【PhaseOne】更なる進化を遂げた超高画素Phaseone XF IQ4 | THE MAP TIMES 
Select Language



【PhaseOne】更なる進化を遂げた超高画素Phaseone XF IQ4

[ Category:etc.|掲載日時:2019年03月19日 10時30分]



すっかり春の陽気も近付いて参りました。
皆様いかがお過ごしでしょうか?

前回ご紹介したPhaseone IQ3 Trichromaticは
非常に大きな反響を頂き、ありがとうございます!
なかなか見ることのできない1億画素機の写真というだけあって
多くのお客様にその衝撃が伝わったと思います。


null


そして昨年発表され、更なる高画素化を行ったPhaseone IQ4。
なんと今回、PhaseOne Japan様から貴重なこのボディと
Schneider 40-80mm LS F4.0-5.6+120mm LS F4.0 macroレンズをお借りして
"1億5000万画素"の世界をご紹介!まだ日本にも数台しか無いとの事。
重量的にも、精神的にも持つ手が震えてきます。


null


IQ3から更に5000万画素という増え方に筆者も驚きました。
1億画素から1億5000万画素は一体どのように変わったのか…
実際に撮影データを見ながら確認すると非常に大きな変化があります。
まずはSchneider 40-80mm LS F4.0-5.6の撮影画像から!
今回もオリジナル解像度での掲載を行なっております。
ご鑑賞の際は回線速度の安定した環境でご覧ください。



お借りして真っ先に浮かんだ場所がココ。
六本木ヒルズの展望台は屋上のヘリポート部分まで開放されている為、
東京を自分の目でしっかりと見ることができる数少ないスポット。
冬だけあって冷たい風が突き刺さる状況の中、撮影しました。
実際にご覧いただくとあらゆる情報が緻密に描かれた俯瞰風景は衝撃を受けます。


続いて屋内展望台から。
屋内なので窓越しに三脚設置や反射防止策等全く行わず、
反射を最小限に抑える角度を探して撮影。
俯瞰写真といえば筆者は真っ先に松江泰治氏が思い浮かびます。
非常に精緻に整えられた上空写真。正確に撮影した無機質さに加えて
「上空から全てが暴き出される暴力性」を孕む写真の恐ろしさ。
前回に続き、また貴重な体験となりました。



1億から1億5000万画素の変化。
それはディテールの違和感が全く感じられないこと。
前回のIQ3ではややシャープネスが強い印象を受け、細かい部分の
線描写がやや硬く見える場面もありました。
しかし1億5000万画素になった事で細かい線描写がスムーズになり、
線と線の連なりに違和感を全く感じません。



従来ならしっかり対策をしないと細かい情報が消失する場面です。
しかしIQ4なら全く情報が損なわれず、しっかりと記録されます。
この日は曇だった為、狙い通りのイメージを捉える事ができました。



そしてPhaseoneといえば広大なダイナミックレンジ。
敢えてアンダーな露出に設定しました。
上空にある僅かでありながらも強い夕日の光が差す街の風景。
階調豊かに表現できるのは中判センサーの特筆すべき部分ですが
ほぼ645フルサイズのIQ4はその受容範囲も桁外れです。



ちなみにこの40-80mmは現行レンズの中でも屈指の大きさ。
重量も1860gと標準ズームとはもはや言い難いほど…
筆者愛用のハスキー三脚の雲台に正位置で固定できず、
雲台を横に回転して撮影を行いました。



続いてはSchneider120mm F4 LS macroによる静物撮影。
IQ3 Trichromarticの記事で本当はご紹介したかったマクロ撮影。
新しくなったIQ4で撮影し、編集中に驚きの連続でした。



流石に645フルサイズセンサーでの開放は被写界深度が
想像以上に薄く、絞っても周辺がどうしてもボケてしまう為
撮影意図を明確にした上での使用が問われます。



かなり絞り込んでの撮影。
ここまで来るとまるで「目の前にそのものがある」ような状態。
Schneider 120mm LS F4 Macroの能力も非常に高い水準にあります。
しなやかな線で細かく、ボケ味も素直な描写は静物から
ポートレートまでしっかり対応できる「決めの1本」。


null


今回IQ4システムになり、メディアがXQDカード+SDカードに。
1億5000万画素ともなると読み出しスピードも高速なメディアに。
インターフェース部分もIQ3から更にシンプルで直観的なものに
進化しています。

