【Nikon】Z6、アダプターとアポズミクロン75mmのスウィーツ | THE MAP TIMES 
Select Language



【Nikon】Z6、アダプターとアポズミクロン75mmのスウィーツ

[ Category:Nikon|掲載日時:2018年12月12日 10時30分]






Nikon Z6 + APO SUMMICRON 75mm F4 ASPH.


スウィーツ 02


師走になり、寒い日もちらほらある様子のこの頃。
Nikon Z6が発売してから、早くも二週間ほど経ちつつあります。
見やすいEVFや、特化した動画機能などを搭載し、
オールラウンド機種として大変ご好評をいただいております。
そんな中、Zマウントに対応するマウントアダプターも徐々に各社から発売され始めました。
とりわけ、Zマウントは後述する理由で、様々なメーカーのレンズを使用することができます。
今回は、そんなアダプターを介して撮影した写真をお披露目したいと思います。

さて、この新しいZマウントは、各社が展開するミラーレスカメラと比較しても、マウントアダプターを介した「レンズ遊び」に適したカメラといえます。
まず理由として、比較的短い、16mmというフランジバックが上げられます。
これは、撮影される画像を司るセンサーからレンズ取り付け部までの距離が短いことを意味し、Zマウントにおける今後のレンズ開発のゆとりだけでなく、アダプターさえ介せば、様々なメーカーのレンズを自在に付け替えられるというメリットがあります。
(もちろん、電子的な情報が必要なAF駆動やレンズ内手振れ補正機能の使用には制限が発生する場合がありますので、すべての機能をオリジナルのマウント通りに使用できるわけではありません。)
そのほかにも、Z7,Z6にはボディ内手振れ補正があり、もともと手振れ補正が組み込まれていないクラシックレンズでも恩恵を享受することができます。
また、Nikonが公式に発表している情報ではありませんが、内部の構造分析をした結果、従来の他社製ミラーレスと比較しても、撮像センサー前面の保護ガラスが薄く、アダプター使用時、特に広角系レンズを使用した際に、光学的なアドバンテージがある、という情報もあります。

そういった点を踏まえて、実際にZ6に、ライカMマウントのレンズを装着し、撮影を行って参りました。
使用したレンズは、APO-SUMMICRON 75mm f2.0 ASPH.です。


Nikon Z6 + APO SUMMICRON 75mm F4 ASPH.



ミラーレスたる独創的なボディのZ6に、クラシカルなデザインのLeicaのレンズ。アダプターは新規に発売されているKIPON製のものを使用しました。


ニコンを愛してやまない私も、ついつい他社製レンズに浮気してしまいます。ところで、実は私、恥ずかしながら今回の撮影までLeicaレンズは実際に使ったことがありませんでした。
それ以前の漠然とした印象としては、レンズ全般的にシャープネスは高くなく、古典的なレンズ構成をしていると勝手に考えていました。
しかし今回の撮影でAPO SUMMICRON 75mmを使用してみると、
すぐに撮影前の想像は払拭されることとなります。


Nikon Z6 + APO SUMMICRON 75mm F4 ASPH.
(SS 1/4000 F2.0 ISO100)


この描写を一目見て、私はこのレンズが気に入りました。
75mmという少々珍しい焦点距離のF2.0は絶妙な被写界深度を形成します。
ボケもうるさくならず、アポクロマート構成により、開放ながら効果的に色収差が除去されていることがわかります。

Z6本体に搭載されているボディ内手ブレ補正は、純正のAFレンズを装着する際よりも軸数が減りますが、しっかりと効いている印象です。


Nikon Z6 + APO SUMMICRON 75mm F4 ASPH.
(SS 1/1600 F2.0 ISO200)


このレンズは、開放から周辺部まで均一な描写をします。
画面中央部にピントを持ってきました。
石タイルのディテールが繊細に写し取られています。
クラシックレンズを使用する際にシビアなピント合わせですが、
Z6は他社機種と比較しても見えやすいファインダーが付いており、
かつ、ピーキングやピント面拡大ができるので、
いままで一眼レフでMFをしていた私からすると、「ハズレ」る確率が圧倒的に低くて驚きます。
技術進歩に感涙するほどです・・・。


Nikon Z6 + APO SUMMICRON 75mm F4 ASPH.
(SS 1/6400 F2.0 ISO200)


少々意地悪な条件で撮影してみました。
強い逆光の状態だと、画面全体のコントラストが低下します。
しかしながら、葉一枚一枚が透けて輝く様子がそのまま描写されています。


Nikon Z6 + APO SUMMICRON 75mm F4 ASPH.
(SS 1/8000 F2.0 ISO200)


木陰でゆったりと過ごす夫婦。
コントラストが高い一枚ですが、シャドー部にもきちんとディテールが残っています。
このダイナミックレンジの広さは、Z6の場合、比較的高感度まで維持されます。
画素ピッチ的に余裕があるZ6の利点と言えます。


Nikon Z6 + APO SUMMICRON 75mm F4 ASPH.
(SS 1/1600 F2.0 ISO200)


王道的に、フォトジェニックに、全面に紅葉を配置しました。
良好なシャープネスを残しつつ、段階的なボケも違和感がありません。特に、前ボケが非常に自然な印象があります。


