりしました。

それでも時間を持てあましてしまい、「まぁ、天気もいいし…」と、愛機(言ってみたかった…)のハッセルを持ち出し、地元をぷらっと散策。

愛機です

ハッセルブラッド 500C/M

言わずと知れた中判カメラの雄です。
初代 500C(1957年)の改良版として1970年に登場して以来、あまたのプロカメラマンにも愛用されてきた銘機です。
その後、503CX(1988年)、503CXi(1994年)、503CW(1996年)とモデルチェンジされてきましたが、500C から基本的なコンセプトは変わらず、最も長い期間生産された 500C/M は、ハッセルブラッド 500シリーズを代表する機種としてカメラ史に名を残しています。

今回は、その 500C/M に標準レンズのプラナー C80㎜ F2.8 を装着して出掛けることにしました。
交換レンズも、と思ったのですが、……まぁ、重いし… ぷらっとだし…

代わりに、接写用アクセサリーである「プロクサー」フィルターを持っていくことにしました。

自前です

「プロクサー」は、ハッセルで気軽に近接撮影を楽しむことが出来る、是非とも揃えておきたいアイテム。
「2m」「1m」「0.5m」の3種類があります。
これは 80㎜に装着した時、無限遠の位置が 約2m、1m、0.5m の撮影距離になることを表します。

上の写真は、自前のプロクサー 1m と 0.5m。
最短でどのくらいまで寄れるのかというと、こんな感じ。
(ちなみに、この検証は、ずっと以前のハッセルブログでも行ったのですが、結婚前のその時は、プレミアムモルツで行っていました…)

本麒麟です

C80㎜ 近接アクセサリーなし(約90㎝)

本麒麟です

C80㎜ + プロクサー1m(約56㎝)

本麒麟です

C80㎜ + プロクサー0.5m(約44㎝)

やっぱり、念のためにプレミアムモルツでも…

プレモルです

C80mm + プロクサー1m

プレモルです

C80mm + プロクサー0.5m

エビスです

何か、よく分かんなくなってきた…

……いい加減、出掛けましょう…


撮影時期は、6月上旬。
…えぇ、少し前です。 すみません、現像とスキャン、上の検証でちょっと時間が経ってしまいました。

今年は、ご存知のように花の時期が早く、この時期すでに街頭のアジサイが満開になっていました。

撮影地は、地元の大田区蒲田。
住宅地の間を細い路地が複雑に行き交っていて、10分も歩くと自分がどこにいるのか分からなくなります。
スマホの地図アプリで確認もできますが、せっかくなので迷子を楽しみます。

撮影は、前述の 500C/M + C80mmF2.8(フジフィルム プロビア100F・アクロス100)

500C/M + C80mm

近接アクセサリー なし

500C/M + C80mm

プロクサー1m 使用

「プロクサー」は、普通のクローズアップフィルターと違い、装着しても画質の劣化が少ないことが特徴です。

500C/M + C80mm

プロクサー0.5m 使用
前後のボケなども自然な感じに…

500C/M + C80mm

プロクサー0.5m 使用
最近、街中でもよく見かける「アナベル」という品種。 純白がきれいです。

500C/M + C80mm

プロクサー1m 使用


ここで、モノクロの「アクロス100」を装填したフィルムマガジンに交換。
ハッセルは、マガジンの途中交換ができるのがうれしいです。

500C/M + C80mm
プロクサー1m 使用

葉っぱの艶っぽい質感などは、モノクロのほうがよく出ます。

500C/M + C80mm

地元の氏神様。 「おなづか」と読みます。

500C/M + C80mm

標準レンズの画角では入り切りませんでしたが、5差路です。
このあたり、こういう入り組んだ道がいっぱいあります。


歩き回っているうちに、JR蒲田駅に到着。 駅ビルに入り、ちょっと寄り道してから屋上へ。
ここには、今ではあまり見かけなくなってしまった屋上遊園地があり、そして都内で唯一となった屋上観覧車があります。

