【Tokina】opera 50mm F1.4 FF | THE MAP TIMES 
Select Language



【Tokina】opera 50mm F1.4 FF

[ Category:etc.|掲載日時:2019年02月18日 17時10分]




近年サードパーティ製の高性能単焦点レンズが増え、純正レンズ以外の選択肢がどんどん広がってきています。
そんな中、Tokinaからoperaブランドの立ち上げと共に50mm単焦点が発売されました。

フルフレームハイエンドデジタルー眼レフカメラに最適化された新開発のプレミアムレンズ「opera(オペラ)シリーズ」の第一弾、opera 50mm F1.4 FFです。
まだまだレビュー写真の少ない本レンズ、川越でのスナップ撮影やイルミネーションを撮影してきましたので、参考になれば幸いです。


opera 50mm F1.4 FF


EOS 5D Mark IIIとの組み合わせで撮影を行いました。
多少大きく重さがあるものの、フルサイズボディの一眼レフとの組み合わせはバッチリでバランスも良く、しっかりと構えながら撮影を行うことが出来ます。
レンズの質感も良く、クオリティの高さが外観から伝わってきます。


opera 50mm F1.4 FF


50mmは標準レンズと言われ、人気の高い焦点距離です。
小物はもちろんのこと、スナップ撮影でも開放F1.4で撮影すれば、大きな被写体も浮かび上がらせることが出来ます。

最新の光学性能が詰め込まれた本レンズ、開放でもピントが合ったところはビシっとシャープで、ボケも丁寧な印象を受けます。


opera 50mm F1.4 FF


鳥居から少し離れてパシャリ。
広角レンズでは味わえない立体感を演出できるのは大口径標準レンズならでは。
特に本レンズのこだわりの一つであるコントラストの高さは絶妙で、より一体感が引き立っています。


opera 50mm F1.4 FF


木々の間から差し込む太陽の光を撮影してみました。
レンズによってはフレア、ゴーストが出てしまう場面ですが、本レンズはコーティングもしっかり施されており、逆光耐性もよさそうに感じます。
絞った際に出る光芒も乱れることなく綺麗に出ているので、夜景撮影などで活かすことが出来そうです。


opera 50mm F1.4 FF
opera 50mm F1.4 FF
opera 50mm F1.4 FF
opera 50mm F1.4 FF
opera 50mm F1.4 FF


5枚目の仮面についているヒゲをご覧頂ければ分かる通り、開放から繊細な部分までシャープに写るので、開放から安心してシャッターを切ることが出来ます。
ボケもナチュラルでフリンジなども特に気になる点はなく、完成度が非常に高いレンズだと感じました。


opera 50mm F1.4 FF


もちろん絞って使っても抜群の描写力を発揮してくれます。
四隅まで中央部と同等に近い描写を維持しており、現代レンズの品質の高さが実感できます。


opera 50mm F1.4 FF
opera 50mm F1.4 FF

最短撮影距離近で鉱石とフクロウを撮影してみました。
最短40cm 倍率が0.18倍と、大きくクローズアップする事はできませんが、スナップ撮影や常用撮影では必要十分であると感じました。
ピント面は非常にシャープで、近距離から遠方の画質まで安定しています。


opera 50mm F1.4 FF
opera 50mm F1.4 FF

イルミネーションを開放と絞りF16で撮り比べてみました。
開放でボケを楽しむのもいいですが、絞って光芒を楽しむのも一興。
フレアやゴーストの発生もなく、イルミネーションでこの写りであれば、夜景撮影は非常に期待出来そうです。


以上、いかがだったでしょうか?
50mm単焦点はいろいろと選択肢があり、迷われることが多いと思います。
サードパーティ系と言えば純正レンズに劣る…そんなイメージがありましたが、SIGMAのArtシリーズを筆頭に純正を超える解像力を持ったレンズも数多く世の中に出てきました。


マップカメラでTokina opera 50mm F1.4 FFをご購入頂くと、特典としてメーカー保証が2年間になるキャンペーンを行っております。(2019/02/18現在)
無償で延長保証は他メーカーを含め中々ありませんので、この機会に是非ご検討下さい。


↓今回の撮影で使用した機材はコチラ!↓




〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:etc.|掲載日時:2019年02月18日 17時10分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

更なる進化を遂げた "超高画素" Phaseone XF IQ4 【PhaseOne】更なる進化を遂げた超高画素Phaseone XF IQ4 2019年03月19日
すっかり春の陽気も近付いて参りました。 皆様いかがお過ごしでしょうか? 前回ご紹介したPhaseone IQ3 Trichromaticは 非常に大きな反響を頂き、ありがとうございます! なかなか見ることのできない1億画素機の写真というだけあって 多くのお客様にその衝撃が伝わったと思います。 そして昨年発表され、更なる高画素化を行ったPhaseone IQ4。 なんと今回、PhaseOne Japan様から貴重なこのボディと Schneider 40-80mm LS F4.0-5.6+120mm LS F4.0 macroレンズをお借りして "1億5000万画素"...
続きを読む
写真展のご案内 〜 衝動『8人の写真家たち』~ 写真展のご案内 〜 衝動『8人の写真家たち』~ 2019年03月19日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 衝 動 『8人の写真家たち』 です。 是非足をお運び下さい。 asamiranda/koichi73/佐々木龍一/信夫良介/田河新平/TOSHIO/ZUI/140 会期:2019年3月22日(金)- 24日(日) 会場:gem(東京都目黒区中目黒1-9-18)
続きを読む
【Leica】控え目な実力派中望遠 ELMARIT-M 90mm F2.8 【Leica】控え目な実力派中望遠 ELMARIT-M 90mm F2.8  2019年03月18日
Leica ELMARIT-M 90mm F2.8 長い間、ライカの90mmという焦点距離をSummicronとともに担ってきたElmarit 90mm F2.8。 Summaritの登場とともにその役目を終えましたが、やはり「エルマリート」という優しい響きは、それ自体に魅力があります。 個人的にも「ズミクロン」よりも「エルマリート」という名前が好きで、このレンズを選んだ節があります。 今回は、SONY α7RIIとLeica ELMARIT-M 90mm F2.8 E46 フード組込の組み合わせで撮影しました。 ライカMシステムとの違いは、やはりカメラ内手振れ...
続きを読む
Carl Zeiss Batis 40mm F2 CF 【CarlZeiss】潮風とBatis 40mm F2 CF 2019年03月18日
潮風を感じたくて横浜へ向かった。 装着したレンズはBatis 40mm F2 CF。一枚目に撮ったのは白い巡視船。大きな船の横で、小さなゴムボートが波間を進んでいく。 空を見上げると赤レンガ倉庫と建設中のビルが見える。刻一刻と変わる時の中で、完成したビルが風景に溶け込むのは、何年後のことだろうか。 大桟橋には大型客船が止まっていた。これから長い旅に向かうのか、それとも長い旅を終えてきたのか。遠くからではわからない。 リズミカルに並ぶオブジェを横浜税関の建物が見...
続きを読む
写真展のご案内「ETHER」-エーテル- ゼラチンシルバープリントによるモノクロームの植物群~ 写真展のご案内 〜「ETHER」-エーテル- ゼラチンシルバープリントによるモノクロームの植物群~ 2019年03月18日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 「ETHER」-エーテル- ゼラチンシルバープリントによるモノクロームの植物群 です。 是非足をお運び下さい。
続きを読む

[↑TOPへ戻る]