【SIGMA】×【Carl Zeiss】 ポートレート撮り比べ | THE MAP TIMES 
Select Language



【SIGMA】×【Carl Zeiss】 ポートレート撮り比べ

[ Category:etc.|掲載日時:2019年01月21日 10時30分]




SONY α7RIII + SIGMA Art 135mm F1.8 DG HSM
SONY α7RIII + SIGMA Art 135mm F1.8 DG HSM
F2 1/400 ISO-100
未修整ですが印象的な画に。瞳AFもしっかり反応。


単焦点レンズを3本持って、友人と横浜へポートレートを撮りに行って参りました。
今回は以下の機材を使用いたしました。
・α7RIII 重量657g(バッテリー込)
・Carl Zeiss Batis 25mm F2 重量335g
・Carl Zeiss Batis 85mm F1.8 重量452g
・SIGMA Art 135mm F1.8 DG HSM 重量1130g

Batis3本で撮り比べしようか悩みましたが、
メーカーの色味や解像力の違いを検証したかったので、あえてSIGMAのArtレンズを持っていきました。

重量を比べてみると、やはりSIGMAの重量感が気になる方も多いと思います。
でもその重さを差し引いても、魅力的な強いボケ味、描写力!
筆者は女性ですが、重さは撮影している内に慣れました。
私は重量よりも、撮影者好みの描写力を重視したレンズを持ち歩くのが一番だと思います。

描写力を分かり易く伝えたかったため、
今回の写真は全て未修整、JPEG撮って出しにて掲載しています。

それではまず、中望遠の撮り比べからご紹介いたします。


SONY α7RIII + Carl Zeiss Batis 85mm F1.8
SONY α7RIII + Carl Zeiss Batis 85mm F1.8
F1.8 1/640 ISO-100


SONY α7RIII + SIGMA Art 135mm F1.8 DG HSM
SONY α7RIII + SIGMA Art 135mm F1.8 DG HSM
F1.8 1/320 ISO-100

同じ場所で撮り比べました。
途中で太陽が引っ込んでしまったので色味が若干変わってしまいましたが、ボケ味や線の違いは分かりやすい画かと思います。

Batis85mmは背景が円形に動いているようにボケます。
煩くなりすぎず、滑らかでとろみのある上品なボケ味。
ピントは開放値でも髪の毛一本一本まで表現していて、滑らかで柔らかい描写。

Art135mmは背景が丸ボケします。
素直なボケで被写体を浮かびあがらせ、非日常で印象的な深みのある強いボケ味。
ピントは髪の毛一本一本まで細かくシャープに表現、キリッとシャープネスが強い描写。



SONY α7RIII + Carl Zeiss Batis 85mm F1.8
SONY α7RIII + Carl Zeiss Batis 85mm F1.8
F1.8 1/2500 ISO-100


SONY α7RIII + SIGMA Art 135mm F1.8 DG HSM
SONY α7RIII + SIGMA Art 135mm F1.8 DG HSM
F2 1/320 ISO-100

今度はそれぞれ違う場所での撮影ですが、似たような画を並べました。
好みに合わせて使い分けて撮影するととても楽しいです。
Batis85mmでとろみのある上品なボケ味を楽しむか、
Art135mmで非日常的な強いボケ味を楽しむか。
ウェデイングや柔らかいポートレートならBatis、
アーティスト写真など力強い表現ならArtが好まれるかもしれません。
でも我儘言うと私は両方撮りたい…そんな人にはぜひ2本持ちで!



SONY α7RIII + Carl Zeiss Batis 25mm F2
SONY α7RIII + Carl Zeiss Batis 25mm F2
F2 1/500 ISO-100

広角画も欲しいと思い、欲張ってBatis25mmも持って行きました。

下からあおって撮影してもフレアがあまり発生しませんでした。
明るめに設定しても色が飛びにくく、開放値でも四隅が落ちることが少なく、中央から四隅にかけて解像力の高いとても素晴らしいレンズ。



SONY α7RIII + Carl Zeiss Batis 25mm F2
SONY α7RIII + Carl Zeiss Batis 25mm F2
F2 1/5000 ISO-100



SONY α7RIII + Carl Zeiss Batis 85mm F1.8
SONY α7RIII + Carl Zeiss Batis 85mm F1.8
F2.5 1/400 ISO-100

背景の距離によってボケ方が変わるBatis85mm。
モデルと対話しながら撮影するなら、85mmがおすすめ。



SONY α7RIII + SIGMA Art 135mm F1.8 DG HSM
SONY α7RIII + SIGMA Art 135mm F1.8 DG HSM
F2 1/1000 ISO-100

自然な表情の画を撮りたいなら、遠目から135mmで。
Art135mmは逆光耐性の強いレンズですが、この画はフードを外してあえてハレーションをいれています。
深みのあるボケ味を強調するため、前ボケも生かしました。


SONY α7RIII + SIGMA Art 135mm F1.8 DG HSM
SONY α7RIII + SIGMA Art 135mm F1.8 DG HSM
F2 1/640 ISO-100

横から強い光がきていましたが、わざと入れない限りフレアは発生しずらいです。



SONY α7RIII + SIGMA Art 135mm F1.8 DG HSM
SONY α7RIII + SIGMA Art 135mm F1.8 DG HSM
F1.8 1/1600 ISO-100

モデルの自然な表情。
私は前ボケを入れて、煩いくらいのボケ味が好みなので、ついArt135mmの画が多くなってしまいました。

撮影中はカチャカチャ落ち着きなくレンズを交換していました。
場所と自分のイメージに合わせてレンズを変えての撮影はとても楽しかったです。
AFスピードはどちらのメーカーも気にならず、瞳AFも同じような感覚で反応しました。
描写は各メーカーごとに特性と良さがあり、
違うメーカーのレンズを混ぜて揃えると全く違う写真が撮影出来るのでおすすめです!


