SIGMA A 105mm F1.4 DG HSM 最強ポートレートレンズ | THE MAP TIMES 
Select Language



SIGMA A 105mm F1.4 DG HSM 最強ポートレートレンズ

[ Category:SIGMA|掲載日時:2018年08月23日 17時20分]





Canon EOS 5D MarkIV+SIGMA Art 105mm F1.4 DG HSM
F1.4 1/100 ISO-125

先日、東京駅近辺にて友人とポートレート撮影をしてきました。
とても暑い日でしたが、東京駅近辺はポートレートにうってつけの撮影地が沢山あったので、
二人で撮影に夢中で楽しい一日となりました。



Canon EOS 5D MarkIV+SIGMA Art 105mm F1.4 DG HSM
F1.4 1/500 ISO-100

とろけるようなボケ味とキレのあるピントがSIGMA Artならではの魅力です。
今回のArt 105mm F1.4、他社にも負けないこの解像力にとても惚れ惚れしました。
背景のビルの描写も湾曲することなく、真っ直ぐと綺麗に写されています。
ピントも素早く手前の被写体にしっかり合い、非常に快適な撮影を味わえました。



Canon EOS 5D MarkIV+SIGMA Art 105mm F1.4 DG HSM
F1.4 1/1000 ISO-100

この時の撮影日時は7月前半の17時30分。
左側から射し込んだ西日がレフ板代わりとなり、モデルを美しく表現しました。
あえて花形フードを外して撮影しましたが、
強い西日の中でもフレア・ゴーストに影響されず驚きました。

スーパーマルチレイヤーコートの採用により、フレア・ゴーストの対策が徹底されています。



Canon EOS 5D MarkIV+SIGMA Art 105mm F1.4 DG HSM
F1.4 1/1250 ISO-100

手前の手すりのボケ方と奥のビルの滑らかなボケ方に注目してください。
周辺光量落ちや色収差もさほど気にならず、四隅から中央まで美しく描写されています。



Canon EOS 5D MarkIV+SIGMA Art 105mm F1.4 DG HSM
F1.4 1/125 ISO-125

東京駅前にて、背景に様々な物が映るように撮影。
背景と距離を離すことで、被写体が浮き出て美しく強調されます。
キレのある写りが特徴であるSIGMAだからこそ獲られる描写です。



Canon EOS 5D MarkIV+SIGMA Art 105mm F1.4 DG HSM
F8 1/125 ISO-2000





Canon EOS 5D MarkIV+SIGMA Art 105mm F1.4 DG HSM
F1.4 1/500 ISO-100 ※トリミング画像



Canon EOS 5D MarkIV+SIGMA Art 105mm F1.4 DG HSM
F8 1/125 ISO-800 ※トリミング画像

分かりやすくするためにビル写真の一部をトリミングし、F値を変えて撮影。
建物画像はF値を絞って撮影すると建物の線のディテールが強調され、より美しく表現できます。



Canon EOS 5D MarkIV+SIGMA Art 105mm F1.4 DG HSM
F1.4 1/250 ISO-100

最後は東京駅前にてパシャリ。
105mmという画角のお陰で、遠くの背景が引き寄せられて印象的な背景となりました。
駅前にはたくさんの人が居ましたが、大きくボケるので背景に写っても全く気になりません。

SIGMAがこだわりぬいて製作した、Art 105mm F1.4。
業界最高とも言われている解像力の高さ。
そこに加えて最小限まで抑えられた、周辺光量落ち、色収差、フレア・ゴースト。
今回私が撮影した中で、周辺光量落ち、色収差、フレア・ゴーストがほとんど気にならず非常に驚きました。
24mm・35mm・50mm・85mmと、様々なSIGMAのArtシリーズを使用しましたが、一番収差を抑えているのが105mmだと思います。

