【Hassel blad】フィルム紀行(ときどき、奇行)①ぷらっと、ハッセル | THE MAP TIMES //該当の要素を削除する $(this).remove(); }); });  【Hassel blad】フィルム紀行(ときどき、奇行)①ぷらっと、ハッセル | THE MAP TIMES
Select Language

【Hassel blad】フィルム紀行(ときどき、奇行)①ぷらっと、ハッセル

[ Category: HasselBlad|掲載日時:2018年07月03日 19時50分]


写真はイメージです


妻が実家に帰ってしまった…

…なんて書くと、「すわ一大事!」となりそうですが、さにあらず。
今の住まいは、実家まで自転車で10分ほどのところにあり、洋裁の請負仕事を生業としている妻は、仕事用のミシンがある実家に毎日通っているのです。
まぁ、私が休みの日は家にいることが多いのですが、今回は期日が迫っているとかで、朝からご出勤…

そんな妻を見送った後は、仕方なくゴロゴロと惰眠をむさぼり、仕方なく朝湯につかり、仕方なく「昼間っからビール!」
(上の写真は、イメージです。 妻がちゃんと食事を用意していてくれたのですが、撮り忘れました。)
……典型的な「休日のお父さん(ダメな方)」を体現してみたりしました。

それでも時間を持てあましてしまい、「まぁ、天気もいいし…」と、愛機(言ってみたかった…)のハッセルを持ち出し、地元をぷらっと散策。

愛機です

ハッセルブラッド 500C/M

言わずと知れた中判カメラの雄です。
初代 500C(1957年)の改良版として1970年に登場して以来、あまたのプロカメラマンにも愛用されてきた銘機です。
その後、503CX(1988年)、503CXi(1994年)、503CW(1996年)とモデルチェンジされてきましたが、500C から基本的なコンセプトは変わらず、最も長い期間生産された 500C/M は、ハッセルブラッド 500シリーズを代表する機種としてカメラ史に名を残しています。

今回は、その 500C/M に標準レンズのプラナー C80㎜ F2.8 を装着して出掛けることにしました。
交換レンズも、と思ったのですが、……まぁ、重いし… ぷらっとだし…

代わりに、接写用アクセサリーである「プロクサー」フィルターを持っていくことにしました。

自前です

「プロクサー」は、ハッセルで気軽に近接撮影を楽しむことが出来る、是非とも揃えておきたいアイテム。
「2m」「1m」「0.5m」の3種類があります。
これは 80㎜に装着した時、無限遠の位置が 約2m、1m、0.5m の撮影距離になることを表します。

上の写真は、自前のプロクサー 1m と 0.5m。
最短でどのくらいまで寄れるのかというと、こんな感じ。
(ちなみに、この検証は、ずっと以前のハッセルブログでも行ったのですが、結婚前のその時は、プレミアムモルツで行っていました…)

本麒麟です

C80㎜ 近接アクセサリーなし(約90㎝)

本麒麟です

C80㎜ + プロクサー1m(約56㎝)

本麒麟です

C80㎜ + プロクサー0.5m(約44㎝)

やっぱり、念のためにプレミアムモルツでも…

プレモルです

C80mm + プロクサー1m

プレモルです

C80mm + プロクサー0.5m

エビスです

何か、よく分かんなくなってきた…

……いい加減、出掛けましょう…


撮影時期は、6月上旬。
…えぇ、少し前です。 すみません、現像とスキャン、上の検証でちょっと時間が経ってしまいました。

今年は、ご存知のように花の時期が早く、この時期すでに街頭のアジサイが満開になっていました。

撮影地は、地元の大田区蒲田。
住宅地の間を細い路地が複雑に行き交っていて、10分も歩くと自分がどこにいるのか分からなくなります。
スマホの地図アプリで確認もできますが、せっかくなので迷子を楽しみます。

撮影は、前述の 500C/M + C80mmF2.8(フジフィルム プロビア100F・アクロス100)

500C/M + C80mm

近接アクセサリー なし

500C/M + C80mm

プロクサー1m 使用

「プロクサー」は、普通のクローズアップフィルターと違い、装着しても画質の劣化が少ないことが特徴です。

500C/M + C80mm

プロクサー0.5m 使用
前後のボケなども自然な感じに…

500C/M + C80mm

プロクサー0.5m 使用
最近、街中でもよく見かける「アナベル」という品種。 純白がきれいです。

500C/M + C80mm

プロクサー1m 使用


ここで、モノクロの「アクロス100」を装填したフィルムマガジンに交換。
ハッセルは、マガジンの途中交換ができるのがうれしいです。

500C/M + C80mm
プロクサー1m 使用

葉っぱの艶っぽい質感などは、モノクロのほうがよく出ます。

500C/M + C80mm

地元の氏神様。 「おなづか」と読みます。

500C/M + C80mm

標準レンズの画角では入り切りませんでしたが、5差路です。
このあたり、こういう入り組んだ道がいっぱいあります。


歩き回っているうちに、JR蒲田駅に到着。 駅ビルに入り、ちょっと寄り道してから屋上へ。
ここには、今ではあまり見かけなくなってしまった屋上遊園地があり、そして都内で唯一となった屋上観覧車があります。

