【OLYMPUS】E-1で行く。生田緑地ばら苑。 | THE MAP TIMES 
Select Language



【OLYMPUS】E-1で行く。生田緑地ばら苑。

[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2018年10月14日 12時20分]



とある休日、神奈川県川崎市にある生田緑地ばら苑に行ってきました。

新宿から小田急線で揺られること約20分。
向ヶ丘遊園駅で降りて、駅からかつて向ヶ丘遊園まで走っていたモノレールの軌道沿い進み、
長い坂道を上り林を抜けると生田緑地ばら苑にたどり着きます。
歩く時間にして約20分。散歩にはちょうど良い距離です。

OLYMPUS E-1&ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

元々は駅名にもなっている向ヶ丘遊園内に設置されていたばら苑となります。
2002年の遊園地の閉園に伴い、生田緑地の一部として川崎市に引き継がれました。

ばら苑は年2回、春と秋に公開され、春はおよそ805種3,300株、秋はおよそ625種2,900株のバラを見ることができます。
今年の公開は11月4日日曜日までとなっています。

今回のバラ撮影に用意したのは、OLYMPUS E-1とZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro。

OLYMPUS E-1は2003年10月にオリンパスのフラッグシップフォーサーズ機として発売されました。
画素数は500万画素と時代を感じさせますが、搭載されたコダック製のCCDセンサーとオリンパスの色づくりは、
ほかの機種にはない魅力を今でも放っております。


OLYMPUS E-1&ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

残念ながら生憎の曇り空。ただ、影が出にくいので花の撮影にはちょうどいいです。
苑内綺麗に整備されていて、品種毎に名前の札がついています。


OLYMPUS E-1&ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

まず目についたのが「フラグラント・クラウド」。日本語に訳すと「香りの雲」だそうです。近づくとバラの香りが広がっています。


OLYMPUS E-1&ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

イングリッド・バーグマンという名前は映画「カサブランカ」や「誰が為に鐘は鳴る」などで知られる女優に由来しているとのこと、ビロードのような花びらがとても美しいです。


OLYMPUS E-1&ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

今度は「スーパースター」という品種です。マクロで接写するとオレンジ色がボケの中に溶けていきます。


OLYMPUS E-1&ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

淡いピンクに包まれているのが「ミシェル メイアン」。花の名の由来は、作成者のフランシス・メイアン夫妻の娘の名前だそうです。


OLYMPUS E-1&ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

幾重にも花を重ねる「セプタード・アイル」というバラは、シェークスピアの歴史劇「リチャード2世」のセリフに由来するそうで「王が治める島」という意味です。

このほかにも、たくさんのバラがありゆっくりと楽しむことが出来ました。生田緑地ばら苑は都心からも近く、沢山のバラを楽しめるスポットです。
開園期間は11月4日日曜日までとなりますので、秋のお散歩にいかがでしょうか。

〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓


[ Category:OLYMPUS|掲載日時:2018年10月14日 12時20分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

発売まであと2日 【OLYMPUS】OM-D E-M1X発売まであと2日!7-14mmを使ってみた。 2019年02月20日
E-M1X発売まで、あと2日! 今回は「E-M1X」と一緒に使用して頂きたいレンズの一つ PROシリーズの超広角ズームレンズ「M.ZUIKO 7-14mm F2.8 PRO」を E-M1 Mark IIで楽しんでみました。 E-M1Xを待ち遠しにしている皆様の暇を少しでも潰せたら幸いです。 水面に写る建物と実際の建物。 広角レンズならではのダイナミックさがあります。 また、太陽の方向からのゴースト現象も味を出してくれています。 また広角レンズの利点は最短撮影距離が短い事です。 その利点は狭い場所での被...
続きを読む
発売まであと3日 【OLYMPUS】OM-D E-M1X発売まであと3日!25mm F1.2 PROを使ってみた! 2019年02月19日
25mm F1.2 1/1000秒 ISO200 「OLYMPUS OM-D E-M1X」の発売に向けて、 「OM-D E-M1 Mark II」と「M.ZUIKO PROレンズ」を使用したブログの掲載です。 今回は「M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO」をご紹介いたします。 35mm判換算で約50mmに相当する標準レンズ。 ポートレート、街中スナップ、風景撮影、広い用途でお使い頂けます。 とても明るくAFも良好なので気軽に夜景撮影も楽しめます。 F1.2という明るい大口径レンズでありながら、僅か410gという軽量さと片手に収まるコンパ...
続きを読む
発売まであと5日 【OLYMPUS】OM-D E-M1X発売まであと4日!M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PROを使ってみた! 2019年02月18日
皆様こんにちは。 「もう...いくつねると...いーえむわん.........X! いよいよ今週発売を迎えるOM-D E-M1X。その性能を十二分に引き出すM.ZUIKO DIGITALレンズも注目の的です。 本日取り上げるのは、記念すべきPROレンズ第1号として生まれた「M.ZUIKO DIGITAL D 12-40mmF2.8 PRO」です。 発売された2013年11月当時、マイクロフォーサーズ用レンズはお手頃価格のラインナップが注目される反面、本格仕様を望むハイエンド層のユーザーにとっては物足りない側面がありました。 本レン...
続きを読む
発売まであと5日 【OLYMPUS】OM-D E-M1X発売まであと5日!45mm F1.2 PROを使ってみた! 2019年02月17日
45mm F1.2 1/60秒 ISO200 本日のレンズは「M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.2 PRO」です。 35mm判換算で約90mmの中望遠レンズでF1.2の大口径! 大きく柔らかいボケを味わえるポートレートレンズとしてその地位を確立しています。 45mm F1.2 1/80秒 ISO200 「ポートレートレンズ」と言った以上はポートレートで使わねば!と思い、 以前もマップタイムズに出演してもらった知人のべっぴんさんに頼んで撮らせてもらいました。 45mm F1.2 1/15秒 ISO250 スケジュール的にタイトだ...
続きを読む
発売まであと6日 【OLYMPUS】OM-D E-M1X発売まであと6日!300mm F4 PROを使ってみた! 2019年02月16日
OLYMPUS E-M1 MarkⅡ + M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO 換算600mm | F4.0 | 1/200 | ISO125 OM-D E-M1X発売まであと6日!300mm F4 PRO 本日のレンズは「M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO」です。 35mm判換算で約600mm相当の超望遠レンズ。F値は4・・・ フルサイズ機で600mm F4のレンズを用いて撮影をしようとすると、サイズ、重量、価格ともにビックになります。 しかしながら、マイクロフォーサーズ用のこのレンズは軽量コンパクトで価格も控えめです。 今回はそんな...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]