2018年9月 新品・中古デジタルカメラ人気ランキング | THE MAP TIMES 
Select Language



2018年9月 新品・中古デジタルカメラ人気ランキング

[ Category:etc.|掲載日時:2018年10月09日 11時30分]






新品デジカメ9月ランキング
1位 FUJIFILM X-T3 デジタル一眼カメラ
2位 Nikon Z7 デジタル一眼カメラ
3位 SONY α7III デジタル一眼カメラ
4位 Panasonic LUMIX DC-G9 PRO デジタル一眼カメラ
5位 Canon EOS Kiss M デジタル一眼カメラ
6位 SONY α7RIII デジタル一眼カメラ
7位 SONY Cyber-shot DSC-RX100M6 コンパクトデジタルカメラ
8位 Nikon COOLPIX P1000 コンパクトデジタルカメラ
9位 OLYMPUS Tough TG-5 コンパクトデジタルカメラ
10位 Nikon D850 デジタル一眼レフカメラ

FUJIFILM X-T3


お待たせしました。 大注目の9月の新品ランキング!
SONY α7III を、6ヶ月守ってきた1位の座から引きずり下ろしたのは、やはり話題の新製品たち。
1位に FUJIFILM X-T3、10数台差で2位に Nikon Z7 という結果になりました。

発売日がおよそ1週間ほど早かった X-T3 の作戦勝ち?栄えある初登場1位を獲得しました。
新開発のセンサーと高速画像処理エンジンを搭載。AF性能も大幅に向上し、動体撮影や動画撮影にも十二分の性能を発揮します。
また、人気の「フィルムシュミレーション」機構に微細な表現まで可能にする「モノクロ調整」機能を加えるなど、初代 X-T1 から堅実に進化を遂げている X-T3、巷でフルサイズ機が大きな話題となる中でも根強い支持を得ています。

続いて、X-T3 とは対極的に、まったくの新規参戦機種として登場の Nikon Z7。
その話題性から、当然1位を獲得するだろうと思っていたファンも多かったはず…

永年一眼レフ機で培ってきた高い技術は勿論、Nikon こだわりの操作性や耐久性能をしっかりと踏襲しつつ、初のカメラ内センサーシフト式VR機構の搭載や電子シャッターを使用するサイレント撮影が可能になるなど、ミラーレス機ならではの技術もふんだんに取り入れた、まさに全部盛りのカメラです。

3位には、新製品2機種にすっかり押されてしまった SONY α7III ……、と思ったら大間違い。実は2位 Z7 との差は、ほんの僅かでした。
今月の目玉ともいえる、大注目の2機種にまったく引けを取らない人気ぶり。元祖フルサイズミラーレスの強さは、やはり一日の長ありか?!

4位以下のランキングも、面白い顔ぶれとなりました。
まずは、前回同様4位の Panasonic LUMIX DC-G9 PRO。Panasonic としては、本当に久しぶりのランキング常連機となりました。
強力なボディ内手ブレ補正機構と迅速なAF機能を、バランスに優れた堅牢なボディに収めたハイスペックカメラです。

5位には Canon EOS Kiss M。話題のフルサイズミラーレス EOS R の発売前に、あれ? という気もしますが、やはりこのコンパクトさは大きな魅力。メーカーのキャッシュバックキャンペーンも始まり、人気に拍車がかかりました。

Z7 の衝撃の前に少し影がかすんでしまった感もありますが、同じく9月新発売の Nikon COOLPIX P1000 が8位にランクイン。
なんといっても光学125倍ズーム、35㎜判換算で24㎜から3000㎜相当という、信じられないようなズーム性能の持ち主です。
時期をずらせば、もっと注目度を集めたような気がするだけに勿体無い印象です。

そんな新製品2機種に本当に押されてしまったのか、主力機 D850 がギリギリの10位。
そして、Canon EOS 5D Mark IV、EOS 6D Mark II も、ランク外に…
これが、時代の波か?! 10月は、さらに EOS R という波もやってきます。はたして一眼レフ機の運命は?
次回も目が離せない新品ランキングです!




