【OLYMPUS】秋の夜長はOM-D? | THE MAP TIMES 
Select Language



【OLYMPUS】秋の夜長はOM-D?

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2018年09月15日 10時00分]






皆様こんにちは。
フルサイズミラーレスがさらなる熱を帯びている今日この頃。
筆者もフルサイズミラーレスを愛用していますが、ちょっとした撮影に用いるときには、少し大げさかもと思うことがあります。

そんなとき役立つのが、マイクロフォーサーズのカメラ。
今はOM-D E-M1 Mark IIを使っていますが、その前は先代のOM-D E-M1を使って、メモ用途や日常の様々なシーンを撮影しまくっています。

空気が澄み始めるこの季節、ついつい撮影したくなるのが夜空。
先代のE-M1から愛用している機能の一つである「ライブコンポジット」を使って、澄んだ夜空を星でいっぱいにしてみようと、日々試行錯誤しています。


null
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL 8mm F1.8 PRO Fisheye
8mm | SS 8sec. | F3.5 | ISO200


手に入れたばかりのOM-D E-M1 Mark IIを使って、初ライブコンポジット。
8秒間の露光を5分ほど繰り返していたところ、雲がスーッと画面を横断していきました。
最初狙っていた写真とは違う結果ですが、これはこれでありか。ポジティブに考えて、次の一枚を狙ってみようかなと思います。



null
OLYMPUS OM-D E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL 12-40mm F2.8 PRO
14mm | SS 30sec. | F7.1 | ISO200



先代のE-M1で撮影した、模範的とも言うべきライブコンポジットの一枚。
北極星から距離が離れるにしたがって、星の軌跡も長くなっていきます。



null
OLYMPUS OM-D E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL 12-40mm F2.8 PRO
35mm | SS 5sec. | F7.1 | ISO800


トリコロールカラーにライトアップされたスカイツリーと、北北東の空をセットに撮った一枚。
建築物を静とするなら、星の軌跡は動といったところでしょうか。
ライブコンポジットならではの変化を楽しめる構図、ぜひ一度チャレンジしてみてください。



null
OLYMPUS OM-D E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL 40-150mm F2.8 PRO
150mm | SS 1sec. | F7.1 | ISO200


ライブコンポジットは、星空以外にも応用できるのが面白いポイント。
5分ほど露光をしていますが、1枚1枚の露光時間は1秒にすぎないので、画面全体の明るさは維持できています。
車のテールライトを捉えるために長時間露光していても、画面全体は露光オーバーにならないので、このような場面で大変重宝します。



null
OLYMPUS OM-D E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL 40-150mm F2.8 PRO
52mm | SS 2sec. | F7.1 | ISO200


長崎市の稲佐山から撮影した市街地。
薄明の頃から露光スタートしたことで、空がきれいなブルーになりました。
ライブコンポジットは明るく変化した部分を記録していく機能なので、どんどん暗くなっていくシーンでは、空の色を残しながら夜景を撮る、なんてテクニックも簡単に行えます。



秋の夜長を撮り尽くす 嗚呼おもしろい OM-D...。

皆様も秋の夜長をお楽しみください。




▼今回の使用したは機材はこちら▼




〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓



[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2018年09月15日 10時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

新品・中古デジタルカメラ人気ランキング 2018年11月 新品・中古デジタルカメラ人気ランキング 2018年12月12日
新品デジカメ11月ランキング 1位 Canon EOS R ミラーレス一眼カメラ 2位 SONY α7III ミラーレス一眼カメラ 3位 Nikon Z6 ミラーレス一眼カメラ 4位 FUJIFILM X-T3 ミラーレス一眼カメラ 5位 SONY Cyber-shot DSC-RX100M6 コンパクトデジタルカメラ 6位 SONY α7RIII ミラーレス一眼カメラ 7位 Nikon Z7 ミラーレス一眼カメラ 8位 OLYMPU...
続きを読む
上田晃司写真展 写真展のご案内 ~ 『上田晃司写真展 " THE CONTRAST "』 2018年12月12日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 上田晃司 写真展 - 『THE CONTRAST 香港灯り物語』 - です。 今回の作品は、全てNikon Z7、Z6、D850で撮影されたものです。 ドラマチックな香港の灯りと、ニコンフルサイズ機の高画質が楽しめます。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
Nikon Z6 【Nikon】Z6、アダプターとアポズミクロン75mmのスウィーツ 2018年12月12日
スウィーツ 02 師走になり、寒い日もちらほらある様子のこの頃。 Nikon Z6が発売してから、早くも二週間ほど経ちつつあります。 見やすいEVFや、特化した動画機能などを搭載し、 オールラウンド機種として大変ご好評をいただいております。 そんな中、Zマウントに対応するマウントアダプターも徐々に各社から発売され始めました。 とりわけ、Zマウントは後述する理由で、様々なメーカーのレンズを使用することができます。 今回は、そんなアダプターを介して撮影した写真をお披露目し...
続きを読む
null 【Voightlander】MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 2018年12月11日
...weil das Objektiv so gut ist (訳:なぜならレンズがとてもいいから) オーストリアのウィーンで創業した世界最古の光学メーカーと言われている フォクトレンダー社の有名なキャッチフレーズ。 今なおその血は脈々と受け継がれ、日本のコシナが フォクトレンダーブランドの製品を作り続けています。 今回はそのフォクトレンダーブランドから新たに発売された「MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5」をご紹介。 α7RIII+MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 ss1/200 F2.5 ISO100 「フォクトレ...
続きを読む
【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 【CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート 2018年12月10日
SONY α7III + CarlZeiss Batis 40mm F2 CF F2 1/40 ISO-200 SONY α7III + CarlZeiss Batis 135mm F2.8 F2.8 1/200 ISO-8000 先月発売したばかりで注目を浴びている「Batis 40mm F2 CF」 ポートレートによく使われる「Batis 135mm F2.8」 この2本を使用してポートーレート作例を撮影してきました。 冬のポートレートらしく、イルミネーション背景をメインとして撮影してきましたが、そのボケ具合はどのようにして表現されるのでしょうか。 今回使用したカメラは全てSONY α7IIIです。 ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]