【PhaseOne】更なる進化を遂げた超高画素Phaseone XF IQ4 | THE MAP TIMES 
Select Language



【PhaseOne】更なる進化を遂げた超高画素Phaseone XF IQ4

[ Category:etc.|掲載日時:2019年03月19日 10時30分]



すっかり春の陽気も近付いて参りました。
皆様いかがお過ごしでしょうか?

前回ご紹介したPhaseone IQ3 Trichromaticは
非常に大きな反響を頂き、ありがとうございます!
なかなか見ることのできない1億画素機の写真というだけあって
多くのお客様にその衝撃が伝わったと思います。


null


そして昨年発表され、更なる高画素化を行ったPhaseone IQ4。
なんと今回、PhaseOne Japan様から貴重なこのボディと
Schneider 40-80mm LS F4.0-5.6+120mm LS F4.0 macroレンズをお借りして
"1億5000万画素"の世界をご紹介!まだ日本にも数台しか無いとの事。
重量的にも、精神的にも持つ手が震えてきます。


null


IQ3から更に5000万画素という増え方に筆者も驚きました。
1億画素から1億5000万画素は一体どのように変わったのか…
実際に撮影データを見ながら確認すると非常に大きな変化があります。
まずはSchneider 40-80mm LS F4.0-5.6の撮影画像から!
今回もオリジナル解像度での掲載を行なっております。
ご鑑賞の際は回線速度の安定した環境でご覧ください。



お借りして真っ先に浮かんだ場所がココ。
六本木ヒルズの展望台は屋上のヘリポート部分まで開放されている為、
東京を自分の目でしっかりと見ることができる数少ないスポット。
冬だけあって冷たい風が突き刺さる状況の中、撮影しました。
実際にご覧いただくとあらゆる情報が緻密に描かれた俯瞰風景は衝撃を受けます。


続いて屋内展望台から。
屋内なので窓越しに三脚設置や反射防止策等全く行わず、
反射を最小限に抑える角度を探して撮影。
俯瞰写真といえば筆者は真っ先に松江泰治氏が思い浮かびます。
非常に精緻に整えられた上空写真。正確に撮影した無機質さに加えて
「上空から全てが暴き出される暴力性」を孕む写真の恐ろしさ。
前回に続き、また貴重な体験となりました。



1億から1億5000万画素の変化。
それはディテールの違和感が全く感じられないこと。
前回のIQ3ではややシャープネスが強い印象を受け、細かい部分の
線描写がやや硬く見える場面もありました。
しかし1億5000万画素になった事で細かい線描写がスムーズになり、
線と線の連なりに違和感を全く感じません。



従来ならしっかり対策をしないと細かい情報が消失する場面です。
しかしIQ4なら全く情報が損なわれず、しっかりと記録されます。
この日は曇だった為、狙い通りのイメージを捉える事ができました。



そしてPhaseoneといえば広大なダイナミックレンジ。
敢えてアンダーな露出に設定しました。
上空にある僅かでありながらも強い夕日の光が差す街の風景。
階調豊かに表現できるのは中判センサーの特筆すべき部分ですが
ほぼ645フルサイズのIQ4はその受容範囲も桁外れです。



ちなみにこの40-80mmは現行レンズの中でも屈指の大きさ。
重量も1860gと標準ズームとはもはや言い難いほど…
筆者愛用のハスキー三脚の雲台に正位置で固定できず、
雲台を横に回転して撮影を行いました。



続いてはSchneider120mm F4 LS macroによる静物撮影。
IQ3 Trichromarticの記事で本当はご紹介したかったマクロ撮影。
新しくなったIQ4で撮影し、編集中に驚きの連続でした。



流石に645フルサイズセンサーでの開放は被写界深度が
想像以上に薄く、絞っても周辺がどうしてもボケてしまう為
撮影意図を明確にした上での使用が問われます。



かなり絞り込んでの撮影。
ここまで来るとまるで「目の前にそのものがある」ような状態。
Schneider 120mm LS F4 Macroの能力も非常に高い水準にあります。
しなやかな線で細かく、ボケ味も素直な描写は静物から
ポートレートまでしっかり対応できる「決めの1本」。


null


今回IQ4システムになり、メディアがXQDカード+SDカードに。
1億5000万画素ともなると読み出しスピードも高速なメディアに。
インターフェース部分もIQ3から更にシンプルで直観的なものに
進化しています。

