【24人の24mm】イメージの拡大 | THE MAP TIMES 
Select Language



【24人の24mm】イメージの拡大

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2018年08月03日 20時30分]




イメージの拡大


「24㎜」という焦点距離はこれまで全く縁のないものでした。
これまでに使ったことがあるのは28mmまでで、それですら広すぎると思いすぐに使わなくなってしまいました。
それからかなりの時間が経ってしまったので、今回の企画を通じて改めて広角の焦点距離について考えてみようと思います。

今回使用したのはKOWA (コーワ) PROMINAR 12mm F1.8というレンズです。
KOWA (コーワ)というメーカーは製薬会社というイメージを持たれている方もいらっしゃるでしょう。
以前はカメラ販売も行っていて、現在は望遠鏡や双眼鏡などを併せて販売しています。
中判一眼レフのKowa Six(1968発売)あたりが有名でしょうか。

このレンズはマイクロフォーサーズ用の完全マニュアル方式です。
焦点距離が12mmなのはマイクロフォーサーズのセンサーサイズがフルサイズセンサーの2分の1であるためです。
綿密に加工された金属製の鏡筒は美しく、全3色ある中でも大胆なグリーンカラーがとても目を引きます。
オートフォーカスはできませんが、F1.8と広角レンズの中ではかなり明るいです。
今回はOLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M1 ボディ シルバーに装着して撮影しました。




OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M1 ボディ +KOWA (コーワ) PROMINAR 12mm F1.8(マイクロフォーサーズ用) グリーン


OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M1 ボディ +KOWA (コーワ) PROMINAR 12mm F1.8(マイクロフォーサーズ用) グリーン

風に揺れる柳と「吹き流し」を一枚ずつ。
広角レンズで上を見上げると被写体がダイナミックに写ります。




OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M1 ボディ +KOWA (コーワ) PROMINAR 12mm F1.8(マイクロフォーサーズ用) グリーン

広角とはいえ、このレンズは20㎝まで寄れるので標準レンズのような使い方もできます。




OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M1 ボディ +KOWA (コーワ) PROMINAR 12mm F1.8(マイクロフォーサーズ用) グリーン

公園の何の変哲もない分かれ道にここまで存在感を感じるとは思いませんでした。




OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M1 ボディ +KOWA (コーワ) PROMINAR 12mm F1.8(マイクロフォーサーズ用) グリーン

ワニの顔の主張が強いですが、トーテムポールの上の方まで歪みはほとんど見られません。




OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M1 ボディ +KOWA (コーワ) PROMINAR 12mm F1.8(マイクロフォーサーズ用) グリーン

ここまで寄っても歪みはほとんど見られず、ピント面はとてもシャープです。




OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M1 ボディ +KOWA (コーワ) PROMINAR 12mm F1.8(マイクロフォーサーズ用) グリーン

枝の隙間を中心に添えるか、枝の形を活かすか。
木々を下から見上げる写真は撮る人の性格が出るような気がします。





KOWA (コーワ) PROMINAR 12mm F1.8(マイクロフォーサーズ用) グリーン

E-M1と合わせるとかなりクラシカルな外見になります。
先に書いたとおり本レンズはマニュアル専用ですが、カメラのピーキング機能を使えばピント合わせは容易に行うことができました。
滑らかに動くリングの感触はクセになります。

ただ一つ注意点として、このレンズには電子接点が無いためカメラ側で絞りの確認ができず、もちろんデータも記録されません。
撮影データをしっかりと残しておきたい方はご注意ください。

撮影を始めたときはとにかく写る範囲が広いので被写体をどう収めればいいのか迷いましたが、
撮っていくにつれて自然と被写体が広がっていった、というかより多くのものを含めた全体としての形でとらえるようになりました。
被写体に十分近づけば広角のパース効果とレンズそのもののシャープさでその存在感を強調することもできます。


使い方次第で様々な表現ができる24㎜。
私と同じようにこれまで避けてきた方はぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。