唯一気になる所が重さで、やはり他のレンズとの兼ね合いも考えなければならず、女性の私が持ち歩くには少し大変でした。
しかしあまりにも美しく撮影できるので、知らない内に気にならなくなっていました。
息を飲むような、惹き込まれるような非常に美しい解像力。
ぜひ、お客様のその手で味わって下さい。



↓今回使用した機材はコチラ!↓











〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓


[ Category:SIGMA|掲載日時:2018年08月23日 17時20分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null LEICA Boutique ~MapCamera Shinjuku~ 6th Anniv. 2019年02月20日
この度ライカブティックMapCamera Shinjuku は、本日2月20日にオープン6周年を迎えることとなりました。 これもひとえにお客様おひとりおひとりのご愛顧あってのことと心より御礼を申し上げます。 これからもご期待にお応えできるよう、スタッフ一丸となって皆様に愛されるお店にして参りたいと思います。 今後とも末永いお付き合いのほどよろしくお願いいたします。 ライカブティックでは様々なライカを実際に手に取り お座りいただきながらゆったりと製品をご覧いただけるカウンターもご用意...
続きを読む
【SONY】まもなく発売 α6400!! 【SONY】まもなく発売 SONY α6400!! 2019年02月20日
いよいよ注目の新機種SONY α6400が 2月22日発売となります。今回は進化したその性能を改めて整理してみました!! まずは注目のAF性能。α6000シリーズ最速の最速0.02秒を実現したAF速度と、被写体を確実に捉え続けるリアルタイムトラッキング。 加えて撮像エリアの約84%をカバーする425点の位相差AFセンサーを高密度に配置。像面位相差センサー測距点の数については、α6500・α6300は同様となりますが、コントラストAF枠をα6300の169点から425点に多分割化されており、より高性能なAFになっています。 ...
続きを読む
K-1+HD FA35mm F2 【PENTAX】FA35mmF2の進化 2019年02月20日
『smc PENTAX-FA35mmF2AL・HD FA35mmF2』 PENTAX K-1+HD FA 35mm F2 1/400 f/2 ISO100 PENTAXファンの皆様、お待たせいたしました。 FA35mmF2にHDコーティングを採用したという、今週新発売のHD FA35mmF2。 誰もが気になっているであろうこと、 なぜこのレンズをリニューアルする必要があったのか… 今回一足早く新旧の描写を比較してみたところ、すぐにその答えが見えてきました。 その魅力をお伝えしたいと思います。 まずは外観の比較をご覧くださいませ。 PENTAX K-1 + smc PENT...
続きを読む
発売まであと2日 【OLYMPUS】OM-D E-M1X発売まであと2日!7-14mmを使ってみた。 2019年02月20日
E-M1X発売まで、あと2日! 今回は「E-M1X」と一緒に使用して頂きたいレンズの一つ PROシリーズの超広角ズームレンズ「M.ZUIKO 7-14mm F2.8 PRO」を E-M1 Mark IIで楽しんでみました。 E-M1Xを待ち遠しにしている皆様の暇を少しでも潰せたら幸いです。 水面に写る建物と実際の建物。 広角レンズならではのダイナミックさがあります。 また、太陽の方向からのゴースト現象も味を出してくれています。 また広角レンズの利点は最短撮影距離が短い事です。 その利点は狭い場所での被...
続きを読む
【Leica】私のライカライフ~S~ 【Leica】私のライカライフ ~S~ 2019年02月19日
平素よりマップカメラをご愛顧賜りまして、誠に有難うございます。 お陰様でライカブティック MapCamera Shinjukuは、2月20日にオープン6周年を迎えます。 LEICA Qチタングレー等の豪華賞品が貰えるLEICA SMILE PHOTO CONTESTの開催や、 LEICA M10用のサムレストレバーなど、ワクワク盛り沢山でお送りしております。 さて、そんなワクワクの中の一つ(になれたらいいな)の「私のライカライフ」ですが、今回はスタッフEがお送りいたします。 使用機材はLEICA S(Typ007)とLEICA S-E、組み合わせたレ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]