真のオールラウンドの代名詞となったZ6

Z6を使ってみてまず感じたのは、色表現の素直さです。
昨今発売されたNikonの機種に総じていえる事ではありますが、
センサーの高性能化に伴い、いわゆる「白が白で決まる」確率がぐんと上がりました。
Z6もその例にもれず、何も考えずにAWBでjpeg撮って出し設定にしても、特異な光源化でなければ、全く問題が無い程度です。
そして、この撮って出しのjpegの性能については、
EXPEED6となったことにより、確実に磨きがかかっています。
特筆する点として、シャープネスが気持ち悪さの現れないラインで、
画像にすっきりとした鮮明度を与えており、
実際にこの処理をPhotoshop等の現像ソフトで行おうとすると、
最もこだわりをもって仕上げないといけないポイントであったりします。
シャープネスを上げすぎると、ギトギトとしてディテールを損なう写真になりますし、逆に低すぎと、ぼんやりとした眠い写真になりがちな部分があります。
今回搭載されているEXPEED6はそのバランスが絶妙で、
カメラを信頼して、軽快にシャッターを切っていくことができると感じました。
また、本機種はいままでのニコン製一眼レフにはなかった、より動画に特化したスペックを与えられたことも話題を集めています。
その兼ね合いで、多数新搭載されたフィルター機能があり、
そのどれもが、より気兼ねなく使えるテイストにしあがっているだけでなく、自分好みに細分で調整を効かせることのできる拡張性を持っています。

Z6には様々な機能が搭載され、中身の性能も、高い水準です。だけど、使うことを躊躇させないような、バランスの良い仕上がりになっていました。
オールラウンドに使っていくことのできるフルサイズミラーレスとして、現在これ以上の選択肢はありません。
是非、この機会に手に入れて、これからの写真生活に備えませんか。









▼今が買い時・新製品Z6へのお買い替えはこちら▼









▼続々登場・選べるZマウントアダプター▼




▼魅惑のAPO SUMMICRON 75mm F2.0 ASPH.▼




▼お買得な中古商品はこちら▼











〓〓新製品〓〓〓〓商品ピックアップ〓〓

[ Category:Nikon|掲載日時:2018年12月12日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【Leica】S(Typ007)とは何者か 2019年01月22日
中判フォーマットセンサーのライカ製一眼レフカメラ。 何と魅力的な響きなんでしょうか。 圧倒的なボディ剛性や、考え抜かれたエルゴノミクスデザイン。 30x45㎜の大型センサーと、専用設計のSマウントレンズから描き出される、 表面的なシャープネスに頼らない圧倒的な画質。 一度体験してしまえばもう逃げられない、王者の風格…。 今回は、そんな素晴らしい魅力に溢れるカメラ、LEICA S(Typ007)のお話です。 組み合わせたレンズは、ズマリット S70mm F2.5 ASPH.。 このセットで、静岡県の熱海市に...
続きを読む
『第9回日本リンホフクラブ写真展"大判カメラでとらえた世界"』 写真展のご案内 ~ 『第9回日本リンホフクラブ写真展"大判カメラでとらえた世界"』 2019年01月22日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは - 『第9回日本リンホフクラブ写真展"大判カメラでとらえた世界"』 - です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む
【SIGMA】×【Carl Zeiss】 ポートレート撮り比べ 【SIGMA】×【Carl Zeiss】 ポートレート撮り比べ 2019年01月21日
SONY α7RIII + SIGMA Art 135mm F1.8 DG HSM F2 1/400 ISO-100 未修整ですが印象的な画に。瞳AFもしっかり反応。 単焦点レンズを3本持って、友人と横浜へポートレートを撮りに行って参りました。 今回は以下の機材を使用いたしました。 ・α7RIII 重量657g(バッテリー込) ・Carl Zeiss Batis 25mm F2 重量335g ・Carl Zeiss Batis 85mm F1.8 重量452g ・SIGMA Art 135mm F1.8 DG HSM 重量1130g Batis3本で撮り比べしようか悩みましたが、 メーカーの色味や解像力の違いを検証したかっ...
続きを読む
null 【SIGMA】新レンズ Art 28mm F1.4 DG HSMをハンズオン。  2019年01月20日
年始めの忙しさも落ち着き始めた1月中旬。 朝出勤してみると、そこには1月25日発売予定の「SIGMA Art 28mm F1.4 DG HSM」が! 年始に写真を撮ったっきり、休日は家でゴロゴロ。そんな姿をふと思い出すと「よし、撮りに行くぞ」という気持ちになってきました。 発売までに少しでも画像をお届けできればと思い、簡単なインプレッションも兼ねて、今回は観光客で賑わう冬の浅草へ足を運んでみました。 焦点距離:28mm 絞り:F1.4 シャッタースピード:1/1000秒 ISO:800 使用機材:SIGM...
続きを読む
Voigtlander 【Voigtlander】フィルム探究道ながし 2019年01月19日
冷え込みがさらに厳しくまさに冬本番、といった季節となりました。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 遅ればせながらではございますが、新年あけましておめでとうございます。 今年もどうかよろしくお願いいたします。 さて、この季節は澄んだ空気感が素敵な反面、いっそう気をつけなければならないことがございます。 私事となりますが、この手がかじかみすぎてかつい先日、携帯電話を水没させてしまいました。 ここ半年間で二度目となります。撮影の方も、残念ながら水の表現も...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]