Select Language

【Canon】フィッシュアイを楽しむ

[ Category: Canon|掲載日時:2018年10月25日 10時30分]


Canon (キヤノン) EOS 5D Mark IV+ EF8-15mm F4L フィッシュアイ USM
Canon (キヤノン) EOS 5D Mark IV+ EF8-15mm F4L フィッシュアイ USM
焦点距離:15mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/800秒 ISO:200

はじめてのフィッシュアイレンズ。
広大な風景だったり、動物の顔のアップだったり、迫力のある画やおもしろい演出をしてくれるのが印象深い特殊なレンズです。
当然の如く、ぐわんと歪むので癖の強さに慣れるまで時間が掛かりそうだなあ、と感じながらも使うのを楽しみにしていました。
さっそく秋桜を撮りに行くと、そこの一帯はだいぶ摘まれたあとで、わたしが想像していた華やかな印象とは違い、すこしノスタルジックな雰囲気に包まれていました。


Canon (キヤノン) EOS 5D Mark IV+Canon (キヤノン) EF8-15mm F4L フィッシュアイ USM
焦点距離:15mm 絞り:F8 シャッタースピード:1/3200秒 ISO:200



Canon (キヤノン) EOS 5D Mark IV+Canon (キヤノン) EF8-15mm F4L フィッシュアイ USM
焦点距離:15mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/6400秒 ISO:160

フレアやゴースト耐性に強いレンズなので、空の方角にカメラを向けて撮影をしても、高いレベルで補正されているのがわかります。
解像力とコントラストの高さがモニター越しでも伝わってきて、撮影がとても気持ちよかったです。
影の部分もしっかりと締まっていて、このレンズの表現力の高さを感じました。


Canon (キヤノン) EOS 5D Mark IV+Canon (キヤノン) EF8-15mm F4L フィッシュアイ USM
焦点距離:15mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/8000秒 ISO:2500

ちょうど太陽の光が程よく差し込む時間帯でした。
木々が聳え立つ空間の足元には、松ぼっくりがたくさん転がっています。
すこし離れたところにはきのこも生えていて、なんとなく秋の匂いを感じます。


Canon (キヤノン) EOS 5D Mark IV+Canon (キヤノン) EF8-15mm F4L フィッシュアイ USM
焦点距離:15mm 絞り:F11 シャッタースピード:1/800秒 ISO:160

夕方のような雰囲気ですが、このときはまだ午後2~3時ごろ。
周辺の光量落ちが、写真に雰囲気を演出してくれます。
人どおりが少ない、平日の昼間。この時期の涼しい空気感が好きです。


Canon (キヤノン) EOS 5D Mark IV+Canon (キヤノン) EF8-15mm F4L フィッシュアイ USM
焦点距離:15mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/8000秒 ISO:160

このフィッシュアイレンズは1本で円周魚眼から対角魚眼までカバーできます。(APH-C/Hは対角魚眼に対応しています)
ここまでは対角魚眼で撮影したものです。


Canon (キヤノン) EOS 5D Mark IV+Canon (キヤノン) EF8-15mm F4L フィッシュアイ USM
焦点距離:8mm 絞り:F4 シャッタースピード:1/8000秒 ISO:160

こちらは円周魚眼で撮影してます。
中央部分だけ丸く切り抜かれたような画になります。
カメラを真上に向けて空を撮影すると、360°周辺が写りこみ、地球のような画が撮れたりもします。
方向によっては自分の腕や足なんかが写りこんでしまったりもして、最初は驚きと難しさを感じましたが、
それ以上に自分の視界では絶対に見られない光景をファインダー越しに覗けることに、ただ感動してしまいました。

とても魅力に溢れたフィッシュアイの世界でした。


▼今回撮影した機材はこちら▼









▼本日発売!話題のフルサイズミラーレスカメラはこちら▼
今回ご紹介したフィッシュアイレンズも、専用のマウントアダプターを介してご使用いただけます。



【EOS R SYSTEM誕生キャンペーン】

EOS R SYSTEM誕生キャンペーン



〓〓商品ピックアップ〓〓〓〓タイムズフォト〓〓



[ Category: Canon|掲載日時:2018年10月25日 10時30分]

面白いと思ったらコチラをClick!22票


【Panasonic】LUMIX GX7 MarkⅢの気になる機能を使って撮影に挑戦

【Panasonic】LUMIX GX7 MarkⅢの気になる機能を使って撮影に挑戦[2020年02月27日]

Panasonic LUMIX GX7 MarkⅢ レンズ交換式ながら、小型軽量ボディに加え、 ボディ内手振れ補正や、可動式のファインダーなどを搭載し 操作性を兼ね備えたLUMIX GX7 MarkⅢ。 動画撮影をする中で、どうしても入れたてみたい映像があり、 今回は、気になる機能を使って撮影してみました。 インターバル撮影(タイムラプス撮影) 長時間の撮影のようですが、実際には静止画を一定...
続きを読む
【FUJIFILM】X-T4 ついに発表!

【FUJIFILM】X-T4 ついに発表! [2020年02月26日]

富士フイルムより待望の新製品『X-T4』がついに発表されました!一眼レフスタイルの『X-Tシリーズ』は様々な撮影シーンに対応できるフラッグシップ機として、世界的な人気を誇るシリーズです。噂のボディ内手振れ補正はどうなったのか!?新たなフィルムシミュレーションの追加は!?など、マップカメラ的に気になる進化点をご紹介いたします。 5軸手ブレ補正 最大6.5段...
続きを読む
【D780徹底レポート!】第四回 休日の相棒

【D780徹底レポート!】第四回 休日の相棒[2020年02月26日]

マップカメラ本館3階 Nikonフロアスタッフが綴るD780徹底レポート、 第四回となる今回は、機能面やスペックなどの深堀りのお話ではなく、 単純に、筆者のとある休日で写真を楽しんだブログをお送りいたします。 実を言いますと、筆者はプライベートでは新品で5年以上前に買ったカメラを未だ愛用しております。 最新を購入しなくとも、昔のカメラのスペックで充分楽しめると考えてしまう人間で...
続きを読む
【Leica】みんなのライカ

【Leica】みんなのライカ[2020年02月25日]

ライカブティックMapCamera Shinjuku は、2月20日にオープン7周年を迎えることとなりました。 これもひとえに、たくさんのお客様のご愛顧あってのことと心より御礼を申し上げます。 これからもご期待にお応えできるよう、スタッフ一同一丸となって皆様に愛されるお店にして参りたいと思います。 今後とも末永いお付き合いのほどよろしくお願いいたします。 さて、今日は本館地下スタッフの...
続きを読む
ACROS IIで撮る鎌倉

【FUJIFILM】ACROSⅡで撮る鎌倉[2020年02月25日]

去年の11月に発売された富士フイルムのネオパン100 ACROS II。富士フイルムは、需要の減少と原材料の入手困難により、2018年秋に全ての黒白フィルムの販売を終了していましたが、販売継続を望む声が多く寄せられたことを受けこの度ACROSⅡとして復活したのです!価格高騰や生産終了などのニュースが相次ぐ中、この復活はとてもうれしいニュースです。 今回はそんなACROSⅡを使って鎌倉で撮影をしてき...
続きを読む