【Canon】新システムEOS R~ ①EOS Rのポイント~ | THE MAP TIMES 
Select Language



【Canon】新システムEOS R~ ①EOS Rのポイント~

[ Category:Canon|掲載日時:2018年09月12日 10時45分]


Canon EOS R
EOS Rのポイント
RFレンズとアダプター
ライバル機とのスペック比較

満を持して登場したキヤノンのフルサイズミラーレスカメラ『EOS R』。
今までとは異なる全く新しい「RFマウント」が採用され、それに伴い4種類のレンズと4種類のマウントアダプターも発表されました。
EOS Rのポイントは?ライバル機との違いは?などEOS Rシステムの魅力にマップカメラが迫ります!

EOS Rシステム3つのポイント

EOS Rシステム3つのポイント
大口径マウント
①大口径マウント
EFマウントと同じ54mm径の大口径マウントを継承することで、コンパクトかつ高い光学性能を誇るレンズを作ることが可能となりました。
※マウント径は同じですが、EFレンズをそのまま装着することは出来ません。
ショートバックフォーカス
②ショートバックフォーカス
RFレンズの性能を最大限に発揮させるためには、ショートバックフォーカスの採用が不可欠でした。その結果、ミラーレス構造を選択。これにより、光学設計の自由度を高められるだけでなく、一眼レフでミラーのあった空間を光学的に有効利用できるようになり、カメラとレンズ共に小型化させることに成功しました。
新マウント通信システム
③新マウント通信システム
12ピンの電子接点を採用することで、EFマウントと比べて通信速度が飛躍的に向上。(EFマウントは8ピン)フォーカス、ズーム、絞り、手ブレ補正、諸収差などのレンズ情報を、瞬時にカメラ側へ伝達することができます。
また、カメラ内のデジタルレンズオプティマイザを「する」に設定していても連続撮影時に速度低下することなく高度な光学補正が可能となっています。

約3030万画素・高性能35mmフルサイズCMOSセンサー

約3030万画素・高性能35mmフルサイズCMOSセンサー
高画素と高感度・低ノイズ化を両立した、自社開発・生産の約3030万画素・35mmフルサイズCMOSセンサーを搭載。
RFレンズに対応した光学設計の最適化を図り、高い解像力を実現しています。また、フルサイズという大型センサーが、RFレンズの美しいボケ味を引き出します。さらに、豊かで滑らかな階調表現を可能とする広いダイナミックレンジも実現しています。

静止画で最大5段分の手ブレ補正「デュアルセンシングIS」

静止画で最大5段分の手ブレ補正「デュアルセンシングIS」
揺れ検出のアルゴリズムが一眼レフのEOSから進化。
レンズのジャイロセンサーに加え、カメラのCMOSセンサーの画像情報からブレ量を検出。2つの情報を比較解析することで、レンズ側で検出できなかったブレも高精度に検知、補正可能に。レンズの光学ISと合わせて最大5段分を達成しました。

先進の画像処理性能、DIGIC 8

先進の画像処理性能、DIGIC 8

映像エンジンDIGIC 8搭載。
CMOSセンサーとの相乗効果により、高画素と高感度・低ノイズ化を高次元で両立しました。常用ISO感度は静止画撮影時でISO100〜40000をカバーします。
高感度性能とIS効果の連携で、手持ち撮影の可能性はさらに拡大。上の写真のように、夜の街並みや薄暗い室内など、光量の少ないシーンでもこれまで以上に鮮明な1枚に仕上げます。

一瞬の光さえ見逃さない。世界最速AF0.05秒を達成。

一瞬の光さえ見逃さない。世界最速AF0.05秒を達成。
キヤノンが開発した高精度・広範囲AFシステム「デュアルピクセルCMOS AF」は、EOS Rでさらに進化。35mmフルサイズカメラにおいて世界最速である0.05秒を達成しました。
AF精度や追尾性能も進化。輝度、色、顔の2次元の情報に加え、奥行き情報を活用し、より高性能な追尾AFを実現しました。
一瞬の光さえ見逃さない。世界最速AF0.05秒を達成。
最高約8.0コマ/秒の連続撮影を実現。さらに、測距可能エリアはEOSフルサイズ最大の横約88%×縦約100%に拡大。
AFエリア任意選択時のAFフレーム選択可能ポジションはなんと“5655”!画面の広い範囲をきめ細かいピッチで移動・選択可能です。

世界初!AF低輝度合焦限界-6EV

世界初!AF低輝度合焦限界-6EV

驚きの-6EVでのAFを実現(静止画撮影時・F1.2・中央測距点・ワンショットAF・常温・ISO100)。暗いシーンでも高精度なAF撮影を行うことが可能です。
高性能な電子ビューファインダーとの相乗効果により、 光学ファインダーでは捉えることの叶わなかった被写体にも対応することが出来るようになりました。

