【SIGMA】Foveonと行く夏の北海道。 その2 | THE MAP TIMES 
Select Language



【SIGMA】Foveonと行く夏の北海道。 その2

[ Category:SIGMA|掲載日時:2018年07月27日 12時00分]

SIGMA dp0 Quattro


皆様こんにちは!
前回のブログはいかがでしたか?
引続き「釧路・知床」の旅の様子をお送りします。

朝が苦手なのでギリギリまで寝て、着いたのは市場の中。
「勝手丼」と呼ばれるゴージャスなものが朝ご飯です。

SIGMA dp3 Quattro


「勝手丼」とはネーミングの通り、自分の好きなネタを好きなお店で買って乗せる丼です。
北海道といえば海の幸を思い浮かべる方も多いでしょう。
ご想像の通り、もしくはそれ以上に新鮮な海の幸が目白押しです。

・ホタテ ・花咲ガニ ・幻のボタンエビ ・イワシ ・中トロ ・時鮭
朝からこんなものを食べられる幸せ…
ホタテの瑞々しい質感がよく出ています。見ているだけで思い出してお腹が空いてきます。

ちなみに、写真手前にいるシャケ。「時鮭(トキシラズ)」という時期物です。
鮭は産卵のため、秋に川に戻ってくるのが普通ですが、ちょっと早く夏に戻ってくる個体が稀にいます。
戻ってくる時期を間違えた「時を知らない鮭」ということでトキシラズと言われます。
一般的な鮭より脂のノリが良く、口の中で広がる風味が濃厚です。
ちなみに1尾を丸々買うと13000円~とか。新巻鮭なんかは5000円くらいだったと思うので超高級魚です。

SIGMA dp3 Quattro


幻のボタンエビと聞いて「幻…とな。」と、たまらず乗せました。
調べてみたら「ブドウエビ」というもので、取れる量が極端に少ないんだとか。
花咲ガニもタラバガニの近縁なので濃厚で歯ごたえのある食感がたまりません。
先のホタテに続き、カニのプリプリ感とエビの頭のギザギザなどよく表現できてます。

SIGMA dp0 Quattro


さて、お腹と心がいっぱいになったところで旅を再開!
摩周湖に来ました。「霧の摩周湖」なんて歌もあるくらいの有名な観光スポットです。
今回は「裏摩周」なる摩周湖の反対側に来てみました。
…霧の摩周湖どころか強風と雨です。こんなところで私の雨男ぶりが炸裂。
カメラがあっという間に雨で濡れ、左上の辺りがにじんだように写っています。
遠くを見渡そうにもこんな天気で何も見えなかったので看板をパシャリ。
濡れた木の質感再現が見事です。

SIGMA dp0 Quattro


雨が降り続く中、次に訪れたのは「神の子池」です。
摩周湖がアイヌ語で「カムイトー(神の湖)」と言われることと、
摩周湖からの雪解け水など、地下水が流れて出来た池であることから
神の湖の子供という意味で「神の子池」と呼ばれています。
コバルトブルーというんでしょうか、鮮やかで深い青が実に魅力的。
雨が降っていても水底まで透き通って見えるほど綺麗な場所です。
Foveonセンサーの色再現性も相まって感動的な描写です。

SIGMA dp0 Quattro


今日の〆は「知床国立公園」にて。
車を走らすうちに雨もすっかり上がり、雲は残るものの写真を撮るのにちょうどいいタイミングです。
空から光が降り注ぎ、RPGゲームだったら凄いのが出てきそうな雰囲気です。
この光の筋を「天使の梯子」と言うらしく、まさに絶景というに相応しい景色でした。
しばらく眺めてジーンと感動しながらここを後にしたのでした。

知床はこんなに端っこです。初めて来ました!

2日目の旅程はこんな感じです。星印の実家からずいぶん遠くまで来ました。

さて、次が最後です。
「釧路・網走」の旅、お楽しみに!







〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:SIGMA|掲載日時:2018年07月27日 12時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

Vol.1 ~Summicron 50mm F2 1st~ 【新元号令和、平成を振り返る】Leicaで撮るということ 2019年04月18日
平成も終わりかぁ。と思い 数年前に書いたブログを思い出しました。 【SONY】Leicaで撮るということ 当時はα7が発売され、 マウントアダプターでどんなレンズも付ける事が出来る。 という事に感激していた記憶があります。 Leicaで撮るということ、と書いておきながらカメラはSONYなんですが笑 Vol.1 ~Summicron 50mm F2 1st~ Vol.2 ~Summarit 50mm F1.5~ Vol.3 ~Summilux 75mm F1.4~ Vol.4 ~Summar 50mm F2.0~ Vol.5 ~Summarit-M 90mm F2.5 6bit~ Vo...
続きを読む
EOS620+EF 85mm F1.2L USM 【新元号令和、平成を振り返る】平成元年生まれのレンズと私 2019年04月17日
平成、それは FUJIFILM SUPERIA PREMIUM 400 平成、それは 私が生まれてから今に至るまでの全ての時間。 筆者は平成元年(1989年)9月生まれです。 私にとっては、景色や音楽、今までの記憶全てが平成そのものです。 平成の最後に、自分が生まれて最初に住んでいた街へ出かけておきたいと思い、 筆者がお供に選んだのがこちらです。 「Canon EOS 620」。 CanonがEOSを投入したのは1987年、 筆者が生まれた時、平成が始まった頃にはすでにEOSは世に登場していたのです。 このEOS 620...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】My Style Welinagara 【新元号令和、平成を振り返る】続・私だけの色で 2019年04月16日
自分が生まれた年号が終わろうとしている。 その事実に、未だに実感がわきません。 「ひょっとすると、平成はこれからも続いてゆくのではないか」とすら思っています。 ああ、今気が付きました。私は「平成」が好きだったのだと。 毎朝泣きながら保育園に行き、小学校のカレー早食い競争で一位をとり、中学校で初恋をし、高校でクルマに憧れ、社会人になってカメラを始めて…。 私の時間は、ずっと平成でした。 「新元号令和、平成を振り返る」というタイトルで連載しておりますブログ、今回のタイ...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】Canonの名機5D MarkIIと世界を歩く 【新元号令和、平成を振り返る】Canonの名機5D MarkIIと世界を歩く 2019年04月15日
スイス ゴルナーグラート展望台 新元号『令和』を迎えるにあたって、平成を振り返る。 遡るは10年ほど前、今回は私が平成20年ごろに練り歩いたヨーロッパの写真を振り返ります。 私の愛する名機『EOS 5D MarkII』とレンズ数本を抱えて3ヶ月間ヨーロッパ一周、12カ国の旅へ出発。 その時は若くまだお金がなくレンズはサードパーティでしたが、 EOS 5D MarkIIが私の旅路をしっかり記録してくれました。 オーストリア ザルツブルグ 映画サウンドオブミュージックの舞台として知られ...
続きを読む
【SONY】RX0 II「手のひらサイズの本格派4Kカメラ」 【SONY】RX0 II「手のひらサイズの本格派4Kカメラ」 2019年04月14日
手のひらサイズの1.0型センサー搭載カメラ「RX0」が更に進化してII型として新登場しました。 今回撮影した映像(4K再生可能です) 撮影設定:PP7「S-Gamut/S-Log2」/ATOMOS SHOGUN収録 カラーグレーディング済み 新たに可動式液晶・4K動画の本体内記録・電子手振れ補正などに対応。外観レビューや使い方は既にメーカーサイトや様々なメディアで取り上げられているので、今回はRX0 IIの4K性能を最大限引き出すべく、外部レコーダーを使用して4Kのテスト撮影を行いました。 小型が魅力のカメラで外部収録を...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]