【Canon】R Playing vol.01 | THE MAP TIMES 
Select Language



【Canon】R Playing vol.01

[ Category:Canon|掲載日時:2018年12月13日 19時00分]



EOS R + EF35mm F1.4L II USM

みなさま写真、楽しんでますか。
とうとうフルサイズミラーレスも群雄割拠の時代。
Canonからも待望の EOS R が発売されました。
今回は同時に2本、晴れた日と曇った日を撮影しましたので、それぞれご紹介させていただきたいと思います。

Canonの現像ソフト「DPP」でRAW画像を現像しました。
調整したのはほぼ「明るさ」のみ。
ピクチャースタイルは「ディテール重視」
EOS R のセンサーの素質の良さを感じました。
撮って楽しい、撮った後も楽しい。

こちらは曇天。
枯葉で地面が埋まるこの時期、こういうカットは個人的に鉄板です。
角度がいまいちなのと絞り込み不足が残念な点ではありますが
このカットだけで曇天写真、概ね満足です。


EOS R + EF35mm F1.4L II USM

開放で撮影したばかりに折角の笑顔が朧げになってしまいました。
絞りは大事だと痛感するばかりです。
ちなみにこちらは川越は喜多院にある五百羅漢という観光名所。
笑う地蔵、嘆く地蔵、凹んでいる地蔵。と
こんなに表情豊かな地蔵を見るのはここが初めてでした。
有料ではありますが、一見の価値ございますので足を運んだ際はぜひ。


EOS R + EF35mm F1.4L II USM

今回の現像で「ほぼ」と言ったのはこの写真に関しては
ピクチャースタイルを「ポートレート」に変更したからです。
それ以外は本当に「明るさ補正」のみ。
ちなみにこれでも色味が控えめなのは曇天だったからだと思います。


EOS R + EF35mm F1.4L II USM

EOS R + EF35mm F1.4L II USM

カーテンのレースや壁のパターン。
なんというか解像するあまりにギザついてしまう事もなくクリアに写りました。
EOS R のサンプル画像で女性とブーケを撮った作例がありましたが
その写真のきめ細かさに感動したのですが、
やはりとても良い写りをしてくれます。


EOS R + EF35mm F1.4L II USM

ちなみにレンズプロファイルの周辺光量なども補正をOFFにしてあります。
レンズは「EF35mm F1.4L II USM」
EOS R が発売されたら絶対に組み合わせてみたいレンズでした。
EOS R のAF性能には著者の使い方では全く問題ありません。

むしろ私が評価したいのはMFのピントの合わせ易さです。
他に135mm F2L USM も一緒に使いましたが
MFで自分で追い込みをかけることが出来るのはとても嬉しく、楽しいものでした。


EOS R + EF35mm F1.4L II USM

なんだか不思議な空間。
「EF35mm F1.4L II USM」はレンズそのものが好きですが
画角の扱いやすさが何よりも魅力です。
強烈な個性がないからこその取り回しの良さが街ブラに最適です。
変な映り込みがありますがお気になさらず。


EOS R + EF35mm F1.4L II USM

こういう写真は「曇天」様様です。
少し雰囲気重めでダークな印象。
周辺光量落ちもこういう時にはプラスに働きます。
曇天だからこその光陰。
こういう瞬間を捉えられたら曇天の撮影ももっと楽しいのですが。
曇天時は室内の光が抑えられて良い加減になるので
どこか撮影可能な室内などに行くと楽しいかもしれません。

というわけで曇天の撮影でした。
晴天時に撮ったブログのほうも見ていただければ幸いです。







〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Canon|掲載日時:2018年12月13日 19時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【Leica】S(Typ007)とは何者か 2019年01月22日
中判フォーマットセンサーのライカ製一眼レフカメラ。 何と魅力的な響きなんでしょうか。 圧倒的なボディ剛性や、考え抜かれたエルゴノミクスデザイン。 30x45㎜の大型センサーと、専用設計のSマウントレンズから描き出される、 表面的なシャープネスに頼らない圧倒的な画質。 一度体験してしまえばもう逃げられない、王者の風格…。 今回は、そんな素晴らしい魅力に溢れるカメラ、LEICA S(Typ007)のお話です。 組み合わせたレンズは、ズマリット S70mm F2.5 ASPH.。 このセットで、静岡県の熱海市に...
続きを読む
『第9回日本リンホフクラブ写真展"大判カメラでとらえた世界"』 写真展のご案内 ~ 『第9回日本リンホフクラブ写真展"大判カメラでとらえた世界"』 2019年01月22日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは - 『第9回日本リンホフクラブ写真展"大判カメラでとらえた世界"』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
【SIGMA】×【Carl Zeiss】 ポートレート撮り比べ 【SIGMA】×【Carl Zeiss】 ポートレート撮り比べ 2019年01月21日
SONY α7RIII + SIGMA Art 135mm F1.8 DG HSM F2 1/400 ISO-100 未修整ですが印象的な画に。瞳AFもしっかり反応。 単焦点レンズを3本持って、友人と横浜へポートレートを撮りに行って参りました。 今回は以下の機材を使用いたしました。 ・α7RIII 重量657g(バッテリー込) ・Carl Zeiss Batis 25mm F2 重量335g ・Carl Zeiss Batis 85mm F1.8 重量452g ・SIGMA Art 135mm F1.8 DG HSM 重量1130g Batis3本で撮り比べしようか悩みましたが、 メーカーの色味や解像力の違いを検証したかっ...
続きを読む
null 【SIGMA】新レンズ Art 28mm F1.4 DG HSMをハンズオン。  2019年01月20日
年始めの忙しさも落ち着き始めた1月中旬。 朝出勤してみると、そこには1月25日発売予定の「SIGMA Art 28mm F1.4 DG HSM」が! 年始に写真を撮ったっきり、休日は家でゴロゴロ。そんな姿をふと思い出すと「よし、撮りに行くぞ」という気持ちになってきました。 発売までに少しでも画像をお届けできればと思い、簡単なインプレッションも兼ねて、今回は観光客で賑わう冬の浅草へ足を運んでみました。 焦点距離:28mm 絞り:F1.4 シャッタースピード:1/1000秒 ISO:800 使用機材:SIGM...
続きを読む
Voigtlander 【Voigtlander】フィルム探究道ながし 2019年01月19日
冷え込みがさらに厳しくまさに冬本番、といった季節となりました。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 遅ればせながらではございますが、新年あけましておめでとうございます。 今年もどうかよろしくお願いいたします。 さて、この季節は澄んだ空気感が素敵な反面、いっそう気をつけなければならないことがございます。 私事となりますが、この手がかじかみすぎてかつい先日、携帯電話を水没させてしまいました。 ここ半年間で二度目となります。撮影の方も、残念ながら水の表現も...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]