500C/M + C80mm


平日の昼間、小さな子を連れたお母さんが何組かいるくらい。
その中に、ハッセルを持ったおじさんが1人… 気を付けないと不審者です…

500C/M + C80mm

「ツァイスブルー」の空に、カラフルなゴンドラが映えます。 そう、観覧車にしかカメラ向けてませんよぉ…

500C/M + C80mm


本当に良い天気。 日差しも6月上旬にしては強めでしたので、歩き回ってすっかり喉が渇いてしまいました。

そこで…

おいしかったです

屋上に上がる前に、地下の食品街で調達してきました。 …やっぱり、不審者でした…


のんびりしていると、陽が傾いてきました。 吹く風も少し涼しく…

家に戻る道すがら、見事に手入れの行き届いた「アナベル」を…

500C/M + C80mm

プロクサー1m 使用

500C/M + C80mm

近接アクセサリー なし


家に着くと、妻が「ちゃんと」帰っていました。
「どこに行ってたの?」
「うん、ちょっと、ぷらっとね…」

勿論、おいしかったです












〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:HasselBlad|掲載日時:2018年07月03日 19時50分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

Vol.1 ~Summicron 50mm F2 1st~ 【新元号令和、平成を振り返る】Leicaで撮るということ 2019年04月18日
平成も終わりかぁ。と思い 数年前に書いたブログを思い出しました。 【SONY】Leicaで撮るということ 当時はα7が発売され、 マウントアダプターでどんなレンズも付ける事が出来る。 という事に感激していた記憶があります。 Leicaで撮るということ、と書いておきながらカメラはSONYなんですが笑 Vol.1 ~Summicron 50mm F2 1st~ Vol.2 ~Summarit 50mm F1.5~ Vol.3 ~Summilux 75mm F1.4~ Vol.4 ~Summar 50mm F2.0~ Vol.5 ~Summarit-M 90mm F2.5 6bit~ Vo...
続きを読む
EOS620+EF 85mm F1.2L USM 【新元号令和、平成を振り返る】平成元年生まれのレンズと私 2019年04月17日
平成、それは FUJIFILM SUPERIA PREMIUM 400 平成、それは 私が生まれてから今に至るまでの全ての時間。 筆者は平成元年(1989年)9月生まれです。 私にとっては、景色や音楽、今までの記憶全てが平成そのものです。 平成の最後に、自分が生まれて最初に住んでいた街へ出かけておきたいと思い、 筆者がお供に選んだのがこちらです。 「Canon EOS 620」。 CanonがEOSを投入したのは1987年、 筆者が生まれた時、平成が始まった頃にはすでにEOSは世に登場していたのです。 このEOS 620...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】My Style Welinagara 【新元号令和、平成を振り返る】続・私だけの色で 2019年04月16日
自分が生まれた年号が終わろうとしている。 その事実に、未だに実感がわきません。 「ひょっとすると、平成はこれからも続いてゆくのではないか」とすら思っています。 ああ、今気が付きました。私は「平成」が好きだったのだと。 毎朝泣きながら保育園に行き、小学校のカレー早食い競争で一位をとり、中学校で初恋をし、高校でクルマに憧れ、社会人になってカメラを始めて…。 私の時間は、ずっと平成でした。 「新元号令和、平成を振り返る」というタイトルで連載しておりますブログ、今回のタイ...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】Canonの名機5D MarkIIと世界を歩く 【新元号令和、平成を振り返る】Canonの名機5D MarkIIと世界を歩く 2019年04月15日
スイス ゴルナーグラート展望台 新元号『令和』を迎えるにあたって、平成を振り返る。 遡るは10年ほど前、今回は私が平成20年ごろに練り歩いたヨーロッパの写真を振り返ります。 私の愛する名機『EOS 5D MarkII』とレンズ数本を抱えて3ヶ月間ヨーロッパ一周、12カ国の旅へ出発。 その時は若くまだお金がなくレンズはサードパーティでしたが、 EOS 5D MarkIIが私の旅路をしっかり記録してくれました。 オーストリア ザルツブルグ 映画サウンドオブミュージックの舞台として知られ...
続きを読む
【SONY】RX0 II「手のひらサイズの本格派4Kカメラ」 【SONY】RX0 II「手のひらサイズの本格派4Kカメラ」 2019年04月14日
手のひらサイズの1.0型センサー搭載カメラ「RX0」が更に進化してII型として新登場しました。 今回撮影した映像(4K再生可能です) 撮影設定:PP7「S-Gamut/S-Log2」/ATOMOS SHOGUN収録 カラーグレーディング済み 新たに可動式液晶・4K動画の本体内記録・電子手振れ補正などに対応。外観レビューや使い方は既にメーカーサイトや様々なメディアで取り上げられているので、今回はRX0 IIの4K性能を最大限引き出すべく、外部レコーダーを使用して4Kのテスト撮影を行いました。 小型が魅力のカメラで外部収録を...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]