中古デジカメ9月ランキング
1位 Canon EOS 5D Mark IV デジタル一眼レフカメラ
2位 Canon EOS 6D デジタル一眼レフカメラ
3位 FUJIFILM X-T2 デジタル一眼カメラ
4位 SONY α7II デジタル一眼カメラ
5位 FUJIFILM X100F コンパクトデジタルカメラ
6位 SONY α7RIII デジタル一眼カメラ
7位 SONY α7RII デジタル一眼カメラ
8位 SONY α7III デジタル一眼カメラ
9位 OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II デジタル一眼カメラ
10位 Canon EOS 5D Mark III デジタル一眼レフカメラ

Canon EOS 5D Mark IV


新品部門での心配をよそに、Canon が昨年11月以来の1位獲得、さらにはワンツーフィニッシュを達成しました。
10位にも食い込み、ランク内3機種。ランク外20位まで見ると、12,13,14位もCanon勢が獲得しています。

対するNikonは…
なんと、17位 D810 までいかないと、名前が出てきません。これは異常事態?!
皆様の注目を、すっかり Z7 に取られてしまったということでしょうか?
我々もまったく予想していなかった展開です。

これまで圧倒的人気を誇っていた SONY α7II の上、3位には FUJIFILM X-T2 がランクイン。
これは、新製品 X-T3 の好評ぶりをみれば納得できます。
やはり買い換えで X-T2 の中古在庫が増えたことが、結果的に販売台数の増加につながったようです。

同じくこれまで新品部門で好調だった X100F が、中古部門で5位に入ったのは少し意外なところ。
これまでかなりの台数が販売されましたので、そろそろ買取に出される方も増えたということでしょうか。

4位に落ちた SONY α7II。それでもSONY勢は相変わらず好調です。
キャッシュバックキャンペーンにより、新品の売り上げも好調な α7RIIIが、中古部門でも6位に。
結果として10位以内に4機種が入りました。

さて、まだまだ続く新製品ラッシュ。中古部門にどのような風を吹き込むか、次回もお楽しみに!!




[ Category:etc.|掲載日時:2018年10月09日 11時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【Leica】ネコとM9 【Leica】ネコとM9 2018年10月23日
最近は休みの日がことごとく悪天候…。 家にこもって猫をひたすら撮っております。 今回の写真はすべてLeica M9 + Leica Summicron 50mm F2 2nd。 さっと構えて、露出とピントを合わせて、パチリ。 リズミカルでほどよいフィーリングのカメラです。 また、このLeica M9はCCDセンサー。 COMSセンサーと比較してこってりとした色のり。 独特な世界観を表現してくれます。 写真はすべて撮って出しです。 Leica Summicron 50mm F2 2ndは透明感のある描写。 今回使用したLeica M9です...
続きを読む
布施直樹写真展 "Dead man walking" 写真展のご案内 ~ 『布施直樹写真展 "Dead man walking"』 2018年10月22日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは - 『布施直樹写真展 "Dead man walking"』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
【SONY】つれづれ猫散歩。 【SONY】つれづれ猫散歩。 2018年10月22日
var forcia_var = { JAN_CODE: "4548736001657,4905524934786" ,LIMIT: "28" ,SELL:"used" ,SORT:"random" ,NO_SHOW:"subtitle,rating,review,icon_sp" ,GadgetType:"medium" ,DISP_PAGE_LINK: "1" };
続きを読む
【Nikon】 COOLPIX P1000の"3000mm"の世界 【Nikon】 COOLPIX P1000の"3000mm"の世界 2018年10月21日
2018年9月14日についに発売された世界最高の光学125倍ズームを実現 したコンパクトデジタルカメラ『Nikon COOLPIX P1000』を購入いたしました。 重量約1415g、サイズ的もD850と変わりないので、何を持ってコンパクト を名乗るのかというところではありますが、その性能は3年前に発売した P900の最大2000mmを上回る3000mmの世界を映すことができる怪物マシンです。 このカメラは3年間の間、光学83倍ズームという大台を抜かれることがなかった (並んだカメラは海外では出ていましたが)『P900』...
続きを読む
【OLYMPUS】小さな獅子、孤高の青 【OLYMPUS】小さな獅子、孤高の青 2018年10月20日
■小さな獅子、孤高の青■ 気づけば秋風吹く季節。紅葉深まる今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。 小さい頃より野球好きな筆者は、プロ野球のクライマックスシリーズが何より気になります。平成も同じくクライマックスにさしかかろうとする中、圧倒的強さを誇る赤ヘル軍団、パ・リーグの黄色い若鷹軍団が見せる底力など、見どころ沢山です。 となると、自ずと絞られてくる一番気になる存在。誇り高き孤高の青、皆様もうお気づきでしょう。 走・攻・守、理想的バランスの布陣を敷く、あの存在。 ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]