【Canon】R Playing vol.01 | THE MAP TIMES 
Select Language



【Canon】R Playing vol.01

[ Category:Canon|掲載日時:2018年12月13日 19時00分]



EOS R + EF35mm F1.4L II USM

みなさま写真、楽しんでますか。
とうとうフルサイズミラーレスも群雄割拠の時代。
Canonからも待望の EOS R が発売されました。
今回は同時に2本、晴れた日と曇った日を撮影しましたので、それぞれご紹介させていただきたいと思います。

Canonの現像ソフト「DPP」でRAW画像を現像しました。
調整したのはほぼ「明るさ」のみ。
ピクチャースタイルは「ディテール重視」
EOS R のセンサーの素質の良さを感じました。
撮って楽しい、撮った後も楽しい。

こちらは曇天。
枯葉で地面が埋まるこの時期、こういうカットは個人的に鉄板です。
角度がいまいちなのと絞り込み不足が残念な点ではありますが
このカットだけで曇天写真、概ね満足です。


EOS R + EF35mm F1.4L II USM

開放で撮影したばかりに折角の笑顔が朧げになってしまいました。
絞りは大事だと痛感するばかりです。
ちなみにこちらは川越は喜多院にある五百羅漢という観光名所。
笑う地蔵、嘆く地蔵、凹んでいる地蔵。と
こんなに表情豊かな地蔵を見るのはここが初めてでした。
有料ではありますが、一見の価値ございますので足を運んだ際はぜひ。


EOS R + EF35mm F1.4L II USM

今回の現像で「ほぼ」と言ったのはこの写真に関しては
ピクチャースタイルを「ポートレート」に変更したからです。
それ以外は本当に「明るさ補正」のみ。
ちなみにこれでも色味が控えめなのは曇天だったからだと思います。


EOS R + EF35mm F1.4L II USM

EOS R + EF35mm F1.4L II USM

カーテンのレースや壁のパターン。
なんというか解像するあまりにギザついてしまう事もなくクリアに写りました。
EOS R のサンプル画像で女性とブーケを撮った作例がありましたが
その写真のきめ細かさに感動したのですが、
やはりとても良い写りをしてくれます。


EOS R + EF35mm F1.4L II USM

ちなみにレンズプロファイルの周辺光量なども補正をOFFにしてあります。
レンズは「EF35mm F1.4L II USM」
EOS R が発売されたら絶対に組み合わせてみたいレンズでした。
EOS R のAF性能には著者の使い方では全く問題ありません。

むしろ私が評価したいのはMFのピントの合わせ易さです。
他に135mm F2L USM も一緒に使いましたが
MFで自分で追い込みをかけることが出来るのはとても嬉しく、楽しいものでした。


EOS R + EF35mm F1.4L II USM

なんだか不思議な空間。
「EF35mm F1.4L II USM」はレンズそのものが好きですが
画角の扱いやすさが何よりも魅力です。
強烈な個性がないからこその取り回しの良さが街ブラに最適です。
変な映り込みがありますがお気になさらず。


EOS R + EF35mm F1.4L II USM

こういう写真は「曇天」様様です。
少し雰囲気重めでダークな印象。
周辺光量落ちもこういう時にはプラスに働きます。
曇天だからこその光陰。
こういう瞬間を捉えられたら曇天の撮影ももっと楽しいのですが。
曇天時は室内の光が抑えられて良い加減になるので
どこか撮影可能な室内などに行くと楽しいかもしれません。

というわけで曇天の撮影でした。
晴天時に撮ったブログのほうも見ていただければ幸いです。







〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:Canon|掲載日時:2018年12月13日 19時00分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

Vol.1 ~Summicron 50mm F2 1st~ 【新元号令和、平成を振り返る】Leicaで撮るということ 2019年04月18日
平成も終わりかぁ。と思い 数年前に書いたブログを思い出しました。 【SONY】Leicaで撮るということ 当時はα7が発売され、 マウントアダプターでどんなレンズも付ける事が出来る。 という事に感激していた記憶があります。 Leicaで撮るということ、と書いておきながらカメラはSONYなんですが笑 Vol.1 ~Summicron 50mm F2 1st~ Vol.2 ~Summarit 50mm F1.5~ Vol.3 ~Summilux 75mm F1.4~ Vol.4 ~Summar 50mm F2.0~ Vol.5 ~Summarit-M 90mm F2.5 6bit~ Vo...
続きを読む
EOS620+EF 85mm F1.2L USM 【新元号令和、平成を振り返る】平成元年生まれのレンズと私 2019年04月17日
平成、それは FUJIFILM SUPERIA PREMIUM 400 平成、それは 私が生まれてから今に至るまでの全ての時間。 筆者は平成元年(1989年)9月生まれです。 私にとっては、景色や音楽、今までの記憶全てが平成そのものです。 平成の最後に、自分が生まれて最初に住んでいた街へ出かけておきたいと思い、 筆者がお供に選んだのがこちらです。 「Canon EOS 620」。 CanonがEOSを投入したのは1987年、 筆者が生まれた時、平成が始まった頃にはすでにEOSは世に登場していたのです。 このEOS 620...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】My Style Welinagara 【新元号令和、平成を振り返る】続・私だけの色で 2019年04月16日
自分が生まれた年号が終わろうとしている。 その事実に、未だに実感がわきません。 「ひょっとすると、平成はこれからも続いてゆくのではないか」とすら思っています。 ああ、今気が付きました。私は「平成」が好きだったのだと。 毎朝泣きながら保育園に行き、小学校のカレー早食い競争で一位をとり、中学校で初恋をし、高校でクルマに憧れ、社会人になってカメラを始めて…。 私の時間は、ずっと平成でした。 「新元号令和、平成を振り返る」というタイトルで連載しておりますブログ、今回のタイ...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】Canonの名機5D MarkIIと世界を歩く 【新元号令和、平成を振り返る】Canonの名機5D MarkIIと世界を歩く 2019年04月15日
スイス ゴルナーグラート展望台 新元号『令和』を迎えるにあたって、平成を振り返る。 遡るは10年ほど前、今回は私が平成20年ごろに練り歩いたヨーロッパの写真を振り返ります。 私の愛する名機『EOS 5D MarkII』とレンズ数本を抱えて3ヶ月間ヨーロッパ一周、12カ国の旅へ出発。 その時は若くまだお金がなくレンズはサードパーティでしたが、 EOS 5D MarkIIが私の旅路をしっかり記録してくれました。 オーストリア ザルツブルグ 映画サウンドオブミュージックの舞台として知られ...
続きを読む
【SONY】RX0 II「手のひらサイズの本格派4Kカメラ」 【SONY】RX0 II「手のひらサイズの本格派4Kカメラ」 2019年04月14日
手のひらサイズの1.0型センサー搭載カメラ「RX0」が更に進化してII型として新登場しました。 今回撮影した映像(4K再生可能です) 撮影設定:PP7「S-Gamut/S-Log2」/ATOMOS SHOGUN収録 カラーグレーディング済み 新たに可動式液晶・4K動画の本体内記録・電子手振れ補正などに対応。外観レビューや使い方は既にメーカーサイトや様々なメディアで取り上げられているので、今回はRX0 IIの4K性能を最大限引き出すべく、外部レコーダーを使用して4Kのテスト撮影を行いました。 小型が魅力のカメラで外部収録を...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]