運動会には MicroFourThirds | THE MAP TIMES 
Select Language



運動会には MicroFourThirds

[ Category:etc.|掲載日時:2018年09月14日 18時45分]


静止画も動画もキレイ

運動会は年に一度の貴重なイベント!失敗できない大切なシーンだからこそ、スマホではなく「良いカメラ」で撮影したいものです。
今回は初心者でも使いやすく、長時間の撮影でも疲れにくい小型・軽量のマイクロフォーサーズカメラを紹介いたします。


手ぶれ補正

高速連写

高精細ファインダー

動画機能

高速連写と速いAFで決定的瞬間を逃さない!
強力な手ぶれ補正で失敗カットも減らすハイスペック機

OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II Panasonic LUMIX DC-G9 PRO
撮りたい瞬間を逃さない新機能「プロキャプチャーモード」も搭載し、撮影者に必要なスペックがギュッと詰まった一台。像面位相差AFにも対応したデュアルファストAFは、動く被写体をより確実に捉えます。メカシャッターでの連写も速く、動体撮影に優れたモデルです。 握りやすい大きなグリップにAFスティックを搭載するなど、操作性に優れています。大きな有機ELファインダーは解像度も高く、発色も綺麗です。また上部にサブ液晶が搭載されているので、各設定値が一目瞭然。メイン液晶の表示もスッキリし、一眼レフと似た感覚で撮影できます。
お得なオリジナル
レンズセットもございます!

E-M1 Mark IIのショッピングはこちら


お得なオリジナル
レンズセットもございます!

G9 PRO のショッピングはこちら




気になる描写力は「エビフォト」&「Kasyapa」でご確認ください。
OM-E E-M1 Mark II エビフォト LUMIX G9 PRO エビフォト
OM-D E-M1 Mark II Kasyapa LUMIX G9 PRO Kasyapa


上位モデルのハイスペックをよりコンパクトに
Wi-Fi搭載でスマートフォンにかんたん接続&シェア

OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II Panasonic LUMIX DC-GX7 Mark III
雨中での撮影も可能にする防塵・防滴ボディに、5軸手ぶれ補正で“ぶれない高画質”を実現。最新のテクノロジーが機動力に優れたボディーに凝縮されています。さらにファームウェアアップグレードにより、最新機能の追加も可能。常に最高の状態で撮影が楽しめます。 GXシリーズが誇る小型高品位デザインを継承・進化し、直感操作のさらなる向上を実現。チルト式大型・高精細ファインダーは、応答速度が速く動きの速い被写体もしっかりとらえます。4K PHOTOなど連写機能も豊富で、一瞬の決定的な場面を、一 枚の感動的な写真に仕上げます。
E-M5 Mark IIのショッピングはこちら

GX7 Mk3 のショッピングはこちら

OM-D E-M5 Mark II Kasyapa LUMIX GX7 Mk3 Kasyapa


運動会におすすめの軽量望遠レンズ



便利な高倍率ズームレンズでズーム全域で開放絞り値F4を実現


小型・軽量10倍ズームレンズ 滑らかで静かなAFは動画撮影にも最適


600mm相当の迫力あるショットが狙える小型・軽量の超望遠ズームレンズ


高い機動性が魅力の超望遠ライカDGズームレンズ

レンズ一覧はこちら


運動会におすすめのアクセサリー

メモリーカード・予備バッテリー

運動会では数時間にわたる撮影や連写を頻繁に使うため、大容量メモリーカードと予備バッテリーのご用意を強く推奨します。メモリーカードは性能を表す「Class(クラス)10」がおすすめ。高速連写や動画撮影等、書き込みの速さを必要とする場合でも安定します。



クリーニングキット

砂埃が舞うグランドでの撮影では、簡易清掃用のクリーニングキットがあると便利です。突然の雨による泥ハネや、食事をこぼしてしまった時などの万が一に備えましょう。



ロングストラップ

お弁当やレジャーシートなど荷物が多くなってしまう際には、たすき掛けできる長めのストラップが重宝します。長さが調整できるストラップであれば、体に密着させることもでき、カメラを下げたまま走ることも可能です。



一脚

大型機材を使用する際は、一脚があると便利です。三脚ほど場所を必要としないので、周りの方の邪魔になりません。
ただし場所によっては、使用が禁止される場合がありますので、事前にご確認ください。







〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:etc.|掲載日時:2018年09月14日 18時45分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

更なる進化を遂げた "超高画素" Phaseone XF IQ4 【PhaseOne】更なる進化を遂げた "超高画素" Phaseone XF IQ4 2019年03月19日
すっかり春の陽気も近付いて参りました。 皆様いかがお過ごしでしょうか? 前回ご紹介したPhaseone IQ3 Trichromaticは 非常に大きな反響を頂き、ありがとうございます! なかなか見ることのできない1億画素機の写真というだけあって 多くのお客様にその衝撃が伝わったと思います。 そして昨年発表され、更なる高画素化を行ったPhaseone IQ4。 なんと今回、PhaseOne Japan様から貴重なこのボディと Schneider 40-80mm LS F4.0-5.6+120mm LS F4.0 macroレンズをお借りして "1億5000万画素"...
続きを読む
写真展のご案内 〜 衝動『8人の写真家たち』~ 写真展のご案内 〜 衝動『8人の写真家たち』~ 2019年03月19日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 衝 動 『8人の写真家たち』 です。 是非足をお運び下さい。 asamiranda/koichi73/佐々木龍一/信夫良介/田河新平/TOSHIO/ZUI/140 会期:2019年3月22日(金)- 24日(日) 会場:gem(東京都目黒区中目黒1-9-18)
続きを読む
【Leica】控え目な実力派中望遠 ELMARIT-M 90mm F2.8 【Leica】控え目な実力派中望遠 ELMARIT-M 90mm F2.8  2019年03月18日
Leica ELMARIT-M 90mm F2.8 長い間、ライカの90mmという焦点距離をSummicronとともに担ってきたElmarit 90mm F2.8。 Summaritの登場とともにその役目を終えましたが、やはり「エルマリート」という優しい響きは、それ自体に魅力があります。 個人的にも「ズミクロン」よりも「エルマリート」という名前が好きで、このレンズを選んだ節があります。 今回は、SONY α7RIIとLeica ELMARIT-M 90mm F2.8 E46 フード組込の組み合わせで撮影しました。 ライカMシステムとの違いは、やはりカメラ内手振れ...
続きを読む
Carl Zeiss Batis 40mm F2 CF 【CarlZeiss】潮風とBatis 40mm F2 CF 2019年03月18日
潮風を感じたくて横浜へ向かった。 装着したレンズはBatis 40mm F2 CF。一枚目に撮ったのは白い巡視船。大きな船の横で、小さなゴムボートが波間を進んでいく。 空を見上げると赤レンガ倉庫と建設中のビルが見える。刻一刻と変わる時の中で、完成したビルが風景に溶け込むのは、何年後のことだろうか。 大桟橋には大型客船が止まっていた。これから長い旅に向かうのか、それとも長い旅を終えてきたのか。遠くからではわからない。 リズミカルに並ぶオブジェを横浜税関の建物が見...
続きを読む
写真展のご案内「ETHER」-エーテル- ゼラチンシルバープリントによるモノクロームの植物群~ 写真展のご案内 〜「ETHER」-エーテル- ゼラチンシルバープリントによるモノクロームの植物群~ 2019年03月18日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 「ETHER」-エーテル- ゼラチンシルバープリントによるモノクロームの植物群 です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む

[↑TOPへ戻る]