Select Language

【PhaseOne】更なる進化を遂げた超高画素Phaseone XF IQ4

[ Category: etc.|掲載日時:2019年03月19日 10時30分]


すっかり春の陽気も近付いて参りました。
皆様いかがお過ごしでしょうか?

前回ご紹介したPhaseone IQ3 Trichromaticは
非常に大きな反響を頂き、ありがとうございます!
なかなか見ることのできない1億画素機の写真というだけあって
多くのお客様にその衝撃が伝わったと思います。


null


そして昨年発表され、更なる高画素化を行ったPhaseone IQ4。
なんと今回、PhaseOne Japan様から貴重なこのボディと
Schneider 40-80mm LS F4.0-5.6+120mm LS F4.0 macroレンズをお借りして
"1億5000万画素"の世界をご紹介!まだ日本にも数台しか無いとの事。
重量的にも、精神的にも持つ手が震えてきます。


null


IQ3から更に5000万画素という増え方に筆者も驚きました。
1億画素から1億5000万画素は一体どのように変わったのか…
実際に撮影データを見ながら確認すると非常に大きな変化があります。
まずはSchneider 40-80mm LS F4.0-5.6の撮影画像から!
今回もオリジナル解像度での掲載を行なっております。
ご鑑賞の際は回線速度の安定した環境でご覧ください。



お借りして真っ先に浮かんだ場所がココ。
六本木ヒルズの展望台は屋上のヘリポート部分まで開放されている為、
東京を自分の目でしっかりと見ることができる数少ないスポット。
冬だけあって冷たい風が突き刺さる状況の中、撮影しました。
実際にご覧いただくとあらゆる情報が緻密に描かれた俯瞰風景は衝撃を受けます。


続いて屋内展望台から。
屋内なので窓越しに三脚設置や反射防止策等全く行わず、
反射を最小限に抑える角度を探して撮影。
俯瞰写真といえば筆者は真っ先に松江泰治氏が思い浮かびます。
非常に精緻に整えられた上空写真。正確に撮影した無機質さに加えて
「上空から全てが暴き出される暴力性」を孕む写真の恐ろしさ。
前回に続き、また貴重な体験となりました。



1億から1億5000万画素の変化。
それはディテールの違和感が全く感じられないこと。
前回のIQ3ではややシャープネスが強い印象を受け、細かい部分の
線描写がやや硬く見える場面もありました。
しかし1億5000万画素になった事で細かい線描写がスムーズになり、
線と線の連なりに違和感を全く感じません。



従来ならしっかり対策をしないと細かい情報が消失する場面です。
しかしIQ4なら全く情報が損なわれず、しっかりと記録されます。
この日は曇だった為、狙い通りのイメージを捉える事ができました。



そしてPhaseoneといえば広大なダイナミックレンジ。
敢えてアンダーな露出に設定しました。
上空にある僅かでありながらも強い夕日の光が差す街の風景。
階調豊かに表現できるのは中判センサーの特筆すべき部分ですが
ほぼ645フルサイズのIQ4はその受容範囲も桁外れです。



ちなみにこの40-80mmは現行レンズの中でも屈指の大きさ。
重量も1860gと標準ズームとはもはや言い難いほど…
筆者愛用のハスキー三脚の雲台に正位置で固定できず、
雲台を横に回転して撮影を行いました。



続いてはSchneider120mm F4 LS macroによる静物撮影。
IQ3 Trichromarticの記事で本当はご紹介したかったマクロ撮影。
新しくなったIQ4で撮影し、編集中に驚きの連続でした。



流石に645フルサイズセンサーでの開放は被写界深度が
想像以上に薄く、絞っても周辺がどうしてもボケてしまう為
撮影意図を明確にした上での使用が問われます。



かなり絞り込んでの撮影。
ここまで来るとまるで「目の前にそのものがある」ような状態。
Schneider 120mm LS F4 Macroの能力も非常に高い水準にあります。
しなやかな線で細かく、ボケ味も素直な描写は静物から
ポートレートまでしっかり対応できる「決めの1本」。


null


今回IQ4システムになり、メディアがXQDカード+SDカードに。
1億5000万画素ともなると読み出しスピードも高速なメディアに。
インターフェース部分もIQ3から更にシンプルで直観的なものに
進化しています。

非常に凝縮した内容でお送りしたPhaseOne IQ4。
1億画素から1億5000万画素になって何が変わったのか?
少しでも感じて頂けたら幸いです。






〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category: etc.|掲載日時:2019年03月19日 10時30分]

面白いと思ったらコチラをClick!22票


光害カットフィルター「StarScape」の魅力

【marumi】光害カットフィルター「StarScape」の魅力[2020年02月17日]

α7RⅣ + FE24-70mm F2.8 GM + M100 + StarScape for M100 + ND8 65mm | F8 | 31s | ISO100 東京都江東区にて 古今を問わず、写真撮影の応用として、「特殊な効果」を持ったフィルターは大変人気です。例えば、「C-PLフィルター」「NDフィルター」等はその中でも定番です。更に特殊なものとして、カラーフィルターやソフトフィルター、クロスフィルターなんかがありますが、昨今では夜景を...
続きを読む
【OLYMPUS】4K動画×手ブレ補正【OM-D E-M1 Mark III】

【OLYMPUS】4K動画×手ブレ補正【OM-D E-M1 Mark III】[2020年02月16日]

2月12日にオリンパスから待望のフラッグシップモデル『OM-D E-M1 Mark III』が発表されました。 2013年10月に『OM-D E-M1』 2016年12月に『OM-D E-M1 Mark II』 そして2020年2月、3代目となる『OM-D E-M1 Mark III』 特集ページに収まりきらなかった機能をMapTimesで紹介。 今回は『4K動画×手ブレ補正』 手持ちでシネマクオリティを実現するOM-D Movie 4K動画撮影機能はもちろん、E-M1 X...
続きを読む
null

私の現像レシピ[2020年02月15日]

先日、自分でフィルム現像をしていて本当に良かったなぁと感じたことがありました。 カメラ屋さん「ご自身で現像されたんですか?」 私「ええ、意外と簡単ですよ。」 カメラ屋さん「私も興味がありまして... 暗室でですか。」 私「いえ、暗室がなくてもできますよ。私はお風呂場を暗室の代わりにしてやってます。」 カメラ屋さん「すごい、私もやってみようと思います。」 自家現像...
続きを読む
【Laica】ひだまりの暗箱、詠う蛹

【Leica】ひだまりの暗箱、詠う蛹[2020年02月15日]

のぼる朝日は靄を帯びて、 窓からのぞく歩道は白く歪んでみえます。 鼻をすする声と軽快な足音が入り混じる街は 少し早めの春の訪れを感じさせます。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 この度はライカブティック 7周年にあやかりまして 7枚の御手と少しのおまけを 撮ってまいりました。 またお付き合いいただけると幸いです。 『愛昧』 さて、いきなりで大変恐縮ですが ...
続きを読む
Canon EOS R5 開発発表

【Canon】次世代のフルサイズミラーレス『EOS R5』が開発発表されました![2020年02月14日]

2020年2月13日、キヤノンは次世代のフルサイズミラーレスカメラ『EOS R5』と、新しい「RFレンズ」の開発を発表しました。 「EOS Rシステム」をさらに魅力的にする新製品を公開された資料から紹介いたします。 EOS R5 2020年に発売される見込みの『EOS R5』には、新開発のCMOSセンサーを搭載し、電子シャッターで最高約20コマ/秒、メカシャッターで最高約12コマ/秒の連写性能の...
続きを読む