【OLYMPUS】E-1で行く。生田緑地ばら苑。 | THE MAP TIMES 
Select Language



【OLYMPUS】E-1で行く。生田緑地ばら苑。

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2018年10月14日 12時20分]



とある休日、神奈川県川崎市にある生田緑地ばら苑に行ってきました。

新宿から小田急線で揺られること約20分。
向ヶ丘遊園駅で降りて、駅からかつて向ヶ丘遊園まで走っていたモノレールの軌道沿い進み、
長い坂道を上り林を抜けると生田緑地ばら苑にたどり着きます。
歩く時間にして約20分。散歩にはちょうど良い距離です。

OLYMPUS E-1&ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

元々は駅名にもなっている向ヶ丘遊園内に設置されていたばら苑となります。
2002年の遊園地の閉園に伴い、生田緑地の一部として川崎市に引き継がれました。

ばら苑は年2回、春と秋に公開され、春はおよそ805種3,300株、秋はおよそ625種2,900株のバラを見ることができます。
今年の公開は11月4日日曜日までとなっています。

今回のバラ撮影に用意したのは、OLYMPUS E-1とZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro。

OLYMPUS E-1は2003年10月にオリンパスのフラッグシップフォーサーズ機として発売されました。
画素数は500万画素と時代を感じさせますが、搭載されたコダック製のCCDセンサーとオリンパスの色づくりは、
ほかの機種にはない魅力を今でも放っております。


OLYMPUS E-1&ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

残念ながら生憎の曇り空。ただ、影が出にくいので花の撮影にはちょうどいいです。
苑内綺麗に整備されていて、品種毎に名前の札がついています。


OLYMPUS E-1&ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

まず目についたのが「フラグラント・クラウド」。日本語に訳すと「香りの雲」だそうです。近づくとバラの香りが広がっています。


OLYMPUS E-1&ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

イングリッド・バーグマンという名前は映画「カサブランカ」や「誰が為に鐘は鳴る」などで知られる女優に由来しているとのこと、ビロードのような花びらがとても美しいです。


OLYMPUS E-1&ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

今度は「スーパースター」という品種です。マクロで接写するとオレンジ色がボケの中に溶けていきます。


OLYMPUS E-1&ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

淡いピンクに包まれているのが「ミシェル メイアン」。花の名の由来は、作成者のフランシス・メイアン夫妻の娘の名前だそうです。


OLYMPUS E-1&ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

幾重にも花を重ねる「セプタード・アイル」というバラは、シェークスピアの歴史劇「リチャード2世」のセリフに由来するそうで「王が治める島」という意味です。

このほかにも、たくさんのバラがありゆっくりと楽しむことが出来ました。生田緑地ばら苑は都心からも近く、沢山のバラを楽しめるスポットです。
開園期間は11月4日日曜日までとなりますので、秋のお散歩にいかがでしょうか。

〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓


[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2018年10月14日 12時20分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

OLYMPUS×favorite 【私のお気に入り】OLYMPUS × favorite 2019年07月31日
『私のお気に入り』 改めて言われると中々絞れないものです。 なので今回は私のお気に入りOLYMPUSについてご紹介します。 重さや撮影状況においてノンストレスを求めていた時に、このメーカーに出会いました。 旅行からちょっとしたお出かけでも使えるコンパクトなミラーレス機。 水辺や山等での撮影時になくてはならない防塵防滴。 オリンパスならではの色鮮やかに写す高画質。 出逢ってから手に馴染むまで時間は掛かりませんでした。 PEN-F+SIGMA C56mmF1.4DCDNf/2.8 1/400sec ISO-400 PE...
続きを読む
null 【私のお気に入り】E-M1 MarkIIで花を撮る 【OLYMPUS】 2019年07月26日
今年になり、筆者は OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII を手に入れました。 すでに幾度かこの機種で撮影した写真をこのブログに掲載させていただきましたが、 お気に入りといえばやはりこの1台になってしまいます。 今まで所有してきたカメラの中で比較しても、個人的には使いやすさは一番ではないかと思います。 理由として、まず、グリップの握りが深く、心地よくホールディングができること。 長時間の撮影でも疲れを感じさせません。 操作時、各ダイアル、ボタンへの指の移動が小さくて済...
続きを読む
null 【OLYMPUS】写真を撮ろう!OM-D E-M1X 2019年07月06日
こんにちは。蒸し暑い日々が続いております。 最近カメラの湿気対策で、ドライボックスを購入しました。 さて、みなさんはどんな写真を撮影しますか。風景や人物、そして夜景など、自分が主に何を撮っているのか。 「自分がよく撮る写真はこれです。」なんて言ってみたいものです。 私はまさに「これが好きだ。」、「これを撮りたい。」を探している最中です。 というのも、カメラを手にしてまだ半年にも満たない中、カメラにかける時間も限られるのですが、頭の中には次に撮ってみたいものが色々...
続きを読む
【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 【写真を楽しむ6月】OLYMPUS OM-4 とちょっとそこまで 2019年06月17日
とある平日の午後。東京都東村山市にある北山公園菖蒲苑に行きました。 北山公園菖蒲苑は東村山駅から徒歩で20分ほど。八国山緑地を背景にした自然公園です。 毎年6月上旬から中旬にかけ、300種、8,000株の花菖蒲が開花し、新東京百景にも選ばれています。 この日、首から下げたのは、OLYMPUS OM-4TiとE.ZUIKO AUTO-T 100mm F2.8の組み合わせ。 コンパクトなボディとレンズは、動き回る撮影にぴったりです。 OM-4Tiは1986年に発売され、電子制御布幕横走りフォーカルプレーンシャッターを持...
続きを読む
null 【写真を楽しむ6月】Tokyo Reflection 2019年06月15日
  筆者は昔から、建物のガラスなどに「反射した光」に惹かれ、 気が付けばカメラを向けていることが多くありました。 梅雨に入り、曇りがちの天気が続いております。 晴天のようなドラマチックな光線状態は望めません。 そんな中、「反射した光=Reflection」をテーマに最近撮影した写真を集めてみました。 東京タワーは昔から好きな被写体です。 普通に撮影すると平凡になってしまうため、ビルのガラスに反射する姿を狙ってみました。 道端の道路標識が、車のヘッドライトに照らさ...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]