非常に凝縮した内容でお送りしたPhaseOne IQ4。
1億画素から1億5000万画素になって何が変わったのか?
少しでも感じて頂けたら幸いです。






〓〓商品ピックアップ〓〓 〓〓タイムズフォト〓〓

[ Category:etc.|掲載日時:2019年03月19日 10時30分]



≪前の記事 記事一覧 次の記事≫

null 【MapTimes】One More Times!! vol.4【巾着田】 2019年09月18日
THEMAPTIMES。 更新は毎日。 マップカメラのスタッフが機材の感想、ちょっとした豆知識や体験談を添えて 撮影した写真などをご紹介させていただいております。 月に30本以上掲載されるので 月初に掲載されたブログも月末には見にくくなってしまい勿体ない、、、 と思ったのでもう少しだけ目に留まるようにしたく 不規則ではありますが何本かをピックアップさせていただくことにしました。 今回のキーワードは今まさに旬の「巾着田」 赤い花の絨毯はまさにこの世のものとは思えない景色です。 Ma...
続きを読む
ILCE-9 + SEL200600G 【増税前にデビュー】航空祭にミラーレスを持ち出して 2019年09月18日
はじめてのα9とSEL200600G 【 1/1000 | F8 | ISO400 】 9/16(月)は石川県小松市にある、航空自衛隊小松基地で航空祭がありました。 マップカメラをご愛顧頂いている皆様も、行かれた方はいらっしゃるのではないでしょうか。 【Nikon D500 + AF-S 200-400mm F4 VR】 さて筆者は航空祭といえば、 長らくNikon D500、つまり一眼レフを持ち出して撮影してきたのですが、 今回はずっと試してみたかったカメラ、そして初めて触るレンズで挑戦してきました。 それはSONY α9 と、 新進気鋭の...
続きを読む
TL2と行く。 【増税前にデビュー】TL2と行く。 2019年09月17日
ここ1ヵ月くらい、関西の方へ、その先へと 足を延ばすことが多かったです。 夜行バスに飛び乗り京都へ行ったり 目的地を鳥取県、某砂丘にしレンタカーを走らせたり。 (帰りはレンタカーの返却リミットが迫りタイムアタックな 帰路となり、あまりゆっくりはできませんでした) 今回使用したレンズは、 ライカ・スクリューマウントのNikkor 50mm F1.4です 口径には当時の呼び名(日本光学)で NIPPON KOUGAKUと刻まれているレンズです。 ズマリット50mm F1.5を気にかけていましたが ...
続きを読む
【増税前にデビュー】スーパーマクロレンズの世界 【増税前にデビュー】スーパーマクロレンズの世界 2019年09月16日
今回は、スーパーマクロレンズにデビューしてみました。 上の写真は皆さんも日頃から目にしている「ある物」をクローズアップして撮影したものです。 何を撮影したものか分かりますでしょうか。 その「ある物」とは、ボールペン(0.5mm)です。 比較用に等倍撮影が可能なフルサイズ対応、標準マクロレンズで撮影してみます。 SONY α7III + SONY FE 50mm F2.8 Macro 次は今回の撮影に使用する最大倍率4.5:1のマクロレンズ 中一光学 「FREEWALKER 20mm F2 SUPER MACRO 4-4.5:1」(最短撮影距離は約...
続きを読む
null 【増税前にデビュー】ミラーレスカメラとパンケーキレンズ 2019年09月14日
夏が本格的に始まる頃、日常的に撮るために小さいカメラが欲しくなりミラーレスカメラを購入しました。 ボディはコロンとした形が可愛いCanonのEOS-MレンズはEF-M22mm F2 STM。 23.7mm・質量約105gと、小振りなレンズです。 ボディに取り付けると本当に小さく、リーズナブルなレンズですが侮ることなかれ とてもよく写るレンズです。 日常的に使うとはいえ、夏の日中に撮影することは少なく 夕方から、夜にかけて撮ることがほとんど。 帰り道によく会う猫 夏らしく地元のお祭...
続きを読む

[↑TOPへ戻る]