【24人の24mm】イメージの拡大 | THE MAP TIMES 
Select Language



【24人の24mm】イメージの拡大

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2018年08月03日 20時30分]




イメージの拡大


「24㎜」という焦点距離はこれまで全く縁のないものでした。
これまでに使ったことがあるのは28mmまでで、それですら広すぎると思いすぐに使わなくなってしまいました。
それからかなりの時間が経ってしまったので、今回の企画を通じて改めて広角の焦点距離について考えてみようと思います。

今回使用したのはKOWA (コーワ) PROMINAR 12mm F1.8というレンズです。
KOWA (コーワ)というメーカーは製薬会社というイメージを持たれている方もいらっしゃるでしょう。
以前はカメラ販売も行っていて、現在は望遠鏡や双眼鏡などを併せて販売しています。
中判一眼レフのKowa Six(1968発売)あたりが有名でしょうか。

このレンズはマイクロフォーサーズ用の完全マニュアル方式です。
焦点距離が12mmなのはマイクロフォーサーズのセンサーサイズがフルサイズセンサーの2分の1であるためです。
綿密に加工された金属製の鏡筒は美しく、全3色ある中でも大胆なグリーンカラーがとても目を引きます。
オートフォーカスはできませんが、F1.8と広角レンズの中ではかなり明るいです。
今回はOLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M1 ボディ シルバーに装着して撮影しました。




OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M1 ボディ +KOWA (コーワ) PROMINAR 12mm F1.8(マイクロフォーサーズ用) グリーン


OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M1 ボディ +KOWA (コーワ) PROMINAR 12mm F1.8(マイクロフォーサーズ用) グリーン

風に揺れる柳と「吹き流し」を一枚ずつ。
広角レンズで上を見上げると被写体がダイナミックに写ります。




OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M1 ボディ +KOWA (コーワ) PROMINAR 12mm F1.8(マイクロフォーサーズ用) グリーン

広角とはいえ、このレンズは20㎝まで寄れるので標準レンズのような使い方もできます。




OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M1 ボディ +KOWA (コーワ) PROMINAR 12mm F1.8(マイクロフォーサーズ用) グリーン

公園の何の変哲もない分かれ道にここまで存在感を感じるとは思いませんでした。




OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M1 ボディ +KOWA (コーワ) PROMINAR 12mm F1.8(マイクロフォーサーズ用) グリーン

ワニの顔の主張が強いですが、トーテムポールの上の方まで歪みはほとんど見られません。




OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M1 ボディ +KOWA (コーワ) PROMINAR 12mm F1.8(マイクロフォーサーズ用) グリーン

ここまで寄っても歪みはほとんど見られず、ピント面はとてもシャープです。




OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M1 ボディ +KOWA (コーワ) PROMINAR 12mm F1.8(マイクロフォーサーズ用) グリーン

枝の隙間を中心に添えるか、枝の形を活かすか。
木々を下から見上げる写真は撮る人の性格が出るような気がします。





KOWA (コーワ) PROMINAR 12mm F1.8(マイクロフォーサーズ用) グリーン

E-M1と合わせるとかなりクラシカルな外見になります。
先に書いたとおり本レンズはマニュアル専用ですが、カメラのピーキング機能を使えばピント合わせは容易に行うことができました。
滑らかに動くリングの感触はクセになります。

ただ一つ注意点として、このレンズには電子接点が無いためカメラ側で絞りの確認ができず、もちろんデータも記録されません。
撮影データをしっかりと残しておきたい方はご注意ください。

撮影を始めたときはとにかく写る範囲が広いので被写体をどう収めればいいのか迷いましたが、
撮っていくにつれて自然と被写体が広がっていった、というかより多くのものを含めた全体としての形でとらえるようになりました。
被写体に十分近づけば広角のパース効果とレンズそのもののシャープさでその存在感を強調することもできます。


使い方次第で様々な表現ができる24㎜。
私と同じようにこれまで避けてきた方はぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。