非常に凝縮した内容でお送りしたPhaseOne IQ4。
1億画素から1億5000万画素になって何が変わったのか?
少しでも感じて頂けたら幸いです。






〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:etc.|掲載日時:2019年03月19日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

【私のお気に入り】広角ライカ! 【私のお気に入り】広角ライカ! 2019年07月23日
「ライカレンズのメジャーラインは35mmと50mm」という言葉を、よく耳にします。 確かにこの焦点距離は使い易い。銘玉も多い。 ですが筆者は、あえて28㎜をチョイスすることがままあります。 元はと言えば、インターネット上での作例が少なかった為に「自分で使ってみよう」と思い立った所から始まったのですが、今ではすっかりお気に入りになりました。 今日はそんな私のおすすめレンズであるズミルックス M28mm F1.4 ASPH.についてお話ししたいと思います。 まずこのレンズ、フィルターの装着...
続きを読む
SIGMA DP2 Merrill 【私のお気に入り】今は懐かしきSIGMA DP2 Merrill 2019年07月22日
SIGMA DP2 Merrill + 汎用フード(ステップダウンリング使用) SIGMAフルサイズ機 fpがサプライズ発表され、カメラ業界では大変話題になりました。 fpは敢えてベイヤーセンサーを搭載。 世界最小ながらスチル/動画の両刀スペックを兼ね備え、様々な拡張性を秘めたカメラとなっており、大変魅力的なカメラに仕上がっています。 このタイミングでfpが出たのであれば、次はSIGMAのお家芸であるFoveonセンサー搭載機が出るのでは…!?なんて想像をしている方も少なからずいらっしゃると思います。 私...
続きを読む
写真展のご案内 〜 熊谷うちわ祭 写真展『跳ねる纏』~ 写真展のご案内 〜 熊谷うちわ祭 写真展『跳ねる纏』〜 2019年07月22日
マップカメラでは写真展のご案内を致しております。 本日ご紹介するのは 熊谷うちわ祭 写真展 『跳ねる纏』です。 是非足をお運び下さい。 会期:2019年7月19日(金)〜7月31日(水)10:30〜17:00(17:30閉館) 会場:くまがや館ギャラリー(埼玉県熊谷市筑筑波1−29)
続きを読む
Panasonic LUMIX G X VARIO 12-35mm F2.8 II ASPH. POWER O.I.S. H-HSA12035 【私のお気に入り】生き物を撮ること 2019年07月21日
私は動物たちと暮らしてきた。 近所の文房具屋から貰ってきたハムスター、 15年も生きた縁日の金魚、 祖母の家にはイグアナと猫がいて、 ある日突然家にやってきた犬とは人生の半分を共にした。 動物たちとの思い出はずっと心に残っている。 そんな動物たちのことが恋しくなると、 私はたくさんの生き物に会いに行く。 梅雨の晴れ間に水族館へ行ってきた。 青色の空間でゆらゆら泳ぐ魚たち。涼しい。 クーラーが効いている。 カメラは映画制作を学んでいた学生時...
続きを読む
お手持ちのカメラ・レンズが、 今が売り時な3つの理由 お手持ちのカメラ・レンズが、今が売り時な3つの理由 2019年07月20日
夏休みのシーズンがやってきました! 旅行や趣味の活動など、いろんな計画をたてていると思いますが、 この機会にもう一度、お手持ちのカメラ・レンズを見直してみませんか? ご不要な機材がありましたら、ぜひマップカメラにお売りください。 今なら買取のお見積額がアップする買取チケットを進呈中です。 a:hover img { opacity: 0.7; filter: alpha(opacity=70); -ms-filter: "alpha(opacity=70)"; }
続きを読む

[↑TOPへ戻る]