SIGMA A 105mm F1.4 DG HSM 最強ポートレートレンズ | THE MAP TIMES 
Select Language



SIGMA A 105mm F1.4 DG HSM 最強ポートレートレンズ

[ Category:SIGMA|掲載日時:2018年08月23日 17時20分]





Canon EOS 5D MarkIV+SIGMA Art 105mm F1.4 DG HSM
F1.4 1/100 ISO-125

先日、東京駅近辺にて友人とポートレート撮影をしてきました。
とても暑い日でしたが、東京駅近辺はポートレートにうってつけの撮影地が沢山あったので、
二人で撮影に夢中で楽しい一日となりました。



Canon EOS 5D MarkIV+SIGMA Art 105mm F1.4 DG HSM
F1.4 1/500 ISO-100

とろけるようなボケ味とキレのあるピントがSIGMA Artならではの魅力です。
今回のArt 105mm F1.4、他社にも負けないこの解像力にとても惚れ惚れしました。
背景のビルの描写も湾曲することなく、真っ直ぐと綺麗に写されています。
ピントも素早く手前の被写体にしっかり合い、非常に快適な撮影を味わえました。



Canon EOS 5D MarkIV+SIGMA Art 105mm F1.4 DG HSM
F1.4 1/1000 ISO-100

この時の撮影日時は7月前半の17時30分。
左側から射し込んだ西日がレフ板代わりとなり、モデルを美しく表現しました。
あえて花形フードを外して撮影しましたが、
強い西日の中でもフレア・ゴーストに影響されず驚きました。

スーパーマルチレイヤーコートの採用により、フレア・ゴーストの対策が徹底されています。



Canon EOS 5D MarkIV+SIGMA Art 105mm F1.4 DG HSM
F1.4 1/1250 ISO-100

手前の手すりのボケ方と奥のビルの滑らかなボケ方に注目してください。
周辺光量落ちや色収差もさほど気にならず、四隅から中央まで美しく描写されています。



Canon EOS 5D MarkIV+SIGMA Art 105mm F1.4 DG HSM
F1.4 1/125 ISO-125

東京駅前にて、背景に様々な物が映るように撮影。
背景と距離を離すことで、被写体が浮き出て美しく強調されます。
キレのある写りが特徴であるSIGMAだからこそ獲られる描写です。



Canon EOS 5D MarkIV+SIGMA Art 105mm F1.4 DG HSM
F8 1/125 ISO-2000





Canon EOS 5D MarkIV+SIGMA Art 105mm F1.4 DG HSM
F1.4 1/500 ISO-100 ※トリミング画像



Canon EOS 5D MarkIV+SIGMA Art 105mm F1.4 DG HSM
F8 1/125 ISO-800 ※トリミング画像

分かりやすくするためにビル写真の一部をトリミングし、F値を変えて撮影。
建物画像はF値を絞って撮影すると建物の線のディテールが強調され、より美しく表現できます。



Canon EOS 5D MarkIV+SIGMA Art 105mm F1.4 DG HSM
F1.4 1/250 ISO-100

最後は東京駅前にてパシャリ。
105mmという画角のお陰で、遠くの背景が引き寄せられて印象的な背景となりました。
駅前にはたくさんの人が居ましたが、大きくボケるので背景に写っても全く気になりません。

SIGMAがこだわりぬいて製作した、Art 105mm F1.4。
業界最高とも言われている解像力の高さ。
そこに加えて最小限まで抑えられた、周辺光量落ち、色収差、フレア・ゴースト。
今回私が撮影した中で、周辺光量落ち、色収差、フレア・ゴーストがほとんど気にならず非常に驚きました。
24mm・35mm・50mm・85mmと、様々なSIGMAのArtシリーズを使用しましたが、一番収差を抑えているのが105mmだと思います。