α9、α7RIII、α7IIIは今後、大幅機能強化アップデートが発表されました!
今までは瞳AFを使用する際、カスタムボタンを押すことで作動していました。
しかし今後はシャッターボタンを半押しするだけで被写体の瞳を検出し続け、高精度な追従が可能との事!
15年前からカメラを使っていた私からすると、信じられない程の技術の進歩。
SONYの今後の成長に期待大です。

↓詳しいアップデート概要はこちら!(下記文字クリックでリンク飛びます)↓
【SONY】大型アップデートの概要 〜α7RIII/ α7III〜
【SONY】大型アップデートの概要 〜α9〜



---------------------------------------------------------

前回、Batis 40mm F2とBatis 135mm F2.8のポートレート作例を紹介しています。
よろしければそちらも合わせてご覧下さい。
(下記文字クリックでリンク飛びます)
CarlZeiss】Batis 40mm F2 CF & Batis 135mm F2.8 冬のポートレート

---------------------------------------------------------



↓今回使用した機材はコチラ!↓















〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:etc.|掲載日時:2019年01月21日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

キヤノン 【新元号令和、平成を振り返る】平成に誕生した「L」レンズ、勝手に8選 2019年04月22日
キヤノン EFレンズで振り返る平成。 「平成」に誕生した「個人的に推せる」EFレンズの数々を写真と共に紹介します。 今回は数あるEFレンズから、筆者が特に思い入れの強い8本を選出しました。 EFレンズは多くの種類から構成されていますがその中でも「Lレンズ」から厳選します。 鏡筒に刻まれた鮮やかな一本の赤いラインには特別感があります。 プロ品質と呼ぶに相応しい卓越した描写性能と優れた操作性、耐環境性・堅牢性を備えたレンズです。 EF50mm F1.0L USM(1989年/平成元年) 当時、35mm一眼...
続きを読む
Canon EOS 8000D+SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM 【新元号令和、平成31年間を振り返る】平成最後の目黒川桜まつり 2019年04月21日
新元号の発表が迫る平成31年3月の終わり。 愛用の一眼レフを片手に初めて目黒川桜まつりに足を運びました。 「さて、レンズはどれにしようか」 初めての場所だし、混雑すれば自由に動けないかもしれない。 広角か、望遠か、単焦点か…。 そうは言っても、機材をあれもこれも持っていけるわけでもない。 そんな時に持ち出すのは、 「SIGMA 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM」 2010年にキヤノン用が発売され、かれこれ10年近く経過しますが、 未だに人気の衰えない平成のロングセラー商品となります。 ...
続きを読む
【新元号令和、平成を振り返る】フィルムカメラからデジタルカメラへ 【新元号令和、平成を振り返る】フィルムカメラからデジタルカメラへ 2019年04月20日
初めて意識的に写真を撮ったのは18歳でした。高校を卒業し、進路がバラバラになる友人達を撮るためにフィルムのコンパクトカメラで撮影をしていました。 それから写真を撮るようになり、アルバイトをしてNikon FM10と50mmを購入。 ボディは壊れるまで使いました。 当時はカメラと言えばフィルムカメラの時代で、進学先で出来た友人達やライブハウスで撮影したりする日々を送っていました。 その頃から「ロンドンの街をフィルムで撮りたい」という夢があり、2016年にお休みをいただいて渡英。 ...
続きを読む
【SONY】遂に始動!驚愕の動物リアルタイム瞳AFの実力!(実写作例多数掲載) 【SONY】遂に始動!驚愕の動物リアルタイム瞳AFの実力!(実写作例多数掲載) 2019年04月19日
SONY α7III(動物リアルタイム瞳AF) + SEL100400GM 2019年4月11日 α9に続いてα7RIII、α7IIIの大規模アップデートが実施されました。 今回のアップデートでは初めて動物を対象にしたリアルタイム瞳AFが搭載されました。 ペットを飼っている方は待望の機能、待っていた方も多かったと思います。 実際の使い勝手はどうなのか? 本当に瞳にAFが合うようになるのか? そんな疑問にお答えすべく、今回は動物リアルタイム瞳AFにスポットを当てて行きたいと思います。 筆者はロングコートチワワ(白)...
続きを読む
SIGMA MC-21 【SIGMA】マウントコンバーターMC-21発売開始! 2019年04月19日
フルサイズミラーレスLマウントユーザーのお客様、大変お待たせいたしました。 使用できる交換レンズ数が広がる大好評のマウントコンバーター「MC-21」、本日発売開始です! ラインナップがまだまだ限定的なLマウントにあって、既に発売されているEFマウントレンズやSAマウントレンズを取り付けられます。これは素晴らしい。 2019年4月19日時点で、対応を謳うレンズは以下の通りです。 【35mmフルサイズ】 12-24mm F4 DG HSM | Art 14-24mm F2.8 DG HSM | Art 24-35mm F2 DG HSM | A...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]