【OLYMPUS】秋の夜長はOM-D? | THE MAP TIMES 
Select Language



【OLYMPUS】秋の夜長はOM-D?

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2018年09月15日 10時00分]






皆様こんにちは。
フルサイズミラーレスがさらなる熱を帯びている今日この頃。
筆者もフルサイズミラーレスを愛用していますが、ちょっとした撮影に用いるときには、少し大げさかもと思うことがあります。

そんなとき役立つのが、マイクロフォーサーズのカメラ。
今はOM-D E-M1 Mark IIを使っていますが、その前は先代のOM-D E-M1を使って、メモ用途や日常の様々なシーンを撮影しまくっています。

空気が澄み始めるこの季節、ついつい撮影したくなるのが夜空。
先代のE-M1から愛用している機能の一つである「ライブコンポジット」を使って、澄んだ夜空を星でいっぱいにしてみようと、日々試行錯誤しています。


null
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL 8mm F1.8 PRO Fisheye
8mm | SS 8sec. | F3.5 | ISO200


手に入れたばかりのOM-D E-M1 Mark IIを使って、初ライブコンポジット。
8秒間の露光を5分ほど繰り返していたところ、雲がスーッと画面を横断していきました。
最初狙っていた写真とは違う結果ですが、これはこれでありか。ポジティブに考えて、次の一枚を狙ってみようかなと思います。



null
OLYMPUS OM-D E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL 12-40mm F2.8 PRO
14mm | SS 30sec. | F7.1 | ISO200



先代のE-M1で撮影した、模範的とも言うべきライブコンポジットの一枚。
北極星から距離が離れるにしたがって、星の軌跡も長くなっていきます。



null
OLYMPUS OM-D E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL 12-40mm F2.8 PRO
35mm | SS 5sec. | F7.1 | ISO800


トリコロールカラーにライトアップされたスカイツリーと、北北東の空をセットに撮った一枚。
建築物を静とするなら、星の軌跡は動といったところでしょうか。
ライブコンポジットならではの変化を楽しめる構図、ぜひ一度チャレンジしてみてください。



null
OLYMPUS OM-D E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL 40-150mm F2.8 PRO
150mm | SS 1sec. | F7.1 | ISO200


ライブコンポジットは、星空以外にも応用できるのが面白いポイント。
5分ほど露光をしていますが、1枚1枚の露光時間は1秒にすぎないので、画面全体の明るさは維持できています。
車のテールライトを捉えるために長時間露光していても、画面全体は露光オーバーにならないので、このような場面で大変重宝します。



null
OLYMPUS OM-D E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL 40-150mm F2.8 PRO
52mm | SS 2sec. | F7.1 | ISO200


長崎市の稲佐山から撮影した市街地。
薄明の頃から露光スタートしたことで、空がきれいなブルーになりました。
ライブコンポジットは明るく変化した部分を記録していく機能なので、どんどん暗くなっていくシーンでは、空の色を残しながら夜景を撮る、なんてテクニックも簡単に行えます。



秋の夜長を撮り尽くす 嗚呼おもしろい OM-D...。

皆様も秋の夜長をお楽しみください。




▼今回の使用したは機材はこちら▼




〓〓タイムズフォト〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓



[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2018年09月15日 10時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【新元号令和、平成を振り返る】フィルムカメラからデジタルカメラへ 【新元号令和、平成を振り返る】フィルムカメラからデジタルカメラへ 2019年04月20日
初めて意識的に写真を撮ったのは18歳でした。高校を卒業し、進路がバラバラになる友人達を撮るためにフィルムのコンパクトカメラで撮影をしていました。 それから写真を撮るようになり、アルバイトをしてNikon FM10と50mmを購入。 ボディは壊れるまで使いました。 当時はカメラと言えばフィルムカメラの時代で、進学先で出来た友人達やライブハウスで撮影したりする日々を送っていました。 その頃から「ロンドンの街をフィルムで撮りたい」という夢があり、2016年にお休みをいただいて渡英。 ...
続きを読む
【SONY】遂に始動!驚愕の動物リアルタイム瞳AFの実力!(実写作例多数掲載) 【SONY】遂に始動!驚愕の動物リアルタイム瞳AFの実力!(実写作例多数掲載) 2019年04月19日
SONY α7III(動物リアルタイム瞳AF) + SEL100400GM 2019年4月11日 α9に続いてα7RIII、α7IIIの大規模アップデートが実施されました。 今回のアップデートでは初めて動物を対象にしたリアルタイム瞳AFが搭載されました。 ペットを飼っている方は待望の機能、待っていた方も多かったと思います。 実際の使い勝手はどうなのか? 本当に瞳にAFが合うようになるのか? そんな疑問にお答えすべく、今回は動物リアルタイム瞳AFにスポットを当てて行きたいと思います。 筆者はロングコートチワワ(白)...
続きを読む
SIGMA MC-21 【SIGMA】マウントコンバーターMC-21発売開始! 2019年04月19日
フルサイズミラーレスLマウントユーザーのお客様、大変お待たせいたしました。 使用できる交換レンズ数が広がる大好評のマウントコンバーター「MC-21」、本日発売開始です! ラインナップがまだまだ限定的なLマウントにあって、既に発売されているEFマウントレンズやSAマウントレンズを取り付けられます。これは素晴らしい。 2019年4月19日時点で、対応を謳うレンズは以下の通りです。 【35mmフルサイズ】 12-24mm F4 DG HSM | Art 14-24mm F2.8 DG HSM | Art 24-35mm F2 DG HSM | A...
続きを読む
或る日のT2 【新元号令和、平成を振り返る】或る日のT2 2019年04月19日
関東では桜の見頃が過ぎ、だんだんと日が伸び、 吹く風もすがすがしい季節になってまいりました。 さて「平成を振り返る」をテーマに弊社スタッフがこのブログを書いております。 皆様にとってはどんな日々でしたでしょうか。 私は平成生まれなので、人生のすべてが平成の思い出ということになります。 先日久しぶりに父とじっくり話す機会がありました。 私が今、フィルムカメラにはまっている話をしたところ、 父がおもむろに昔使っていた【CONTAX T2】を引っ張り出してきました。 ...
続きを読む
Vol.1 ~Summicron 50mm F2 1st~ 【新元号令和、平成を振り返る】Leicaで撮るということ 2019年04月18日
平成も終わりかぁ。と思い 数年前に書いたブログを思い出しました。 【SONY】Leicaで撮るということ 当時はα7が発売され、 マウントアダプターでどんなレンズも付ける事が出来る。 という事に感激していた記憶があります。 Leicaで撮るということ、と書いておきながらカメラはSONYなんですが笑 Vol.1 ~Summicron 50mm F2 1st~ Vol.2 ~Summarit 50mm F1.5~ Vol.3 ~Summilux 75mm F1.4~ Vol.4 ~Summar 50mm F2.0~ Vol.5 ~Summarit-M 90mm F2.5 6bit~ Vo...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]