抜群の操作性とデザイン

約369万ドットの高精細EVF
約369万ドットの高精細EVF
約0.76倍のファインダー倍率を誇る高精細なビューファインダーは、ファインダー内縦表示が可能。いかなるシーンでも快適に撮影を行うことを可能とします。
マルチファンクションバー
マルチファンクションバー
スライド操作と左右のタップ操作、3つのアクションにISO、ホワイトバランス、ピント確認、動画撮影、フレキシブルAE、AF、画像送りを任意に割り当てられる新機能。 仕様頻度の高い複数の設定をワンハンドかつ少ない動作で実行可能。また、無音で操作できるので動画撮影時にも便利です。
バリアングル液晶
バリアングル液晶
タッチパネル対応のバリアングル液晶モニターを採用。ロー&ハイアングル撮影が快適に行えます。EVFと使い分けることで、さまざまなシチュエーションに柔軟に対応できます。
EOS初、Fvモード(フレキシブルAE)
EOS初、Fvモード(フレキシブルAE)
シャッタースピード、絞り、ISO感度をAUTOにしたPモード(プログラムAE)の状態から、任意の数値を個別に変更できるモード。Fvモードから切り替えることなく、P/Tv/Av/Mモードをシームレスに移行可能です。
上部にドットマトリクス表示パネルを採用
上部にドットマトリクス表示パネルを採用
さまざまな撮影設定表示に切り替えられるドットマトリクス表示パネルを採用。電源OFF状態でも露出モードを常時表示することができます。
信頼性抜群のシャッター
信頼性抜群のシャッター
メカシャッターの耐久性は約20万回を達成。レンズ交換をする際のCMOSセンサーへのゴミやホコリの侵入を防ぐため、電源OFF時はシャッターが閉じる仕様となっています。
また、サイレントシャッター機能も搭載されているので無音撮影も可能としています。
軽量化と堅牢性の両立
軽量化と堅牢性の両立
各所にシーリングを施した防塵・防滴構造はもちろん、放熱性に優れたマグネシウム合金をボディーおよび内部構造に採用。
高強度でありながら軽量化も兼ね備えた作りをしています。

4K・UHD、新時代EOSムービー

4K・UHD(3840×2160)に加え、フルHD60p、HD120p、4Kタイムラプス動画を記録可能。
4K動画の1フレームを、約830万画素(3840×2160)の画像としてjpegで保存する4Kフレーム切り出しも楽しむことができます。ファインダーを覗いたままでも動画撮影が行えるため、液晶モニターへの光の反射が気になる日中撮影にも便利です。

RFレンズとアダプター編はこちら




〓〓新製品〓〓

[ Category:Canon|掲載日時:2018年09月12日 10時45分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【写真を楽しむ6月】気軽に持ち出して 2019年06月26日
小柄なパートナー Nikon FM2 【FUJICOLOR 100】 ここ数年近く、 小柄なものを中心にフィルムカメラの人気が再燃しています。 気軽に持ち出しやすく、 ファッション性も高い、 スマホで得られるデジタルな絵柄とは異なるものが撮れる、 こういったところが人々を惹きつけるのでしょうか。 小柄なフィルムカメラといっても、 レンズ交換できるものとそうでないものがあります。 今回はレンズ交換できる小柄なフィルムのなかでも、 定番中の定番、 各所で初心者の方々にもよくオススメさ...
続きを読む
【写真を楽しむ6月】九十九神と旅を 【写真を楽しむ6月】九十九神と旅を 2019年06月25日
【写真を楽しむ6月】と言うタイトルで連載しておりますブログ、本日は私スタッフEがお送りいたします。 突然ですが皆様、「トランスルーセントミラーテクノロジー」をご存知でしょうか? 古くはキヤノンのペリックスなどにも採用されていた透過ミラーを使用し、入射光を撮像センサーと専用位相差AFセンサーの両方に導くという画期的なシステムです。 今回はその技術を搭載し、時代を先取りした名機である「SONY α99Ⅱ」に「Vario-Sonnar T*24-70mm F2.8 ZA SSM SAL2470Z」をマウントして、福島県へ旅に行...
続きを読む
【写真を楽しむ6月】GoPro HERO7 ~ 立体 4K Drive ~ 【写真を楽しむ6月】GoPro HERO7 ~ 立体 4K Drive ~ 2019年06月24日
目の前に広がる世界とかけがえのない瞬間 【立体 4K Drive】 【GoPro HERO7のHyperSmooth機能】 GoPro HERO 7で最も注目すべき機能は「HyperSmooth」と呼ばれるジンバル並みの手ぶれ補正機能です。 この機能はスタビライゼーション機能と呼ばれ、いわゆる手ブレ補正機能の役目で驚異的な滑らかな動画を実現します。 実際の走行映像は愛車に乗って上から下へ、下から上へまた左から右へ、右から左へとまるで迷路に迷い込んでしまったような感覚で、一度入ったら抜け出す事の出来ない出口の見えない立...
続きを読む
写真展のご案内 〜 『第49回 ミノックス写真展』 写真展のご案内 〜 『第49回 ミノックス写真展』 2019年06月24日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは - 『第49回 ミノックス写真展』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
初夏の森を歩く 【写真を楽しむ6月】初夏の森を歩く 2019年06月23日
私はよく森を散歩するのですが、カメラを持って森に入ると色々な発見に出会えます。 焦点距離:106mm 絞り:f5.6 シャッタースピード:1/60秒 ISO:100 森といえば木漏れ日。 至る所に射し込む光が森の木々をより一層幻想的にしてくれています。 焦点距離:18mm 絞り:f9.0 シャッタースピード:1/60秒 ISO:100 池、もしくは沼と言うべきでしょうか。 森の妖精でも現れそうな雰囲気です。 焦点距離:250mm 絞り:f9.0 シャッタースピード:1/60秒 ISO:100 この光景には頬が緩...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]