▲△▲ マップカメラ24周年 フォトコンテスト開催中です!皆様のご応募お待ちしております! ▲△▲




今回使用した機材はこちら
OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M1 ボディ
KOWA (コーワ) PROMINAR 12mm F1.8(マイクロフォーサーズ用) グリーン





〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2018年08月03日 20時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【OLYMPUS】ほぼ一択の望遠レンズ 【OLYMPUS】ほぼ一択の望遠レンズ 2019年05月11日
今回ご紹介するのは、 オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PROです。 他社のフルサイズ機やAPS-Cサイズのシステムで、 普及タイプ以外の望遠ズームを探してみると、 70-200mm F2.8、70-200mm F4、70-300mm、100(80)-400mmなど、多くの選択肢があります。 しかしながら、オリンパスの望遠レンズはシステムのコンパクトさゆえ、 購入時も、使用時も、レンズ選びに迷う必要がほぼありません。 筆者は、このレンズを使うためにオリンパスを選んだといっても過言ではありませんでした。 使用...
続きを読む
M.ZUIKO DIGIAL 30mm F3.5 Macro 【OLYMPUS】どこでもマクロ 2019年05月09日
令和が始まり、約1週間が経ちました。 季節も5月と過ごし易い時期で、 写真を撮りに出掛けたくなるかと思います。 そう言った時、持ち出すレンズは 標準ズームレンズや標準単焦点レンズが多いかもしれません。 しかし、こちらのレンズを使って見るのも良いかもしれません。 「M.ZUIKO DIGIAL 30mm F3.5 Macro」 コンパクトなマクロレンズはとても使いやすく便利で面白いレンズです。 1/200秒 F8 ISO 200 小枝の幹の分かれ目を一枚。 普通に見ているとただの小枝ですが、レンズ越しですと ...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】魅惑のE-1 【新元号令和、平成を振り返る】魅惑のE-1 2019年04月29日
平成が終わるまであと一日。久しぶりに写真を見返しながらどんなカメラで撮っているかを見ていると、 今でも年に1回か2回必ずオリンパスのE-1で撮影していることに気が付いた。 オリンパス E-1が発売されたのが2003年。今から15年以上前のことである。自身が手に入れたのは2012年なので、その当時でもかなり古い機種であった。 E-1自体は何度も手に取っていたが、後継のE-3、および2012年当時のフォーサーズフラッグシップのE-5と比べるとセンサーも500万画素と少なく、CAMEDIAシリーズから受け...
続きを読む
null 【新元号令和、平成を振り返る】フォトキナ2008とマイクロフォーサーズ 2019年04月13日
今から遡ること、10年半ほど前。 既にカメラ業界に足を踏み入れていた私は「フォトキナ2008」を視察する機会を得たのでした。 ちなみに、撮影機材は「リコー R8」です。 フォトキナ直前に、パナソニックからマイクロフォーサーズ企画のデジタル一眼カメラ「LUMIX DMC-G1」が発表され 言わばミラーレス創生のタイミングであった訳ですが、市場的にはライブビュー専用機に懐疑的な見方がされ 小型で女性に受けるかなという程度の感覚で見られている方が多かったように思います。 「ミラーレス」...
続きを読む
OM-D E-M1 Mark II 【新元号令和、平成を振り返る】平成最後の桜とともに平成のカメラの進化を振り返る 2019年04月12日
ここ数年、桜の咲く時期はなぜか多忙なことが多く、 「今年は桜の写真は1枚も撮らなかった」という年も多くありました。 今年の春は、「平成最後」という、少し格別な思いがあるせいか、 桜の写真を撮る機会をいつもより持つことができました。 筆者は、昭和の終わり、高校生の頃に写真を撮り始めました。 当時、フイルムカメラ(キヤノン A-1)で、1枚1枚、丁寧に撮っていたことを思い出します。 そんな中、平成のカメラの歴史について思いをめぐらしていて、 あることに気がつき...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]