StockShot

  • タグ一覧
  • 検索
【Profoto】待望の新製品!スタジオ撮影の絶対的なパートナーProfoto 『Pro-D3』が登場しました

【Profoto】待望の新製品!スタジオ撮影の絶対的なパートナーProfoto 『Pro-D3』が登場しました

プロフェッショナルな現場からも絶対的な信頼を得ているライトシェーピングカンパニーProfotoから新たなモノライトが登場しました。
その発表会の様子や新製品『Pro-D3』の魅力などを動画で紹介します。

 本編映像

 

 動画チャプター

00:00 オープニング
00:56 イベントレポート
01:45 開発責任者インタビュー
02:03 Pro-D3とは
02:36 進化したポイント
07:18 イベントの様子とタッチアンドトライ
08:57 洗練されたPro-D3の魅力
12:35 日本のユーザーへメッセージ
13:03 イベントを終えて
13:20 エンディング

 会場に到着

発表会に参加すべく東京は四谷のスタジオにいってきました。会場内には大きなスクリーンや、様々な関連アクセサリー、デモンストレーションやタッチアンドトライを行うためのセッティングが組まれていました。
我々スタッフも到着直後から気持ちが高ぶります。

 新製品インタビュー

絶対的な信頼性、類いないパワーを誇る『Pro-D3』。その耐久性の向上にも目を見張るものがあります。なんと従来製品のおよそ2倍の製品寿命を実現しているそうです。

内部の基盤などを見せてもらい興奮気味に説明を聞く我々。
デザインから実用性まで様々なブラッシュアップが施され全く別物のモノライトへと進化を遂げています。
まさにProと名付けられたモノライトというわけです。

フラッシュチューブ内の電極の強化やモデリングランプにLEDライトを採用、最適化されたソフトウェアによる新たな発光モード等、ありとあらゆる角度からのアプローチで実現された進化に我々も驚きを隠せませんでした。

 タッチアンドトライ

会場内にセッティングされた機材で実際に製品を使用することができました。
撮って出しの状態でほぼ完成されたような写真が撮れてしまい次々にシャッターを切りたくなります。
そんな状況でも安定したチャージサイクル・光量・演色性などに信頼性の高さを感じさせられました。

 おわりに

変化するストロボ・ライトの市場に合わせ、ユーザーの声とニーズを製品に落とし込んだ『Pro-D3』は単なるモノライトにはとどまりません。
本編ではこちらで紹介しきれなかった魅力、進化ポイントを紹介しておりますので是非ご覧ください。
今回ご紹介した商品が「気になった!欲しい!」という方は、高評価・チャンネル登録もよろしくお願いいたします!

▼新発表された商品はこちら▼

▼前モデルはこちら▼

[ Category:etc. | 掲載日時:24年05月07日 18時18分 ]

新規会員登録
マップカメラのおすすめイベント

EarlySummerSALE 先取/下取交換15%UP

RECOMMEND

PAGE TOP