唯一気になる所が重さで、やはり他のレンズとの兼ね合いも考えなければならず、女性の私が持ち歩くには少し大変でした。
しかしあまりにも美しく撮影できるので、知らない内に気にならなくなっていました。
息を飲むような、惹き込まれるような非常に美しい解像力。
ぜひ、お客様のその手で味わって下さい。



↓今回使用した機材はコチラ!↓











〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓


[ Category:SIGMA|掲載日時:2018年08月23日 17時20分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【増税前にデビュー】はじめましてEOSRP 【増税前にデビュー】はじめましてEOSRP 2019年09月19日
はじめましてフルサイズミラーレス。 今回は増税前にデビューという題材で書かせていただきます。 去年から各メーカーで次々と発表され、怒涛の人気を誇っているフルサイズミラーレスカメラ。 キヤノンからもEOS RとEOS RPの2種類が出ています。 今回は私のオススメ、EOSRPについてご紹介させていただきます。 私のEOSRPデビューは夏が始まる少し前です。 初めて手にしたときに女性の手にも収まる大きさと軽さ。 しかしグリップは握りやすく構えやすいカメラだと思いました。 ファインダーでも画...
続きを読む
null 【MapTimes】One More Times!! vol.4【巾着田】 2019年09月18日
THEMAPTIMES。 更新は毎日。 マップカメラのスタッフが機材の感想、ちょっとした豆知識や体験談を添えて 撮影した写真などをご紹介させていただいております。 月に30本以上掲載されるので 月初に掲載されたブログも月末には見にくくなってしまい勿体ない、、、 と思ったのでもう少しだけ目に留まるようにしたく 不規則ではありますが何本かをピックアップさせていただくことにしました。 今回のキーワードは今まさに旬の「巾着田」 赤い花の絨毯はまさにこの世のものとは思えない景色です。 Ma...
続きを読む
ILCE-9 + SEL200600G 【増税前にデビュー】航空祭にミラーレスを持ち出して 2019年09月18日
はじめてのα9とSEL200600G ☆9/19写真追加しました☆ 【 1/1000 | F8 | ISO400 】 9/16(月)は石川県小松市にある、航空自衛隊小松基地で航空祭がありました。 マップカメラをご愛顧頂いている皆様も、行かれた方はいらっしゃるのではないでしょうか。 【Nikon D500 + AF-S 200-400mm F4 VR】 さて筆者は航空祭といえば、 長らくNikon D500、つまり一眼レフを持ち出して撮影してきたのですが、 今回はずっと試してみたかったカメラ、そして初めて触るレンズで挑戦してきました。 ...
続きを読む
TL2と行く。 【増税前にデビュー】TL2と行く。 2019年09月17日
ここ1ヵ月くらい、関西の方へ、その先へと 足を延ばすことが多かったです。 夜行バスに飛び乗り京都へ行ったり 目的地を鳥取県、某砂丘にしレンタカーを走らせたり。 (帰りはレンタカーの返却リミットが迫りタイムアタックな 帰路となり、あまりゆっくりはできませんでした) 今回使用したレンズは、 ライカ・スクリューマウントのNikkor 50mm F1.4です 口径には当時の呼び名(日本光学)で NIPPON KOUGAKUと刻まれているレンズです。 ズマリット50mm F1.5を気にかけていましたが ...
続きを読む
【増税前にデビュー】スーパーマクロレンズの世界 【増税前にデビュー】スーパーマクロレンズの世界 2019年09月16日
今回は、スーパーマクロレンズにデビューしてみました。 上の写真は皆さんも日頃から目にしている「ある物」をクローズアップして撮影したものです。 何を撮影したものか分かりますでしょうか。 その「ある物」とは、ボールペン(0.5mm)です。 比較用に等倍撮影が可能なフルサイズ対応、標準マクロレンズで撮影してみます。 SONY α7III + SONY FE 50mm F2.8 Macro 次は今回の撮影に使用する最大倍率4.5:1のマクロレンズ 中一光学 「FREEWALKER 20mm F2 SUPER MACRO 4-4.5:1」(最短撮影距離は約...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]