【24人の24mm】イメージの拡大 | THE MAP TIMES 
Select Language



【24人の24mm】イメージの拡大

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2018年08月03日 20時30分]




イメージの拡大


「24㎜」という焦点距離はこれまで全く縁のないものでした。
これまでに使ったことがあるのは28mmまでで、それですら広すぎると思いすぐに使わなくなってしまいました。
それからかなりの時間が経ってしまったので、今回の企画を通じて改めて広角の焦点距離について考えてみようと思います。

今回使用したのはKOWA (コーワ) PROMINAR 12mm F1.8というレンズです。
KOWA (コーワ)というメーカーは製薬会社というイメージを持たれている方もいらっしゃるでしょう。
以前はカメラ販売も行っていて、現在は望遠鏡や双眼鏡などを併せて販売しています。
中判一眼レフのKowa Six(1968発売)あたりが有名でしょうか。

このレンズはマイクロフォーサーズ用の完全マニュアル方式です。
焦点距離が12mmなのはマイクロフォーサーズのセンサーサイズがフルサイズセンサーの2分の1であるためです。
綿密に加工された金属製の鏡筒は美しく、全3色ある中でも大胆なグリーンカラーがとても目を引きます。
オートフォーカスはできませんが、F1.8と広角レンズの中ではかなり明るいです。
今回はOLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M1 ボディ シルバーに装着して撮影しました。




OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M1 ボディ +KOWA (コーワ) PROMINAR 12mm F1.8(マイクロフォーサーズ用) グリーン


OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M1 ボディ +KOWA (コーワ) PROMINAR 12mm F1.8(マイクロフォーサーズ用) グリーン

風に揺れる柳と「吹き流し」を一枚ずつ。
広角レンズで上を見上げると被写体がダイナミックに写ります。




OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M1 ボディ +KOWA (コーワ) PROMINAR 12mm F1.8(マイクロフォーサーズ用) グリーン

広角とはいえ、このレンズは20㎝まで寄れるので標準レンズのような使い方もできます。




OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M1 ボディ +KOWA (コーワ) PROMINAR 12mm F1.8(マイクロフォーサーズ用) グリーン

公園の何の変哲もない分かれ道にここまで存在感を感じるとは思いませんでした。




OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M1 ボディ +KOWA (コーワ) PROMINAR 12mm F1.8(マイクロフォーサーズ用) グリーン

ワニの顔の主張が強いですが、トーテムポールの上の方まで歪みはほとんど見られません。




OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M1 ボディ +KOWA (コーワ) PROMINAR 12mm F1.8(マイクロフォーサーズ用) グリーン

ここまで寄っても歪みはほとんど見られず、ピント面はとてもシャープです。




OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M1 ボディ +KOWA (コーワ) PROMINAR 12mm F1.8(マイクロフォーサーズ用) グリーン

枝の隙間を中心に添えるか、枝の形を活かすか。
木々を下から見上げる写真は撮る人の性格が出るような気がします。





KOWA (コーワ) PROMINAR 12mm F1.8(マイクロフォーサーズ用) グリーン

E-M1と合わせるとかなりクラシカルな外見になります。
先に書いたとおり本レンズはマニュアル専用ですが、カメラのピーキング機能を使えばピント合わせは容易に行うことができました。
滑らかに動くリングの感触はクセになります。

ただ一つ注意点として、このレンズには電子接点が無いためカメラ側で絞りの確認ができず、もちろんデータも記録されません。
撮影データをしっかりと残しておきたい方はご注意ください。

撮影を始めたときはとにかく写る範囲が広いので被写体をどう収めればいいのか迷いましたが、
撮っていくにつれて自然と被写体が広がっていった、というかより多くのものを含めた全体としての形でとらえるようになりました。
被写体に十分近づけば広角のパース効果とレンズそのもののシャープさでその存在感を強調することもできます。


使い方次第で様々な表現ができる24㎜。
私と同じようにこれまで避けてきた方はぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。