500C/M + C80mm


平日の昼間、小さな子を連れたお母さんが何組かいるくらい。
その中に、ハッセルを持ったおじさんが1人… 気を付けないと不審者です…

500C/M + C80mm

「ツァイスブルー」の空に、カラフルなゴンドラが映えます。 そう、観覧車にしかカメラ向けてませんよぉ…

500C/M + C80mm


本当に良い天気。 日差しも6月上旬にしては強めでしたので、歩き回ってすっかり喉が渇いてしまいました。

そこで…

おいしかったです

屋上に上がる前に、地下の食品街で調達してきました。 …やっぱり、不審者でした…


のんびりしていると、陽が傾いてきました。 吹く風も少し涼しく…

家に戻る道すがら、見事に手入れの行き届いた「アナベル」を…

500C/M + C80mm

プロクサー1m 使用

500C/M + C80mm

近接アクセサリー なし


家に着くと、妻が「ちゃんと」帰っていました。
「どこに行ってたの?」
「うん、ちょっと、ぷらっとね…」

勿論、おいしかったです












〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category: HasselBlad|掲載日時:2018年07月03日 19時50分]

面白いと思ったらコチラをClick!56票


『逍遥』PENTAX 6×7

『逍遥』PENTAX 67[2019年10月16日]

『逍遥』PENTAX 6×7 『逍遥(しょうよう)』とは、気ままにぶらぶら歩くこと、 つまりは散歩です。 たとえば、天気の良い日に洗濯物を干していて、ふと出かけたくなり、ちょっとそこまで散歩をする。 こういったことを『逍遥』と呼ぶのだと個人的に解釈しています。 散歩よりもちょっとかっこいい存在です。 今回は筆者が『逍遥』に持ち出したカメラ、 PENTAX67をご紹介します。 ウッドグリップがあるとよりどっしりとした印象を受けます。 少し重量が増えますが、 このカメ...
続きを読む
ぼくらのズミクロン日記

【Leica】ぼくらのズミクロン日記Vol.1 ~ズミクロンS100!~[2019年10月15日]

We are summicron!! この連載は、マップカメラライカブティックのスタッフそれぞれがズミクロンへの愛を語るものです。 1954年に発売され、その性能の高さと描写力で世界のレンズ設計の基準を引き上げたとすら言われるLeicaレンズのレジェンド、ズミクロン。 今ではライカMマウント以外にも、Rマウント、Lマウント、Sマウント等様々なズミクロンが存在します。 十人十色ならぬ十本十個性の色々なズミクロンに対し、様々な角度でスポットを当てていきたいと思います。 幕開けを飾る記事は、...
続きを読む
【SONY】早秋の汀にて。

【SONY】早秋の汀にて。[2019年10月14日]

SONY α7S+SIGMA Contemporary 45mm F2.8 DG DN 焦点距離:45mm 絞り:F6.3 シャッタースピード:1/200秒 ISO:100 「早秋の汀にて。」 暑さが一段落して、秋深まりつつある今日この頃…。皆様、いかがお過ごしでしょうか。筆者は北の生まれなもので、夏のうだるような暑さは苦手です。まだまだ残暑厳しい日もありますが、朝晩の風に秋の気配を感じつつあります。 ふと、「秋の海」というものに興味を持ちました。 海水浴客で賑わう夏の海とは少し違う、趣のある風景に出会うため...
続きを読む
null

【Nikon】おやひこさま参り×Z7[2019年10月13日]

   9月中頃、少し遅めの夏休みを頂きましてNikon Z7にZ24-70mm F2.8をつけて、新潟県にあります越後国一宮・弥彦神社のお参りに行ってきました。  一の鳥居をくぐって左手に、神様しか通れないと言われている玉の橋があります。  平日にも関わらず、団体の参拝客の方々を見かけました。神社でお参りする際は二礼二拍一礼が一般的ですが、弥彦神社では二礼四拍一礼でお参りします。この形式は、出雲大社が有名です。  御神木である椎の大木。  お参りが終わった後は、ご本殿の背...
続きを読む
null

【Panasonic】巾着田を撮る。[2019年10月12日]

日高市内を流れる清流、高麗川(こまがわ)の蛇行により長い年月をかけてつくられ、 その形がきんちゃくの形に似ていることから、巾着田(きんちゃくだ)と呼ばれるようになりました。 ここ数年、通い続けて少しワンパターン化してきてしまったかな。 と思い行くのを躊躇していたのですが そういえばまだやったことがない事がある、と思って今年も行ってきました。 というわけで 焦点距離: 560mm 絞り:F4.0 / シャッタースピード:1/1000秒 / ISO:200 2019 巾着田を超望遠で撮る です。 ...
続きを読む