▲△▲ マップカメラ24周年 フォトコンテスト開催中です!皆様のご応募お待ちしております! ▲△▲




今回使用した機材はこちら
OLYMPUS (オリンパス) OM-D E-M1 ボディ
KOWA (コーワ) PROMINAR 12mm F1.8(マイクロフォーサーズ用) グリーン





〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2018年08月03日 20時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

発売まであと2日 【OLYMPUS】OM-D E-M1X発売まであと2日!7-14mmを使ってみた。 2019年02月20日
E-M1X発売まで、あと2日! 今回は「E-M1X」と一緒に使用して頂きたいレンズの一つ PROシリーズの超広角ズームレンズ「M.ZUIKO 7-14mm F2.8 PRO」を E-M1 Mark IIで楽しんでみました。 E-M1Xを待ち遠しにしている皆様の暇を少しでも潰せたら幸いです。 水面に写る建物と実際の建物。 広角レンズならではのダイナミックさがあります。 また、太陽の方向からのゴースト現象も味を出してくれています。 また広角レンズの利点は最短撮影距離が短い事です。 その利点は狭い場所での被...
続きを読む
発売まであと3日 【OLYMPUS】OM-D E-M1X発売まであと3日!25mm F1.2 PROを使ってみた! 2019年02月19日
25mm F1.2 1/1000秒 ISO200 「OLYMPUS OM-D E-M1X」の発売に向けて、 「OM-D E-M1 Mark II」と「M.ZUIKO PROレンズ」を使用したブログの掲載です。 今回は「M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO」をご紹介いたします。 35mm判換算で約50mmに相当する標準レンズ。 ポートレート、街中スナップ、風景撮影、広い用途でお使い頂けます。 とても明るくAFも良好なので気軽に夜景撮影も楽しめます。 F1.2という明るい大口径レンズでありながら、僅か410gという軽量さと片手に収まるコンパ...
続きを読む
発売まであと5日 【OLYMPUS】OM-D E-M1X発売まであと4日!M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PROを使ってみた! 2019年02月18日
皆様こんにちは。 「もう...いくつねると...いーえむわん.........X! いよいよ今週発売を迎えるOM-D E-M1X。その性能を十二分に引き出すM.ZUIKO DIGITALレンズも注目の的です。 本日取り上げるのは、記念すべきPROレンズ第1号として生まれた「M.ZUIKO DIGITAL D 12-40mmF2.8 PRO」です。 発売された2013年11月当時、マイクロフォーサーズ用レンズはお手頃価格のラインナップが注目される反面、本格仕様を望むハイエンド層のユーザーにとっては物足りない側面がありました。 本レン...
続きを読む
発売まであと5日 【OLYMPUS】OM-D E-M1X発売まであと5日!45mm F1.2 PROを使ってみた! 2019年02月17日
45mm F1.2 1/60秒 ISO200 本日のレンズは「M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.2 PRO」です。 35mm判換算で約90mmの中望遠レンズでF1.2の大口径! 大きく柔らかいボケを味わえるポートレートレンズとしてその地位を確立しています。 45mm F1.2 1/80秒 ISO200 「ポートレートレンズ」と言った以上はポートレートで使わねば!と思い、 以前もマップタイムズに出演してもらった知人のべっぴんさんに頼んで撮らせてもらいました。 45mm F1.2 1/15秒 ISO250 スケジュール的にタイトだ...
続きを読む
発売まであと6日 【OLYMPUS】OM-D E-M1X発売まであと6日!300mm F4 PROを使ってみた! 2019年02月16日
OLYMPUS E-M1 MarkⅡ + M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO 換算600mm | F4.0 | 1/200 | ISO125 OM-D E-M1X発売まであと6日!300mm F4 PRO 本日のレンズは「M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO」です。 35mm判換算で約600mm相当の超望遠レンズ。F値は4・・・ フルサイズ機で600mm F4のレンズを用いて撮影をしようとすると、サイズ、重量、価格ともにビックになります。 しかしながら、マイクロフォーサーズ用のこのレンズは軽量コンパクトで価格も控えめです。 今回はそんな...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]