▲△▲ マップカメラ24周年 フォトコンテスト開催中です!皆様のご応募お待ちしております! ▲△▲




今回使用した機材はこちら
OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M1 ボディ
KOWA (コーワ) PROMINAR 12mm F1.8(マイクロフォーサーズ用) グリーン





〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2018年08月03日 20時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 【OLYMPUS】玉ボケ見つけた 2018年12月07日
OLYMPUS OM-D E-M10 + M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 アートフィルター:ポップアートI 絞り:F1.8 / シャッタースピード:1/30秒 / ISO:200 カレンダーが示す「師走」の文字。紅葉が幻だったように、街中に溢れる人口光。 無機質なものが多くなりますが被写体に事欠かないこの季節、私は大好きです。 この季節、何気なく撮っていると熱中してしまうのがイルミネーション。 イルミネーションの撮影時、玉ボケを副題にした写真を撮ることが私の日課。 映画のワンシーンのような表現ができる面白い...
続きを読む
OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0 【OLYMPUS】石と餃子の街へ 2018年11月16日
 11月も中旬、関東でも秋の気配が強くなり、上着が手放せなくなってきました。  そんな季節、今回は栃木県宇都宮へ。  宇都宮といえば、「大谷石」と「餃子」が有名。  駅前にも大谷石を使った「餃子のビーナス」が設置されています。  市の西部では「大谷石」の採掘場跡が多くみられ、岩肌の露出が目につきます。  内陸でもまるで海岸のような岩肌も見られます。  採掘場跡の岩壁に手彫りで彫刻された27mの平和観音。  そしてメディアでも話題の、大谷石採掘の歴史に...
続きを読む
【OLYMPUS】夏の終わりの小さな旅 【OLYMPUS】夏の終わりの小さな旅 2018年11月04日
箱根が呼んでいる……。 ふと、そんな気がしたので、OLYMPUS OM-D E-M5 MarkII+M.ZUIKO DIGITAL ED12-40mm F2.8 PROを持って、 ふらりと箱根へ向かいました。 そう、夏の終わりの小さな旅のはじまりです。 まずは、箱根神社へ。 今までの晴天が嘘のように、白い霧に包まれています。 ここはどこなんだ? 幻想的な雰囲気が漂います。 澄んだ空気を吸い込み、吐き出し、また吸い込む。 心落ち着く神聖な場所です。 森の中にあるポーラ美術館へ。 自然の光と緑に包ま...
続きを読む
【OLYMPUS】小さな獅子、孤高の青 【OLYMPUS】小さな獅子、孤高の青 2018年10月20日
■小さな獅子、孤高の青■ 気づけば秋風吹く季節。紅葉深まる今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。 小さい頃より野球好きな筆者は、プロ野球のクライマックスシリーズが何より気になります。平成も同じくクライマックスにさしかかろうとする中、圧倒的強さを誇る赤ヘル軍団、パ・リーグの黄色い若鷹軍団が見せる底力など、見どころ沢山です。 となると、自ずと絞られてくる一番気になる存在。誇り高き孤高の青、皆様もうお気づきでしょう。 走・攻・守、理想的バランスの布陣を敷く、あの存在。 ...
続きを読む
【OLYMPUS】E-1で行く。生田緑地ばら苑。 【OLYMPUS】E-1で行く。生田緑地ばら苑。 2018年10月14日
とある休日、神奈川県川崎市にある生田緑地ばら苑に行ってきました。 新宿から小田急線で揺られること約20分。 向ヶ丘遊園駅で降りて、駅からかつて向ヶ丘遊園まで走っていたモノレールの軌道沿い進み、 長い坂道を上り林を抜けると生田緑地ばら苑にたどり着きます。 歩く時間にして約20分。散歩にはちょうど良い距離です。 元々は駅名にもなっている向ヶ丘遊園内に設置されていたばら苑となります。 2002年の遊園地の閉園に伴い、生田緑地の一部として川崎市に引き継がれました。 ばら苑は...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]